現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
池田 毅弁護士

( いけだ たけし ) 池田 毅

東京つばさ法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:5,534 件/匿名回答数:7,366件

離婚の際に問題となる年金分割は、相手(夫)に支払ってもらうものではありません。日本年金機構(旧社会保険庁)にある保険料の納付記録を書き換えてもらうという手続です。 ですから、離婚の際夫と合意ができ...

回答日 2012年05月24日 13:44
この回答がある質問
年金分割

具体的な訴訟の内容がわかりませんので、一般論としてですが、 陳述書に限らず、裁判で提出する証拠は、裁判でテーマになっている権利関係に関係する事実があったかなかったかを裏付ける資料です。 その...

回答日 2012年05月22日 16:36
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

詳しい条件がはっきりしませんので、あくまでご記載の内容をもとに一般的なケースとして考えますと、いわゆる算定表によると次の通りです。 あなたの年収が税込みで250万円程度、相手(元妻)が税込み1...

回答日 2012年05月21日 17:18
この回答がある質問
養育費

一般的に、将来離婚しようと合意すること(離婚の予約)は、無効と考えられています。従って、もともと法的効力が発生しない合意ですから、どんな形式を取っても法的に有効にはなりません。確実に履行されるように...

回答日 2012年05月21日 14:20

裁判官が、それぞれの主張や書証の提出がでつくしたと判断した場合、通常、人証調べを行います。いわゆる証人尋問(本人尋問)です。 それが終わった段階で、裁判官が「これで弁論終結します」と声に出していう...

回答日 2012年05月17日 14:11
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

調書には、2回「分」怠ったときは・・と記載されていませんでしょうか。 多くの場合、支払われていない金額が2回分、すなわちここでは10万円になったときに、期限の利益を失うという条項になっているはずで...

回答日 2012年05月17日 13:39
この回答がある質問
期限の利益

怪我をしているのか、原付が壊れただけかによって異なります。 原付が壊れただけの場合(怪我がない場合)は、 基本的に修理費だけで、慰謝料請求はできません。 怪我をしている場合には、慰謝料が請...

回答日 2012年05月16日 15:42
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

ご記載の通りです。単に名義を換えるということはありません。登記名義を移転する原因となる行為があるはずです。 それが、無償であれば、贈与であったり、有償であったら売買であったりするのです。 ど...

回答日 2012年05月15日 17:24
この回答がある質問
相続財産

内容を聞き取って、代わりに弁護士が文章を作成して陳述書とすることもあります。ですから、ご記載のような方法で陳述書を作成しても、形式的には問題ありません。 あとは、証明力が低い(ウソだとか、勝手に書...

回答日 2012年05月10日 17:08
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

追い越しは、道路交通法2条に定義規定があります。 「車両が他の車両等に追いついた場合に於いて、その進路を変えてその追い付いた車両等の側方を通過し、かつ、当該車両等の前方に出ることをいう。」 ...

回答日 2012年05月10日 16:10

まず、「嫁」が作成した書面についてその内容で合意したわけではありませんから、有効無効ということを考える必要がありません。単なる先方の要望を記載したメモにしか過ぎません。 裁判でどのような結論に...

回答日 2012年05月10日 13:24
この回答がある質問
養育費

住所というのが、住民票ということであれば、調べることは可能です。弁護士に依頼しなくても、通常は可能です。

回答日 2012年05月10日 13:15
この回答がある質問
家事事件

理屈の上では、返済しなくて良いと言った段階で、それが、一切返さなくて良い(免除)か、(退職金が出たら返すという約束で退職金が出たにもかかわらず)治療が終わるまでは返さなくて良いという時期的な「猶予」...

回答日 2012年05月09日 15:19

詳細な事情が分からないので断言はできませんが、通常、今後一切の請求をしませんという合意書を弁護士に依頼して作成したのであれば、財産分与の請求をしないという意思も含んでいると考えるのが自然でしょう。 ...

回答日 2012年05月09日 15:12
この回答がある質問
養育費

理論上は、そのようななりすましの裁判の判決は無効ですし、それによって財産的利益を得ようとすれば、場合によっては詐欺などの犯罪となります。 こわいというのは、その通りです。 ただし、一般的には...

回答日 2012年05月09日 15:01

「裁判所の手続」というのが、書面を届けるなどの事実行為であれば、代わりの人が行うことは問題ありません。 しかし、法律上の「訴訟行為」たとえば、法廷で開かれる弁論期日に出頭して発言をするなどは、訴え...

回答日 2012年05月09日 14:43

これだけの情報ですと、回答が難しいです。 追突は、基本的に100対0で、追突されたほうには過失がありません。 ただし、「危険を避けるためのやむを得ない急ブレーキ」以外の急ブレーキの場合には、追突...

回答日 2012年05月09日 14:28
この回答がある質問
物損事故

申立とは、申立書を裁判所に提出する行為のことをおっしゃっているのでしょうか。そうであれば、本人が持参しなくても問題はありません。 郵送でも申立書を提出できますし、例えば、弁護士は代理人弁護士という...

回答日 2012年05月09日 14:11

せっかくお願いをしているのですから、依頼をしている弁護士に尋ねるのが(具体的事情を知っているので)適切だろうと思います。 ちなみに、一般に労災の障害補償一時金は、賠償額から控除される(二重取り...

回答日 2012年05月08日 13:44
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

離婚の裁判の前には、調停をしなければならないのですが、前回の調停が裁判前に話し合いをしたことになるかどうかは、ケースバイケースとしか言いようがありません。 今回、調停をせずに、いきなり裁判を提起す...

回答日 2012年04月26日 20:12
この回答がある質問
調停離婚

相手に弁護士がついたということであれば、当事者同士よりも、加害者被害者という感情の問題が生じない分、賠償額の交渉がしやすいはずです。 まずは、修理費の明細(どこをどう直して単価がいくらかなど)と写...

回答日 2012年04月26日 14:15

事案が分かりませんし、他の手続でないことが前提なので、断言できません。あくまでも前提が正しければという回答ということで読んで下さい。 子の引渡の審判前の保全処分が認容(認められて、子を引き渡せなど...

回答日 2012年04月25日 18:06

子の引渡し保全処分とは、いわゆる審判前の保全処分のことでしょうか。 そうだとすれば、保全処分に対して即時抗告を申し立てても、当然にはその保全処分の効力は失われません。 別に執行停止の申立をして認...

回答日 2012年04月25日 14:05

裁判所で親権を争うような場合に問題となるのは、虐待に近いようなひどい状況の有無です。 親が子どもに影響するのは当然ですし、全ての親が聖人君子ではありません。様々な性格をもった親であっても、子どもを...

回答日 2012年04月25日 12:05
この回答がある質問
裁判離婚

法定地上権は成立することを前提にすると、その範囲は、建物の利用に必要な範囲の土地の部分に成立します。 具体的には、ケースバイケースです。建築確認の敷地部分に限られるわけではありませんし、逆に一筆の...

回答日 2012年04月24日 17:40
この回答がある質問
借地

このご質問記載の情報では判断ができません。 範囲の前に、まず、借地契約が成立しているかどうかが問題となります。 土地だけ別の人に譲渡されたということですが、その時点で、賃料をいくら支払うとい...

回答日 2012年04月24日 11:55
この回答がある質問
借地

「今もこんな人間で」 というところが、問題です。 子どもが心身ともに健やかに成長していく上で害があると言うことであれば、それが結婚前からだろうが結婚後に明らかになったことであろうが、親権者として...

回答日 2012年04月24日 10:53
この回答がある質問
裁判離婚

「裁判とは、そういった話もしなければならない、または、話をされても受け入れていかなければならない場なのでしょうか。」 結論から言えば、そういう場です。 裁判は、お互いに様々な事実を裁判上で主...

回答日 2012年04月23日 15:10
この回答がある質問
裁判離婚

「求めることができるか」ということですが、請求すること自体は問題ありませんし、それに応じて支払ってもらえれば、受領することにも問題ありません。 ただし、加害者がそれを拒否した場合には、解決する...

回答日 2012年04月19日 16:36
この回答がある質問
休業損害

ネットやお電話では、図面を見ながらお話しできないので、過失割合の回答はとても難しいです。事故状況について一致していますとありますが、詳細部分は異なっている(あるいは覚えていない、分からない)可能性が...

回答日 2012年04月19日 16:25

5,461 - 5,490 件を表示/全 5,534 件

池田 毅弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5257-7508
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 18:30
定休日
土,日,祝
備考
時間外は応相談
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談