現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
池田 毅弁護士

( いけだ たけし ) 池田 毅

東京つばさ法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:5,534 件/匿名回答数:7,366件

> 【質問1】 > > 偶然でも妻に隠れて会ってしまったことは違法となるのでしょうか? 「隠れて会った」という具体的な内容にもよりますが、やむを得なかったといえると思い...

回答日 2021年03月10日 12:56

調停の場合、当事者が合意すれば基本的にはその内容を条項化します。 ただし、ご希望の内容で条項化できるかは、具体的内容次第です。 養育費については、他の一般の請求権よりも差し押さえの際に特別に...

回答日 2021年03月09日 16:52
この回答がある質問
養育費

前提として、督促状を送付した事実は、時効をのばす一定の効果はありますが、現実的な回収にとってはあまり意味がありません。 実際の回収こそが主目的なのですから、督促のことに注力するより、裁判を起こすな...

回答日 2021年03月09日 16:46

有効な賃貸借契約の地主としての地位を移転したといえるのであれば、上記の方法が可能ですが、既に前主において賃貸借契約が解除されているのであれば、無断で土地を利用していることになるので、不法行為に基づい...

回答日 2021年03月08日 15:55

ベストな解決がどのようなものかは、ご本人の希望とも関係しますので、これがベストというものはお示しできませんが、 もしその建物を利用したいなら、建物所有者と交渉をして建物を譲り受けるのが最も簡便...

回答日 2021年03月08日 11:52

裁判所からひな形はもらわなかったのでしょうか。弁護士に依頼しているなら依頼している弁護士に相談して下さい。 1 どの点が争点となっているかによって異なるのですが、間取りを記載して提出すること...

回答日 2021年03月04日 16:53
この回答がある質問
調停離婚

裁判官によって、和解のスタイルも様々です。口頭で伝えるだけで済ませる場合もありますし、書面を渡す場合もあります。 また、その和解案が、原告や被告の希望を聞いて調整することを予定している和解案な...

回答日 2021年03月04日 11:49
この回答がある質問
逸失利益

任意の交渉の場面では、(極端に言えば)正当性のある主張をしても、先方がそれに応じてくれなければ合意に至りません。その意味では、見直せるかどうかは先方の保険会社の考え方次第です。 裁判の場面では、時...

回答日 2021年03月03日 11:29
この回答がある質問

確かにいくつかの見解があります。 事案によって裁判官も判断を変えることもあります。 弁護士によって見解が異なるというよりも、どちらもありえるので回答が困難ということだと思います。 実務的には、...

回答日 2021年03月02日 13:47
この回答がある質問
財産分与

調停の場合、当事者が合意すれば、どちらもありえます。 一般的には、直近の資料(昨年の源泉徴収票など)を用いて計算することが多いと思います。 仮にそれ以降の事情で、今年の減収が確実であればそれを証...

回答日 2021年03月02日 13:43
この回答がある質問
離婚・男女問題

>依頼をさたからといって連絡をとってはいけない訳ではないのでしょうか。 何度も申し訳ございません。 いけないか(禁止されているか)という意味では禁止ではないでしょう。 ただ、せっかく依頼し...

回答日 2021年03月02日 12:36

これからの解決の道筋を考えた場合に、弁護士への相談にかかわらず、先方と連絡を取らない方がよいこともあるかもしれません。 それはさておき、 弁護士に単に相談しただけであれば、それを踏まえて先方に連...

回答日 2021年03月01日 17:19

全損で買い換えが相当な場合は、車両時価額のほかに、買い換えのためにに必要な登録費用、車庫証明手数料、自動車取得税など、一定程度の費用も損害として認められるというのが裁判所の考え方です。

回答日 2021年03月01日 12:28
この回答がある質問

弁護士に依頼していないということでしょうか。 和解の申し入れであれば、必ずしも準備書面に記載する必要はありません。期日に口頭で裁判官に和解の話をしても良いと伝えることは可能です。 書面に記載する...

回答日 2021年03月01日 12:19
この回答がある質問
財産分与

> 減額希望の理由は、飼育しているペットの費用で余裕がないからとのことです。 これだけの理由では、通常は減額の理由とはなりません。

回答日 2021年02月25日 16:56
この回答がある質問
養育費

> 離婚の話になり、養育費を払いたくないから上の2人の子供の養子縁組を外して欲しいと言われました。 > もし離婚となっても養子縁組を外さないでいい方法はありますか? 離婚と、養子...

回答日 2021年02月25日 15:43
この回答がある質問
養育費

> 妻は収入の開示を拒否したら、どうなりますか? これも事案次第としか言いようがありませんが、 統計上の平均収入を参考にしたり、あるいは何らかの情報で収入を推定したりというような可能性...

回答日 2021年02月22日 13:30
この回答がある質問
養育費

実際の法律には、全て「第」がついていますので、正確に引用するなら「第5条」となるということです。 単に「5条」と省略して表記しても誤りではありませんが、誤解のないように多くはそのまま第5条と表記し...

回答日 2021年02月19日 17:19
この回答がある質問
インターネット

> 今の妻の収入も考慮されますでしょうか? 事案によるとしか言えませんし、その方法は幾通りか考えられますが、「考慮」はされます。

回答日 2021年02月19日 13:21
この回答がある質問
養育費

> ①再度、裁判所への申立ては必要でしょうか? 特に必要はありません。調停の期日で気持ちを話せば十分です。 > ③陳述書は、非開示と記載した場合は、申立人には見せないよう...

回答日 2021年02月19日 11:03
この回答がある質問
調停離婚

> 婚姻費用を貰う為には、 > ○今の離婚調停だけでは > 婚姻費用の話はしてもらえないのでしょうか? > ○また別に調停を申立ないといけないのでしょうか? 事実...

回答日 2021年02月18日 12:04

> 例えば、はみ出し部分を取り除いて、侵害している現状を回避することで、十分妥当な対応ですか? 境界をはみ出さなければ良いのですから、一般的にはそれで足りるはずです。 > ま...

回答日 2021年02月16日 17:14
この回答がある質問
土地の境界線

> 隣家から訴えられた場合、どのような具体策及びどこまでの対策をすれば妥当でしょうか? 隣家がどの点をどこまで争うか(主張するか)によって、妥当性は異なります。 例えば、将来建て替えを...

回答日 2021年02月16日 15:53
この回答がある質問
土地の境界線

調査官調査は、漠然と調査すると言うよりも、当該事案毎に争点となっている点や重点的に調査すべき点を調査することになります。 従って、事案毎にどこに重点を置くべきかは異なります。 ご相談の内容がどれ...

回答日 2021年02月16日 15:50

> 大きいお金がかかったときに家計簿はどうなりますか? 質問の趣旨が今ひとつ把握できないのですが、家計簿を相手に渡せば養育費を払ってくれるということなのでしょうか。 お互いの話し合いで...

回答日 2021年02月05日 10:59
この回答がある質問
養育費

職場で強制参加ということであれば、職場に在籍している以上は、参加が強制されるのですから退職しない以上退会しないという前提でしょう。 したがって、退会の規定がないことはその意味では当然かもしれません...

回答日 2021年02月04日 15:59
この回答がある質問
労働

是非とも、契約書や、当初の打ち合わせの資料等を持参して、お近くの弁護士に相談すべきでしょう。 一般的には、土地の売買契約と、建物請負契約は別の契約ですが、「条件付き」の内容によっては、建物請負契約...

回答日 2021年02月02日 18:01
この回答がある質問
不動産契約

補足です。 そもそも退去の連絡は書面にて行うというようになっているのであれば、電話では、単なる予告に過ぎず、まだ正式に退去するという通知がされていないかもしれません。 そうであれば、退去...

回答日 2021年02月02日 16:57

> 既に退去予定日を過ぎているのですが、日割賃料を請求(敷金精算の際にそこから徴収する)することは可能でしょうか。 まず、明渡しが遅れた場合の規定が賃貸借契約書に記載してありませんでしょ...

回答日 2021年02月02日 16:56

上記と同じです。 基準時の価値として統一して記載するのであれば借入額の残高です。この場合はこれから支払うであろう利息は含みません。

回答日 2021年01月29日 15:35
この回答がある質問
財産分与

121 - 150 件を表示/全 5,534 件

池田 毅弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5257-7508
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 18:30
定休日
土,日,祝
備考
時間外は応相談
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談