現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
泉 亮介弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

詐欺被害・消費者被害3

離婚・男女問題5

労働問題4

全国5

東京都3

( いずみ りょうすけ ) 泉 亮介

現在営業中 10:00 - 18:00

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:2,965 件/匿名回答数:0件

現状は待つしかないと思います。

回答日 2021年02月25日 00:13

脅迫的な発言や行動がない場合、一度訪問するだけでは処罰されたりはしないと思います。

回答日 2021年02月24日 21:29
この回答がある質問
借金

妊娠の可能性があるのかにもよりますが、可能性があり、気になるのであれば、事実確認が必要になると思います。 LINE時間分からないのであれば、LINEで繰り返し連絡するしかないと思いますので、何度か...

回答日 2021年02月24日 10:08

契約を質問者様が行っていないという証拠が必要になりますので、契約書類の筆跡鑑定などが必要になると思いますが、元交際相手が契約を勝手にしたのであれば事件性はあると思います。 詐欺罪や私文書偽造な...

回答日 2021年02月24日 00:49

差額分というような意味合いより、法的に支払い義務が課されるものなので、実際にどの程度の費用がかかるかとはあまり関係がありません。 養育費の支払い義務は子を育てている側には課されません。

回答日 2021年02月23日 23:49
この回答がある質問
養育費

事件の内容が分からないので詳しくは回答できませんが、ご両親が当事者でないのであれば、ご両親の一筆は本来必要ありません。 謝罪文を提出するだけで民事訴訟を法的に避けられるわけではありません。 ...

回答日 2021年02月23日 23:29

その時の状況や、ぶつかり方、ぶつかる以前の歩き方など諸般の事情を総合的に考慮して判断されます。 また、明確にぶつかる意思がなくとも、ぶつかるかもしれないがぶつかっても構わないと言った認識であれば故...

回答日 2021年02月23日 20:08
この回答がある質問
暴行

探偵会社がしっかりとした調査を行っていない場合は契約解除、債務不履行として返還請求が認められるケースもあります。 弁護士を立てるつもりであれば、探偵会社との交渉は全て弁護士が行うため、ご自身で...

回答日 2021年02月23日 20:01
この回答がある質問
返品・返金

裁判をするには住所が必要になります。 赤字になる可能性はございますが、弁護士に依頼して回収していくしかないように思います。

回答日 2021年02月22日 23:31
この回答がある質問
回収方法

警察に行く必要はないでしょう。 被害届がもし出された際には修理費などの被害弁償は必要となるかと思われますが、刑事事件化することはないかとおもわれます。

回答日 2021年02月22日 22:59
この回答がある質問
交通事故

サイト利用を止めさせる権利も場合によっては親権の行使として認められる場合がありますが、法律関連のサイトを見ることを禁止する必要性は基本的にはないため、過度な親権の行使と判断される可能性もあるでしょう...

回答日 2021年02月22日 19:27
この回答がある質問
インターネット

不利とはなりませんが、退職と扱うか懲戒処分とするかについて会社で検討するため、すぐに退職手続きへと進むことができないケースもございます。

回答日 2021年02月22日 19:21
この回答がある質問
懲戒処分

相手に請求された場合に認められる慰謝料はかなり低いと思います。 ご自身の行動と相手の不貞行為は別のものですので、相手に対して責任追及なさっても問題ないと思います、 離婚事由が別にない場合...

回答日 2021年02月22日 19:13
この回答がある質問
不倫

法人ABとの間で送達先についての合意ができていればそのようにすることも可能です。 そうした合意がないのであれば、それぞれの所在地に送付することとなります。

回答日 2021年02月20日 18:20
この回答がある質問
通常訴訟

賃貸借契約の契約者がご長男である場合未払い等の責任は基本的に契約者であるご長男は請求がなされます。 契約書を作成せずに当該問題が発生した場合、領収書の名義等からごちょう何が契約者として責任を負...

回答日 2021年02月20日 18:09
この回答がある質問
不動産・建築

真実ではないと知りながらあえて内容虚偽の文書を送った場合には,それ自体で刑事犯になるといった問題はないでしょうが,弁護士倫理として問題ある行為として,場合によっては懲戒の対象となり得るでしょう。 ...

回答日 2021年02月19日 16:12
この回答がある質問
インターネット

可能性はゼロとは言えませんが,低いでしょう。特別な対策までは必要ないかと思われます。

回答日 2021年02月19日 16:01

民事上での不法行為とは,故意または過失により損害を与えること全般を指すため,その不法行為の中に,民事上の詐欺も当然入ってきます。また,暴行やインターネット上の誹謗中傷なども,民事上では不法行為に分類...

回答日 2021年02月19日 16:00
この回答がある質問
債権回収

連絡先の交換をすることや,SNS等インターネット上で個人的につながりを持つことを禁止する就業規則であれば,実際に個人的なつながりを持ていないのであれば就業規則違反とまでは言えないのではないかと思われ...

回答日 2021年02月19日 15:59

その点は大丈夫でしょう。 もちろん従前からの診断書があった方がより効果的ではありますが,直近のものでも大きく影響力が変わることはありません。

回答日 2021年02月19日 15:54
この回答がある質問
通常訴訟

期間満了でとなると,相手方には契約を更新するか否かについてのある程度広い裁量があるため,就業規則違反とならないケースでも契約を更新しないことが可能となっております。 そのため,契約更新拒否が正...

回答日 2021年02月19日 15:48

どちらでも問題ないと思いますが、手書きで封筒に入れて渡した方が気持ちが伝わると思いますので、婚姻関係の継続を希望されているのであれば、そちらの方法の方がいいのではないかと個人的には思います。

回答日 2021年02月18日 23:52
この回答がある質問
別居

指紋が出たとしても、即座に逮捕されるわけではありません。 指紋がついた理由などにていて合理的な説明ができれば、逮捕されたりはしないはずです。 ご自身で設置したものではないことや、質問欄に...

回答日 2021年02月18日 21:14

明らかに支払いができないにもかかわらず購入していたというような事情がない限り逮捕されたりはしないと思います。 支払いできないものについても、連絡して、購入後に仕事をうしなってすぐに支払いができなく...

回答日 2021年02月18日 21:06
この回答がある質問
詐欺

調停で決まっていることがからであれば、強制執行をすることが可能です。 また銀行口座や職場などについては裁判所の手続きを経て調査することができる場合もあります。 わざわざ、新たに訴訟を起こ...

回答日 2021年02月18日 19:38
この回答がある質問
養育費

ご記載の内容からだけであれば、強制的な離婚は難しいと思います。

回答日 2021年02月18日 17:54
この回答がある質問
性格の不一致

相手が逮捕されるかどうかやいつ逮捕されるかについては捜査の状況にもよりますし、ケースバイケースになります。 慰謝料請求については現時点でも行えます。 慰謝料請求の対象となる行為は、相手の一連...

回答日 2021年02月18日 11:34
この回答がある質問
傷害

検察官の取り調べの日に伝えられることはないと思います。 取り調べの内容を踏まえて後日判断されることになります。

回答日 2021年02月18日 11:27
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

離婚に至る場合について、高額ではありますが300万円以上の慰謝料請求が認められている事案もございますので、請求をすること自体は問題ないでしょう。 調査費用については因果関係等の諸般の事情を考慮...

回答日 2021年02月18日 05:10
この回答がある質問
不倫慰謝料

不法行為については、詐欺とは違い、故意または過失により、損害を与えた場合に成立するものですので、単純ミスにより取引先に損害を与えた場合は過失による不法行為となる可能性があるでしょう。 また、不...

回答日 2021年02月18日 05:06
この回答がある質問
債権回収

1 - 30 件を表示/全 2,964 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50
現在営業中 10:00 - 18:00

泉 亮介弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5282-8301
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 18:00
  • 土日祝10:00 - 18:00
定休日
なし
備考
・メールフォームは24時間予約受付しております。当日の電話相談は10時から18時までとなりますが,事前にご予約いただければ時間外の対応も受け付けております。
・土日祝日は電話に出られない時もございます。折り返し対応が週明けになる可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

対応地域

事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談