現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
勝部 泰之弁護士

( かつべ やすゆき ) 勝部 泰之

トップコート国際法律事務所

東京都 港区南青山5-11-2 SANWA南青山ビル9階

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名193 件/匿名:0件

>1.Amazonの商品ページをwebスクレイピング・クローリングすることは利用規約違反ですが、法的に問題はないでしょうか? 相手のサーバーに負荷をかけるような行為は、偽計業務妨害又は電子計...

回答日 2017年11月27日 00:33

著作権法上の問題は生じませんが、肖像権、パブリシティ権の問題は生じる可能性があります。 特定非営利活動法人肖像パブリシティ権擁護監視機構のウェブサイトによると、似顔絵について「個人で似顔絵を描いて...

回答日 2017年11月27日 00:16

遺言書を作成し、その後マンションを売却したときは、民法の規定によりマンションに関する遺言部分は撤回されたものとみなされます。 民法第1023条 前の遺言が後の遺言と抵触するときは、その抵触する部分...

回答日 2017年11月26日 23:35
この回答がある質問
遺言書の書き方

>例えばホームページに公開されていない講師の方の名前・評判を、当サイトに掲載することは問題ですか? 講師の名前と評判だけの場合、例えホームページに公開されていない講師でも、一般的に公になって...

回答日 2017年11月26日 22:55

> 1. 夫が故意に損害を与えるようなことをしたわけではないと思うのですが、この損害賠償は応じる必要があったのでしょうか? プログラムの納品によって損害が発生する場合として、納期遅れやプログ...

回答日 2017年11月26日 03:24

>法的に、解除、返金を求めることは可能でしょうか? 契約書を確認しないと判断が難しいですが、仮に「支払い後は理由を問わず一切返金には応じられません」というような条項があった場合でも、そのよう...

回答日 2017年11月26日 03:09

女児にわいせつ動画を見せたケースで逮捕事例があるようですが、事例としてはかなり少ないようです。

回答日 2017年11月26日 00:24
この回答がある質問
児童ポルノ・わいせつ物頒布等

ご指摘の商品は「まつ毛カール器及びその附属品」などで商標登録されているようです(登録0635164-1)。 普通名詞化されている商標であれば、商標法第26条1項2号により、商標権の効力が及ばなくなり...

回答日 2017年11月26日 00:19
この回答がある質問
商標権・商号

店名を変えても変えなくても、事業承継を原因とする場合には、そもそも個人情報の第三者提供に該当しないため、引継ぎに違法性はありません。 個人情報保護法第23条 5 次に掲げる場合において、当該個人デ...

回答日 2017年11月25日 18:13
この回答がある質問
企業法務

>USBメモリへお気に入り・ブックマークのデータをコピーし、別のパソコンへのお気に入り・ブックマークのデータを移動する行為に違法性はあるのでしょうか(違法アップロードサイトのお気に入り・ブック...

回答日 2017年11月25日 14:51

>1、キュレーションサイトのようなイメージですが、もしこのようなサイトを作りたい場合はどのような対策が必要でしょうか。 基本的には引用で対処可能であると考えます。 引用すら不要であるケースも...

回答日 2017年11月24日 21:20

相手の細かい主張は確認のしようがありませんが、気になるのであれば、警察署名と刑事の名前を聞いて、相談をした日と、本当にそのように回答をしたのかどうか確認をされてみてはいかがでしょうか。 そもそも、詐...

回答日 2017年11月24日 01:20
この回答がある質問
通信販売・オークション

挿絵は絵を描いた人に著作権が帰属します。 本の出版をする場合は、その著作権(複製権等)の譲渡か、出版をする限りにおける複製の許諾のいずれかがなされたと言えますが、完全に著作権を買い取るような契約であ...

回答日 2017年11月24日 00:11

グーグルストリートビュー控訴審では、公道上の人を容姿が分かるように撮影することは違法になる可能性を示唆しつつ、ただし、写真や画像の撮影行為に対する制約にも制限があり、当該撮影行為が違法となるか否かの...

回答日 2017年11月23日 23:39
この回答がある質問
私道・私有地

>1. 上記の現状で、クライアントが私に無断で自社製品のように未納製品をクライアントの取引先に紹介しているのですが、これは知的財産権の侵害にはならないのでしょうか? 若干シチュエーションが不...

回答日 2017年11月23日 21:45
この回答がある質問
労働

>・請求をしない示談交渉のような話の後の請求は不当ではないのか。 具体的な請求ができるかはさておき、不適切な交渉態度であると思います。 >・この間、長期間に渡り、心労を受けている最中...

回答日 2017年11月22日 22:26
この回答がある質問
中途解約・違約金

チラシがどのような広告に該当するのかによると思いますが、景表法上、誤認が生じないような配慮が必要であると考えます。 例えば、写真の料理が食べられる、と消費者が誤解するような掲載の方法では誤認の...

回答日 2017年11月21日 00:42

首相が公人であることを考えると、公務中の首相の写真を資料に掲載することが首相の肖像権を侵害することにはならないでしょう。 その他、著作権の問題がありますが、内閣府のウェブサイト上のコンテンツは、利用...

回答日 2017年11月20日 23:58
この回答がある質問
著作権

おそらくメルカリの規約違反(第4条の2「複数登録の禁止」)には該当する可能性があります。 「複数のユーザー登録」というのは一人のユーザーが複数のアカウントを作る意味であると考えるのが自然だからです。...

回答日 2017年11月19日 20:20
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

クレジットカード会社には支払い停止の抗弁という手続きがあるので、電話で連絡をして相談をされてみてはいかがでしょうか。 その場合、引き落としが止まる場合と、請求元に確認をしてください、という...

回答日 2017年11月19日 20:04
この回答がある質問
マルチ商法

>つまりホームページ等に個人情報についての取り扱いに関する記載があればいいと言う事でしょうか? >その個人情報と言う言葉に録音データが含まれると言う解釈になるのでしょうか? ホー...

回答日 2017年11月19日 19:56

契約書に解除の取り決めはございませんでしょうか。 弁護士との契約は準委任契約ですが、民法上「委任は、各当事者がいつでもその解除をすることができる。」とされています(民法651条1項)。通常、解除自...

回答日 2017年11月18日 23:54
この回答がある質問
消費者被害

国民生活センターや弁護士に相談して対応することをお勧めいたしますが、解約は内容証明郵便など記録に残る形で行い、その上で受領を拒否するということになるのではないでしょうか。 代引きの場合は受け取りを...

回答日 2017年11月18日 23:41
この回答がある質問
美容・健康

金融庁のウェブサイトによると、「当該期間内に申出をしないと、この手続き(資金決済法に基づく払戻手続)による払戻しが受けられません。」とあります。 http://www.fsa.go.jp/poli...

回答日 2017年11月18日 23:16

>「後日内定辞退はしません」との文言が入っていたとしても、辞退は可能ということでよろしかったでしょうか。 明確な基準はありません。 採用内定後は、始期付・解約権留保付の労働契約が成立し、入...

回答日 2017年11月18日 22:58
この回答がある質問
内定辞退

>1 被告弁護人の尋問の内容は前もって原告は知ることができますか。 当事者尋問の場合も証拠申し出に際し尋問事項書を裁判所に提出する(民事訴訟規則107条・127条)ので、主尋問の内容は原告も...

回答日 2017年11月18日 19:24

最初に例示した書き方は一筆の土地ごとに記載するので、分け方は二通りあります。 一つは、450坪ずつになるように指定して単独相続をさせる遺言とすることです。 例えば、A=50,B=70,C=180,D...

回答日 2017年11月18日 18:40
この回答がある質問
遺言書の書き方

そもそもそのような場合、一次的に責任を問われるべきはポストに投函した配送業者なり郵便業者です。配送手続きを依頼した売り主は、配送業者がどのように配送業務を行うかを監督する義務はありませんし、責任を負...

回答日 2017年11月16日 00:45
この回答がある質問
インターネット

相手方は何か返品して欲しい理由を主張してきているのでしょうか? オークション上で売買契約が成立しているので、相手は商品の引渡し義務があります。 質問者様は、代金も支払っているので債務不履行はないです...

回答日 2017年11月14日 23:14
この回答がある質問
返品・返金

競馬のギャンブル情報提供の事例ですが、詐欺にあたるとされ、裁判で損害賠償請求が認められた例もあります。 どのような勧誘がされたのかが問題となりますが、詐欺と認められる可能性はあります。 ただ...

回答日 2017年11月14日 21:53
この回答がある質問
インターネット

61 - 90 件を表示/全 193 件

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
お電話での法律相談は受け付けておりません。
依頼に関するお問合せ、法律相談のご予約等につきましては、できる限りメールフォームのご利用をお願いいたします。

対応地域

経歴・資格
事業会社勤務経験