現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

大型連休期間は休業の法律事務所が多くなります。 ご検討中の方はお早めにお問い合わせください。

お気に入りに追加
國安 耕太弁護士

( くにやす こうた ) 國安 耕太

ノースブルー総合法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:1,507 件/匿名回答数:392件

相手方の債務不履行を証明できれば、損害賠償(民法415条)を請求することができます。 また、契約内容によっては、他の金銭請求もできるかもしれません。 ただ、いずれにしても個別具体的な事情によ...

回答日 2014年06月01日 10:11

従業員が、会社に対し、損害を与えた場合、その損害を賠償する責任が生じます。 しかし、会社は、従業員の活動によって利益を得ていますから、従業員の活動によって被った損害についても、一定程度負担すべき、...

回答日 2014年05月31日 12:10
この回答がある質問
物損事故

ご質問者の提起されている問題点を勘案して、最近では、短期間で紹介者が退職した場合は、紹介料を返還する旨の合意をしておくことも珍しくはありません。 たとえば、3か月以内=全額、半年以内=2分の1、1...

回答日 2014年05月31日 11:00
この回答がある質問
契約書

そもそも1年間芸能活動をしない、との内容の契約が有効といえるか疑問があります。 場合によっては、職業選択の自由(憲法22条1項)に反する可能性もあります。 契約書をもって一度弁護士に直接相談...

回答日 2014年05月31日 10:51

会社法299条1項は、「前条第1項第三号又は第四号に掲げる事項を定めたときを除き」とされているので、書面投票を定めた場合は、2週間前までに通知する必要があります。

回答日 2014年05月30日 13:20
この回答がある質問
株主総会

理論的に考えれば、契約は意思表示の合致であり、口頭でも成立しますから、賃貸借契約が成立していることになるかもしれません。 他方、保証契約が成立するかどうかが、主契約の成否に影響するという契約内容に...

回答日 2014年05月30日 01:45
この回答がある質問
連帯保証人

駐車場の賃貸借契約の場合、借地借家法が適用されませんので、解約条項に「やむを得ない事由があるとき」といった条件を付すことはあまりありません。 ただ、契約書の他の条項や、当事者間でのメール・手紙...

回答日 2014年05月29日 11:33
この回答がある質問
不動産賃貸

一応、期日の1週間前までに提出することになっていると思いますが、実際は、間に合わず直前に提出されるということもありますね。

回答日 2014年05月27日 14:46
この回答がある質問
労働審判

1点だけ補足しますが、音楽の場合、演奏者には実演家としての権利、CD等の制作者にはレコード製作者の権利、編曲者には著作権者としての権利が発生します。 著作権の切れた楽譜を元に編曲し、これを元に新た...

回答日 2014年05月26日 23:59

基本的に、家賃は、建物を使用することの対価ですから、建物を退去し、大家に返還すれば、大家が、家賃を請求することはできません。 ただ、理論的には、滞納している間の遅延損害金等を請求することはできます...

回答日 2014年05月25日 12:31
この回答がある質問
賃料の滞納

理論的には、分割支払の約定をし、それを履行した場合には、債権債務はなしとする、という合意が成立していれば、後から請求をすることはできません。 ただ、本件では、そのような合意がなされていると立証...

回答日 2014年05月25日 12:20
この回答がある質問
敷金・退去費用

管理会社(大家)との交渉次第ですが、分割払いを認めてくれる余地はあるように思います。 また、更新料に関しては、契約に基づいて、問題なく契約解除がされていれば、支払う必要はないと思います。

回答日 2014年05月24日 22:36
この回答がある質問
賃料の滞納

状況がよく分からないのですが、未払賃料等を分割で支払うという約束であれば、敷金等を精算し、未払賃料等と相殺したうえで、未払賃料等が残っていれば、その未払賃料等は請求されるのが通常だと思います。

回答日 2014年05月24日 22:33
この回答がある質問
敷金・退去費用

犯罪が成立するためには、種々の事情を考慮する必要があるので、可能性という表現をしています。 真正品の並行輸入に該当しなければ、商標法72条の罪が定める要件に該当するが、罪に問われるかどうかは他の事...

回答日 2014年05月24日 19:25
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

真正品の並行輸入に該当するのであれば、適法です。 そうでないのであれば、商標法72条の罪(十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。 )が成立する可能性があります。

回答日 2014年05月23日 16:59
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

書籍を電子データ化する行為は、一般的に自炊行為と呼ばれていますが、自炊行為の代行サービスは、違法と考えられています。 これは、書籍の電子データ化が、著作権法の複製(著作権法21条)にあたり、また、...

回答日 2014年05月22日 14:58

そうですね。 なので、あくまでも理論的には、です。 通常は、板書を写すことが当然に予定されていますから、黙示の許諾があるといえると思います。 ただ、黙示の許諾の範囲の問題で、デジカメ等で写...

回答日 2014年05月21日 19:24

タレント側に強い力がない限り、一般的には、事務所の側にタレントの仕事を管理することができる旨の契約をしています。 そのため、タレントが事務所に無断で第三者と出演契約を締結した場合、タレントに損害賠...

回答日 2014年05月21日 13:47
この回答がある質問
知的財産

菅直人氏は、元々弁理士ですね。 なお、弁護士でないのに弁護士と名乗った場合、弁護士法77条の2・74条で100万円以下の罰金に処すると定められています。

回答日 2014年05月21日 11:15
この回答がある質問
民事・その他

当該資料の著作権は、大学にあるのでしょうか。 資料のコピー(手書きでの謄写も含む。)は、著作物の複製(著作権法21条)ですから、著作権者の許諾なく行うことは違法です。 これは、裏を返せば...

回答日 2014年05月21日 11:11

黒板の板書を撮影する行為は、著作権法上の複製(21条)にあたります。 したがって、理論的には、著作権法30条以下の制限規定に該当しない限り、著作権者たる教員の許諾を得なければ、著作権法違反にな...

回答日 2014年05月21日 11:08

あくまでも一見してですが、類似しているとして、ブランドからクレームがくる可能性はあると思います。 また、中国のことはよく分からないですが、日本では、商標法・不正競争防止法に該当しない場合でも、...

回答日 2014年05月21日 10:27
この回答がある質問
インターネット

商標法上、登録商標と同一または類似の商標を使用する行為は権利侵害となります。 現物を見ていないので、正確な判断はできませんが、類似していると判断される可能性は相当程度あるように思えます。

回答日 2014年05月20日 11:36
この回答がある質問
インターネット

従業員の退職後の競業避止義務特約は、「これによって守られるべき雇用者の利益、これによって生じる従業員の不利益の内容及び程度並びに代償措置の有無及びその内容を総合考慮し、その制限が必要かつ合理的な範囲...

回答日 2014年05月20日 10:58
この回答がある質問
競業避止義務

即座に販売を中止した方が良いでしょう。 販売中止の要請を受けているにもかかわらず、さらに販売を続けた場合、悪質であると判断され、告訴等がされる可能性は当然あります。 なお、実際に商標権を侵害...

回答日 2014年05月19日 16:27
この回答がある質問
商標権・商号

詳細がよく分かりませんので、あくまでも一般論ですが、地位確認の訴訟は、労働者としての地位にあることについての確認を求めるものです。 裁判官の和解案は、労働者としての地位にあることが確認できるという...

回答日 2014年05月19日 16:18
この回答がある質問
解雇

債権者の承諾がなければ、保証人としての地位を免れることはできません。 これは、主債務者であるご両親が、迷惑を掛けない等と説明していたとしても同じです。 なお、自己破産をし、免責されれば、連帯...

回答日 2014年05月19日 13:31
この回答がある質問
保証人

少なくとも、私が知っている範囲では、そのような話は聞いたことはありません。 ただ、なぜ減額したのかをきちんと依頼者に説明できていない場合には、そのような憶測を呼ぶかもしれませんね。

回答日 2014年05月18日 23:11
この回答がある質問
民事事件

同期であろうが、顔見知りであろうが、普通の弁護士であれば、関係ありません。 ただ、長々と裁判を続けるよりは、和解で早期に解決した方がよい、ということは、弁護士の判断としてありえます。 その際...

回答日 2014年05月18日 22:38
この回答がある質問
民事事件

法的には、大学の講義は、当該講義を行っている者の講演の著作物にあたります。 そして、学生のノートは、当該講義を文書にしているので、当該講義を複製(著作権法21条)または翻案(著作権法27条)したも...

回答日 2014年05月18日 20:48
この回答がある質問
著作権

901 - 930 件を表示/全 1,507 件

國安 耕太弁護士へ問い合わせ

電話番号 03-3269-8700
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
メールフォームは24時間受付、電話は原則18時まで。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談