現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
酒井 広志弁護士

現在営業中 09:30 - 20:00

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名40 件/匿名:1件

正規品と表示しているのに非正規品であり、それを購入して財産上の損害を被ったのであれば、詐欺罪に該当します。

回答日 2015年08月27日 16:24
この回答がある質問
詐欺

賭博場開張等図利罪の法定刑は3月以上5年以下の懲役ですが、行為態様(どの程度の期間、胴元をしていたか、参加人数・規模)、得た利益、前科の有無等により大きく変わりますので、何とも申せません。初犯であれ...

回答日 2015年08月27日 16:10
この回答がある質問
起訴・刑事裁判

・裁判例上、浪費は離婚事由として認められています。 ・婚姻関係の破綻の原因を作り出したのはご主人の浪費ですので、慰謝料は認められる可能性が高いと考えます。 ・養育費は、有責性と無関係に、親権者に対し...

回答日 2015年08月26日 16:46
この回答がある質問
離婚・男女問題

相手が口座番号を間違えているなど、悪意なく行き違いが生じている可能性もあります。まず、入金したというのであれば、入金の証拠のコピー(スキャン、写真等)をメール等で送ってもらってはいかがでしょうか。 ...

回答日 2015年08月26日 16:29
この回答がある質問
通信販売・オークション

PL法は、確かに「財産」に損害が生じた場合に輸入者の責任追及も可能とする文言になっていますが、実際には、生命、身体に何の損害も出ていない場合には、PL法を使うことは難しいです。 輸入業者から購入し...

回答日 2015年08月26日 15:16
この回答がある質問
消費者被害

残念ながら、クレジット会社には加盟店の契約履行を保証する義務を負っていないと考えられます(念のため、クレジット会社の約款等をご確認ください)。 与信を保ったまま決裁を回避するには、エステ会社との契約...

回答日 2015年08月26日 14:25
この回答がある質問
消費者被害

一点目については、就職を予見できてもその時点での収入で算定するに過ぎず、実際に就職すれば事情変更が認められる可能性は十分にあります。 二点目については、おっしゃるとおりです。 三点目については、...

回答日 2015年07月22日 12:15
この回答がある質問
遺産分割審判

AB双方の要件を満たす必要があるというご理解でよいと存じます。

回答日 2015年07月22日 12:09

弁護士には証言拒否権がありますので(刑事訴訟法149条本文)、秘密保持義務(弁護士法23条)は解除されず、秘密漏示罪の違法性が阻却される「正当な事由」(刑法134条)がある場合にも該当しません。 そ...

回答日 2015年07月17日 16:42
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

公正証書までは必要ありませんが、契約書にはしておいた方がよいでしょう。 その際、「相談者様の所有物を勝手に質入れしたという所有権侵害、すなわち不法行為に基づく損害賠償請求権を既存債権として、準消費貸...

回答日 2015年07月16日 14:41
この回答がある質問
利息・金利

通常の営利事業者が取り扱う個人情報の問題は、消費者庁の所管ですので、消費者庁に相談されるとよいかと存じます。 納品書をそのまま業者に送ってしまうと証拠が手元からなくなってしまうので、コピーをとった上...

回答日 2015年07月15日 16:07
この回答がある質問
通信販売・オークション

・『今後の法改正で~』というお話ですが、法の不遡及は適用されないのでしょうか? 遡及しません。ご注意くださいと記載したのは、法改正により今後違法となる可能性があるため、今後同様の行為をする際には...

回答日 2015年07月14日 12:54

契約書に、改築等の場合に契約の解除ないし不更新が可能という条項があるかどうかが問題となります。 また、仮にその条項があったとして、本件がそれに該当する場面であるか否かは、具体的なお話をうかがう必要が...

回答日 2015年07月10日 19:04
この回答がある質問
マンション

双方申請として受け入れられます。 どちらが主尋問を行うかは、どちらサイドの証人かという観点から決めることが多いと思われます。 尋問時間については、一方だけが長いということはなく、双方申請の場合には、...

回答日 2015年07月06日 12:40
この回答がある質問
通常訴訟

引っ越し費用も、データが消えたことによる損害賠償も、支払う必要はありません。 データについては、おっしゃるとおり証拠がないことが問題ですが、そもそも接続チェックの際にデータを消してしまえるような危険...

回答日 2015年06月29日 16:05
この回答がある質問
同棲

・破産法には該当する条文がありません。 ・個人情報保護法は、個人情報取扱事業者という、5000件以上の個人情報を自己の事業に利用している者に対してのみ適用されますが、おそらくその書込みを行った者は...

回答日 2015年06月29日 16:01
この回答がある質問
児童ポルノ・わいせつ物頒布等

「別れたいのですが別れようとすると家に電話して家族に全部ばらす(私は過去に風俗的なこと、リスカをしていました)、SNSに私の顔や住所を晒すと脅されました」 この部分は脅迫罪に該当する可能性が高いと...

回答日 2015年06月29日 15:35
この回答がある質問
モラハラ

この場合の「紹介」とは、自分は何も仕事をしないのに、単に紹介してもらったという一事のみでお金を払うということをいいます。 この場合、行政書士の方には目録作成という業務を依頼し、実際、その業務がなされ...

回答日 2015年06月29日 15:22
この回答がある質問
遺産分割調停

合意書の効力については冨宅先生ご指摘のとおりですので、「白紙に戻す」という作業は必要ありません。 合意書に基づかない、つまり相続放棄していないことを前提とする遺産分割を主張した場合に、他の者(合意書...

回答日 2015年06月26日 13:30
この回答がある質問
遺留分の放棄

「本人しか知らないこと」では、残念ながら書込み者の特定はできません。 コミュニティサイトに、当該書込みが名誉毀損に該当することを理由としてIPアドレスの開示請求を行い、IPアドレスからプロバイダを割...

回答日 2015年06月26日 11:32
この回答がある質問
インターネット

なぜ社会福祉事務所の方が年金を預かっているのか、社会福祉事務所の具体的対応など、不明な点があります。これによって、訴訟(損害賠償ではなく預け金返還請求訴訟になるかと存じます)の見込みも変わってきます...

回答日 2015年06月26日 11:19
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

漏えい防止策として、データの暗号化、パスワードを付けるなどの措置が必要かと存じます。 ご提示のシステムでは、担当者による漏えいを防ぐことができておりません。

回答日 2015年06月26日 11:12
この回答がある質問
インターネット

結論としては、「ISPの分」です。 発信者情報開示請求の当事者は、相談者様とISPです。第三者の損害賠償請求権を担保するということはありません。 仮処分は簡易迅速な手続で証拠も限られるため、結論を誤...

回答日 2015年06月26日 10:38

そういった理由の部分は省かれます。 仮処分に対して異議(保全異議)を申し立てた場合、その異議に対する判断には理由が詳細に記載されますが。 仮処分は迅速に出さなければならないので、理由の記...

回答日 2015年06月04日 15:00
この回答がある質問
騒音・振動

まず、前回相談者様がされたように肖像権侵害を理由に、(サークル運営者ではなく)SNS運営者に対して削除請求をするのは一つ挙げられます。 この他に、同じく肖像権侵害を理由に、当該サークルの運営者のI...

回答日 2015年06月04日 12:59
この回答がある質問
インターネット

個人情報保護法上、 ・本人から「書面で個人情報を取得する場合」には、 ・個人情報の「取得時」に、 ・「利用目的」を 相手に対して明示しなければならないとされています(保護法18条2項)。 ...

回答日 2015年06月03日 13:08
この回答がある質問
インターネット

その借金についても同様の可能性はありますね。 あくまで可能性ですが。 なお、その借金が相談者様の名義であれば、単に相談者様が財産分与請求をしなければいいだけなので、特に協議書作成の必要はないでし...

回答日 2015年05月19日 20:13
この回答がある質問
養育費

伝えても伝えなくても構いません。 ただ、証拠を提出する場合、その証拠の作成者(写真の場合は撮影者)を証拠説明書に記載する必要があります。 報告書や写真であれば、その作成者・撮影者は調査会社になる...

回答日 2015年05月19日 20:09
この回答がある質問
婚約破棄

軽犯罪法1条20号は、「公衆の目に触れるような場所で公衆にけん悪の情を催させるような仕方でしり、ももその他身体の一部をみだりに露出した者」と定めており、単に露出するだけでなく「公衆にけん悪の情を催さ...

回答日 2015年05月19日 19:52

・商標権登録できるか否かは、その商標と結びつけたい指定商品・指定役務について、すでに同一・類似の商標が登録されていないかがまず問題となりますので、商標(案)を拝見しないことには何とも申せません。その...

回答日 2015年05月19日 13:27
この回答がある質問
商標権・商号

1 - 30 件を表示/全 40 件

現在営業中 09:30 - 20:00

弁護士法人法律事務所オーセンスへ面談予約

電話番号 050-5223-3895

※弁護士法人法律事務所オーセンスでは、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで面談予約

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 20:00
定休日
土,日,祝

対応地域

事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談