現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
海野 卓也弁護士

( うみの たくや ) 海野 卓也

物部法律事務所

現在営業中 09:00 - 21:00

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名30 件/匿名:0件

まず、会社に本人から、本人以外の代理人が閲覧に行く旨申し向け、了解を得ること、 次に、本人からの委任状を取得し、会社に提出することを要すると思います。

回答日 2016年03月07日 11:02
この回答がある質問
企業法務

納期を確約してもらうために倍額払ったが遅れたということであれば、明らかに先方の債務不履行でしょう。 先方から遅延に関する説明がないこともそれを基礎付ける事実の一つかと思います。 うまく運ぶといいで...

回答日 2016年03月03日 09:53

まず、実印による押印が求められる場合、同時に印鑑証明書の提出も求められるケースが多いので、印影と印鑑証明書が一致しない場合先方から訂正を求められると思われます。特段の事情なき限り契約は無効とはならな...

回答日 2015年11月30日 19:27
この回答がある質問
不動産・建築

書類受理による信用情報の変更、修正等の事実を確実に知るには、ご認識のとおり信用情報期間への情報開示が最適だと思われます。 また、カードローン審査の速度は申込者の信用状態(事故情報登録の有無、借入額や...

回答日 2015年11月27日 16:27

こんにちは。 民事では、ツイッター社に対してプロバイダ責任制限法に基づく「送信防止措置依頼書」を作成のうえ、送る手段が考えられます。当該書式には、依頼者の氏名等の開示の可否を選択できる項目を付すこ...

回答日 2015年11月23日 12:03
この回答がある質問
インターネット

はじめまして。 請負契約書あるいはその変更契約書に記載の工期から大幅に遅れることがあらかじめ確定しており、その遅延が業者の帰責事由によるものであれば、解除は可能です。 そして、解除とは契約をなかっ...

回答日 2015年11月20日 17:15
この回答がある質問
建築

原則として、当事者は自由にその契約の内容を定めることができます(契約自由の原則)。 ただし、強行法規に反するもの、公序良俗に反するもの、権利の濫用に該当するもの等については、無効とされる場合がありま...

回答日 2015年11月04日 19:07

こんばんは。 著作権侵害をご懸念でしょうか。 法律の条文それ自体に著作性はありませんので、例えば総務省が提供する法令データ提供システムから条文をコピーし、見栄えや構成にアレンジを加えて販売すること...

回答日 2015年10月28日 23:57

はじめまして。 まず、原契約は7号文書に該当するため(印紙税法課税物件表)4,000円の印紙貼付が必要となります(同表の適用除外でないことを前提としています)。 そして、覚書であっても、原契約、す...

回答日 2015年10月23日 10:49
この回答がある質問
代理店・フランチャイズ

印紙税法によれば、課税文書を作成した者に納税義務があるとされており、二人以上の者が共同して一通の課税文書を作成した場合には連帯して納税義務を負うとされています(印紙税法3条1項、2項)。 本書を2...

回答日 2015年09月29日 23:29

回答が遅くなりすみません。 > ①に関して、質問させていただきたいことがあります。 > 監査役、監査委員である取締役は、子会社の業務執行者と兼任できないと解すればよろしいのでしょうか。...

回答日 2015年09月28日 16:47
この回答がある質問
監査役

色がデザインのみであっても、著作権を侵害する可能性はあります。 「ロゴやワッペンを変えてある」とのことですので、それ以外は既存のものをそのまま使用、あるいは若干変更して使用すると理解しております。 ...

回答日 2015年09月24日 17:59
この回答がある質問
著作権

宅建業法35条5項によれば、宅地建物取引士が重要事項説明書に記名押印しなければなりません。 今回、重説が交付されているのだとしたら、それは法令違反ですね。 円満に事か運ぶといいですね。

回答日 2015年09月24日 09:46
この回答がある質問
不動産賃貸

どのような経緯で懲役刑を受けたか判りかねますが、会社経由で登録申請をなさろうとしているのであれば、登録拒否事由に該当する可能性があります(金融商品取引法29条の4第1項2号ハ、日証協外務員の登録等に...

回答日 2015年09月22日 10:42
この回答がある質問
前科・不起訴

それでよいと思います。 どうぞよろしくお願いします。

回答日 2015年09月20日 13:55
この回答がある質問
相続分

こぼちゃん様は未成年の方でしょうか。 そうでしたら、上記ご相談内容にあるように、親権者様の同意を得てください。 他方、成年の方でしたら、2枚目のご準備は不要です。 上記を伺う限り、無効・不当な条...

回答日 2015年09月20日 09:51

tkoyama様 契約書の規定に基づく終了通知を出されており、かつ、契約相手方の会社様もそれに同意されているという状況でしたら、10月末での終了を主張されればよいでしょう。エージェントA、Bが、当...

回答日 2015年09月19日 21:31

社長GG様 はじめまして。 委託料の支払いのみを要求するのであれば債務不履行に基づく損害賠償請求等、契約で定められた金額の請求をすべきでしょう。 先方との関係を断ち切るおつもりであれば、契約解除の...

回答日 2015年09月19日 21:08

休止届は税務署に提出されたものとの前提で回答します。 休止届を出し会社が休業状態であったとしても、法人税の申告等はしなければなりません。 そして、代表者であるお父上がご逝去されたとのことですので、会...

回答日 2015年09月17日 13:19
この回答がある質問
事業承継

職業安定法4条に規定される「職業紹介事業」は、「①求人及び②求職の申込みを受け、求人者と求職者との間における③雇用関係の成立を④あっせ んすることをいう。」と定義されています。 すなわち、紹介事業...

回答日 2015年09月16日 22:04

> ではB事件に対してA事件の勾留期間中、又は罰金刑が決まって釈放のときに > 新たに別途捜索差押え許可状を被処分者に呈示されることなく > A事件の判決で罰金になりPC、携帯を初...

回答日 2015年09月16日 17:13
この回答がある質問
釈放・保釈

仮に少額訴訟を提起し勝訴判決を得たとしても、実際民事執行して金銭の支払いを要求し得るだけの責任財産が相手方になければ、折角の訴訟も空振りに終わってしまいます。8万円程度であれば、預金や自家用車等から...

回答日 2015年09月16日 16:12

市道の移設は現実的ではないので市道により占有されている土地の買取交渉されるのがよろしいかと思います。 境界について争いがなければいいですね。

回答日 2015年09月15日 19:34
この回答がある質問
不動産・建築

はじめまして。 弁護士の海野と申します。 > ①A社に下請負をさせた元請B社には、どのような行政処分があるか(根拠法令も知りたい) 行政処分の種類としては、以下のものが法定されています。 ...

回答日 2015年09月15日 12:10
この回答がある質問
建築

個人的には難しいと思われます。 駐車場の賃貸借契約は駐車用スペースの土地賃貸借契約であり、通常の駐車スペースとして賃貸し賃借できる以上、駐車の向き・方向は契約の要点にはならず契約の内容は履行されて...

回答日 2015年09月14日 12:56

従来、注文書と請書の取り交わしで、個々の業務内容・金額等の詳細をお決めになっていたところを業務委託契約一本で済ませるようにするには、あらかじめ当該業務委託契約に注文書・請書の内容をあらかじめ記載でき...

回答日 2015年09月13日 22:37

お客様の建築契約は、はみみなみ様としているわけではなく、ご勤務先の会社としていると思われますので、はみみなみ様の退職→当然に解除できる、とはなりません。 もっとも、会社として解除する用意があるので...

回答日 2015年09月13日 21:51

前二者はわかりますが、最後の内容証明とはなんでしょうか。 詳細が分かりませんので、回答が抽象的になってしまいますが、内容証明付きで、前二者を提出する程度に紛糾しているのであれば、前二者についても公証...

回答日 2015年09月13日 21:44
この回答がある質問
退職

貸主の費用の提示は、法的に保護される借主との契約を解約するために必要なものです(借地借家法28条)。 今回、手紙で退去拒否の通知を出しているにもかかわらず、先方の代理人弁護士と面会する目的が図りかね...

回答日 2015年09月13日 16:24

医師による本件の神経治療(以下、「抜髄」といいます)が、仮に誤った治療法であるとすれば、理論的には医療過誤となり損害賠償請求の対象となり得ます。 したがって、まずは、当該抜髄を担当した歯科医師が健常...

回答日 2015年09月07日 17:28

1 - 30 件を表示/全 30 件

現在営業中 09:00 - 21:00

海野 卓也弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5280-7466
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 22:00
  • 土曜09:00 - 21:00
  • 日曜09:00 - 19:00
  • 祝日09:00 - 19:00
定休日
なし
備考
【夜間・休日】もご予約の上,ご相談対応いたしております。
【24時間】メール予約をお受け可能です。