お気に入りに追加
好川 久治弁護士

( よしかわ ひさじ ) 好川 久治

ヒューマンネットワーク中村総合法律事務所

現在営業中 10:10 - 18:00

みんなの法律相談回答一覧

おっしゃる通りけん制という意味あいがあるのは事実でしょう。実務的には無催告解除の最低限の要件を定めたもので、このほかに信頼関係を破壊する十分な事情があれば、契約で定めた要件にしたがって無催告解除の効...

回答日 2022年05月05日 22:19
この回答がある質問
契約の解除

契約書の有無を問わず、賃料債権を差し押さえることは可能です。

回答日 2022年05月04日 21:59
この回答がある質問
借金

担保は貸金が返済されない場合に備えて設定するものです。期限が到来しない場合に債務者の意に反して担保権を実行されることはありません。

回答日 2022年05月04日 20:42
この回答がある質問
借金

遺産分割協議ではなく、受遺者が遺贈を放棄したり、遺言者より先に亡くなって遺贈が無効となったりすると、遺贈がなかったことになりますので兄が相続することになります。兄に相続させたくないなら、遺贈が無効に...

回答日 2022年04月27日 16:56

10日程度遅れるとはいえ、払ってきていますので、契約を解除することは難しいです。特に昨今のコロナの影響で裁判所は店舗経営者に配慮する傾向にあります。また、店舗ですと賃借人の投資額もそれなりにあるでし...

回答日 2022年04月26日 18:46

【質問1】 業務にも支障がでることから早急に返還してもらいたいのですが、何か有効な手立てはありませんでしょうか。 ⇒持分の払い戻しはされたという理解でよろしいでしょうか。そうであれば、物...

回答日 2022年04月26日 18:25
この回答がある質問
企業法務

増額請求を受けた場合は、借地人のほうでこれが相当だと思う金額を支払っていれば違約にはなりません。ただ、将来裁判で増額が認められた場合には、差額家賃について10%の遅延損害金を支払う必要があります。も...

回答日 2022年04月24日 11:25
この回答がある質問
賃料

自宅に送ることができない理由が必要です。これがないのに会社に送るのは、相手に心理的圧力をかけることが目的でしょうから、法的には望ましくありません。会社に送らざるをえない場合でも本人受取限定郵便で送付...

回答日 2022年04月21日 17:12
この回答がある質問
別居

【質問1】 申立前に廃業届を提出したほうがいいですか?家賃収入があるので廃業届は出せませんか? ⇒収益物件がある場合、破産後に管財人が収益物件として売却する可能性がありますので、破産後に方針...

回答日 2022年04月21日 14:40
この回答がある質問
自己破産

接道義務の例外として、建築計画の際、安全面で問題となるかどうかを個別の審査で判断していく制度です。住宅地でも道路が整然と整備されておらず、農道や通路はあるけれども道路への接道がないため建築ができない...

回答日 2022年04月15日 11:27

既婚者との交際自体が法的に保護される関係ではありませんので、相手との関係で、一方的に身体的、精神的自由、特に貞操権を侵害されたという具体的事実を主張立証して、慰謝料を請求するという形で一定の解決金を...

回答日 2022年04月14日 19:03
この回答がある質問
離婚・男女問題

親が子に対して負担すべきであった扶養料を立て替えたことにより発生した求償ということです。

回答日 2022年01月17日 12:45
この回答がある質問
養育費

>1)家族カードを利用するのは問題ないでしょうか。出張で使った分については担当弁護士に家計簿と共に利用について連絡済ではあります。 →家族カードは家族の信用に基づき利用を認められるものですが、...

回答日 2022年01月16日 14:33

契約書には何と書かれているのでしょうか。 例えば、退去時には立ち合いをして双方で原状回復の確認をした後でなければ明渡しが完了しない、つまり占有は未だ賃借人にある、というような記載があると、形式的に...

回答日 2020年07月14日 19:21

生命保険金は非課税部分を控除した金額が課税対象財産になりますので、相続税の申告が必要となる事案の場合、いずれわかってしまいます。また、相続人であれば預金の履歴を調査でき、生命保険料の引き落としがあれ...

回答日 2020年07月14日 19:10

法定相続人は妻と二人の子で、それぞれ2分の1、各4分の1ずつ相続する権利があります。不動産については妻かお子さんのいずれかに相続させる旨の遺言を残しておけば前妻との子に不動産を渡す必要はなくなります...

回答日 2020年07月10日 18:57

> 資格手当が支給される従業員に対して、その資格の有効期限が切れた後も資格手当を払い続けていましたので給与と相殺して返還を求めようと思っています。 ⇒過誤払いの場合であっても相手の生活に...

回答日 2020年07月09日 19:11

保険会社に対する保険金請求者と、相続税の申告において保険金受取人を誰とみて申告するかは別問題だと考えてください。保険会社との関係では、保険会社が遺言による保険金受取人の変更手続を承諾するか、甥から保...

回答日 2020年07月08日 17:41

随分長い間内縁関係にあったようですので、相続権はないにせよ、居住を許諾されてきた利益は保護されるというのが先例ですので、法律上当然に出ていくように要求することは難しい事案です。家賃を支払え、というの...

回答日 2020年07月08日 11:30

信用情報機関にデータ削除の要件を確認し、それに応じた内容の請求を立てて裁判や調停を申し立てることが考えられます。債務不存在確認の裁判で勝訴判決を取るだけでよいのか、今は債務不存在でも過去に借りていた...

回答日 2020年07月05日 20:11

裁判は本人でも対応できますが、弁護士を就ければ着手金、実費・日当、報酬金が発生しますので、それなりに費用がかかります。もちろん、弁護士に任せきりというわけにもいきませんので、時間と手間もかかります。

回答日 2020年07月05日 19:55
この回答がある質問
不倫慰謝料

> 乙は「相殺するから、要らない」と言って受領拒否した。 ⇒乙が相殺の意思表示をしたと言えるなら、貸金債権はその範囲で消滅しますので、貸金債権は存在しません。供託は無効ですから返還を要求...

回答日 2020年06月21日 20:46

> 相手から訴状が届いたのですが、答弁書は原告側からの主張に対して認、否認していくだけのものなのでしょうか?例えばこちらからも、こういうエピソードがある、とか主張してもいいものなのでしょうか?...

回答日 2020年06月19日 18:34

特に制限はありません。収入と支出のバランスが取れなかったがゆえに破産になったわけですから、収支均衡で生活していくことを心掛ける必要があります。今回のケースは補償金が出たわけですし、生活に必要なもので...

回答日 2020年06月19日 18:27
この回答がある質問
自己破産

携帯電話の割賦債権を他の債権者に優先して支払うことはできませんので破産債権として届け出る必要があります。通話料については日々発生し精算されて消えていく性質のもので生活に必要な費用ですので、破産債権と...

回答日 2020年06月16日 19:33

不動産を売却しない場合は、時価と別居時点のローン残高をもとに分与額を計算しますので、それとの比較からすると、別居以降にローン残高が減った分(ローン元金部分)は夫婦の協力なくローン支払者の特有財産と考...

回答日 2020年06月16日 19:22

4本の請負契約が成立したとみて、うちキャンセルとなった2本については注文者側の責任で契約が解除されたとみて6×2本から諸費用を控除した利益分を対価として請求するか(民法536条2項)、注文者からの任...

回答日 2020年06月15日 22:25
この回答がある質問
労働

お書きの内容だけでは判断はできません。 正社員ですから週5日ないし6日勤務だと思いますが、仮に週3日なら5日付与になります。そうでなくても、10日のうち5日は会社側が時季を指定して付与しなければな...

回答日 2020年06月14日 23:03

強制というのは相手に対して違法な方法で回収をして損害を与えた、ということでしょうか。回収行為も許される限度というものがありますので、生活の平穏や名誉や身体や財産など法的に保護される利益を侵害する態様...

回答日 2020年06月12日 18:04
この回答がある質問
債権回収

> 1・個人再生前の臨時収入で株の購入やこのような貯金等するのは許されず、臨時収入は全て返済に当てた方が良いのか。個人再生前の資産運用等は控えるべきか? ⇒個人再生をするのに株をしてはい...

回答日 2020年06月12日 18:00
この回答がある質問
個人再生

1 - 30 件を表示/全 6,544 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50
現在営業中 10:10 - 18:00

好川 久治弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5861-8889
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日08:30 - 20:00
  • 土曜10:10 - 18:00
定休日
日,祝
備考
【電話相談】3〜5分の簡単なヒアリングを想定しております。
※弁護士の状況によっては対応できない場合もございます。
【オンライン面談】
詳細はお問い合わせ下さい。
【24時間メール予約受付中】
【電話受付 平日 9:00〜19:00】
※時間外対応相談可
※お電話がつながらない場合はメールでお問い合わせください。
(弁護士の状況に応じて、平日の営業時間内に折り返しいたします。)
設備
完全個室で相談