現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
西明 優貴弁護士

( さいみょう ゆうき ) 西明 優貴

虎ノ門桜法律事務所

不動産・建築

分野を変更する
【弁護士直通】【宅建資格有り】【ノンストップ!コメント経験】【不動産会社顧問多数】管理・売買・立退・解除・譲渡許可・火災・漏水・騒音・登記の問題はお任せ下さい!
虎ノ門桜法律事務所
虎ノ門桜法律事務所
虎ノ門桜法律事務所

事務所入口、応接室、会議室の写真です。

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり
  • カード払いあり

◆不動産問題はお任せください◆

  • 賃料の増減額請求をしたい。
  • 賃料の滞納が続いており、その回収と、建物明渡しの請求をしたい。
  • 建物から火災や水漏れが生じたため、営業ができなかった。
  • 知らずに自殺物件を購入してしまった。
  • 不動産業者から、高額な仲介手数料を請求されている。
  • 借地権者が借地権の譲渡に承諾してくれない。
  • 借地権を売却して欲しいとの連絡が来たが、どうしてよいか分からない。
  • 買主から瑕疵担保責任を追及されている。
  • 不動産会社に対する判決は取ったが、回収が出来ない。
  • 騒音問題
  • 賃借権譲渡や転貸許可申立て又は競公売に伴う賃借権譲受許可の申立てに対する、建物及び賃借権譲受申立て(介入権申立て)

◆過去の取扱案件◆

賃料増減額請求、建物・土地明渡、未払賃料・マンション管理費用請求

火災、水漏れ、騒音などに基づく損害賠償請求

心理的・物理的瑕疵に基づく解除ないし損害賠償請求

競売に伴う賃借権譲り受け許可申立、借地権の買取交渉や譲渡許可申立て

保証協会に対する弁済業務保証金の還付請求

任意売却、不動産契約書・Airbnb等に関する法律問題

◆事件遂行の姿勢◆

私は、ご相談・ご依頼を受けるにあたり、
相談者・依頼者の方々が直面している1つ1つの問題について、
その声にじっくりと耳を傾け、依頼者の気持ちにより添って、
丁寧な事件処理を心掛けております。

◆費用◆

初回のご相談からお見積りまで無料です。
※ 詳細は、料金表をご覧ください。

◆このような皆様からご依頼をいただいております◆

大手外資系不動産会社、保険会社(火災新種)からのご依頼が多く、
その他個人事業主様からもご依頼を頂いております。

▩ 事務所ホームページ

https://www.izawa-law.com/introduction/

▩ アクセス

神谷町駅(日比谷線)・御成門駅(都営三田線)から徒歩5分

▩ 他の士業等との連携

不動産鑑定士、建築士、損害保険鑑定人、司法書士等の専門家と共同して、事件を遂行することが可能です。

▩ その他

司法試験の総合順位は、8015人中356番(上位約4%)です。

▩ 連絡

裁判、相談、出張等により、私がお電話に出れない場合でも、留守電やメールを入れて頂ければ、折り返しさせていただきます。

不動産・建築

解決事例をみる

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 20分まで無料(騒音問題を除く)

20分以降、個人:20分ごとに5500円、法人:20分ごとに1.1万円

相談には、調査・電話対応・電子メール対応・資料検討・資料収集のための移動時間・打ち合わせ等が含まれます。
着手金 保全→交渉→調停→訴訟との手続きにおいて、引き続き、ご依頼がある場合、例えば、「交渉」が決裂し、新たに「調停」や「訴訟」をご依頼される場合、着手金は、半額とさせて頂きます。例:建物・土地等明渡において、交渉決裂後、訴訟提起する場合の着手金は、16.5~27.5万円

◆建物・土地等明渡◆
保全 16.5万円
交渉 16.5万円
訴訟 33~55万円

◆マンション未納管理費、未納賃料請求◆
交渉 11~22万円
訴訟 22〜44万円 

◆賃料増減額請求◆
交渉 22〜555万円
調停 33〜66万円
訴訟 44~77万円 

◆建築瑕疵(漏水等の物理的瑕疵や、心理的瑕疵)◆
交渉 22〜44万円
訴訟 33〜55万円 

◆借地権売買交渉、借地非訟◆
交渉 22〜44万円
調停 33〜55万円
訴訟 44~66万円 

◆弁済業務保証金の還付請求◆
苦情・認証申出:22~44万円
認証請求:22~44万円 

◆境界、近隣・騒音トラブル◆
交渉 22〜33万円
調停 33〜55万円
訴訟 44~66万円 
報酬金 ◆建物・土地等明渡◆
明渡成功時に、着手金と同額

◆マンション未納管理費、未納賃料請求◆
実際に回収した金額の17.6%

◆賃料増減額請求◆
増減額分の2年分の16.5%

◆建築瑕疵(漏水等の物理的瑕疵や、心理的瑕疵)◆
実際に回収した、あるいは請求を免れた金額の17.6%
※算定困難な場合には、ご協議させていただきます。

◆借地権売買交渉、借地非訟◆
33~66万円
※ただし、介入権行使の場合には、借地権価格の11%

◆弁済業務保証金の還付請求◆
実際に獲得できた金銭の11~22%

◆境界、近隣・騒音トラブル◆
33〜66万円
備考欄 ・上記は全て消費税込表記です。
・上記は弁護士にかかる費用であり、実費(交通費、切手代、印紙代など)は別途ご負担いただきます。
ご相談の流れ 【1】お電話、メール、LINE等にて面談予約

【2】ご予約確認のご返信(当日のご持参物をご案内いたします)

【3】面談(原則、ご来所が望ましいですが、ZOOM等のオンライン面談も積極的に行っています)

【4】解決方針と弁護士費用のご説明等

※初回面談当日に委任契約を結ぶ必要はございませんので、安心して面談にお越しください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(12件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

都内の事業用ビルにつき、賃料増額調停申立をした事例(貸主)

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
依頼主 40代 男性

相談前

私の会社は、事業用ビルを都内に数件所有している、不動産会社です。
ビルの転売をするため、①テナントに対し、合意解約に向けた交渉、②予備的に、賃料が周辺相場と比較して安価であるとして賃料増額を依頼させていただきました。

相談後

合意解約については、合意寸前まで行きましたが、結局折り合いが付かなかったため、賃料増額の申立てをしていただきました。その後、賃料の増額が認められ、無事解決しました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

当初は、賃貸借契約の合意解約の交渉からスタートしましたが、難航したため、賃料増額調停を申し立てた事件です。調停では、お互いが意見書を提出して賃料額を争いましたが、結果として、当方の主張が認められ、しかるべき増額が認められました。

不動産・建築の解決事例 2

土地に勝手に倉庫を建てていた不法占拠者に対して、倉庫の撤去と土地の明け渡しを求めた事例

  • 建物明け渡し・立ち退き
依頼主 40代 男性

相談前

私は、土地の賃貸人です。ある日、土地を見に行ったら、私が同意していないにもかかわらず、土地に倉庫が建っていました。土地の賃借人に事情を聞くと、賃借人の親族が、倉庫を建てたというのです。私は、賃借人とは円満な関係を築いており、賃借人に責任を追及するつもりはありませんでしたが、とにかく早く倉庫を撤去して欲しいと考え、弁護士に相談しました。

相談後

不法占拠者は、私の先代の貸主から、土地に倉庫を建てることについて了承を得たなどと主張しましたが、一切そのようなことはありませんでしたので、粛々と先生に交渉を進めてもらいました。結果、不法占拠者は、倉庫を取壊し、出て行き、非常に満足の行く結果が得られました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

訴訟を提起する可能性も十分に見込める事案でした。交渉を始めると、法的な問題点としては、土地が「不法」に占拠されているかどうかが問題となっているものの、その本質的な問題点は、土地に関わる人間関係のもつれにあると考え、言葉・話し方等に非常に注意を払い、円満な解決を模索しました。その結果、訴訟を提起せず、倉庫の取壊費用もあちら側が負担することとなり、受任後2か月後には土地を明渡してもらうはこびとなりました。

不動産・建築の解決事例 3

企業で借りていた賃貸物件を退出する際、貸主から、5000万円以上の多額の原状回復費用を請求された事例(借主)

  • 建物明け渡し・立ち退き
依頼主 40代 男性

相談前

事務所を営んでいる者です。企業で借りていた事務所用の賃貸物件を退出する際に、五千万円以上もの多額の原状回復費用を、賃主側から請求されたため、先生にご相談しました。

相談後

先生に、相手方代理人と交渉していただき、3週間程度で、原状回復費用を二千数百万円まで減額していただき、合意しました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

依頼主はある企業でした。
企業で借りていた事務所用の賃貸物件を退出する際に、五千万円以上もの多額の原状回復費用を、賃主側から請求されたというものでした。このような案件は、明け渡しまでに時間があまりないために、いかにスピーディーに解決できるかがポイントとなってきます。契約では、原状回復費用は借主が負担、業者は賃主の指定業者が請け負うことになっていましたが、他の業者の見積もりでは二千万円程度だったため、原状回復工事の要否や、金額の相当性について精査し、相手側代理人と短期間で集中的に交渉しました。わずか三週間程度の交渉で、原状回復費用を二千数百万円とする内容で合意となりました。

不動産・建築の解決事例 4

暴力団関係者に家賃を滞納された事例(貸主)

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
依頼主 40代 男性

相談前

私は、アパート・マンション等の賃貸業を営んでおります。借主である暴力団関係者により半年近くも家賃を滞納され、駐車場にも無価値な自動車を放置されており困っていました。

相談後

訴訟提起後、強制執行まで行うことになりましたが、結果的に無事解決できましたので、大変満足しています。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

依頼を受けてすぐに、占有移転禁止の仮処分、建物明渡などの請求訴訟を提起し、数ヶ月で和解が成立しました。しかし実際は期限までに明け渡しが履行されなかったため、建物明渡の強制執行の申し立てをし、自動車についても滞納賃料などの支払判決を債務名義とし、差し押さえを行いました。その後は自己競落し、無事解決となりました。

不動産・建築の解決事例 5

土地の売買契約を解除し、手付金の返還を求めた事例

  • 欠陥住宅
  • 土地の境界線
依頼主 40代 男性

相談前

私は、土地を購入した買主です。売主が、契約条件になっていたにも関わらず、土地の境界明示や測量図の交付してくれないため、売買契約を解除しましたが、売主が、手付金を返してくれないため、ご相談させていただきました。

相談後

訴訟を起こすことになりました。
訴訟では、最終的に、勝訴的な和解で、解決することができました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

手付金返還を求める訴訟を起こしました。訴訟では主に、登記簿記載の面積で土地を売買する公簿売買か、現状有姿売買かが争点になりましたが、訴訟提起から約1年で買主の言い分が通った形で和解となりました。

不動産・建築の解決事例 6

借地権の譲渡が認められた事例

  • 借地権
依頼主 男性

相談前

私は、借地人の相続人です。被相続人が、元々借地上に建物を建てて、土地を賃借していました。私が借地権と当該建物を相続後、特に当該建物に住む予定もないので、借地権を譲渡したかったのですが、地主から借地権の譲渡を拒否されてしまい、先生にご相談しました。

相談後

無事に、解決出来て良かったです。
不動産案件については対応していないとして、他の弁護士から断られたこともあったなかで、受任していただきまして、本当に先生には感謝しています。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

交渉後、借地非訟手続きにより、借地権の譲渡の許可申立てを行いました。
借地権の譲受人には、特に、譲受人として経済的問題や信用性の問題もありませんでしたので、無事に、裁判所から許可の判断が下りました。

不動産・建築の解決事例 7

売買した不動産一棟について、瑕疵担保責任を請求された事例

  • 欠陥住宅
  • 任意売却
依頼主 40代 男性

相談前

当社は、不動産売買・仲介を主な事業内容とする会社です。
当社が、個人のお客様に売却した賃貸マンション(一棟)について、お客様から、水漏れなどがあるなどとして、売買代金の一部返還か、修繕費の一部を負担するよう迫られ、先生にご相談させて頂きました。

相談後

当社は、一切の責任を負わないとして、毅然と対応していただき、当社への請求・クレームは無くなりました。当社としても、中古物件だから、何か問題が出てきたとしても、まさか責任を問われることはないだろうと思っており、このようなことが起きたのは初めての経験だったのですが、適切に対応していただき、感謝しております(顧問弁護士になっていただきました)。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

売却した物件が、いわゆる中古物件だったことから、中古物件の瑕疵担保責任が認められた裁判例を検討し、責任が認められるか否かの限界事例を見定めました。本件の建物の売却価格が、一定のキズを織り込み済みというもとで設定されたという裏付けも取れたことも踏まえ、落としどころを示すといったような交渉はせず、完全に否認(要するに、「0円」回答)し、相手方の請求を断念させました。

不動産・建築の解決事例 8

サブリース契約において、突如として、所有者から契約解除を主張された事例

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権
依頼主 50代 男性

相談前

当社は、不動産会社が物件をオーナーから借り上げ、入居者に転貸する、いわゆるサブリースを主に行う不動産賃貸管理会社です。
オーナー様が建てられた新築物件一棟を当社で借り上げ、当社の適切な業務遂行により一棟全てを満室にしたところ、突如として、オーナー様から、契約解除を通知され先生にご相談させていただきました。

相談後

当社は、断じて、不適切・怠慢な業務を行っていないのに、相手方と相手方弁護士は、当社の業務が債務不履行だとか信頼関係が破壊されたと頑なに主張し続けました。
しかし、西明先生に、正しく強く速く、対応して頂いたおかげで、オーナー様は請求を諦めました。立退料をいくら積まれても、契約を解除する意思はありませんでした。先生は当社の意向に沿って弁護活動を行ってくれました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

思うに、オーナー様は、より収益率の高いサブリース業者との契約に切り替えたかったとか何かしら思惑があったのだと推察します。
サブリース契約といえども、賃貸借契約の法的性質を有する場合には、借地借家法の適用がありますから、中途解約には、いわゆる正当事由が必要であり、これが認められるには相当程度のハードルがあります。そのハードルを乗り越えられないと考えたため、ご依頼者様のご意向に沿い、徹底的に闘った事件となりました。

不動産・建築の解決事例 9

自殺物件を騙されて購入してしまった事例

  • 欠陥住宅
依頼主 30代 女性

相談前

私は、不動産業者から、中古住宅を購入しました。
しかし、その後、親族が、インターネットサイトで、当該住宅が、自殺物件として紹介されていると教えてくれて、無料法律相談や法テラスなどを利用し、最終的に、西明先生のところに辿り着きました。

相談後

相手方は、最後まで、自殺物件であることを知らなかったと白を切り続けました。
私は、このような方が現実にいるのだと愕然とするとともに、自身の経験や能力不足を非常に呪いました。
自殺物件と分かってからは、不眠・食欲不振、嘔吐などに悩まされました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

相手方が自殺物件であることを知りながら、(敢えて)これを説明しなかったことを、どのように立証するかが鍵となる事件でした。

幸い、前々所有者の方のご協力もいただくことができ、相手方は、自殺物件であることを知っていたことが重要事項説明書等の客観的証拠により明らかとなりましたので、最終的に、ご依頼者様の意向を完全に達成できる解決内容となりました。

不動産・建築の解決事例 10

保証協会に対し、弁済業務保証金の認証請求(還付請求)をした件

  • 欠陥住宅
依頼主 40代 女性

相談前

私は、騙されて、自殺物件を購入してしまいました(大島てるというサイトにより、契約後、発覚したものです)。裁判が進みましたが、相手方会社が経済的に苦しいとのことで、結局、判決になりました。そこで、先生から、1000万円を限度で、保証協会から金銭の取戻しが出来るとのご説明をうけ、手続きを進めることにしました。

相談後

1年近くかかりましたが、無事に、売買代金の全額を回収することが出来ました。感謝してもしきれません。これで、あの過去を清算することが出来ます。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

保証協会(いわゆる宅建協会及び全日)には、営業保証金の還付請求のほか、弁済業務保証金の還付請求があります。本手続きは、東京で事務手続を行うのでない限り、とにかく時間がかかります(しかも、手書きの書面を提出しなければいけなかったり、郵送でなく受付窓口に行かなければならなかったり、独特な手続もあります)が、回収可能性が乏しいような事案には、最適であり、本件のような場合に、まさに効果を発揮します。

不動産・建築の解決事例 11

下階の住人から、騒音に関し、損害賠償請求された事例

  • 騒音・振動
依頼主 40代 男性

相談前

私、夫、子ら3人は、いわゆる分譲マンションに居住しておりました。
5年ほど前から継続して、フロントから、下の階の方から、子供の足音がうるさいと苦情がきていると伝えられました。私達は日常生活の範囲内だと考えていましたが、最終的に、管理会社による騒音調査が行われましたが、管理会社は騒音が発生しているともないともいえないという結論に至りました。そうしたところ、自宅に、訴状が届いたのです。そこには、騒音計により、条例や基準を超える測定結果も証拠として添付されていました。

相談後

ご経験の豊富な先生の尽力もあり、最終的に、私達の勝利となりました。結局、どの程度が、日常生活による生活音であると感じるかは、ひとそれぞれなような気がします。こちらとしては、度重なるクレームについて、相手方に損害賠償請求をしたいぐらいの気持ちになりました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

騒音が違法(受任限度を超える)か否かは、①マンション内における生活騒音の具体的内容・程度(音発生の時間帯、頻度、期間、音質、音圧、発生場所)、②マンション内における生活騒音の改善の容易性、③被害者の身体的・精神的影響の状況、④マンションの床・壁の遮音性能、⑤マンションの周囲の環境、⑥紛争に至るまでの経緯、⑦紛争解決に対する被害者・加害者の態度の総合考慮により決まります。ですので、仮に、騒音計により、条例や基準を超える測定結果が証拠として提出されたとしても、諦める必要はなく、上述の要素に照らして、一つ一つ、適切に反論していきましょう。

不動産・建築の解決事例 12

借地権の譲渡に対し、介入権を行使し、土地建物を取り返した事案

  • 借地権
依頼主 60代 男性

相談前

ある日、土地の賃借人の相続人から、土地上の建物については、もう居住していないので、借地権を会社に譲渡させて欲しいとの文書が届きました。私としては、そもそも、貸したものは返されるべきだし、知らない人(会社)が、居座るなんでとんでもないという感じでした。

相談後

その後、裁判を起こされてしまい、先生にご相談しました。先生から、介入権と言って、土地及び建物を、金銭を支払い、とり返す旨の権利があると教えて貰い、これを行使する方針にし、無事に、土地を取り返すことにしました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

介入権とは、賃借権譲渡・転貸許可の申立てがされたときに、借地権設定者(地主)が賃借権の譲渡又は転貸を阻止するための対抗手段として、土地所有権の完全性を回復するために利用される権利です。地主様が、相当の対価を支払うことができない場合や、いわゆる跨り建物等の問題がない限り、概ね、認められる傾向にあるといってよいでしょう。

不動産・建築

特徴をみる

債権回収

分野を変更する
【弁護士直通】【ノンストップ!コメント経験】【仮差押え実績多数】権利が認められても回収額が「0円」では意味がありません。債権回収はスピードが命!直ちにご相談を!
虎ノ門桜法律事務所
虎ノ門桜法律事務所
虎ノ門桜法律事務所

事務所入口、応接室、会議室の写真です。

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり
  • カード払いあり

▩ 経験と実績

①個人事業主、会社による売掛金、貸金、業務委託料、請負代金などの回収
②個人間の金銭消費貸借契約(出資契約を含む)
③不動産の賃料請求、マンション管理費用請求
等につき、多数のご相談・回収の実績があります。

▩ ご相談までのステップ

①まずは、お気軽にお電話かメールにてご連絡ください。
※ご相談内容をお聞きし、その際、暫定的な見通しや、ご持参していただく証拠資料をお伝えさせていただきます。
②直接お会いして、詳細な事実関係をお聴きし,複数の弁護方針の具体的見通し、メリット・デメリット、弁護士費用をご説明させていただきます。

▩ 費用について

  • 初回法律相談料は、無料です(20分)その他の詳細は、料金表の通りです。

なお、御相談の際、その場で事件処理を依頼するか否か結論を出す必要はありません。また、私から事件の依頼を勧誘することは一切ありません。

▩ 少額債権回収用サービス

企業のお客様は、上記料金表に基づくご依頼に代えて、以下の内容による事件のご依頼が可能です。
①サービス内容(受任範囲)
支払いを督促する書面の作成及び発送(2通まで)
※ 通常の債権回収事件では、相手方との電話、メール、面談等による交渉及び(2通を超える)書面のやり取りが業務内容に含まれますが、本サービス内容は、上記に限られ、これを超えることはありません。

②(費用)
原則として、ご依頼の件数に応じ、下記の通りとなります。なお、事件毎に対する着手金は無料です。また、成功報酬は、獲得した金額に対し、27.5%(税込)を頂戴しております。なお、切手代等の実費は、ご負担いただきます。
              記
Aプラン ご依頼される事件総数が1件~3件   毎月3.3万円
Bプラン ご依頼される事件総数が4件~15件  毎月4.4万円
Cプラン ご依頼される事件総数が16件~50件 毎月5.5万円
Dプラン ご依頼される事件総数が51件~    毎月6.6万円~11万円

③ 各事件の受任期間
事件を受任してから、
㋐和解(示談)合意書の取り交わしが完了した日
㋑受任日から5カ月を経過した日(ただし、相手方から、一部支払いがある等の場合は協議する。)

▩ 事務所ホームページ(URL)

http://www.izawa-law.com/introduction/

▩ その他

司法試験の総合順位は、8015人中356番(上位約4%)です。

▩ 連絡

裁判、相談、出張等により、私がお電話に出れない場合でも、留守電やメールを入れて頂ければ、折り返しさせていただきます。

この分野の法律相談

今年の6月末にバイトを始めようと思い、レンタル彼氏という名目の面接を受けに行き、その際に登録料として7万、プロフィールの操作などの業務の負担をする代わりに毎月1万+税を払うことになってしまいました。最初はこういうバイトにお金がかかるようなことを聞いていたので良いかなと思い、契約書を書き、判子で...

まずは、契約書を再度見て、契約期間や、11万円の法的根拠(違約金に関する条項の有無等)を確認しましょう。 今後の対応としては、詐欺に該当するという主張は(やや)難しいように思われますので、クレジットを止めて無視するという対応もあります。 ただ、たとえ少額といえども請求書等が送付されてくる可能性も無いわけではないと思いますし、ご不安もあるでしょうから、契約書...

西明 優貴弁護士

債権回収の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 無料(20分)

20分以降、個人:20分ごとに5500円、法人:20分ごとに1.1万円。

相談には、調査・電話対応・電子メール対応・資料検討・資料収集のための移動時間・打ち合わせ等が含まれます。
着手金 案件の経済的利益の額が
【300万円以下の場合】
経済的利益の8.8%
【300万円を超え3000万円以下の場合】
5.5%
【3000万円を超え3億円以下の場合】
3.3%
【3億円を超える場合】
2.2%
※着手金の最低額は11万円です。
報酬金 案件の経済的利益の額が
【300万円以下の場合】
経済的利益の17.6%
【300万円を超え3000万円以下の場合】
11%
【3000万円を超え3億円以下の場合】
6.6%
【3億円を超える場合】
4.4%
保全申立ての特例 【着手金】上記により算定された額の2分の1
【報酬金】実際に保全出来た金額の4分の1
     なお、本案の目的を達したときは
     上記により算定された額
【最低額】※ただし、いずれも、11万円を最低額とします。
財産調査の特例 財産開示手続 5.5万円
弁護士会照会 1銀行2.2万円(ただし2行目から1.1万円)
その他 ・上記は全て消費税込表記です。
・事件に応じて着手金等のお支払についてご相談に応じております。
・印紙郵券等の実費はご負担いただきます。
ご相談の流れ 【1】お電話、メール、LINE等にて面談予約

【2】ご予約確認のご返信(当日のご持参物をご案内いたします)

【3】面談(原則、ご来所が望ましいですが、ZOOM等のオンライン面談も積極的に行っています)

【4】解決方針と弁護士費用のご説明等

※初回面談当日に委任契約を結ぶ必要はございませんので、安心して面談にお越しください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

債権回収の解決事例(9件)

分野を変更する

債権回収の解決事例 1

個人間の貸付金を回収した事例

依頼主 男性

相談前

私は,知り合いから,「新しく事業を立ち上げる。絶対に成功する。」と巧みに促され,150万円を貸し付けました。ところが,一向に返済する素振りを見せなかったので,貸付金額,返済期限等が記載された念書を作成しました。ところが,念書に記載された返済期限が近づくと,返済期限を延長するよう申し出てるようになり,私も最初はそれを許していました。しかし,2~3回目の返済期限の延長の申し出があった際に,弁護士に依頼して,強制的に回収してもらうしかないと考えるようになり,弁護士に相談しました

相談後

先生に依頼してから,約1か月で150万円が戻ってきました。返済のための原資が無く,泣き寝入りになる可能性も覚悟していましたが,貸付金額の全額が返ってきて本当に良かったです。もっと,早く先生に相談すべきでした。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

最初は,交渉から始めましたが,不動産の仮差押え,訴訟提起等も視野に入れておりました。個人間のお金の貸し借りで全額回収を達成出来ることは比較的難しいかと考えますが,本件について,泣き寝入りになることもなく,依頼者様にとっても満足のいく結果となりました。

債権回収の解決事例 2

会社の売掛金の回収についての解決事例

依頼主 男性

相談前

リース物品の売掛金の回収につき,先生にご相談しました。
私の会社は,リース契約でいうところの「販売店」です。リース商品を設置後に,リース商品の性能について文句を言われたり,勘違いがあったから,契約は無効だなどと言われ,回収が困難となってしまったため,先生に依頼しました。

相談後

先生に交渉を依頼しましたが,相手会社は弁護士も就けずに,一貫して支払いを拒否するとの回答であったため,訴訟を提起することになりました。訴訟提起後,相手方には,弁護士が就き,勘違いがあったと反論されましたが,売掛金の約90%の金額で和解となり,私どもの会社としてもスピーディーに納得のいく解決が図れたと思います。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

(弁護士を介さない)交渉が膠着状態に入っており,その態度は受任後の交渉でも変わらなかったので,速やかに訴訟を提起し,上記のとおり解決しました。債権回収は,相手方の経済状況がいつ悪化するかもわからないので,スピードのある対応が求められます。その対応には,財産調査,仮差押え,訴訟提起等様々な対応を検討する必要があるので,(弁護士を介さない)交渉に行き詰まった場合には,速やかにご相談されることが望ましいと考えます。

債権回収の解決事例 3

不貞慰謝料の訴訟を提起して、百数十万円を獲得したケース

依頼主 40代 女性

相談前

旦那が、愛人の女性のマンションの合鍵を持っており、不貞を疑わせるLINEでのやり取りを発見したため、問い詰めたところ、不貞に及んでいることが分かりました。
そこで、先生に相談しました。

相談後

旦那と関係を持った女性に対して、慰謝料を請求することになりました。
その後、交渉段階では、相手方の動きが鈍かったため、訴訟を提起することになりました。
ただ、訴訟提起後は、相手方が、こちらの請求した金額の半額で和解すると言ってきたので、それで和解しました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

不貞関係が、証拠上明らかである場合には、きちんと然るべき対応を取ってもらうべきです。
私は、不貞慰謝料の請求に限っては、基本的に、着手金を3万円(税別)から無料の範囲内で行っていますので、お気軽にご相談下さい(成果報酬は、獲得した金額から差し引いてお返しすることになりますので、大きなお金を手出しする必要はありません)。

債権回収の解決事例 4

【少額債権回収】 少額訴訟によって、判決を即時に獲得した事案

依頼主 30代 男性

相談前

当社は、測量を主な事業内容とする会社です。

測量機器をリースしたところ、お客様が、同機器が盗難されたことを隠匿したことが発覚したため、リース代金と損害賠償を請求しましたが、お客様が支払意思を示さなかったので、先生にご相談させていただきました。

相談後

少額訴訟が提起され、判決が確定した後に、料金の7~8割程度が、相手方(お客様)から、入金されましたが、残額の支払いはなかったため、強制執行も依頼させていただきました。
強制執行により満額の回収が完了し、当社の毅然な対応を対外的にも対内的にも示すことが出来ました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

少額債権回収は、そもそも、弁護士に依頼すると「費用対効果」の問題が生じてしまい、受任を断られるケースもあるかと存じます。

ご依頼者様には、本件のほかにも、未払いの少額債権がありましたので、顧問契約を締結していただき、少額訴訟の着手金を無料にして、完全成功報酬で、対応させていただきました。

「少額」といっても、塵も積もれば山となる、といったように、企業にとって、未払代金が相当額になっているケースもございますので、そのような場合には、弁護士に督促を外注するといったことも、経済的合理性に応じて、ご判断されるべきかと存じます。

債権回収の解決事例 5

【不貞慰謝料】 夫と不倫した女性に対し、慰謝料を請求した事例

依頼主 40代 女性

相談前

旦那が、愛人の女性のマンションの合鍵を持っており、不貞を疑わせるLINEでのやり取りを発見したため、問い詰めたところ、不貞に及んでいることが分かりました。
そこで、先生に相談しました。

相談後

旦那と関係を持った女性に対して、慰謝料を請求することになりました。
その後、交渉段階では、相手方の動きが鈍かったため、訴訟を提起することになりました。
ただ、訴訟提起後は、相手方が、こちらの請求した金額の半額で和解すると言ってきたので、それで和解しました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

不貞関係が、証拠上明らかである場合には、きちんと然るべき対応を取ってもらうべきです。
他方、不貞関係の裏付けが証拠上不十分な場合や、迅速解決を望む場合等は、きちんと弁護士と協議して事件を進めるべきでしょう。
ご依頼者様と、ご協議の上、ご意向を踏まえつつ処理した事件となりました。
※私は、不貞慰謝料の請求に限っては、基本的に、着手金を3万円(税別)から無料の範囲内で行っていますので、お気軽にご相談下さい(成果報酬は、獲得した金額から差し引いてお返しすることになりますので、大きなお金を手出しする必要はありません)。

債権回収の解決事例 6

【仮差押え】 保全手続後、債権を満額回収した事例

依頼主 40代 男性

相談前

当社は、電気通信事業を事業内容・目的とする株式会社です。
元請け会社に対し、数百万円の債権を保有していましたが、元請け会社の従業員及び代表取締役と連絡が取れなくなり、ご依頼させていただきました。

相談後

元請け会社には、当社以外にも債権者がいると推測された事案でしたが、迅速にご対応していただいたおかげで、仮差押えが無事に完了しました。
その後、訴訟提起し、判決まで進むことになり、回収も出来ました。
ありがとうございました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

相手方の支払いが滞った場合には、一刻も早い決断と対応が求められます。本件は、客観的書証が揃っていた事例であったことや、ご依頼者様のスピーディーなご協力もあいまって、無事に仮差押えが完了し、その後訴訟へと進むことが出来ました。

債権回収の解決事例 7

不動産関連会社の預金債権を仮差押えした事例

依頼主 40代 男性

相談前

当社は、不動産関連会社に対し、百数十万円の債権を有していました。
しかし、同社の従業員から、コロナの影響もあって、返金を数千円にさせて欲しいとの連絡がありましたので、至急、先生にご依頼することに致しました。

相談後

当社にとって仮差押えは初めての経験であり、不明な点が多数ありましたが、丁寧にご解説・ご説明頂きました。
先生とのやり取りや資料の授受は、スピーディーに行われ、無事に、仮差押えが完了しました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響もあって、保全処分のご相談が増えました。互助の精神の重要性を否定するものではありませんが、ご依頼者様にとって最も合理的な経営判断は何かと、改めて考え直す、一つの契機となった事件でした。

債権回収の解決事例 8

【財産調査】確定判決をとったが、その後の回収手段がなく23条照会をした事例

依頼主 30代 男性

相談前

金銭を貸していた相手方に、簡易裁判所で訴訟を提起し、勝訴判決を経ましたが、相手方が裁判に出てこず、その後の回収が出来なかったので、財産調査と回収を依頼しました。

相談後

遅延損害金も含め全額の回収をすることが出来ました。ありがとうございました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

確定判決を得た場合、いわゆる23条照会(弁護士会照会)により、銀行や信用金庫に対し、預金の有無及び額(場合によっては取引明細)を調査することが出来ます。確定判決を得るだけでは、「絵に描いた餅」になってしまうので、財産調査の上、執行を粛々と進めていきましょう。

債権回収の解決事例 9

イギリスから個人間の貸付金回収依頼

依頼主 40代 女性

相談前

ご相談者様は、日本在住時に、購入した不動産を知人に賃貸していたところ、賃借人が、賃料を滞納していました。そこで、ご相談者様は、賃借人との間で、滞納賃料等について、新たに、金銭借用証書を取り交わすことにし、イギリスに留学されました。しかし、同証書に基づく金銭が支払われないまま数年が経ってしまいました。

相談後

当職が介入してから2~3週間後、元本+遅延損害金が支払われました。このような短い期間で結果が出たことについて、「先生に入って頂くだけでこうも変わるとは・・・・」と大変驚かれていたのが印象的です。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

国際裁判管轄は、民事訴訟法第3条の2第1項、同法第3条の3第1号により、準拠法は、同法第8条1項、同条第2項により、(国内)裁判管轄は、民事訴訟法第4条第1項により、それぞれ保全及び訴訟の準備を進めておりましたが、無事、交渉により迅速に解決することが出来ました。

債権回収

特徴をみる

労働問題

分野を変更する
【弁護士直通】【打倒!ブラック企業】【解雇・雇止め】【営業秘密の漏洩】【ノンストップ!コメント経験】判例に基づく客観的かつ公正な事件処理を心掛けています。
虎ノ門桜法律事務所
虎ノ門桜法律事務所
虎ノ門桜法律事務所

事務所入口、応接室、会議室の写真です。

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり
  • カード払いあり

▩ 労働問題はお任せください

⑴ 残業代請求
会社員、飲食店員(アルバイト・パートタイマー)、ドライバー、テレビ業界など、あらゆる業種の残業代請求を得意としております。
また、残業代請求はタイムカード等の証拠が、戦略上重要な意味を有しますが、タイムカードに記載された労働時間により算定される残業代請求を上回る金額を獲得した実績がございます。

⑵ 解雇、内定取消、雇止め、派遣切り
雇用契約書ないし労働条件通知書、就業規則、誓約書等の有無及び内容を確認し、解雇等の有効性を直ちに判断し、迅速にアクションを起こします。

⑶ 元勤務先からの損害賠償等
会社から独立したり、他の会社に移った場合に、元勤務先から訴えられるケースがあります。元勤務先が何を訴えてきたのかが問題ですが、一般的には、顧客情報の持ち去りが争点となることが多い傾向にあります。
このような場合には、顧客情報が、「営業秘密」に該当するか否かや、その他、民法・刑法上の争点が生じますので、まずは、お問い合わせください。

▩ 費用について

初回法律相談(20分)は無料です。
※ 詳細は、料金表をご覧ください。

▩ 重点処理案件

残業代請求、不当解雇・雇止め、内部告発による労働条件悪化、パワハラ・セクハラ
就業規則・賃金規定・育児介護休業規程の作成、労務管理、「営業秘密」該当性

▩ あきらめずにご相談ください

弁護士を雇い、会社と事を荒立てたくない。そう思われる方は,随分多いように思われますが、泣き寝入りする必要はありません。ブラック企業と戦い、生活を再建しましょう。

▩ 安心のサポート体制

多数の実績と経験に基づき、事件の方針を確定します。
事件の方針・戦略にご不明な点がございましたら,お気軽にご相談下さい。

▩ 事務所ホームページ

http://www.izawa-law.com/introduction/

▩ アクセス

神谷町駅(日比谷線)・御成門駅(都営三田線)から徒歩5分

▩ その他

司法試験の総合順位は、8015人中356番(上位約4%)であり、労働法の順位は、20~35番台(上位約1.7%)です。

▩ 連絡

裁判、相談、出張等により、私がお電話に出れない場合でも、留守電やメールを入れて頂ければ、折り返しさせていただきます。

この分野の法律相談

2年半ほど働いている飲食店で時給が2度勝手に950→900円に下げられていることに気づきました。 1度目は長期休みを出ないから下げたと言われ、出ると伝えてあげてもらいました。 2度目は今年の2月に時給を確認するとまた下がっていました。確認すると忙しいお盆や年末出てないからと言われました。毎回ゆうことが...

まずは、雇用契約書ないしは労働条件通知書の写しを交付するよう求めましょう。 また、仮に、これら書類を手に入れることが出来なくとも、(銀行振込であれば)通帳により、入金額を裏付けるとともに、労働時間で割れば、基本時給を算定することが出来るはずです。 勝手に、減額された前の時期について、上述の計算をすれば、従前は、950円っであったことを立証できます。

西明 優貴弁護士

休日出勤手当についての質問です。 入社時の契約で、残業75時間を含む営業手当が入った給料です。月250時間、を越えると残業手当がつきます、ちなみに休日出勤しようが、月の休みが2日でも一緒です。最近、休日出勤の届けを提出していますが、月250時間を越えると普通の残業手当がつきます。法的におかしくないで...

似たよう事案の裁判例として、ザ・ウィンザー・ホテルズインターナショナル事件(札幌高裁:平成24年10月19日)がございます。 (※ 同裁判例は、95時間分の時間外賃金の支払いに相当する職務手当が、労基法36条の規定を無意味なものとすし、公序良俗に反するおそれさえあるというべきであるとして、同職務手当は,労基法36条の上限として周知されている月45時間分の通常...

西明 優貴弁護士

求人票を従業員とオーナーがお互いに確認しながら従業員に店を最低5年という期限つきで任せた場合で一年程度で辞められた場合違約金か損害金は請求できるのでしょうか?求人票には完全歩合制です。売り上げに応じて給料は上がります。ただし最低5年の契約となります。期間内でやめた場合違約金が発生しますのでよく...

契約期間を5年間とする有期雇用において、同期間内に、退職した場合には、違約金が発生するといった条項は、労働基準法第16条違反となる可能性が高いと思料致します。ですので、違約金や損害賠償請求は難しいでしょう。

西明 優貴弁護士

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 無料(20分)

相談には、調査・電話対応・電子メール対応・資料検討・資料収集のための移動時間・打ち合わせ等が含まれます。
着手金 ◆残業代◆ 
3.3~11万円
※ 交渉、労働審判、訴訟により変動します。

◆パワハラ・セクハラ◆
11~33万円
※立証の難易度に応じます。

◆不当解雇・採用拒否・雇止め・派遣切り◆
16.5万~44万円

◆元勤務先からの損害賠償請求◆
11万円~44万円
報酬金 ◆残業代◆
実際に獲得した金額の22~29.7%(税込)

◆パワハラ・セクハラ等◆
実際に獲得(減額)できた金額の17.6%(税込)

◆不当解雇・内定取消・雇止め・派遣切り◆
実際に獲得した金額の17.6%(税込)
職場復帰できた場合には、22~55万円(税込)

◆元勤務先からの損害賠償請求◆
損害賠償請求額から、減額出来た金額に対して11~17.6%
Q&A Q:残業代・パワハラ・不当解雇の全てを争う場合の費用は、どのように計算されますか?
A:事案によりますが、交渉段階で、例えば、着手金をまるめて22万円、報酬金を実際に獲得した金額の17.6~22%としたケースがあります。
その他 ・上記は全て消費税込表記です。
・郵券、印紙代等の実費はご負担いただきます。
ご相談の流れ 【1】お電話、メール、LINE等にて面談予約

【2】ご予約確認のご返信(当日のご持参物をご案内いたします)

【3】面談(原則、ご来所が望ましいですが、ZOOM等のオンライン面談も積極的に行っています)

【4】解決方針と弁護士費用のご説明等

※初回面談当日に委任契約を結ぶ必要はございませんので、安心して面談にお越しください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(10件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

飲食店の元従業員の残業代

  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
依頼主 20代 男性

相談前

私は,飲食店で勤務しておりました。店長でないにもかかわらず,実質的に一人でお店を切り盛りし,シフト表の出社時間より早く出勤し,遅く退社しており,激務の毎日でした。
そこで,先生に相談したところ,残業代請求をすることになりました。

相談後

労働審判という手続で和解し,約350万円を獲得することができました。
私は,シフト表の出社時間より早く出勤したりすることがあり,タイムカードに打刻された時間よりも,実際の労働時間が多かったです。
ですから,実際の労働時間を超えることを証明できる証拠として,私の書いた日記をもとに,実際の労働時間を算定し,主張したところ,その一部が認められました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

日記の記載内容の信用性が問題となりました(つまり,日記から読み取れる労働時間が本当のものなのか疑いがあったということです。)。そのため,日記の記載内容等について説明し,日記が信用できるものであると主張しました。日記から読み止めれる労働時間が,実際の労働時間として,全部認められたわけではないですが,その一部は認められたため,タイムカードに打刻された時間よりも,多い労働時間にて,残業代を回収することができました。

労働問題の解決事例 2

店長(管理職)の残業代請求

  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
依頼主 30代 男性

相談前

私は、そもそも残業代請求が出来るなんて思ってもいませんでした。
私は店長であったため、朝から深夜まで、働くことが当然のように感じており、残業代が出ないことも普通と思っていました。
ただ、無料で相談出来るなら、思い先生のところに相談に行ったところ、先生から、残業代を請求することができると教えてもらい、今後の生活の再スタートのためにと思い切って、先生にお任せすることになりました。

相談後

相談後先生から、始業時間・就業時間、労働条件等の聞き取りがあり、その後、直ちに、元々働いていた会社に内容証明郵便を送付することになりました。会社側の代理人は、タイムカードの開示を拒んでいましたが、先生が粘り強く交渉を継続してくれた結果、タイムカードを開示するに至りました。開示された証拠をもとに、残業代を計算し、約100万円を和解で勝ち取ることができました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

もっと早く相談に来てくれれば良かったと思える事案でした。
なぜなら、残業代が一部、時効により消滅してしまっていたからです。
残業代請求事件は、早期に専門家に相談すべき事件です。
直接弁護士と会うことに、ハードルの高さを感じる場合には、電話・メール等でいいので、お気軽に御相談下さい。

労働問題の解決事例 3

貨物運送会社従業員の残業代

  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
依頼主 30代 男性

相談前

会社から、即戦力候補として、強く入社を勧誘されたので、入社しましたが、聞いていた労働条件と全く違い、労働時間も長くなりましたので、会社に不満を訴えたところ、使えない扱いをされました。
その後、退職することになりましたが、まさにブラック企業でしたので、何か主張できないかと思い、先生に電話しました。

相談後

相談後、2カ月で、無事、解決金を支払ってくれることになりました。
元々は、労働審判もありうるところだと聞いていたのですが、長くかかることも好ましくなかったので、早く手元にお金が返ってきて、本当にほっとしました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

この件は、労働審判をして、しっかり相手方会社から、未払賃金を回収しても良い事案だと考えられましたが、相談者様のご意向もありましたので、二人で話し合いながら、事件を進めました。
相手方会社も、態度を硬化させることはなかったので、無事早く解決に至りました。

労働問題の解決事例 4

食品輸入会社の管理職の残業代

  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
依頼主 30代 男性

相談前

私は、食品輸入会社で、インターネット・広告等の販促に関する管理職をしておりました。古い体質の会社で、未だにインターネットの効果に疑問を持つ社長が、実権を握っており、費用対効果が悪いなどと言われ、退職に追い込まれました。

相談後

先生に相談後、相手方は、残業代請求をし、その後、会社は退職しました。今おもえば、何故、もっと早くこんな会社退職してしまわなかったのか後悔しています。親身にご相談にのっていただき、体調も気遣ってくれて、本当に頼りになる先生だと思いました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

相手方は、一旦は、残業代を支払う旨の意向を見せたものの、その後、曖昧な態度に終始したため、訴訟を提起し、直ちに判決を獲得しました。
残業代は、支払われて当たり前のものですので、直ちに手続きを進めましょう。

労働問題の解決事例 5

懲戒解雇の有効性が問題となったケース

  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
依頼主 30代 女性

相談前

会社から、突然、懲戒解雇通知をされました。
どうしていいか全くわからず、ひとまず、先生のところに駆け込みました。

相談後

ご相談から、通知書の発送、示談交渉、解決金の振込まで、あっという間でした。
交渉にあたっても、単にお金の話だけでなく、私の私物の処理や、失業保険の取扱いまで具体的なアドバイスをいただき、とても感謝しています。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

事件の着手から、極めて迅速に、示談まで進んだ事例です。
労働事件を得意分野としている弁護士は、そう多くはないところ、私同様、相手方の代理人も労働事件の経験が豊富であったため、このようなスピードで事件が終了したものと思料します。
※解雇無効の場合における解決金の相場は、給料の6か月分程度であり、本解決金は、この相場を遙に上回っています。

労働問題の解決事例 6

東証一部上場会社の会社員の内定取消のケース

  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇

相談前

私は、東証一部上場会社の管理職として、働いていました。
ありがたいことに、ヘッドハンティングを受け、責任のある立場として、迎え入れたいとのことで、内定通知を受けました。
しかし、その後、私とその会社を仲介してくれた会社と、内定を出してくれた会社との間で、仲介報酬に関するいざこざがあったようであり、突然、内定を取消され、先生にご相談しました。

相談後

交渉では、相手方の会社は、非を認めず、100万円であれば、示談するなどと言ってきたため、先生と相談の上、訴訟に踏み切りました。

結果として、裁判所は、こちらの主張をほぼ全面的に認め、私が、他の勤務先で働くまでの期間の給与等相当額を認める旨の判断を示してくれました。

先生には、本当に感謝しています。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

今回のケースは、もともと在籍していた会社に、退職届を提出したあとに、内定取消をされたケースであり、スピードのある対応が求められる事案でした。

仲介報酬に関するいざこざは、当方に対する内定取消の合理性を何ら基礎づけないと主張し、結果、5カ月程度で、当方にとってほぼ満額相当の解決をすることができました。

労働問題の解決事例 7

900万円の残業代請求や解雇無効の主張を全て排斥した事例

  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
依頼主 50代 男性

相談前

海外に在住させている管理職の社員から、突然、残業代請求をされました。しかも、同社員との間では、合意退職で、話が進んでいたのに、いつの間にか、弊社が、同社員を解雇したことになっていました。

突然のことでよく分からず、社労士の先生から、労働事件に詳しい弁護士として、西明先生をご紹介していただきました。

相談後

まさか、全ての請求を認めさせず、0円で和解できるなどとは思ってもいませんでした。
先生のご指示に従い、資料を収集の上、提出したところ、何度か書面のやり取りがあり、その後、相手方が0円で良いと連絡をしてきたそうです。


いい勉強をさせていただきました。今後は、労務管理についても、目を行き届かせたいと思います。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

本件は、いわゆる「管理監督者」が問題となった事案でした。
管理監督者であると認められることは極めて少ないと言われることが多いですが、裁判例は、一定の事実関係を立証すれば、管理監督者性を認めています。

裁判例を研究の上、資料の収集を会社のご担当者様にご依頼し、一つ一つ事実を積み上げいった結果が、このような解決に繋がったのだと思います。

労働問題の解決事例 8

協調性・能力不足の従業員への退職勧奨

  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
依頼主 40代 男性

相談前

当社は、設立30年を超える、建築会社です。
新しく入社した従業員が、周りと上手くいかず、ミスも多かったところ、最終的に、休職してしまいました。また、従業員のご両親が出て来られ、政治家と繋がりがあるなど述べるため、どうしてよいか分からず、苦渋の手段として、先生を頼ることに致しました。

相談後

西明先生には、大変感謝しております。
正直申し上げて、今まで人事労務上の問題が起きたことの無かった当社では、物事の先行きや見通しが全くたっておらず、漠然と、解雇するしかないと考えておりました。
西明先生は、詳細なヒアリングや当社の就業規則等に基づき、きっちりと段取りやスケジュール管理を設定され、最終的に、人事異動→合意退職していただく運びとなりました。
今では顧問の先生になっていただいております。本当にありがとうございました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

会社を辞めて頂く方法は、おおまかに分けて、合意退職と解雇がございます。

合意退職は、相手方の任意の意思決定によりますが、合意退職に向けて交渉する際には、退職勧奨の法的判断や評価、合意退職の方針が頓挫した場合の法的手続の可否が問題になるため、専門家によるサポートが不可欠です。

専門家に相談せずに事を進めてしまい、あとになってから解雇等を争われるケースは多数あります。紛争が顕在化、拡大化する前の、初動が重要ですので、人事労務のアクションを決める際には、事前にご相談頂くことが賢明な判断かと存じます。

労働問題の解決事例 9

元勤務先(測量会社)の営業秘密の持ち出し

  • 労働条件・人事異動
依頼主 50代 男性

相談前

ある日、突然、私の自宅に、元勤務先から、元勤務先の営業秘密を持ち出しとして、1000万円もの損害賠償を求める旨の内容証明郵便が届きました。妻が、大変驚いてしまい、急遽、ご相談させていただきました。

相談後

元勤務先は、先生が、反論のための書面を送付されてから、何らアクションを取ってきません。先生からは、事実上、訴訟提起を断念したものとの説明を受けました。妻ともども、まだ若干の不安はありますが、先生のご尽力により解決したものと思います。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

内容証明郵便によれば、営業秘密とは要するに顧客帳簿とのことでした。このような問題では、不正競争防止法上の「営業秘密」の該当性、就業規則・誓約書等の合意による秘密情報保持義務違反、不法行為の成立の計3点が問題となります。また、仮に、何かしらの責任が認められたとしても、その責任と因果関係のある損害も問題となります。本件は、ご依頼者様に責任がないとして十分に争っていける事件でしたので、上記のような解決に至ったものと考えられます。

労働問題の解決事例 10

元従業員による顧客・従業員奪取と競業会社の設立

  • 労働条件・人事異動
依頼主 50代 男性

相談前

当社は、全国に5つの支店を構える、中規模会社です。
前のオーナーから勤めていた支店長が、支店の従業員数名を連れて、当社を退職し、秘密裏に、会社を設立していたことが判明しました。すぐに、顧問弁護士である西明先生にご相談させていただきました。

相談後

前のオーナーの恩も忘れて、当社支店の近くに、会社を設立するなど言語道断です。しかも、裁判により、その支店長は、当社に勤務している時点で、既に、会社を設立していたことも判明しました。解決金は請求金額より小さくなりましたが、それでも数百万円の打撃を与えることが出来て、十分満足です。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

本件は、顧客名簿の持ち出しのほか、競業避止義務違反が問題となった事案です。顧客名簿の持ち出しについては、他の事例で解説済みですので、競業避止義務違反について解説します。競業避止義務違反については、退職時に、従業員から、有効な誓約書を取り交わせれば有利に事件を進めることが出来ますが、それがない場合には、体感的には、なんとか和解に持ち込めればといったケースになる割合が多いです。本件も訴訟を提起しましたが、裁判長から勧試があり、最終的に数百万円で和解しております。

労働問題

特徴をみる

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
【弁護士直通】【ノンストップ!コメント経験】【人の感情をお引き受けすることが得意です。クレーマー対応はお任せ下さい】【労働事件・営業秘密漏洩事件の実績多数】
虎ノ門桜法律事務所
虎ノ門桜法律事務所
虎ノ門桜法律事務所

事務所入口、応接室、会議室の写真です。

企業法務・顧問弁護士の詳細分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 知的財産・特許
  • 倒産・事業再生
  • 渉外法務

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

▩ 取扱案件

予防法務:覚書の作成、契約書チェック、利用規約・定款の作成、特別法や行政法等によるスキームの法的リサーチ

紛争解決:損害賠償請求一般に係る交渉・裁判、その他労務問題(残業代・協調性や能力不足・人事異動・解雇)、クレーマーや反社会的勢力の対応

▩ よくあるご相談

  • 取引先から契約の履行に不備や遅れがあったと主張され、代金を払ってもらえない。あるいは損害賠償請求を受けている。
  • 執拗なクレームを受け、対応に困っている。
  • 非定型的な契約書や覚書を結ばなければいけないが、どのような文言で合意していいのかがわからない。

▩ 実績

不動産(売買、仲介、賃貸管理、借地非訟)、
建設・建築、
WEBコンサルティング会社、
インターネット通信会社、
システム開発、
人材派遣・紹介会社、
太陽光発電、
ファイナンス・リースにおける販売会社、
スポーツマネジメント運営会社
各損害保険(損害保険、火災新種・自動車保険)

▩ クレーマー対応

クレーマーには、実は、一定の傾向があり、これに応じた分類と対策が可能です。逆にいえば、こういった分析をせずに、事件を遂行してしまうと、初動から信頼関係を失い、解決の糸口が見えなくなるほど、事件が縺れてしまうことすらあります。クレーマー対応は、きめ細やかな対応が必要です。まずは、ご相談下さい。

▩ 少額債権回収用サービス(顧問契約の締結後に利用可能なサービスです)

企業のお客様は、以下の内容による事件のご依頼が可能です。

①サービス内容(受任範囲)
支払いを督促する書面の作成及び発送(2通まで)

②(費用)
着手金は無料です。
但し、成功報酬は、獲得した経済的利益に対し、25~30%(税別)を頂戴しております。
             

▩ 事務所ホームページ

http://www.izawa-law.com/introduction/

▩ アクセス

神谷町駅(日比谷線)・御成門駅(都営三田線)徒歩5分

▩ その他

司法試験の総合順位は、8015人中356番(上位約4%)であり、また、労働法の順位は、2466人中20~35番(上位約1%)です。

▩ 名誉棄損と発信者情報開示請求に関する解説記事

https://www.instagram.com/yuki_saimyou_lawyer/

▩ 連絡

裁判、相談、出張等により、私がお電話に出られない場合でも、留守電やメールを入れて頂ければ、折り返しさせていただきます。
ZOOM、スカイプ、LINE、slack、チャットワーク等でのご相談もお受けしています。
LINEはQRコードやIDを、slackは当職の名前を、チャットワークはID3265850や当職の名前を、それぞれご検索下さい。

企業法務・顧問弁護士

解決事例をみる

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
初回法律相談料 無料(20分)。

相談には、調査・電話対応・電子メール対応・資料検討・資料収集のための移動時間・打ち合わせ等が含まれます。
費用 事案毎に、個別具体的に、ご提案させていただいております。
なお、タイムチャージ制を、ご提案させていただくこともございます(顧問契約を締結する場合には、費用をディスカウントさせていただきます。)
顧問契約(抜粋) 1 顧問料一覧表
※後述のとおり、タイムチャージは「3.3万円/時間」であるところ、 

月間作業時間1時間以内      月額2.2万円

月間作業時間3時間以内      月額5.5万円

月間作業時間3時間超5時間以内  月額11万円

2 タイムチャージ
⑴ タイムチャージ制とは、受任する事件等に関し、一定時間あたりの単価にその処理に要した時間(調査・打ち合わせ・交渉・電話対応・電子メール対応・調査・資料検討・出廷移動時間が含まれるが、これらに限られない。)を乗じた額を、弁護士報酬とすることをいう。

⑵ 前項の一定時間当たりの単価は、受任事務処理の種類のほか、事案の困難性、重大性、特殊性、新規性等を考慮して、個別の委任契約において定める。

※個別の委任契約に定めのないときは、「3.3万円/時間」とする。

※タイムチャージの金額は1分単位で計算する。1分未満の場合は切り上げる。

3 業務範囲
顧問契約に基づく弁護士業務の内容は、一般的な法律相談・契約締結等に関する助言、簡易な書面作成のみとする。


備考 ・上記は全て消費税込表記です。
ご相談の流れ 【1】お電話、メール、LINE等にて面談予約

【2】ご予約確認のご返信(当日のご持参物をご案内いたします)

【3】面談(原則、ご来所が望ましいですが、ZOOM等のオンライン面談も積極的に行っています)

【4】解決方針と弁護士費用のご説明等

※初回面談当日に委任契約を結ぶ必要はございませんので、安心して面談にお越しください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる 解決事例をみる

企業法務・顧問弁護士の解決事例(5件)

分野を変更する

企業法務・顧問弁護士の解決事例 1

店舗において家庭用治療器を試用した客から、体調不良になったとして、損害賠償請求された事例

  • 人事・労務
  • IT・通信
  • 人材・教育
  • 運送・貿易
  • 不動産・建設
依頼主 男性

相談前

利用客の家族から威迫的な要求を受けているが、店舗を間借りしている取引先との関係もあり、円満に解決してほしいというのが、依頼先企業の意向でした。

相談後

まず、治療器の試用と体調不良との間に因果関係が認められるかを調査するため、大手損害保険会社が多く利用している調査会社にリサーチを依頼しました。その調査結果を踏まえて、利用客の家族と直接会って交渉をし、適正な解決金額で円満に解決しました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

相手方は地方在住でしたが、当職が直接会いに行って、丁寧にコミュニケーションをとり、円満に解決しました。日頃から損害保険会社の業務を多く扱っており、そのツテで調査会社の協力を得られたことも事件の解決に役立ちました。

企業法務・顧問弁護士の解決事例 2

下請けが、元請けに対し、未払い工事代金の請求をした事例

  • 人事・労務
  • IT・通信
  • 人材・教育
  • 運送・貿易
  • 不動産・建設
依頼主 男性

相談前

下請が、元請から、建設工事の一部を受注し、施工しましたが、工事が遅れたことにより諸々の経費がかかり損害を被ったと因縁を付けられ、工事代金の残金約1000万円が支払われていないとのことでした。

相談後

証拠が乏しい事案でしたが、訴訟提起をし、下請が元請に対し、正式な発注書を受領した後でなければ、重機を手配できないこと、工事にはそれから1ヶ月くらいかかることを繰り返し説明していたこと、当時、元請の現場監督も高評価をしていたことなどを丹念に立証し、残金の7割以上を回収する勝訴的和解をしました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

最悪の場合、紛争になる場合も想定し、日頃から、ファックスやメールなどで証拠に残すことはとても大事です。

企業法務・顧問弁護士の解決事例 3

システム開発の依頼を受けた会社が、撤退したところ、発注者から、数億円単位の損害賠償請求を受けた事例

  • 人事・労務
  • エンタテインメント
  • IT・通信
  • 人材・教育
  • 製造・販売
依頼主 男性

相談前

依頼企業は、システム開発やデータ移行等の依頼を受けた企業でした。納品先から、契約内容にはなっていない機能のカスタマイズを要求されたり、移行データの精度等について因縁を付けられ、繰り返しシステムの稼働を延期されたことから、撤退をしたところ、発注者から、数億円単位の損害賠償請求訴訟を提起されました。

相談後

当方は、システムはパッケージソフトを基本にしたもので、契約に基づきカスタマイズすべき点は、すべて完成していたこと、データ移行も問題のない精度までできており、稼働させることができなかったのは納品先の問題であることを、多角的に主張・立証しました。争点は多岐にわたり、書証も数百を超えるも膨大なものであり、裁判は4年近くにも及びましたが、損害賠償金なしのゼロ和解が実現しました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

資料はダンボール数箱にも及び、それらを1枚1枚丹念に読み込み、分析をし、主張・立証を組み立てました。弁護士としての能力、経験を全て傾注した事件で、このような事件処理に携われたことに、弁護士として大きな喜びを感じております。

企業法務・顧問弁護士の解決事例 4

【雇用契約書・就業規則の作成】

  • 人事・労務
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 人材・教育
  • 飲食・FC関連
依頼主 40代 男性

相談前

当社は、創立したばかりの会社です。

従業員との雇用契約書や、また、就業規則をどのような内容にすればよいか分からず、ご相談させていただきました。

相談後

固定残業手当の導入も踏まえ、当社に有利な雇用契約書や就業規則を作成していただきました。
(大変失礼ながら)社労士からも、見積もりをとっていたのですが、費用も先生のほうが安価であり、所要期間も短く、御礼申し上げます。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

雇用契約書ないしは労働条件通知書、就業規則は、ご依頼者様のご意向に合わせてカスタマイズする必要がありますので、一定程度、労働法の知識や経験を有する弁護士にご依頼されたほう良いでしょう。ご満足頂けたようで何よりです。

企業法務・顧問弁護士の解決事例 5

【サブスクリプションサービスの新規開始に伴う利用規約の作成】

  • 人事・労務
  • エンタテインメント
  • IT・通信
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
依頼主 40代 男性

相談前

当社は、飲食の提供や機器の販売を主な事業内容とする外資系会社です。

この度、新たにサブスクリプションサービスをローンチすることになりましたので、従来からご縁がございました、先生のご相談させていただきました。

相談後

第1次案の作成から、最終案の完成まで、当社の営業担当や、経営方針等を踏まえ、迅速に対応して頂きました。
ボールのキャッチ&リリースがかなりスムーズに出来ましたので、利用規約自体は、当初完成予定見込みより、1か月も早く完成しました。
そのほか、サービスで、同サービスで個別に生じうる覚書や保証書も作成いただきました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

今や、利用規約は、企業のサービスの提供にあたって、必要不可欠な書証です。
改正民法、消費者契約法(電子消費者契約法)、業種によっては行政法、個人情報保護法、特定商取引法、(ポイントを導入する場合等は)資金決済法、多種にわたる法律問題を検討する必要があります。
他社の利用規約をコピペして運用しているところも若干数補足されていますが、当該他社が法的裏付けをとって、きちんと利用規約を作成した保証はどこにもありませんので、しっかりと弁護士に依頼し、有事に耐えうる利用規約を作成することが賢明です。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
【弁護士直通】【不貞・不倫に特化】【ノンストップ!コメント経験】貴方のために『闘う』弁護士です。おひとりで抱え込まずに、まずはご相談下さい。
虎ノ門桜法律事務所
虎ノ門桜法律事務所
虎ノ門桜法律事務所

事務所入口、応接室、会議室の写真です。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり
  • カード払いあり

▩ 経験と実績

⑴ 不貞慰謝料
男女比でいうと、女性からのご相談が圧倒的に多く、解決事例も、それと同じ傾向になっています。

丁寧にカウンセリング及びヒアリングを行わせていただき、今後の方針につきまして、ご協議させていただきたく存じます。

⑵ 離婚
どちらかというと、いわゆる「熟年離婚」のご相談が多い状況です。

一般論になりますが、スピード面を重視するか、経済面を重視するかによって、とるべきアクションや方針は異なってきます。

どちらの方針を取るにしても、秘密裏に弁護士に依頼の上、水面下において証拠保全・収集を行ってから、アクションを起こすことがベターです。

軽率に離婚交渉を進めてしまわないよう、まずはお気軽に当職までご相談下さい。

▩ ご相談までのステップ

➀まずは、お電話かメールにてご連絡ください。
※その際、ご持参していただく証拠資料をお伝えさせていただきます。

➁直接お会いして、詳細な事実関係をお聴きし、複数の弁護方針、それぞれの方針の具体的見通し、弁護士費用をご説明させていただきます。

※法律用語などの難しい言葉を使わず、分かりやすい説明を心掛けていますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

※遠方の依頼者様であっても、スカイプやLINE等でのご相談もお受けしております。

▩ 重点取扱案件

不貞慰謝料(女性側)
離婚・親権・財産分与・養育費・DV

▩ 費用

法律相談料は、無料です(20分)。
その他の詳細は、料金表の通りです。

▩ よくあるご相談

  • 離婚できるのか悩んでいる
  • 財産分与・慰謝料額を知りたい
  • 婚姻費用、養育費を支払ってほしい
  • 親権の問題で揉めている
  • 子との面会交流の問題で揉めている
  • 不倫相手に対し慰謝料を請求したい

▩ 事務所ホームページ(URL)

http://www.izawa-law.com/introduction/

▩ 事務所までのアクセス

神谷町駅(日比谷線)・御成門駅(都営三田線)から徒歩5分

▩ 不貞慰謝料に関する解説記事

https://www.instagram.com/yuki_saimyou_lawyer/

▩ その他

司法試験の総合順位は、8015人中356番(上位約4%)です。

▩ 連絡

裁判、相談、出張等により、私がお電話に出れない場合でも、留守電やメールを入れて頂ければ、折り返しさせていただきます。

離婚・男女問題

解決事例をみる

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 無料(20分)

相談には、調査・電話対応・電子メール対応・資料検討・資料収集のための移動時間・打ち合わせ等が含まれます。
着手金 ◆不貞相手に対する慰謝料請求◆
11万円~22万円

◆離婚交渉◆
22~44万円

◆離婚調停◆
22~44万円
※ 交渉から引き続き受任の場合は、30~50%off

◆離婚訴訟◆
33~55万円
※ 交渉から引き続き受任の場合は、30~50%off


報酬金 ◆不貞相手に対する慰謝料請求◆
回収したあるいは減額できた金額の17.6~22%

◆離婚交渉◆
22万円+手続きで得た利益11%

◆離婚調停◆
33万円+手続きで得た利益11%

◆離婚訴訟◆
44万円+手続きで得た利益11%


その他 ・上記は全て消費税込表記です。
・ご相談からお見積りまで一切費用は頂戴致しません。
・上記は弁護士にかかる費用であり、実費(交通費、切手代、印紙代など)は別途ご負担いただきます。
ご相談の流れ 【1】お電話、メール、LINE等にて面談予約

【2】ご予約確認のご返信(当日のご持参物をご案内いたします)

【3】面談(原則、ご来所が望ましいですが、ZOOM等のオンライン面談も積極的に行っています)

【4】解決方針と弁護士費用のご説明等

※初回面談当日に委任契約を結ぶ必要はございませんので、安心して面談にお越しください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(4件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

夫と離婚することに成功した事案

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • DV・暴力
依頼主 女性

相談前

長年に渡り、夫の女性問題や暴力に悩まされ続けた…ということで、離婚できるか否かや、今後の手続きなどについて、ご相談がありました。

相談後

夫名義のマンションを仮差押えした上で、離婚調停、訴訟を起こしました。
結果的には和解により、しかるべき財産分与と慰謝料、年金分割を受け取ることができましたので、妻側の要望が通った形となりました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

依頼者に寄り添った弁護方針が、結果になってあらわれた事件であったと思います。

離婚・男女問題の解決事例 2

奥様が、別居中の夫から離婚したいと言われた事案

  • 財産分与
  • 別居
  • 生活費を入れない
依頼主 女性

相談前

離婚については争いがありませんでしたが、夫から多額の財産分与を求められた・・・ということでご相談がありました。

相談後

上記の通り、多額の財産分与を求められたため、直ちに、財産の調査を開始しました。
調査の結果、旦那様の財産に使途不明金が多数発覚しました。
裁判では、給与のすべてが生活費等として費消されたとは考えられないということを丁寧に立証し、財産分与無しで、離婚のみの和解を成立させました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

預けたお金が、行方不明になるという、いわゆる使途不明金の問題は、離婚に限らず、実務上争点となります。丁寧な立証に成功し、納得のいく解決ができた事案でした。

離婚・男女問題の解決事例 3

不倫相手の奥様から、慰謝料請求の通知が届いた事案

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 30代 女性

相談前

不倫相手の奥様から、弁護士を通じて、書面により、慰謝料請求をされました。
奥様は、誠意を示せとおっしゃり、私の勤務先に連絡をかけたり、第三者まで巻き込む様相でしたので、西明先生にご相談させて頂きました。

相談後

西明先生が代理人として立って下さり、交渉が始まりました。

先生と話し合って、不貞を認めたうえで、減額交渉をしていただくことになりました。

結果、スピード解決となり、私の懸念していた勤務先への連絡等もありませんでした。

とにかく早く終わって欲しかったので、ほっとしました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

一般論ですが、不貞については、そもそも相手方がどのような証拠を持っているのかにより、とるべき戦略は異なってきます。
すなわち、こちら側が実は不貞をしていても、結局のところ、相手方が不貞を裏付ける客観的証拠を持っていない場合には、立証責任の関係も戦略上駆使する事案があるのです。
このように、不貞慰謝料については、ご依頼者様のご意向と、我々専門家の経験則や証拠戦略を比較衡量の上、進めていくべき要素が強い事件類型となります。

離婚・男女問題の解決事例 4

主人と不倫した女性に対し、慰謝料を請求した事案

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 40代 女性

相談前

主人が、愛人の女性のマンションの合鍵を持っており、不貞を疑わせるLINEでのやり取りを発見したため、問い詰めたところ、不貞に及んでいることが分かりました。
そこで、先生に相談しました。

相談後

主人と関係を持った女性に対して、慰謝料を請求することになりました。
その後、交渉段階では、相手方の動きが鈍かったため、訴訟を提起することになりました。
ただ、訴訟提起後は、相手方が、こちらの請求した金額の半額で和解すると言ってきたので、それで和解することにしました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

不貞関係が、証拠上明らかである場合には、きちんと然るべき対応を取ってもらうべきです。
他方、不貞関係の裏付けが証拠上不十分な場合や、迅速解決を望む場合等は、きちんと弁護士と協議して事件を進めるべきでしょう。
ご依頼者様と、ご協議の上、ご意向を踏まえつつ処理した事件となりました。
※私は、不貞慰謝料の請求に限っては、基本的に、着手金を3万円(税別)から無料の範囲内で行っていますので、お気軽にご相談下さい(成果報酬は、獲得した金額から差し引いてお返しすることになりますので、大きなお金を手出しする必要はありません)。

離婚・男女問題

特徴をみる

借金・債務整理

分野を変更する
【弁護士直通】【ノンストップ!コメント経験】【破産管財人現職】【土日・夜間対応可】【過払金事件解決実績100件越え】ご状況に応じ、的確な方針をご提案致します。
虎ノ門桜法律事務所
虎ノ門桜法律事務所
虎ノ門桜法律事務所

事務所入口、応接室、会議室の写真です。

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

◪ 借金の状況に応じ、最も適切な手続きをご説明致します。

 
私は、東京地方裁判所より、破産管財人として選任され、普段から、免責許可等に関する判断を行っております。

その知識やこれまでの経験を駆使して、皆様にとって最適な債務整理手続を行うことが可能です。

具体的には、収入・支出に応じ、任意整理、個人再生、自己破産など各手続について、メリット・デメリットを踏まえた総合的なご案内や業務遂行が可能です。

◪ 数百件を超える過払金請求の解決実績があります。

交渉や訴訟など手段を問わず、アコム、プロミス、レイク、オリコ、クレディセゾン、アプラスなどから、過払金を回収して参りました。

※借金返済中や、返済が終わっている方であっても、過払金が発生している可能性がありますので、無料で調査致しますので、まずは、ご相談下さい。

◪ よくある質問

Q:ギャンブルや浪費等の免責不許可事由がある場合でも、自己破産できますか?

A:免責不許可事由の内容・程度や反省の有無、今後の更生の見込み等を調査した上で、免責が認められる場合もあります。詳しくは、お問い合わせください。

◪ 事務所ホームページ

https://www.izawa-law.com/introduction/

◪ アクセス

神谷町駅(日比谷線)・御成門駅(都営三田線)から徒歩5分

◪ その他

司法試験の総合順位は、8015人中356番(上位約4%)です。

◪ 連絡

裁判、相談、出張等により、私がお電話に出れない場合でも、留守電やメールを入れて頂ければ、折り返しさせていただきます。

借金・債務整理

解決事例をみる

この分野の法律相談

来春離婚を考えてます。離婚後中古住宅を購入したいと考えてますが、以前キャシングをして支払いが滞ってしまい、相談した所ローンを組める事になりローンは昨年返済しております。 個人信用情報によるとそのローンは総量規制対象、保有期限は33年となってますので、住宅ローンを組むのは難しいと思われます。 ...

上記の事実関係ですと、まずは、CICにおける貴方の信用情報が、現状どのような状態になっているかが問題であると思いますが、各金融機関によっては、CICへの照会結果を踏まえつつも、現状を加味して、お話を聞いてくれるところもあるかもしれません。 なお、公的文書については、金融機関としては、その記載内容の信用性を問題せざるをえないと思いますが、提出しないよりは、有...

西明 優貴弁護士

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 無料(20分)

相談には、調査・電話対応・電子メール対応・資料検討・資料収集のための移動時間・打ち合わせ等が含まれます。
過払金の着手金・報酬金 着手金 無料
報酬金
借金を減額できた金額の6.6%
実際に回収した金額の13.2%
任意整理 1業者毎に5.5万円
個人再生・自己破産 個人破産 着手金 11万円
     報酬金 16万円

     ※不動産等を所有している場合
      債権者数が10名を超えている場合
      等には、別途協議


個人再生 着手金 16万円
     報酬金 16万円

法人破産 着手金 33万円~
     代表者も破産する場合+11万円

     ※明渡未了の事業所等が複数ある場合
      債権者数が20名を超える場合
      等には別途協議

     報酬金 16万円
     代表者も破産する場合+11万円
 
      
その他 ・上記は全て消費税込表記です。
※弁護士費用の分割払いのご相談もお気軽にお問い合わせください。

※郵券や交通費などの実費はご負担頂きます。
ご相談の流れ 【1】お電話、メール、LINE等にて面談予約

【2】ご予約確認のご返信(当日のご持参物をご案内いたします)

【3】面談(原則、ご来所が望ましいですが、ZOOM等のオンライン面談も積極的に行っています)

【4】解決方針と弁護士費用のご説明等

※初回面談当日に委任契約を結ぶ必要はございませんので、安心して面談にお越しください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(7件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

【過払い金】500万円を回収した事例

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • 任意整理
依頼主 30代 男性

相談前

10数年以上、借金を返済続けていて、自己破産を考え、先生のところに、相談に行きました。

相談後

毎月返済しなければならない借金が無くなったどころか、お金が返ってきて、車を買うことが出来ました!本当に感謝しています。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

アコムから取引明細を取り寄せたところ、過払金額があることが分かりましたので、交渉、訴訟と進め、ほぼ満額に近い金額を獲得できました。

借金・債務整理の解決事例 2

【過払い金】800万円を回収した事例

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • 任意整理
依頼主 40代 男性

相談前

複数の業者から借入れを行っており、家計が火の車になっておりました。会社の給料も返済に充てており、家賃を差し引くと、毎月赤字でしたので、西明先生に相談しました。

相談後

もの凄い金額が返金され、驚きました。
こんなに多く払っていたということに気づかされるとともに、普通の生活に戻ることが出来て、西明先生には心から感謝しています。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

アプラス、レイク、アコム等多数の業者がありましたが、早期解決できる業者は、交渉で和解し、また、消滅時効が成立している等の主張をする業者に対しては、訴訟を提起しました。訴訟では、当方の主張が認められ、ほぼ満額の金額を獲得することができました。

借金・債務整理の解決事例 3

【過払い金】 和解無効の主張が認められた事例

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • 任意整理
依頼主 40代 男性

相談前

一度、司法書士に、過払金の回収を依頼していましたが、訴額が140万円を超えることや、取引明細を取り寄せたところ、従前、和解済みであるということが分かったたとのことで、先生にお願いしました。

相談後

当初は、「0円」という主張であったのに、訴訟を提起後しばらくした後、最終的には、こちらの主張が全面的に認められ、300万円もの過払い金が認められました。弁護士である西明先生に依頼して本当に良かったと思います。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

過払い金について、業者が、一方的に、当方に不利な示談書を送付し、依頼者様がよく分からないままに、これを取り交わしてしまうことがあります。
示談書を取り交わしてしまうと、過払い金が発生しなくなってしまう可能性が相当高まりますが、事例によっては、示談(和解)が無効であるという主張も認められます。
詳しくは、ご相談いただきますようお願い致します。

借金・債務整理の解決事例 4

【自己破産】ギャンブルにより900万円の借金を抱えた事例

  • 自己破産
  • 任意整理
依頼主 30代 男性

相談前

借金が返しても返しても無くならず、負債総額が900万円に及んだことから、先生のところに、自己破産についてご相談に伺いました。

相談後

相談後、借金を作った理由が問題視される可能性が極めて高いが、チャレンジしてみようとのアドバイスを受け、東京地裁に自己破産を申立てたところ、なんとか自己破産をすることができました。借金もなくなり、ホッとしています。ありがとうございました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

借金を作った理由がギャンブルで診断名もついていたものの、現在は治療に通っており再発もしていないこと等から、最終的に自己破産をすることができました。

借金・債務整理の解決事例 5

【自己破産】 投資や住宅ローンにより5000万円の借金を抱えた事例

  • 自己破産
  • 任意整理
依頼主 40代 男性

相談前

私の株式投資により、借金がかさみ、借り換え、借り増しを繰り返し、知人や勤務先からも借入れをしてしまいました。

最終的に、平成31年3月ころ、知人や勤務先からのお金を、ほぼ投資にあてて、逆転を図りましたが、失敗し、先生にご相談させていただきました。

相談後

私の抱えていた借金の全てが「0」になり、再出発をすることができました。

先生には本当に感謝しています。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

債務総額に占める、投資金額の割合や、勝ち分等を計算の上、粛々と手続きを進めました。

最近(平成30年~31年)の市場は、住宅が高値で取引されており、購入金額を上回る額で、転売できるという、夢のようなケースも、3件ほど経験しましたので、自己破産の要否を検討しましたが、最終的に、自己破産をすることになりました。

借金・債務整理の解決事例 6

【法人破産】会社や事業場の資金繰りがうまくいかず、2500万円の借金を抱えた事例

  • 自己破産
  • 任意整理
依頼主 40代 男性

相談前

スムージーを作って、小さな店舗に売る事業をしておりました。

販売価格や、仕入れ価格等の交渉がうまくいかず、売上は伸びす、他方で、赤字が増え続けました。

サービサーへの債権の売却などで、しのぎましたが、最終的に、先生にご依頼することに致しました。

相談後

申立てをするために、こんなにも資料が必要なのかと思うこともがありましたが、先生のご指示に従って、なんとか進めることができました。

今は、会社の従業員として、新たな生活を送ることが出来ています。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

事業がうまくいかなかったのは大変残念でしたが、このような状況下になると、会社の債務を連帯保証することになっているケースが多く、本件もそのケースでした。

自動車の売却、事業場の閉鎖・明渡し等を粛々と進め、手続きを完了しました。

借金・債務整理の解決事例 7

【法人・法人代表者破産】衣服類の通販会社の破産

  • 自己破産
  • 任意整理
依頼主 30代 男性

相談前

当社は、設立2年目であったところ、集客のために、広告コンサルティング会社に、思い切って、多額の資金を投入することにしました。
しかし、思うように効果が出ず、売上も伸び悩み、従業員も解雇するなど、手を尽くしましたが、代表者の無給状態が継続したため、ご相談させていただきました。

相談後

先生が介入されてから、元通りの生活に戻ることができました。
今は、システムエンジニア会社のマネージャーとして、勤務しています。

毎月の支払いにとにかく苦労しましたが、おかげ様で、普通の日常生活に戻ることが出来ました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

ご依頼者様は、当初、破産に消極的でした。

本件のご依頼者様は、借りたお金は返さなければならないというご意向を持ってらっしゃいます。

このような場合、私は無理に破産を進めることをしておりません。メリットやデメリットをご説明し、最終的判断をご依頼者様に委ねることにしています。

ご依頼者様は最終的に破産を選択されましたが、そのご決断が間違いでなかったことは、破産手続後の豊かな生活からすれば明らかだと思います。

借金・債務整理

特徴をみる

交通事故

分野を変更する
【弁護士直通】【保険会社との交渉実績多数】【ノンストップ!コメント経験】保険会社側代理人の経験をいかして事件を解決します。交通事故はお任せ下さい。
虎ノ門桜法律事務所
虎ノ門桜法律事務所
虎ノ門桜法律事務所

事務所入口、応接室、会議室の写真です。

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり
  • カード払いあり

❖ 加害者の保険会社側の代理人として多数の実績あり

私は、数年に渡り、事故の加害者が依頼する保険会社側の代理人として、職務を行って参りました。
ここで蓄積された経験・データを、この度、事故に遭った被害者様のために、最大限フル活用して、被害の救済を図っていきたく存じます。

❖ 保険会社側代理人に事件を依頼するメリット

被害者様は、事故に遭われた後、
保険会社ないしは加害者本人と事故に関する交渉を開始しなければなりません。
この点、実務上、弁護士が介入し、専門的な知識や裁判例に基づき、交渉することで、示談金が増額します。
私は、上述のとおり、保険会社との間における交渉のツボをおさえておりますので、他の弁護士と一線を画した事件処理が可能です。


下記の保険会社が相手方の場合、事件をお受けすることは出来ません。

                   記

あいおいニッセイ同和、損保ジャパン、セゾン火災
※ご不明なことがございましたら、お気軽にご連絡下さい。

❖受任後のステップ

①今後の手続き、治療の進め方、
②症状固定時期、後遺障害診断書の作成、
③保険会社が提示する金額の増額可能性
④裁判の見通し
をお伝えします。

その後、方針決定をした上で、相手方と交渉を行います。

❖ご相談の際に、ご持参いただきたい資料

(いずれも(原本でなく)写しで構いません)

診断書、診療報酬明細書
源泉徴収票または確定申告書、休業損害証明書
交通事故証明書、実況見分調書
領収書、保険証券

❖費用

⑴弁護士費用特約がある場合には、
最大300万円まで、保険会社に、弁護士費用を負担してもらえます。
→まずは、ご自身が加入している保険に
弁護士費用特約がついているか、ご確認されることをお勧めします。

⑵弁護士費用特約がない場合の弁護士費用については、料金表をご覧ください。

❖事務所ホームページ

http://www.izawa-law.com/introduction/

❖事務所までのアクセス

神谷町駅(日比谷線)・御成門駅(都営三田線)から徒歩5分

❖ 代表的な解決事例 

後遺障害等級第14級第9号事案について、10年の労働能力喪失期間が認定された事案がございます。

❖ その他

司法試験の総合順位は、8015人中356番(上位約4%)です。

❖ 連絡

裁判、相談、出張等により、私がお電話に出れない場合でも、留守電やメールを入れて頂ければ、折り返しさせていただきます。

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 無料(20分)

相談には、調査・電話対応・電子メール対応・資料検討・資料収集のための移動時間・打ち合わせ等が含まれます。
弁護士費用特約のある方 ❖着手金❖
請求金額が、
・125万円以下の場合
 →着手金 11万円

・125万円超300万円以下の場合
 →請求額の8.8%

・300万円超3,000万円以下の場合
 →請求額の5.5%+9.9万円

・3,000万円超3億円以下の場合
 →請求額の3.3%+75.9万円


❖報酬金❖
実際に獲得した金額が、
300万円以下の場合
 →回収額の17.6%

300万円を超え3000万円以下の場合
 →回収額の11%+19.8万円

3000万円を超え、3億円を超えない場合
 →回収額の6.6%+151.8万円
弁護士費用特約のない方 ❖完全成功報酬制❖
実際に回収した金額の22%(税込)
※弁護士費用特約のない方のほか、着手金のお支払いが困難な方にも適用した事例がございます。
その他 ・上記は全て消費税込表記です。
ご相談の流れ 【1】お電話、メール、LINE等にて面談予約

【2】ご予約確認のご返信(当日のご持参物をご案内いたします)

【3】面談(原則、ご来所が望ましいですが、ZOOM等のオンライン面談も積極的に行っています)

【4】解決方針と弁護士費用のご説明等

※初回面談当日に委任契約を結ぶ必要はございませんので、安心して面談にお越しください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(7件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

【保険会社側代理人として】後遺障害等級等が問題となったケース

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 男性

相談前

後遺障害に関する逸失利益、過失相殺、休業損害について、争いがあり、先生にご対応をお願いしました。

相談後

迅速に事件を処理していただき、ハードな事件を終了させることができました。ありがとうございました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

医師に意見書を求めるとともに、刑事記録を取り寄せ、事故態様を確定し、過失相殺を争いました。結果的に、相手方の請求金額から、40%ほど減額することが出来ました。

交通事故の解決事例 2

【被害者側代理人として】信号の色が問題となったケース

  • 慰謝料・損害賠償
  • 物損事故
依頼主 30代 男性

相談前

相手方の保険会社が、信号の色が明らかにならない以上、車の修理費用は、それぞれが自分で負担すべきという提案をしてきましたが、こちらの車両のほうが明らかに高級車なのに納得できませんでした。

相談後

保険会社の提示は、0円から一切動かなったので、先生に入っていただき、賠償金が120万円に増額され、大変感謝しております。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

ドライブレコーダーや、事故現場近くの防犯カメラ、第三者の証言等がないケースでしたが、被害者様のお車には、同乗者がいました。
そこで、同乗者の証言をベースに事件を進め、120万円の支払いを受けることができました。

交通事故の解決事例 3

【保険会社側代理人として】後遺障害等級等が問題となったケース

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 男性

相談前

会社の会長が、事故により、給料の支払いを受けることが出来なくなったと主張される一方で、会社の賃金台帳や源泉徴収簿には、それが支払われている旨の記載があり、ご相談しました。

相談後

証人尋問をする前に、裁判官から提示されていた金額から、証人尋問後には、さらに金額が下がったので、適切に事件を処理していただきました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

被害者様といえども、適正な賠償の範囲を超えて、賠償されることはありません(適正な範囲を超えてしまうと、むしろ、他の被害者様との公平・平等を害してしまいます。)。
過大な要求をされる方には、毅然と対応しなければいけない場面があり、本ケースでは、証人尋問まで徹底的に戦い、請求金額の3分の1にすることができました。

交通事故の解決事例 4

【被害者側代理人として】後遺障害等級第14級第9号で、労働能力喪失期間10年間

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 男性

相談前

事故から3カ月後、外資系保険会社から、一方的に、治療費の打ち切りを通告され、どうしてよいか分からなくなり、他の弁護士とも相談した結果、最終的に、西明先生に相談しました。

相談後

保険会社から提案された金額は、最終的には3倍を超える金額となって、支払われました。私は事故の被害者なのに、あたかも私が悪いことをしたかのような対応をされ、非常に怒り心頭でしたが、西明先生に、間に入ってもらったことにより、無事解決できました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

後遺障害による逸失利益が争点となったケースでした。
一般論として、第14級第9号の逸失利益の算定において、労働能力喪失期間は3~5年と計算されます。
一方で、裁判例上、症状の有無及び内容、それに対する医学的所見の有無及び内容、症状固定時期以降の通院状況・頻度により、上述の期間を上回る労働能力喪失期間が認定されることがあります。
本件の事案では、類似裁判例の射程を正確に検討した結果、労働能力喪失期間について、当初提案額から3倍を超える金額となりました。
安易に一般論を適用して和解せず、事実の真相とそれに対する適正な法的評価に着地できた事案でした。

交通事故の解決事例 5

【被害者側代理人として】整骨院の施術費の支払いを拒否された事案

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 女性

相談前

私は、事故後、3度の転院を重ね、そのうち2度目の転院先で、整骨院での施術の承諾を得たうえで、電気治療等を受けていました。

そうしたところ、ある日突然、保険会社から、整骨院での施術費は支払わないということと、治療費の支払いは拒絶する旨の書面が届きました。

まだ、完全に症状も治癒していないの、一方的に上から連絡が来ましたので、こちらも対抗すべく、先生を探し、最終的に、保険会社側代理人として経験が豊富な西明先生に依頼することにしました。

相談後

相手方保険会社は、交渉段階では、整骨院での施術費を一切支払いわないと言ってきましたので、訴訟手続を起こすことになりました。
もともと、整骨院での施術費について、支払わないおそれがあるのであれば、少なくとも、私にそう伝えて欲しかったです。そうなのに、いきなり、一方的に、上記のような連絡がきて、しかも、最終的に、裁判で全額の施術費が認められたのですから、素人的に物事を進めなくてよかったと思います。先生、本当にありがとうございました。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

私も、保険会社側代理人として、整骨院での施術費を否認することがあります。比較的、顕在化しやすい争点の一つですね。他方において、我々、弁護士や裁判官は、証拠に着目した法的評価に基づき事案を進めますので、裁判官も、今回の件は、証拠に基づき、全額認容が相当だと判断したのだと思います。お力になれて良かったです。

交通事故の解決事例 6

【被害者側代理人として】死亡事故において逸失利益と過失割が問題となった事案

  • 慰謝料・損害賠償
依頼主 30代 男性

相談前

※ 下記の記述は、実際の事案と一部内容を変更しています。

酩酊した高齢の男性が、夜間、歩道橋がある道路を反対車線側に向けて横断しようとしていたところ、一般的な速度で前照灯を点灯し走行していた普通乗用自動車に轢過され、お亡くなられた事案です。

相談後

お互いの過失割合については、交渉で決着がつきませんでしたので、裁判になりました。
相手方の弁護士は、私が行った和解期日で、黒色のネクタイを締めておりました。加害者を許すことはできませんが、2年半戦い、自分なりに整理することができました。今では、日常生活に戻っています。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

お互いの過失割合については、交渉で決着がつきませんでしたので、裁判になりました。ここでは、加害者側の過失が主に争点となりましたが、加害者80%:被害者20%の過失割合で和解となりました。
死亡事故は、センシティブな事案です。
それぞれの言い分があることは当然ですが、「人が亡くなった」ということは事実として揺るぎありません。
それに対して、専門家同士がポイントを外さず、事件を進行したことが、ご依頼者様の満足に繋がったのだと考えています。

交通事故の解決事例 7

【被害者側代理人として】視野狭窄等、目の後遺障害(併合7級)が残存したケース

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 50代 男性

相談前

私は、東証一部上場企業の営業部長です。
事故に遭った翌年には、執行役員に昇格することが当然視されておりました。
しかし、ある日、事故に遭ってしまい、出世の機会は断たれてしまいました。しかも、もともと既往症があったとか、過去の事例を持ち出してきて、減額交渉が始まったので、納得がいかず、西明先生にご依頼させていただくことに致しました。

相談後

西明先生は、本当によくして下さいました。

先生から、裁判になった際のメリット・デメリットを丁寧に説明いただき、裁判も充分に検討しましたが、早期解決のため、裁判前に、示談することにしました。

専門的な用語も噛み砕き整理して、教えて頂き、非常に分かり易かったです。

西明 優貴弁護士からのコメント

西明 優貴弁護士

事故前から、後遺障害が残存しており、今回の事故と因果関係のある「後遺障害」は何かが、問題となったケースでした。

交通事故の事案では、基本的に医療証拠を丁寧に読み込む必要があります。
本事案は相当量の医療記録が開示され、結論として、当方の請求主張が認められ、金額は伏せますが5000万円を優に超える金額での和解になりました。

出世コースから外れてしまったことに関し、何とか主張立証できないか苦悩した事件で、私の記憶に残っている事件になっています。

交通事故

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
【初回相談無料】経験を生かしたスピーディな対応と納得の料金体系で安心してご依頼いただけるよう努めております。
まずはお気軽にご相談ください。
虎ノ門桜法律事務所
虎ノ門桜法律事務所
虎ノ門桜法律事務所

事務所入口、応接室、会議室の写真です。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

◆初回無料相談◆

初回の無料相談だけでも歓迎いたします。セカンドオピニオン等にご利用下さい。
初回相談の際、その場で事件処理を依頼するか否か結論を出す必要はありません。
また、私達から事件の依頼を勧誘することは一切ありません。
正式に事件のご依頼をいただくまで、費用は発生いたしません。

◆重点取扱案件◆

遺産分割(交渉・調停・審判)・遺言書作成・遺言執行・遺留分減殺請求(交渉、調停、訴訟)・事業承継など

◆遺産相続に関するこんなご相談はお任せください◆

  • 兄弟の一人が、両親を騙し、株式を安価で贈与させ、会社経営の支配を画策している
  • 亡くなった父親の預金通帳を見せてくれない兄を信用できない。
  • 寄与分を遺産分割で主張され話し合いが進まない。
  • 長年連れ添った夫が亡くなった後に、愛人と子どもがいることが発覚した。
  • 実家の土地・建物を兄弟で相続したことによりトラブルが発生してしまった。
  • 愛人に対して、遺産の全部を相続させる旨の遺言が見つかった。

◆事件遂行の姿勢◆

私達は、ご相談・ご依頼を受けるにあたり、相談者・依頼者の方々が直面している1つ1つの問題について、その声にじっくりと耳を傾け、依頼者の気持ちにより添って、丁寧な事件処理を心掛けております。また、事件の解決は弁護士のみで成し得るものではなく、依頼者のご協力があって初めて可能になるものです。これからも、私達は、依頼された事件の遂行にあたり、依頼者の方々との信頼関係に基づく協同体制を大切にして参ります。

また、私達の事務所の最大の特徴は、スピードです。事件処理の速度は、他の事務所の追随を許しません。
なお、相続の案件を処理するにあたっては、不動産・税務に関する基礎知識が必要ですが、西明は、宅建士、フィナンシャルプランナーの資格を持っています。

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 無料(20分)

相談には、調査・電話対応・電子メール対応・資料検討・資料収集のための移動時間・打ち合わせ等が含まれます。
着手金 ◆遺言書作成◆
16.5万円〜

◆相続◆
相続放棄 5.5万円 ※1人につき

◆遺留分減殺◆
交渉 22万円〜 
調停 33万円〜 ※交渉段階から引き続きの受任の場合には、半額
訴訟 44万円〜 ※調停段階から引き続きの受任の場合には、半額

◆遺産分割◆
交渉 22万円〜 
調停 33万円〜 ※交渉段階から引き続きの受任の場合には、半額
訴訟 44万円〜 ※調停段階から引き続きの受任の場合には、半額

◆成年後見申し立て◆
16.5万円
報酬金 ◆遺留分減殺◆
交渉・調停・訴訟

◆遺産分割◆
交渉・調停・審判

一律、以下の通りとする。
事件で得た利益の額が3000万円以下の部分につき:(当該利益の)11%
3000万円を超え、3億円以下の部分につき:6.6%
3億円を超える部分につき:4.4%
備考欄 ・上記は全て消費税込表記です。
・ご相談から御見積りまで一切費用は頂戴致しません。
・上記は弁護士にかかる費用であり、実費(交通費、切手代、印紙代など)は別途生じます。
・移動距離により、出張手当を、2.2万円~頂戴することがあります。
ご相談の流れ 【1】お電話、メール、LINE等にて面談予約

【2】ご予約確認のご返信(当日のご持参物をご案内いたします)

【3】面談(原則、ご来所が望ましいですが、ZOOM等のオンライン面談も積極的に行っています)

【4】解決方針と弁護士費用のご説明等

※初回面談当日に委任契約を結ぶ必要はございませんので、安心して面談にお越しください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
虎ノ門桜法律事務所
所在地
〒105-0001
東京都 港区虎ノ門3-22-1 虎ノ門桜ビル6階
最寄り駅
神谷町駅(日比谷線)・御成門駅(都営三田線)
対応地域

全国

設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 労働
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル
取扱分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 労働
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5285-8362

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

西明 優貴弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5285-8362
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
メール、LINE(@494xthsr/QRコード参照)、slacks、チャットワークでのご予約は、24時間受付けておりますので、お気軽にご連絡ください。
設備
完全個室で相談