國安 耕太弁護士 くにやす こうた

國安 耕太弁護士

ノースブルー総合法律事務所

東京都新宿区市谷本村町3-18エムズビル8階

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:1,507 件/匿名回答数:392件

人材紹介会社との契約内容次第です。 人材紹介会社との契約書にはどのように記載されているでしょうか。 通常は、紹介後●年間は、どのような媒体を経由した場合であっても、紹介料が発生するといった内容になっ...

回答日 2016年09月15日 12:45
この回答がある質問
就職・転職

どのような理由に基づいて契約関係を解消するかによります。 契約書の解約条項に基づいて解約するのであれば、その手続きに沿って解約する必要があります。この場合、報酬に関しても、契約書の記載にしたがうこと...

回答日 2016年08月17日 12:41
この回答がある質問
業務委託

一般論として回答します。 労働契約法上、「使用者が労働者を懲戒することができる場合において、当該懲戒が、当該懲戒に係る労働者の行為の性質及び態様その他の事情に照らして、客観的に合理的な理由を欠き、社...

回答日 2016年08月17日 12:34
この回答がある質問
懲戒処分

労務管理を会社側できちんとしているのであれば、出勤簿に押印させようがさせまいが、法的には問題はありません。 また、出勤した日には押印するという運用をしていたのであれば、理屈としては、押印していないか...

回答日 2016年08月16日 11:54
この回答がある質問
タイムカード

事案の性質によりますので、一概には言えませんが、離婚しない場合で100万円前後、離婚した場合で150万円~300万円くらいという印象です。 なお、損害賠償義務を負っている者(支払わなければならない人...

回答日 2016年08月10日 10:40
この回答がある質問
不倫慰謝料

>知り合いは違約金を支払わないといけないのでしょうか?  契約書に競業避止義務が定められており、かかる規定に違反しているのであれば、支払義務が生じることはあり得ます。  契約書に違約金の条項がなか...

回答日 2016年07月13日 06:40

①について 代表取締役の記載とは別に取締役としての記載があります。 代表取締役を辞任したとしても、取締役を辞任しているとは限りません。 登記簿を確認してみてください。 また、退職金は、どの時点で受...

回答日 2016年07月05日 06:35
この回答がある質問
相続 権利

どのような契約になっていたのかによって変わってくると思いますが、一般的には、契約違反となっているのであれば、違約金を請求されることはあり得ます。

回答日 2016年06月28日 07:02
この回答がある質問
退職

過去の裁判例で、真正商品を購入してきて、これを小分けし、詰め替えた物に同じ登録商標や類似商標を付して販売する行為が商標権侵害となるとするものがあります。 小分け行為がすべて商標権侵害となるわけではあ...

回答日 2016年06月27日 10:06
この回答がある質問
商標権・商号

著作権料を支払わなければならない可能性が高いと思います。 著作権者等の許諾なく、著作物等を利用することは、著作権等の侵害となるのが原則です。 ただし、著作権法上、著作権者等の許諾を得なくても著作...

回答日 2016年06月17日 14:52
この回答がある質問
著作権

一般論ですが、相手方がブラック企業である、という理由では、契約を解除することはできません。 もちろん、業務委託料の不払い等があれば別ですし、反社会的な契約内容であれば、解除することができることもあり...

回答日 2016年06月06日 06:46

繰り返しになりますが、著作権者の許諾を得て複製(販売)したものは、今後も使用できます。 メンバーだろうが、そうでなかろうが、法的規制は同じです。 買った物をそのまま使用することはできますが、著作権者...

回答日 2016年06月06日 06:42

上述のとおり、著作権者の許諾を得ていれば問題ありません。 したがって、著作権者の許諾を得て複製(販売)したものは、今後も使用できます。 ただし、著作権者の許諾なく、コピーをしたり(複製)、ウェブにア...

回答日 2016年06月05日 09:48

問題は2点あります。 1点目は、誰が著作権者なのか、2点目は、当該メンバーが著作権者であるとして、使用継続できるのかです。 1点目ですが、一般的に著作権者は、著作物を創作した著作者になります。 し...

回答日 2016年06月02日 07:23

アニメの登場人物名や設定は、著作物とはなりません。 原則として自由に使うことができます(商標法や不正競争防止法上の問題は別途生じ得ますが。)。

回答日 2016年06月02日 07:05

著作権法上、著作権者の許諾を得ずに、著作物を複製等する行為は、原則として著作権侵害となります。 すなわち、重要なのは、販売するか否かではなく、著作権者の許諾を得ずに、著作物を複製等したかどうかです。...

回答日 2016年05月28日 16:05

労働契約の解消には、 ①労使間の合意によるもの(合意解約) ②労働者の一方的意思表示によるもの(辞職) ③使用者の一方的意思表示によるもの(解雇) があります。 休業をするとのことなので、解雇を選択...

回答日 2016年05月24日 06:46
この回答がある質問
パート・アルバイト

著作権法上、 ①国内において頒布する目的をもつて、 ②輸入の時において国内で作成したとしたならば著作権等の侵害となるべき行為によつて作成された物を ③輸入する行為 は、著作権を侵害する行為とみなす、...

回答日 2016年05月22日 07:45
この回答がある質問
著作権

現行法では、著作権者の許諾なく、違法に複製された物をそれと知って購入したとしても、直接的には処罰されません(プログラムの著作物を除く。)。 ただ、現在の運用ではそのような解釈はされていないですが、法...

回答日 2016年05月22日 07:35

利用規約を見ていないので、それを前提に回答します。 著作権法上、著作権者の許諾なく、著作物を複製する行為(有形的に再製する行為)は、著作権侵害となります。 写真も著作物ですから、写真の著作権者の許...

回答日 2016年05月19日 06:39

原則論からすれば、著作権者の許諾を得ない複製行為は、著作権侵害となります。 著作権法35条1項は、あくまでその例外的な規定であり、謙抑的に解釈すべきといわれています。 そして、一般的には、問題集をコ...

回答日 2016年05月16日 14:42

契約書や誓約書にサインすれば、基本的には契約としての効力が生じます。 もちろん、内容によっては、その全部または一部が無効となることはあります。 ただ、それらは契約書や誓約書全体を見て判断する必要があ...

回答日 2016年05月16日 14:33

いわゆる正社員は、雇用契約期間中は、信義則上当然に秘密保持義務および競業避止義務を負っていると考えられています。 他方、退職後については、特約がない限り、競業避止義務を負いません(秘密保持義務は、負...

回答日 2016年05月13日 14:56
この回答がある質問
企業法務

著作権者の許諾なく、著作物を利用する行為は、原則として著作権侵害となります。 著作権侵害とならない例外規定もありますが、今回、商品そのものではなく、商店街の福引箱に当該図柄を使用するというのは、例外...

回答日 2016年05月12日 12:29
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

アニメのグッズに関しては、著作権の問題が生じ得ます。 ただ、著作権の対象であっても、著作権法上の引用にあたれば、使用は可能です。 他方、お菓子や本に関しては、それらが商標検討の対象になっていないの...

回答日 2016年05月11日 19:53

状況がよく分からないのですが、通常の賃貸借契約で、連帯保証人となっているのであれば、連帯保証人としての責任を追及できます。 なお、連帯保証人に賃借人の保護義務はないのが通常です。 連帯保証人の責任...

回答日 2016年05月07日 16:19
この回答がある質問
連帯保証人

可能性があるかないか、ということであれば、あるでしょうね。 ただ、通常、回収コストと得られる利益との関係で、あまりやりません。 また、そもそも仕様書が著作物といえるかも検討する必要があるかもしれま...

回答日 2016年04月23日 10:11

損害賠償請求(民法709条)と差止請求(著作権法112条)が可能です。 ただ、これは理論的に可能、という意味です。 相手方が応じてくれなければ、裁判津で実現しなければなりません。 また、写真1枚程度...

回答日 2016年04月23日 10:01

著作権法上、著作権者の許諾を得ずに著作物を利用する行為は、著作権法違反になります。 そして、著作権法上の著作物の利用については、著作権法21条以下に列挙されています。 この中に、複製権がありますの...

回答日 2016年04月23日 09:54

指定役務の範囲等の事情にもよりますが、商標法違反とのクレームを受ける可能性はあると思います。

回答日 2016年04月23日 09:45
この回答がある質問
商標権・商号

1 - 30 件を表示/全 1,507 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50
國安 耕太弁護士へ問い合わせ
電話番号 03-3269-8700
メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日10:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
メールフォームは24時間受付、電話は原則18時まで。
対応地域
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談