現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

大型連休期間は休業の法律事務所が多くなります。 ご検討中の方はお早めにお問い合わせください。

お気に入りに追加
國安 耕太弁護士

( くにやす こうた ) 國安 耕太

ノースブルー総合法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名289 件/匿名:44件

契約をされ、それに基づいて工事がなされているのであれば、支払う必要があります。

回答日 2014年01月20日 12:53
この回答がある質問
債権回収

賃貸人が承諾すれば、保証人を変えてもらうことは可能ですが、賃借人の方が他の保証人を立てられないと、難しいかもしれません。

回答日 2014年01月19日 22:38
この回答がある質問
保証人

相続権があるのは、配偶者を除けば、被相続人(亡くなった方)の①直系卑属(子、孫)、②直系尊属(親、祖父母)、③兄弟姉妹です(民歩889条)。 従姉妹の両親と兄弟である質問者様の両親のいずれか(...

回答日 2014年01月17日 09:30
この回答がある質問
相続人

本来は、賃借人が支払うべきものです。 しかし、マンションの場合、管理規約で、居室の所有者に対し、未払水道光熱費の支払義務を定めていることが多いです。 この場合は、所有者にも支払義務があります。 ...

回答日 2014年01月16日 17:41
この回答がある質問
不動産賃貸

通常、残置物がある場合は、賃貸借契約を締結する際に明示し、貸主が修繕義務を負わないことを明らかにしています。 これは、建物賃貸借契約における建物の修繕義務は、原則として貸主にあるからです(民法...

回答日 2014年01月15日 13:39
この回答がある質問
不動産賃貸

多額の負債を抱えていることも離婚原因になりますので、離婚に基づく財産分与をすることは可能です。 しかし、離婚に伴う財産分与は、「不相当に過大であり、財産分与に仮託された財産処分であると認めるに足り...

回答日 2014年01月13日 16:15
この回答がある質問
自己破産

二次的著作権の原著作者である相談者様には、二次的著作物について著作者と同一の権利があります(著作権法28条)。 なお、相談者様も、翻訳を利用する際には、二次的著作物の著作権者の許諾が必要となり...

回答日 2014年01月09日 14:36
この回答がある質問
著作権

通常、「起訴」という用語は、刑事事件にのみ使用し、貸金の返還のような民事事件では、使用しません。 当然、きちんとした消費者金融では、そのような用語を使いません。 不当請求の可能性もありますの...

回答日 2014年01月09日 13:48
この回答がある質問
起訴・刑事裁判

可能性はあります。 著作権法上、創作的な表現が著作物として保護され(著作権法2条1項1号)、事実それ自体は、著作物にはあたりません。 しかし、客観的な事実であっても、それを集積した物は、全体...

回答日 2013年12月26日 17:52
この回答がある質問
著作権

規約に同意してもらうことで、著作権の譲渡契約と同様の効果を持たせることは可能です。 なお、著作者には、著作者人格権(公表権、氏名表示権、同一性保持権)があり、これらの権利は譲渡できません。 ...

回答日 2013年12月26日 11:32

自分で買ったCDや、著作権者や著作権管理団体から許諾を受けてレンタルしている者から借りたCDを、自分のiPod等に録音し、個人で楽しむ範囲であれば、私的利用(著作権法30条)として適法です。

回答日 2013年12月18日 16:23

著作物とは、「思想または感情を創作的に表現したもの」を指します。 そして、一般的に、漫画や書籍の登場人物名や技名には、著作権は生じないと考えられています。 したがって、通常は、技名を無断で使...

回答日 2013年12月10日 19:33
この回答がある質問
著作権

契約は、口頭による合意でも成立します。 ですから、当該物件の工事を貴社がすることについて、元請会社と貴社との間で合意していれば、請負工事の報酬を請求できます。 ただし、契約書が存在しない場合...

回答日 2013年12月07日 14:41
この回答がある質問
建築

契約上明記されている以上、原則として契約内容に拘束されます。 しかし、当該契約内容が、公序良俗に反するようなものである場合は、例外的にその一部または全部が無効になることがあります。 公序良俗...

回答日 2013年12月05日 17:54

主債務者が会社、連帯保証人がお祖父様という前提で回答します。 相続を放棄した等の事情がない限り、相続人は、お祖父様の連帯保証債務も引き継ぎます。 そして、連帯保証の場合、主債務者に資力があっ...

回答日 2013年12月05日 13:53
この回答がある質問
相続人

ここでいう社名変更が、単なる会社の商号変更であれば、上記のような取扱いは違法です。 ただ、社名変更にとどまらず、実際は会社自体が変更されていた(たとえば、前の会社が廃業し、新しい会社が新規に事業を...

回答日 2013年11月26日 11:44
この回答がある質問
有給休暇

メーカー等が、小売業者等に販売価格を指示し、これを守らせることを再販売価格維持行為といい、原則として禁止されています(独占禁止法2条9項4号)。 ただし、小売業者の側も、正当な理由がないのに、...

回答日 2013年11月21日 14:33
この回答がある質問
企業法務

試合の主催者の許諾を得ずに無断で販売した場合、民法上の不法行為(709条)ないし債務不履行(415条)として、損害賠償請求をうける可能性があります。 各スポーツの試合の主催者は、試合における選...

回答日 2013年11月20日 10:06

上記裁判例にある「企業その他の団体」には、「法人」も含まれます。 したがって、法人内で業務上利用するために複製する場合には、著作権者の許諾が必要です。 すなわち、法人の場合、私的利用として著作権...

回答日 2013年11月19日 16:39
この回答がある質問
著作権

271 - 289 件を表示/全 289 件

國安 耕太弁護士へ問い合わせ

電話番号 03-3269-8700
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
メールフォームは24時間受付、電話は原則18時まで。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談