現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
水戸 悠貴弁護士

( みずと ゆうき ) 水戸 悠貴

弁護士法人勝浦総合法律事務所

現在営業中 00:00 - 24:00

離婚・男女問題

分野を変更する
【相談無料】【財産分与、熟年離婚、会社経営者の離婚に強い弁護士】
大きい金額になればなる程、慎重かつ計画的な準備が必要です!
粘り強い交渉力により、有利な解決へと導きます。
弁護士法人勝浦総合法律事務所
弁護士法人勝浦総合法律事務所
弁護士法人勝浦総合法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

実績・ノウハウ多数

不貞(浮気)/性格の不一致などに起因する離婚事件に多数の実績・ノウハウがあります。
夫と別れるにあたって、今後も生活水準を維持できる財産の獲得を目指します。
当事務所は、東京(青山・池袋)・大阪(本町)にオフィスを構えており、上質なリーガルサービスのご提供が可能です。
来所しにくい方には電話相談,WEB相談をお勧めします。

ご相談例

  • 有利な条件で離婚をしたい。
  • 離婚や別居を切り出したいが、なにから進めていいか分からない。
  • 子供も独立したの離婚したいが、今後の生活が不安。- 女性側の離婚問題に強い弁護士を探している。
  • 預金を夫が管理しており弁護士費用を用意するのが難しい。
  • 相手方から、無理な慰謝料や離婚条件を突き付けられている。
  • 経営者の離婚問題に精通した弁護士を探している。
  • 不貞行為を理由に慰謝料請求を受けている。
  • 離婚したいが、夫が管理している財産の内容が分からない。
  • 財産分与に納得できない。
  • 養育費を請求したい 。
  • 慰謝料を請求したい。

※上記以外のご相談も承っております。

強み

◎熟年離婚に関しての実績が多数ございます。
離婚の原因はモラハラ、性格の不一致、両親との不和等さまざまです。
抱え込まずに、私たちにご相談ください。
当事務所では、離婚後の生活プランも含めた解決をご提案いたします。

◎財産分与の問題もお任せください。
不動産(自宅等)、動産(家財道具等)、預貯金、自動車等の財産分与の問題についても適切なアドバイスが可能です。

◎会社経営者の奥様の離婚問題についてもアドバイスが可能です。
経営者の離婚問題は、夫の資産状況の把握が困難、会社の株式評価が必要、海外資産の評価が必要等、特有の問題が生じます。

特徴

  • 裁判において、どのような証拠が有効かアドバイスします。
  • 一日でも早く、精神的/身体的な負担から解放していただけることに努めます。
  • 預金を夫が管理しており弁護士費用を用意するのが難しい場合などは、着手金0円の成功報酬制でお受けできる場合もございます。

メッセージ

離婚問題の解決に向けて動く際には、依頼者様にとっての「最適な解決」を定め、弁護士と共通認識を持ちながら動くことが重要なポイントになってきます。
交渉段階から、調停、裁判に至るまで、弁護士は問題のどの段階でも、あなたの問題解決のためのアドバイスをし、あなたを代理することが可能です。

もちろん、弁護士に相談をしたとしても、離婚を進めなければならないこともありませんし、調停・裁判を決意する必要もありません。
あなたの状況とお気持ちに沿った解決方法を一緒に探していきましょう。

プライバシー管理の徹底

情報管理・プライバシーへの配慮は徹底的に行っております。
ご相談にあたっては、【完全個室】で対応させていただきます。安心してご来所ください。
家族に内緒で相談したい等の理由で来所しにくい方には、電話相談、WEB相談をお勧めします。

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 相談は無料です。
正式に仕事のご依頼をいただかない限り、費用は発生しません。
着手金/報酬金 案件ごとにご相談に応じます。
※仕事をお受けする際には明確な費用をお伝えしますので、まずはお気軽にお問合せ、ご相談ください。
お支払スケジュールについて さまざまなご事情をお持ちのご依頼者様ごとに、ご負担の少ないお支払スケジュールをご案内します。
ご相談の中で費用・スケジュールのご提案をしますので、まずはお気軽にお問い合せ、ご相談ください。
※法テラスも利用可能です。
リーズナブルな料金設定 「弁護士の料金は高い」というイメージをお持ちかもしれませんが、支払う費用に対して、得られるメリットが多額であることも事実です。
ご依頼者様にとってメリットのない提案、サービス提供は行いません。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(2件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

【面会交流】【男性側】調停で月2回の面会交流を確保

  • 別居
  • 面会交流
依頼主 40代 男性

相談前

ご依頼者(男性)の仕事が多忙で家庭内に不和が生じ,妻が子供を連れて別居を開始。別居直後に妻の弁護士から離婚調停が提起された。子供との面会交流も拒否された状態でご相談にいらっしゃいました。

相談後

まずは子供との面会を早急に実現したいとのご意向がありました。そこで,婚姻費用についてはこちらが相当と認める額を積極的に支払うこととし,面会についての相手の拒否感を和らげつつ,面会交流に向けた交渉を行ったところ,面会交流の実現に成功しました。その後,離婚条件についての交渉においても,月2回の面会交流の実現を重視し,説得を重ねた結果,月2回の面会交流を条件とする離婚が成立しました

水戸 悠貴弁護士からのコメント

水戸 悠貴弁護士

妻が子供を連れて別居を開始し,父親との面会交流を拒否するケースが散見されます。子供に会えない状態は男性にとっても耐え難い事態であり,また父子の関係を断絶させないためにも,早期の面会交流を実現することが重要と考えます。妻側の心理状態も考慮しつつ,面会の実現にむけた交渉を早期に開始することが望ましいと思われます。

離婚・男女問題の解決事例 2

【財産分与】【女性側】調停で8000万円の財産分与を獲得

  • 財産分与
  • 別居
  • 婚姻費用
  • 離婚請求
  • モラハラ
依頼主 60代 女性

相談前

夫からの長年にわたる暴言に耐えてきたご依頼者が,子供の独立をきっかけに,離婚を決意して来所されました。今後の生活や将来についての不安を抱えた中で,どのように動くべきかもわからない状況でのご相談でした。

相談後

まずはスムーズに別居を開始するためのアドバイスをいたしました。夫の長期出張の間に引っ越しを行い,夫に状況を理解させつつ,感情的な反応を防ぐために置手紙を残すこととしました。その後は,婚姻費用の交渉を直ちに行い,生活の安定を確保した上で,離婚に向けた交渉を行いました。途中,夫が資産開示を拒むなどの紆余曲折があったものの,調停において8000万円の財産分与を確保し,離婚に至りました。

水戸 悠貴弁護士からのコメント

水戸 悠貴弁護士

多くのご相談者が,何からどう進めたらよいか分からない,という状況でご相談にお越しになります。弁護士に相談したら,気持ちの整理がつかない間に話が進んでしまうのではないか,という不安を抱えている方もいます。我々は,ご相談者のお気持ちの整理のための情報提供という立場に徹し,まずは今後どうしたいのかのご判断をお待ちします。そのうえで,方針が固まりましたら,そのために何からどう進めるべきなのかをアドバイスいたします。本件では,別居の初め方からアドバイスさせていただき,円満かつ十分な額での離婚を達成することができました。

借金・債務整理

分野を変更する
【累計3500件以上の解決実績】【弁護士13名在籍】【相談無料】【秘密厳守・LINE相談可】
「減額報酬8.8%、過払い報酬17.6%」他の事務所と比較してください。
弁護士法人勝浦総合法律事務所
弁護士法人勝浦総合法律事務所
弁護士法人勝浦総合法律事務所

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

※正式に仕事のご依頼をいただくまでは、基本的に費用は発生しません。まずはお気軽にご相談ください。

《「減額報酬8.8%、過払い報酬17.6%」他の事務所と比較してください。》

債務整理の報酬基準として多いのが、「着手金1社あたり3~5万円、減額報酬11%、過払い報酬22%」(税込)というものかと思われます。(もちろん、これより高い基準を用いる事務所もあれば低い基準を用いる事務所もあります。)
この費用相場が高いものだとまでは思っておりませんが、もう少し安くてもいいのではないかというのが本音です。

当事務所では、債務整理・過払い請求の報酬額を、「相談は無料、着手金は1社あたり2万7500円、減額報酬8.8%、過払報酬17.6%」(税込)といたしました。もちろん、裁判をしても報酬基準は変わりません。ぜひ、他の事務所と比較してください。

◆お電話相談・テレビ通話相談可能

来所、面談相談に伴うお客様の新型コロナウイルスの感染リスクを考慮し、現在ご相談をすべて電話会議・WEB会議にて行っております。また、LINEでのご相談も可能です。

◆弁護士法人勝浦総合法律事務所について

当事務所は、東京(青山・池袋)・大阪(本町)に所在する総合法律事務所です。
「身近で、頼りになる弁護士」を目指し、上質なリーガルサービスを提供いたします。お悩みの方々お一人お一人に向き合い、サポートしてまいりますので、まずはご相談ください。

≪強み≫

  • 過払いの累計回収額は40億円を突破しております。
  • 東京(青山・池袋)・大阪の3拠点で、累計3,500件以上の債務整理を解決して参りました。豊富な実績とノウハウを生かし、対応します。
  • どのような債務整理が可能か、それぞれの手続のメリット・デメリットをご説明します。
  • プライバシー厳守で対応します。ご連絡も携帯電話にしてほしいなどのご希望がございましたら、気軽にお申し付けください。

≪圧倒的な実績≫

具体的な解決事例をご紹介しております。ぜひご覧ください。
https://www.bengo4.com/tokyo/a_13103/l_132323/#pro1_case

≪ご相談例≫

  • 支払いはしているが元金がなかなか減らない。
  • 複数の借入先があり、返済しきれない。
  • 過払金の返還を請求したい。
  • 会社の資金繰りが厳しく、もうすぐ破産せざるを得ない。方々に迷惑をかけたくないがどうしたらよいか
  • 事業がうまくいかず、負債が増えてしまった。
  • 住宅を購入したが、収入が減り、生活が厳しくなった。
  • 病気により、仕事ができなくなったため、返済ができなくなった。
  • 住宅ローンだけは支払っているが他の債務を滞納している。 
  • 給料の差し押さえを受けてしまった。
  • 会社や家族に知られないように自己破産したい。

※上記以外のご相談も承っております。

≪方針≫

勝浦総合法律事務所では、「身近で頼りになる弁護士」を目指し、借金に関する料金を、一般的な相場の約8割を目標として設定しています。
他の法律事務所のホームページなどを見て、費用を比較していただければ、その違いがわかっていただけると思います。

もちろん、報酬を下げたからといって業者との間で安易な和解などをすることはありません。お客様に「依頼してよかった」と言っていただけるように、しっかりと対応致します。

◆アクセス

・銀座線/半蔵門線/大江戸線「青山一丁目」駅から徒歩4分

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 無料
着手金 無料
成功報酬 報酬金   1社あたり 2万7,500円
減額報酬 8.8%
過払い報酬 17.6%
自己破産33万円
民事再生38.5万円~ 
(すべて税込)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(3件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

【過払い回収】過払い金の掘り起こし&回収により,住宅の競売を免れた事例

  • 過払い金請求
依頼主 40代 男性

相談前

リストラによって給料が減額されたため,地方銀行からの住宅ローン返済が長期間滞り,債権者からは自宅の競売を求められていました。その他にも数社の消費者金融からの借入れがあり,返済に窮していらっしゃる状況でした。

相談後

過去の借入れについてまでお話を伺った結果,これまでに完済している消費者金融からも過払い金の回収が可能であることが判明しました。住宅ローンについては弁護士から事情を話して競売を保留してもらい,その間に消費者金融からの過払い金回収を進めたところ,6社合計で約1000万円の過払い金を回収することができました。回収した過払い金で,住宅ローンの一括弁済も行い,自宅を守ることができました。

水戸 悠貴弁護士からのコメント

水戸 悠貴弁護士

自宅の競売を覚悟し,重い表情でいらっしゃったご依頼者に,過去の埋もれた過払い金も含めて回収すれば自宅を守れる可能性があるとお話したときの安心されたご様子が印象深く残っております。債務整理,過払い回収は弁護士業務としては一般的なものですが,当たり前のことをするだけで,ご依頼者の人生を大きく改善できるやりがいのある業務だと思っております。

借金・債務整理の解決事例 2

【自己破産】学生時代の奨学金等の負担が重く,自己破産で再出発を果たした事例

  • 自己破産
依頼主 20代 女性

相談前

20代の女性でしたが,6社の債権者に,合計250万円ほどの債務を負っていました。一部は浪費と思われる支出もありましたが,主には学生時代の奨学金や進学のための借入れによる負債でした。
ご本人は,当初,任意整理を希望していましたが,引き直し計算をしても債務額が減る見込みがなく,今後の生活を考えると,自己破産で1から再出発した方がよいのではないかとアドバイスしました。

相談後

資料の取得などもスムーズに行ってくれたため,受任後3か月程度で自己破産の申立てを行い,5か月後にはすべての手続が完了して,再出発を果たすことができました。

水戸 悠貴弁護士からのコメント

水戸 悠貴弁護士

任意整理を行うか,自己破産を行うかは難しい判断となるかと思います。ただ,自己破産は,言葉のイメージは恐ろしいですが,借金を抱えた方が経済的に再生するためには非常によい制度です。任意整理,自己破産,民事再生のメリットデメリットを丁寧にお伝えし,ご依頼者にとって最適な手続きを一緒に考えたいと思っております。

借金・債務整理の解決事例 3

【任意整理】引き直し計算と任意整理により,月の返済額が5万円→1万円に

  • 任意整理
依頼主 40代 男性

相談前

事業資金や生活費の借入れのため,消費者金融への借金が合計300万円,月の返済額が5万円まで膨らんでしまっていました。お子さんの高校進学が控え,月々の負担を軽減したいとのご相談でした。

相談後

消費者金融との取引期間が長く,引き直し計算をしたところ,債務総額が60万円ほどまで軽減することができました。月々の返済額をできるだけ減らすため,5年分割(無利子)での和解することができました。

水戸 悠貴弁護士からのコメント

水戸 悠貴弁護士

債務整理により,生活が大幅に改善する場合があります。月々の返済に悩むよりも,一度ご相談にお越しいただき,どういう手続が可能で,どういうメリットデメリットがあるかを知るだけでも,もやもやした悩みが軽くなるかと思います。

労働問題

分野を変更する
【残業代請求に特化/初期費用0円の完全成功報酬制】【年間残業代回収実績6.6億円】【相談無料】【弁護士13名在籍】
回収できなければ報酬金0円!週刊ダイヤモンドに「未払い残業代請求の四大法律事務所」と紹介されました。
弁護士法人勝浦総合法律事務所
弁護士法人勝浦総合法律事務所
弁護士法人勝浦総合法律事務所

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

※正式に仕事のご依頼をいただくまでは、基本的に費用は発生しません。まずはお気軽にご相談ください。

《退職を決意した方、退職された方、まずは当事務所へお電話ください》

残業代の請求を行ううえで重要となるのは【証拠】です。どのような証拠があれば、より有利に交渉が行えるのか、どのような物が証拠となるのか、専門家である弁護士にご相談ください。

(当事務所は現在、労働問題については残業代請求、不当解雇、労災の事案のみに注力しております。パワハラ、セクハラ等のご相談についてはお受けできませんので、ご了承ください)

◆お電話相談・テレビ通話相談可能

来所、面談相談に伴うお客様の新型コロナウイルスの感染リスクを考慮し、現在、ご相談をすべて電話会議・WEB会議にて行っております。
また、LINEでのご相談も可能です。

◆弁護士法人勝浦総合法律事務所について

当事務所は、東京(青山・池袋)・大阪(本町)に所在する総合法律事務所です。
「身近で、頼りになる弁護士」を目指し、上質なリーガルサービスを提供いたします。

お悩みの方々お一人お一人に向き合い、サポートしてまいります。

≪強み≫

  • 初期費用0円・完全成果報酬制(※回収できなければ報酬金0円!)
  • 残業代請求について、年間6.6億円以上の回収実績!
  • 判例雑誌掲載の判決を多数獲得しております。難易度の高いケースもお任せください。
  • 週刊ダイヤモンドに「未払い残業代請求の四大法律事務所」と紹介されました。

≪圧倒的な実績≫

具体的な解決事例をご紹介しております。
ぜひ、ご覧ください。
https://www.bengo4.com/tokyo/a_13103/l_132323/#pro5_case

≪ご相談例≫

  • 退職した会社へ残業代請求をしたい。
  • 長年サービス残業を強いられてきたので、未払いの残業代を請求したい。
  • 管理職だから残業代は出ないと言われているが、本当なのか知りたい。
  • 勤務中に怪我をしたが、会社が労災扱いしてくれない。
  • 理由のない解雇を通告された。

※上記以外のご相談も承っております。

≪早めの相談が大切です≫

残業代の請求は、【2年】の時効がございます(2020年4月以降の給料については3年)。
少しでも早くご相談いただくことで、回収できる金額が大きく変わります。
面倒な交渉も全て対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

◆アクセス

・銀座線/半蔵門線/大江戸線「青山一丁目」駅から徒歩4分

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 労働問題(労働者側)のご相談は初回無料です
残業代請求の着手金 0円
残業代請求の成功報酬 交渉で解決した場合…回収額の19.8%〜(税込)
労働審判で解決した場合…回収額の26.4%〜(税込)
訴訟で解決した場合…回収額の33%〜(税込)
*同僚、元同僚の方などと一緒に同じ会社への残業代請求をご依頼いただく場合、重複作業分を軽減できるので、ご依頼者数に応じて上記金額より減額します。
*運送業の場合、日報やデジタコの解析が必要となるため上記報酬を各4ポイントずつ加算させていただきます。
その他の不当解雇など 事案の難易や請求額に応じて、料金をご提示し、ご納得いただいた上で受任します
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(11件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

【合計250万円の支払】アパレル企業企画職の不当解雇、残業代未払い

  • 給料・残業代請求
  • 不当解雇
依頼主 20代 女性

相談前

当初は、不当な整理解雇についてのご相談でした。
お話を伺う中で、残業代が月額上限30時間分しか出ておらず、深夜割増賃金も払われていないことが判明したため、不当解雇を争うとともに残業代請求を行いました。

相談後

ご自身がタイムカードなどをもっていなかったため、会社に資料の提出を求めて過去2年間の残業代を計算した上で、不当解雇の慰謝料と残業代を求めました。
会社にも弁護士がついて交渉を重ねた結果、合計250万円の支払を受けました。

水戸 悠貴弁護士からのコメント

水戸 悠貴弁護士

上限30時間までしか残業代を出さない、などという独自のルールを定める会社もありますが、そのようなルールは無効です。本件のように残業代が請求できることにご本人が気づいていないケースも多々ありますのでご注意ください。

労働問題の解決事例 2

裁判外交渉により、300万円の回収

  • 給料・残業代請求
依頼主 30代 男性

相談前

技術者という職業柄、毎日深夜まで働いておられ、一部時間外手当が支払われていましたが、実際に計算してみると、 200万円以上の未払残業代があることが判明しました。

相談後

会社の代理人弁護士との裁判外交渉により、結果的に300万円の支払いを受ける内容で和解が成立しました。

水戸 悠貴弁護士からのコメント

水戸 悠貴弁護士

残業代請求事件では、会社側は、残業代請求を受けている事実が他の従業員に知られてしまうことを防ぐため、公開の裁判ではなく、交渉での解決を望むケースが多いです。
結果としては、交渉で十分な金額での解決ができる場合も少なくありません。

労働問題の解決事例 3

名ばかり管理職 裁判で720万円回収

  • 給料・残業代請求
依頼主 30代 男性

相談前

大手スーパーの部門マネージャー職にあった方を代理して、同社に対し残業代請求訴訟を提起しました。
厚生労働省の通達「多店舗展開する小売業、飲食業等の店舗における管理監督者の範囲の適正化について」に照らせば、明らかに「管理監督者」に該当しない立場にあるはずのマネージャーについて、長時間の時間外労働を強いながら”管理監督者だから残業代は発生しない”とする同社の運用を正面から争う事案でした(いわゆる「名ばかり管理職」の問題)。

相談後

裁判において会社側の敗色が濃厚になったところ、会社が部門マネージャーは管理監督者に該当せず、残業代を支払う必要があることを認め、請求額全額720万円の支払を行いました。

水戸 悠貴弁護士からのコメント

水戸 悠貴弁護士

管理監督者であるという理由で残業代が払われていないケースでも、その多くは、管理監督者としての実質を有さず、違法な残業代不払いとなっております。
管理監督者であると言われていても、あきらめず、まずはご相談ください。

労働問題の解決事例 4

【残業代請求】【裁判で170万円回収】システムエンジニアと裁量労働制

  • 給料・残業代請求
依頼主 40代 男性

相談前

毎月40時間ほどの残業を行っていたSEの男性からのご依頼です。
会社としては、(1) 基本給に40時間までの残業代が含まれる、(2) SEは専門業務型裁量労働制が適用されるとの主張であり、交渉での解決が困難でした。

相談後

訴訟の結果、170万円の支払を受けるという条件で和解が成立しました。

水戸 悠貴弁護士からのコメント

水戸 悠貴弁護士

SEの業界では、長時間の残業を強いられる方がたくさんいらっしゃると聞いております。
しかしながら、裁量労働制を理由に、残業代が支給されないケースが散見されます。「プログラマーであれば、即座に裁量労働制が適用される」というのは正しい解釈ではありません。
単に、プログラムの設計又は作成を行うプログラマーには裁量労働制は適用できませんので、残業代請求が可能です。

労働問題の解決事例 5

【不当解雇】試用期間中の不当解雇で850万円を獲得

  • 不当解雇
依頼主 40代 男性

相談前

IT企業に中途採用された方が試用期間中に一方的に解雇されました。
会社は能力不足を主張しましたが,当方は,試用期間中であっても不当解雇であると主張し訴訟を提起しました。

相談後

裁判の結果,裁判所からは解雇が無効であるとの判断が示され,結果として850万円の解決金を得ることができました。なお,ご依頼者は途中で別企業に就職していたこともあり,復職を求めなかった結果,金銭解決となりました。

水戸 悠貴弁護士からのコメント

水戸 悠貴弁護士

解雇事案は,いつどのように相手方に請求を行うかなど,難しいノウハウが必要な分野です。
最初は敢えて弁護士が表に立たずに会社の勇み足を誘い,引くに引けない状況にしてから,タイミングを見て訴訟を提起するなど事案に即した判断が必要となりますので,早い段階でご相談にお越しいただくのがよいと思います。

労働問題の解決事例 6

【残業代】【飲食店店長 裁判で800万円回収】

  • 給料・残業代請求
依頼主 30代 男性

相談前

飲食店の店長をしており,長時間労働を恒常的に行っていた方でした。ご本人が残業代請求をしようとして,会社にタイムカードの開示を求めましたが拒否されていました。幸い,毎月の残業時間の集計をノートにつけていたため,推定計算が可能でした。

相談後

会社側がタイムカードの開示にも応じなかったため、推定計算で提訴した上で、タイムカードの開示を求める文書提出命令を申し立てました。その後開示されたタイムカードをもとに、訴訟での請求を続けたところ、会社側からは管理監督者なので残業代は生じないという反論が出されましたが、裁判所はこれを認めず、和解で800万円を回収しました。

水戸 悠貴弁護士からのコメント

水戸 悠貴弁護士

ほとんどの会社は請求すればタイムカードを開示してきますが,まれに開示に応じない会社があります。その場合は裁判を起こしたうえで,提出を求めることが可能です。管理監督者であるとの反論も,多くの会社が出してきますが,丁寧に反論すれば勝てる場合が大半です。

労働問題の解決事例 7

【不当解雇工場勤務男性】労働審判の結果400万円獲得

  • 不当解雇
依頼主 40代 男性

相談前

会社から正社員から契約社員への転換を強要されたうえ、その数か月後の契約更新の際に能力不足を理由に更新拒絶された事例でした。
一見、解雇ではなく、雇い止めに見えるケースでしたが,雇い止めという法律構成では勝訴が難しいと考えて、過去の経緯を聴取したところ、契約社員への転換から争うべき事案であることが判明しました。

相談後

早期の解決を優先して、労働審判を提起し、期日に臨んだところ,裁判官(労働審判官)が当方の主張を支持し、400万円の解決金を受領する内容での和解が成立しました。雇い止めをそのまま争うのではなく、契約社員への転換を争った上で、(雇い止めではなく)解雇であると主張する戦略が功を奏し、満足のいく内容で解決することができました。

水戸 悠貴弁護士からのコメント

水戸 悠貴弁護士

お客様から事情や経緯をよくお聞きすることで,正しい戦略を組み立てて解決に導くことが弁護士の醍醐味です。多くの労働事件を扱った経験と,経験にとらわれずに個々の案件と常に新しい気持ちで向き合うことの両方が必要だと考えています。

労働問題の解決事例 8

【残業代】トラックドライバー 依頼後4ヶ月で500万円回収

  • 給料・残業代請求
依頼主 40代 男性

相談前

近距離ドライバーの方からのご依頼でした。月間80時間ほどの時間外労働を行い,会社からは月額2~4万円ほどの残業代が支払われていましたが,会社独自の計算方法によるものであり,法定の金額に満たないものでした。

相談後

会社に対し、出退勤記録等の資料の提出を求めたところ、会社の代理人弁護士から速やかに資料の提出がなされました。
歩合給の取扱いや休憩時間についての争いがありましたが,交渉のうえ、受任から4か月程で、約500万円の残業代を獲得できました。

水戸 悠貴弁護士からのコメント

水戸 悠貴弁護士

当事務所の解決事例の中でもドライバーは最も多い職種の一つです。
ドライバーの方は,かなりの長時間労働を行っているケースが散見されますし,労働時間については日報やタコグラフデータなどで立証できるため,多い場合には1000万円程度の残業代が獲得できる場合もあります。
他方で,運送会社は各社で様々な給与体系を用いており,残業代の計算もかなり複雑になる場合が多く,またタコグラフの解読なども必要なため労働者側弁護士としての専門知識を要する業界でもあります。

本件では,相手方弁護士と迅速に交渉が成立したこともあり,比較的早く,また裁判などを行わずに残業代を獲得できました。
会社側としても,残業代を請求されたということを他の従業員や第三者にあまり知られたくないという事情もあり,本件のように交渉で解決するケースがたくさんあります。

労働問題の解決事例 9

【タイムカードなしの残業代請求】システムログから労働時間を再現し250万円を獲得

  • 給料・残業代請求
依頼主 30代 男性

相談前

会社が一切の時間管理をしておらずタイムカードもない事案でした。

相談後

退職前に取得したパソコンのログや、入退室のセキュリティカードの記録などによって過去の労働時間を推定し、会社と交渉の結果、250万円の支払を受けることができました。

水戸 悠貴弁護士からのコメント

水戸 悠貴弁護士

タイムカードがない事案でも、退職前にパソコンのログをとることで勤務時間を裏付けることができる場合があります。ご相談いただく場合は、ぜひ退職前にお越しください。

労働問題の解決事例 10

【同僚2名からのご依頼】裁判の結果,2名で1000万円の残業代を獲得

  • 給料・残業代請求
依頼主 50代 男性

相談前

元同僚のドライバーの方2名からのご相談でした。労基署に相談をしたが,労基署は強制力がないとのアドバイスをもらったため,弁護士に相談にいらっしゃったとのことです。

相談後

会社から開示された運転日報により日々の労働時間を明らかにして,会社に残業代を請求しましたが会社からは誠意ある回答が得られませんでした。そこで,裁判を提起した結果,当方の計算額どおりの勝訴判決を得ることが出来ました。その後も,任意の支払がなされなかったため,会社の預金や債権の差押えを行ったところ,相手方よりようやく満額の支払がなされ,無事解決に至りました。

水戸 悠貴弁護士からのコメント

水戸 悠貴弁護士

判決を得ても支払を拒む会社もありますが,そのような場合,判決に基づいて,預金や売掛金などの強制執行が可能となります。また,強制執行を辞さないという強い姿勢を見せることで相手方が観念して任意で支払ってくる場合もあります。
当事務所の報酬体系は,回収できなければ報酬0円の完全成功報酬制となっております。判決とその後の回収も含め,全力で対応いたします。

労働問題の解決事例 11

退職した会社員(同僚4名)。判決&差押により付加金も併せて合計約5600万円の回収に成功した事例

  • 給料・残業代請求

相談前

長時間のサービス残業を強いられていた同僚4名の代理人として,退職後に残業代請求を行った事案です。
会社がタイムカードの開示に応じず,訴訟すら無視をしてきましたが,差押えにより,付加金も含めた約5600万円の回収に成功しました。

相談後

タイムカードを開示を求める通知にも会社からは反応がなく,やむを得ず推定額で裁判を起こしました。ところが会社は裁判所からの通知にも応えなかったため,会社が争わないものとして,こちらの請求額で判決が確定しました。裁判所は相手方の対応を問題視し,残業代額と同額のペナルティ(付加金)も認められました。

会社は判決も無視して,判決に応じる見込みもなかったため,会社のメインバンク口座を差押えた結果,ペナルティ分(付加金)も含めた総額約5600万円を回収しました。

水戸 悠貴弁護士からのコメント

水戸 悠貴弁護士

多くの会社は,必要書類の開示に応じますが,中にはこちらからの通知を無視する会社もあります。
勝浦総合法律事務所は,そのような場合でも逃げ得を許さず,労働法,会社法や強制執行についてのノウハウも活用し,徹底的に残業代回収を図ります。

本件では,こちらや裁判所からの通知を無視し続けた会社から,ペナルティ(付加金)も含めた倍額の残業代(お一人平均1400万円)を回収し,会心の結果を獲得することができました。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人勝浦総合法律事務所
所在地
〒107-0062
東京都 港区南青山2-6-12 アヌシー青山5階
最寄り駅
【東京オフィス】銀座線/半蔵門線/大江戸線「青山一丁目」駅から徒歩4分
【池袋オフィス】JR線/東京メトロ各線「池袋」駅から徒歩5分
【大阪オフィス】四つ橋線/御堂筋線 「本町」駅から徒歩2分
【横浜オフィス】JR根岸線/ブルーライン「関内」駅から徒歩4分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
【電話相談】弁護士にご依頼いただくべき事案かどうかを判定させていただきます。
なお一部分野については電話相談をお受けできませんのでご了承ください。
事務所の営業時間は、平日9時30分から19時、土曜日10時から17時ですが、
受付は日祝も行っておりますので、お気軽にご相談下さいませ。
対応地域

全国

設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 税務訴訟
  • 知的財産
  • インターネット
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5280-0621

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 00:00 - 24:00

弁護士法人勝浦総合法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5280-0621

※弁護士法人勝浦総合法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
【電話相談】弁護士にご依頼いただくべき事案かどうかを判定させていただきます。
なお一部分野については電話相談をお受けできませんのでご了承ください。
事務所の営業時間は、平日9時30分から19時、土曜日10時から17時ですが、
受付は日祝も行っておりますので、お気軽にご相談下さいませ。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談