現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
泉 亮介弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

詐欺被害・消費者被害13

離婚・男女問題5

労働問題7

全国8

東京都6

( いずみ りょうすけ ) 泉 亮介

彩結法律事務所

現在営業中 10:00 - 18:00

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:4,153 件/匿名回答数:0件

質問1 違法です 質問2 何かに使われる可能性は否定できません 質問3 逮捕される可能性はないと思います。 質問4 今のところすぐに必要があるとは思えませんので弁護士への依...

回答日 2021年05月13日 16:46
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

被害届を提出して口座の凍結がなされている場合などには弁護士による調査によって特定できるケースはあります。

回答日 2021年05月12日 09:41
この回答がある質問
詐欺

不貞相手とご主人に慰謝料請求できるかは、会話の録音で不貞行為があったと立証できるかにかかってきます。 会話の内容によっては録音だけで不貞行為があったと認められる可能性もありますが、写真などがあ...

回答日 2021年05月11日 23:41
この回答がある質問
離婚・男女問題

1. 和解において地位の確認をし、職場への復帰を認める和解は殆どのケースで実現されません。基本的には金銭的な賠償での解決となります。その金額が大きければ一般的には勝訴的和解と言われることになる...

回答日 2021年05月11日 19:12
この回答がある質問
労働裁判

1. 警察で話した内容が民事のことで利用されることは一般的にないでしょう。 2. 証拠がなければ不貞行為はしていないで突き通すことも場合によっては可能です。不貞行為が認められた場...

回答日 2021年05月11日 18:07
この回答がある質問
不倫慰謝料

自身の運営するブログに挙げる等,その行為により自身が収益を得ているなど,利益目的で行われているような場合には私的利用の範囲を超えていると判断されるでしょうし,それによって得た利益の返還要求もなされる...

回答日 2021年05月11日 17:16
この回答がある質問
通常訴訟

ご相談のケースで自主退職や合意退職が成立していると判断される可能性は低いでしょう。 会社からの一方的な意思表示で契約関係が終了しておりますので,何らかの理由により解雇として処理されているかと思われ...

回答日 2021年05月11日 17:13
この回答がある質問
懲戒処分

弁護士を変更すること自体は可能ですが、着手金の返金については契約次第な部分もございますので、場合によっては追加で着手金がかかってしまいます。 依頼された弁護士が話しにくく怖いという点については...

回答日 2021年05月10日 23:16
この回答がある質問
遺産分割調停

質問1 妊娠については両者に責任がありますので、慰謝料は発生しないと思います。 質問2 基本的に必要はございません。

回答日 2021年05月10日 23:08
この回答がある質問
中絶

懲戒処分が決まっていないのに雇用契約が終了することは通常ありません。自主退職や合意退職として処理されているのであれば別ですが。 そうでなければ不当解雇ということになってしまうでしょう。 離職票が...

回答日 2021年05月10日 19:07
この回答がある質問
懲戒処分

キスやハグの程度では不貞行為として認定されないケースもございます。ただ、それらの証拠から、肉体関係もあったと裁判所に判断された場合、慰謝料の支払い義務が生じることもあるため、事情に即した法的な反論を...

回答日 2021年05月10日 19:03
この回答がある質問
不倫慰謝料

弁護士同士の個人的な関係は利益相反となりません。基本的に利益相反とは、自身が顧問している会社が相手方であったり、以前相談を受けた人物が相手方であったりした場合に問題となるものです。

回答日 2021年05月09日 19:53
この回答がある質問
監査役

1. 堕胎費用については折半が原則です。裁判所の考え方の根幹には、性行為自体はお互いが同意の上で行なったものであるのだから責任の割合は同等であるというものがあり、避妊を希望したが相手が拒否した等...

回答日 2021年05月09日 16:54
この回答がある質問
離婚・男女問題

私的利用の範囲にとどまると思われますので、著作権侵害には当たらないでしょう。

回答日 2021年05月09日 16:49
この回答がある質問
通常訴訟

 実際の仕事量との関係や他の社員がどの程度残業していたのかといった観点から、する必要のあった残業なのかどうかの判断がされますが、基本的には働いた分の時間に対する対価は支払われるのが原則ですので、残業...

回答日 2021年05月09日 16:46
この回答がある質問
タイムカード

 手を繋いでいる写真のみでは不貞の証拠としては弱いでしょう。それらの証拠と合わせて、ホテルへの出入りの写真や、相手の住居への出入りの写真等があれば不貞行為を推認できる可能性が高まります。

回答日 2021年05月09日 16:42

ご記載の行為だけでは、離婚、面会交流において不利に扱われることはないと思います。

回答日 2021年05月09日 16:18
この回答がある質問
調停離婚

書面が送られてくる可能性はあると思いますが、裁判所では請求は基本的に認められないと思います。 連絡がきたとしても支払わない旨を伝えるだけで対応は不要です。 支払いを拒否する旨の連絡は書面でも...

回答日 2021年05月09日 16:09
この回答がある質問
パート・アルバイト

写真の内容にもよりますが、特別秘匿する必要がない相手であれば、そのままで問題ないと思います。 また、説明については写真に記載するのではなく、準備書面や証拠説明書に記載なさってください。

回答日 2021年05月09日 13:23
この回答がある質問
通常訴訟

相手からの慰謝料請求などが反訴としてある可能性は否定できませんが(その場合でも認められにくく、認められたとしても低額かと思います)、不貞行為による慰謝料請求が認められるかどうかや慰謝料の金額との間で...

回答日 2021年05月09日 10:45

質問1】 この場合慰謝料請求に応じなければならないのでしょうか。 →相手が既婚者であったことを知らず、知ろうとすれば知り得たという場合でなければ、支払いの必要はございません。 【質...

回答日 2021年05月09日 10:02

相手の住所がわからない場合に電話番号などから調査するときに使います。 紹介先や紹介方法によって出る情報はさまざまです。 電話番号の場合は相手の契約者情報がでますので、名前や住所などがでま...

回答日 2021年05月08日 17:04
この回答がある質問
債権回収

交際期間や肉体関係の回数にもよりますが、相手が離婚しないのであれば、求償権放棄を前提に100万円は少し高いように思います。 話し合いが難しいようなら、弁護士に相談なさってみてもよろしいかと思い...

回答日 2021年05月08日 17:01
この回答がある質問
不倫

裁判所書記官に、調書に発言内容を記録するようお願いすれば応じてくれるでしょう。弁護士同士の裁判においても相手の発言が重要だと考えた場合に行われる事があります。

回答日 2021年05月08日 16:46

訴訟外の交渉の場合は、相手の住所がわかれば内容証明郵便で請求の書面を送り、支払いを求めるとともに、弁護士への連絡を求めます。そして、相手から連絡があった場合には電話や書面によりやりとりし、交渉をすす...

回答日 2021年05月08日 15:23
この回答がある質問
債権回収

裁判費用はが相手負担でされるケースはありますが、調査費用などは認められにくいです。 相手の仕事の調査において、弁護士が興信所などは使うことは基本的にないです。 判決確定後の法的手続きによって...

回答日 2021年05月08日 15:18
この回答がある質問
債権回収

十分な証拠とはいえませんが、一定の証拠にはなると思います。 裁判になった場合に勝てるかは記載内容を見てみないと分かりません。 ただ、少なくとも、事実として返済している以上、相手からの訴訟...

回答日 2021年05月08日 15:12
この回答がある質問
労働

1. 労使間で合意が取れていれば変更に問題はありません。 2. 契約日までには合意を取っている必要があります。新たに契約書も作成し直して説明をし、同意したという書面ももらっておくと安心で...

回答日 2021年05月08日 15:08
この回答がある質問
労働時間

調査官の報告書はあくまで裁判官が判断するための一資料ですので、調停の流れを通して審判に移行した場合裁判官が最終的にどちらかを監護権者として指定します。

回答日 2021年05月08日 15:05
この回答がある質問
家事審判

 即日契約が解除できるのであればその後の賃料を取れる理由はないでしょう。

回答日 2021年05月08日 15:01

1 - 30 件を表示/全 4,152 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50
現在営業中 10:00 - 18:00

泉 亮介弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5282-8301
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 18:00
  • 土日祝10:00 - 18:00
定休日
なし
備考
・メールフォームは24時間予約受付しております。当日の電話相談は10時から18時までとなりますが,事前にご予約いただければ時間外の対応も受け付けております。
・土日祝日は電話に出られない時もございます。折り返し対応が週明けになる可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談