現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
酒井 広志弁護士

現在営業中 09:30 - 20:00

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名129 件/匿名:1件

養育費を請求しない旨の合意は、合意をした母親を拘束しますので、母親からの請求は認められません。 他方、養育費請求権は子の権利でもあり、子からの請求は原則として認められます。そのため、強制執行にも従わ...

回答日 2015年08月28日 18:03

正規品と表示しているのに非正規品であり、それを購入して財産上の損害を被ったのであれば、詐欺罪に該当します。

回答日 2015年08月27日 16:24
この回答がある質問
詐欺

(1)については、自宅に入られるのは避けたいとのことですので、「持ち出させる」というより、「送りつける」方が現実的かと存じます。手間は要しますが、着払いの宅配便にて送付する旨を事前に告知した上で、送...

回答日 2015年08月27日 16:20

以下の内容のメッセージを送信し、送信した画面をキャプチャして保存しておくのがよいでしょう。 ・送った画像のとおり、相談者様宛の振込みはなされていない ・3日以内に、振込みを行うか、振込みを行った証...

回答日 2015年08月26日 17:15
この回答がある質問
通信販売・オークション

・裁判例上、浪費は離婚事由として認められています。 ・婚姻関係の破綻の原因を作り出したのはご主人の浪費ですので、慰謝料は認められる可能性が高いと考えます。 ・養育費は、有責性と無関係に、親権者に対し...

回答日 2015年08月26日 16:46
この回答がある質問
離婚・男女問題

守秘義務との関係であまりお勧めできるものではないのですが、過去の依頼者の相手方が同じ弁護士に依頼することは、その「過去の事件」が終了しているのであれば、弁護士法や弁護士職務基本規程(弁護士倫理のよう...

回答日 2015年08月26日 16:36

相手が口座番号を間違えているなど、悪意なく行き違いが生じている可能性もあります。まず、入金したというのであれば、入金の証拠のコピー(スキャン、写真等)をメール等で送ってもらってはいかがでしょうか。 ...

回答日 2015年08月26日 16:29
この回答がある質問
通信販売・オークション

PL法は、確かに「財産」に損害が生じた場合に輸入者の責任追及も可能とする文言になっていますが、実際には、生命、身体に何の損害も出ていない場合には、PL法を使うことは難しいです。 輸入業者から購入し...

回答日 2015年08月26日 15:16
この回答がある質問
消費者被害

免許証は自主的に返納するしかないので、ご説得を続けていただく必要がございますが、返納により様々なメリットを享受できるようです。 http://www.keishicho.metro.tokyo.jp...

回答日 2015年08月26日 14:52
この回答がある質問
交通違反

残念ながら、クレジット会社には加盟店の契約履行を保証する義務を負っていないと考えられます(念のため、クレジット会社の約款等をご確認ください)。 与信を保ったまま決裁を回避するには、エステ会社との契約...

回答日 2015年08月26日 14:25
この回答がある質問
消費者被害

破産申立ての直前ですと、支払い不能ないし支払停止の状態にあると思われます。 その状態で弁済を行うと、それは偏頗弁済(一部の債権者にだけ弁済すること)に該当します。 偏頗弁済を行っていると、免責を受け...

回答日 2015年08月14日 13:55
この回答がある質問
自己破産

故意にリンクを貼っていれば、おっしゃるとおり幇助罪に該当します。この点については裁判例もあります。 他方、検索エンジンについては、クローリングなどにより自動的に、つまり故意ではなくリンクが作成されて...

回答日 2015年08月14日 13:41
この回答がある質問
児童ポルノ・わいせつ物頒布等

3年以上前から、その男性の住所はご存じでしたか。 もしそうであれば、原則として、不法行為の時効(端的に申しますと、加害者の氏名・住所を認識してから3年間)にかかり、裁判をしても請求が認められない可能...

回答日 2015年08月14日 10:32
この回答がある質問
詐欺

一点目については、就職を予見できてもその時点での収入で算定するに過ぎず、実際に就職すれば事情変更が認められる可能性は十分にあります。 二点目については、おっしゃるとおりです。 三点目については、...

回答日 2015年07月22日 12:15
この回答がある質問
遺産分割審判

AB双方の要件を満たす必要があるというご理解でよいと存じます。

回答日 2015年07月22日 12:09

弁護士には証言拒否権がありますので(刑事訴訟法149条本文)、秘密保持義務(弁護士法23条)は解除されず、秘密漏示罪の違法性が阻却される「正当な事由」(刑法134条)がある場合にも該当しません。 そ...

回答日 2015年07月17日 16:42
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

相続を放棄しますと、初めから相続人とならなかったものとみなされますので(民法939条)、一部の資産だけを相続するということは、残念ながらできません。

回答日 2015年07月17日 16:31
この回答がある質問
財産処分・管理

悪意の遺棄を理由とするのですから、奥さんの方が有責配偶者となり、奥さんが慰謝料を支払うことになるでしょう。 ただし、財産分与は有責性と無関係ですので、お兄様に、婚姻後築いた資産が相応にあれば、それは...

回答日 2015年07月17日 16:29

同居義務(民法752条)を正当な理由なく履行していないのですから、悪意の遺棄を理由に離婚請求の調停・訴訟をすることが考えられます。ただ、お兄様がまともに会話もできないとなると、その程度にもよりますが...

回答日 2015年07月17日 14:56

ご記載の情報のみをもとに回答申し上げます。 (1)お子様に異常行動があるとのことですので、一般論としては、一刻も早くしかるべき病院への入院等の措置が必要となります。これをこれを放置しておくと、その...

回答日 2015年07月17日 14:34

投稿の内容が本当に名誉毀損に該当するという前提で回答いたします。 (1)2ちゃんねるに対して、IPアドレスの開示請求 (2)開示されたIPアドレスから、whoisサービスで、そのIPアドレスを管理...

回答日 2015年07月17日 14:14
この回答がある質問
インターネット

定職に就いた経験があり、すぐ職に就くことができると思われる場合: 「賃金センサス」という、様々な分野の労働者の賃金を、男女別、年齢別、地域別等で計算した統計情報があるのですが、基本的にはそこに記載さ...

回答日 2015年07月17日 14:00
この回答がある質問
遺産分割審判

具体的事情の総合判断によるので、確定的なことは申せません。その意味で、具体的事情や金額を明確にして弁護士と面談されることをお勧めいたします。 ただ、私の経験としては、義務者の立場で、収入が1700万...

回答日 2015年07月17日 12:26
この回答がある質問
遺産分割審判

まず、まだ離婚していないのですから、婚姻費用分担請求を行いましょう。双方の収入にもよりますが、ある程度のお金は月々入って来るようになりますし、裁判所の審判を無視して夫が支払いをしなければ強制執行とし...

回答日 2015年07月15日 17:18
この回答がある質問
不倫慰謝料

判決主文に、支払期限が書かれていないことを前提に回答いたします。 一審に勝訴しても、控訴されると、控訴審が決着するまでは支払わなくてよくなります。 ただし、主文に仮執行宣言というものが付されてい...

回答日 2015年07月15日 17:03

通常の営利事業者が取り扱う個人情報の問題は、消費者庁の所管ですので、消費者庁に相談されるとよいかと存じます。 納品書をそのまま業者に送ってしまうと証拠が手元からなくなってしまうので、コピーをとった上...

回答日 2015年07月15日 16:07
この回答がある質問
通信販売・オークション

・『今後の法改正で~』というお話ですが、法の不遡及は適用されないのでしょうか? 遡及しません。ご注意くださいと記載したのは、法改正により今後違法となる可能性があるため、今後同様の行為をする際には...

回答日 2015年07月14日 12:54

その画像が児童ポルノに該当しないことを前提に回答致します。 1:保存した画像が違法アップロードの場合 ご質問の点は、ネット上の画像の保存は原則として私的利用目的の複製(著作権法30条1項柱書)...

回答日 2015年07月13日 12:55

双方申請として受け入れられます。 どちらが主尋問を行うかは、どちらサイドの証人かという観点から決めることが多いと思われます。 尋問時間については、一方だけが長いということはなく、双方申請の場合には、...

回答日 2015年07月06日 12:40
この回答がある質問
通常訴訟

ホットラインセンターへの通報がそれほど多くはないのではないでしょうか。 さすがに理由までは分かりかねますので、ホットラインセンターに確認されるのがよいかと存じます。

回答日 2015年07月02日 11:35

1 - 30 件を表示/全 129 件

現在営業中 09:30 - 20:00

弁護士法人法律事務所オーセンスへ面談予約

電話番号 050-5223-3895

※弁護士法人法律事務所オーセンスでは、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで面談予約

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 20:00
定休日
土,日,祝

対応地域

事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談