お気に入りに追加
好川 久治弁護士

( よしかわ ひさじ ) 好川 久治

ヒューマンネットワーク中村総合法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

【質問1】 この場合、新たに契約書を作り、借地人に契約の更新を要求することに問題はありません? →最終的に契約書を作成することは双方にとってよいことですが、増額を考えておられるなら増額後の地...

回答日 2022年08月23日 18:49

おっしゃる通りけん制という意味あいがあるのは事実でしょう。実務的には無催告解除の最低限の要件を定めたもので、このほかに信頼関係を破壊する十分な事情があれば、契約で定めた要件にしたがって無催告解除の効...

回答日 2022年05月05日 22:19
この回答がある質問
契約の解除

【質問1】 上記の考え方であれば、賃貸借契約に賃料を1か月以上滞納した場合催告なしで解除できるという文言があっても、解除に至ることは難しいということでしょうか? ⇒期間のみで信頼関係破壊を基...

回答日 2022年05月05日 10:05
この回答がある質問
契約の解除

契約書の有無を問わず、賃料債権を差し押さえることは可能です。

回答日 2022年05月04日 21:59
この回答がある質問
借金

主債務者の倒産理由が破産の場合、主債務者の時効を援用できる場合とできない場合があります。事実上の倒産の場合は、援用は可能です。主債務の時効の進行とは別に、保証債務固有の時効は進行しますので、裁判を起...

回答日 2022年05月04日 20:53

担保は貸金が返済されない場合に備えて設定するものです。期限が到来しない場合に債務者の意に反して担保権を実行されることはありません。

回答日 2022年05月04日 20:42
この回答がある質問
借金

【質問1】 通常相続放棄の手続きは死亡を知った日から3ヶ月以内ではないのでしょうか?これほど時間が経過した後でも、相続放棄の手続きが出来、認められるものなのでしょうか? ⇒相続放棄の申述は、...

回答日 2022年04月27日 17:07

遺産分割協議ではなく、受遺者が遺贈を放棄したり、遺言者より先に亡くなって遺贈が無効となったりすると、遺贈がなかったことになりますので兄が相続することになります。兄に相続させたくないなら、遺贈が無効に...

回答日 2022年04月27日 16:56

10日程度遅れるとはいえ、払ってきていますので、契約を解除することは難しいです。特に昨今のコロナの影響で裁判所は店舗経営者に配慮する傾向にあります。また、店舗ですと賃借人の投資額もそれなりにあるでし...

回答日 2022年04月26日 18:46

ご質問の趣旨とは離れますが、遠方で裁判を遂行する場合、準備手続に付してもらって電話会議による訴訟遂行ができる可能性がありますので、裁判所に確認してください。地方裁判所ではWeb会議を利用した書面によ...

回答日 2022年04月26日 18:34
この回答がある質問
通常訴訟

【質問1】 業務にも支障がでることから早急に返還してもらいたいのですが、何か有効な手立てはありませんでしょうか。 ⇒持分の払い戻しはされたという理解でよろしいでしょうか。そうであれば、物...

回答日 2022年04月26日 18:25
この回答がある質問
企業法務

増額請求を受けた場合は、借地人のほうでこれが相当だと思う金額を支払っていれば違約にはなりません。ただ、将来裁判で増額が認められた場合には、差額家賃について10%の遅延損害金を支払う必要があります。も...

回答日 2022年04月24日 11:25
この回答がある質問
賃料

請求の意思が明確であれば審判で認められる可能性はありますが、有責配偶者ですのでお子さんの養育費相当額の範囲でしか認められない可能性があります。

回答日 2022年04月21日 17:16

自宅に送ることができない理由が必要です。これがないのに会社に送るのは、相手に心理的圧力をかけることが目的でしょうから、法的には望ましくありません。会社に送らざるをえない場合でも本人受取限定郵便で送付...

回答日 2022年04月21日 17:12
この回答がある質問
別居

【質問1】 申立前に廃業届を提出したほうがいいですか?家賃収入があるので廃業届は出せませんか? ⇒収益物件がある場合、破産後に管財人が収益物件として売却する可能性がありますので、破産後に方針...

回答日 2022年04月21日 14:40
この回答がある質問
自己破産

不貞行為がなくても、きっかけで関係が悪くなったことを理由に慰謝料を認めた先例はありますが、その件以外で認められた事例は記憶にありませんので、一般化することはできません。

回答日 2022年04月21日 12:58
この回答がある質問
別居

【質問1】 裁判を経て固定資産税の4倍で和解したものを2年程度で再度値上げできるのでしょうか。 ⇒前回の和解時が直近合意となり、そこからの事情変更に応じて増額請求をすることは可能です。鑑定士...

回答日 2022年04月21日 12:56
この回答がある質問
賃料

内容次第です。妻が住宅ローンを支払わなくなり、やむをえず立て替えをしなければならない場合に備え、妻の住宅ローンの支払義務の確認と立て替えた場合の求償債務の負担について合意し、その求償債務について、義...

回答日 2022年04月21日 12:51
この回答がある質問
公正証書

契約書は、当事者の法律関係を証明するための証拠書類です。契約書を紛失して困るのは、自ら契約に基づいて請求をする当事者になります。今回は相談者が請求する側ですから、会社が不利になることはありません。一...

回答日 2022年04月15日 13:08
この回答がある質問
労働条件

接道義務の例外として、建築計画の際、安全面で問題となるかどうかを個別の審査で判断していく制度です。住宅地でも道路が整然と整備されておらず、農道や通路はあるけれども道路への接道がないため建築ができない...

回答日 2022年04月15日 11:27

既婚者との交際自体が法的に保護される関係ではありませんので、相手との関係で、一方的に身体的、精神的自由、特に貞操権を侵害されたという具体的事実を主張立証して、慰謝料を請求するという形で一定の解決金を...

回答日 2022年04月14日 19:03
この回答がある質問
離婚・男女問題

相手の陳述書の内容に対する意見ということですから、準備書面で提出すればよいと思います。反証できる客観的データがあれば証拠を提出して、反論の準備書面で証拠を引用することになるでしょう。

回答日 2022年04月14日 18:40
この回答がある質問
交通事故裁判

特約条項の「譲渡ができる。」というのは賃借権譲渡ができるということです。購入を考えておられるなら、所有者から購入する必要があります。その際、条件付賃借権設定仮登記のリスクをどう考えるかです。一般的に...

回答日 2022年04月14日 16:50
この回答がある質問
不動産・建築

【質問1】 ⇒期日の1週間前までには申立書に対する答弁書を提出したほうがよいと思います。立証責任は申立人にありますので、事実に反することは否認と理由、知らないことは不知、認めることは認める、と認否...

回答日 2022年04月13日 18:50

特約がなくとも、土地の価格設定に影響を与えるほどの埋設物が存在したとすれば土地の瑕疵があったと言ってよいと思いますので、事前に売り主から何らの説明もなく、埋設物の存在をうかがわせる事情がなかったとす...

回答日 2022年04月13日 18:42
この回答がある質問
契約不適合責任(瑕疵担保責任)

子供とはいえ、負債の状況も、資産収入状況もわからず、当事者であるお父様の意思を確認せずに推測で動くのは望ましくありません。今後のこともありますので、親族として成年後見を申し立てることを優先すべきです...

回答日 2022年04月13日 18:30
この回答がある質問
債権回収

株式会社である前提ですが、廃業して支払能力がなくなり、しかも債務超過であるならなおさら債権者のためにも破産を申し立て会社を清算する必要があります。保証人として直接責任を負うことはありませんが、放置す...

回答日 2022年04月13日 18:15
この回答がある質問
債権回収

閉鎖となると財産が散逸して法人の財産を探索特定することが難しくなりますので、執行は難しくなるかもしれません。ただ、タイミングによっては地位確認が認められ、整理解雇後の給与債権の存在が認められれば、未...

回答日 2022年04月08日 16:58
この回答がある質問
解雇

親が子に対して負担すべきであった扶養料を立て替えたことにより発生した求償ということです。

回答日 2022年01月17日 12:45
この回答がある質問
養育費

>1)家族カードを利用するのは問題ないでしょうか。出張で使った分については担当弁護士に家計簿と共に利用について連絡済ではあります。 →家族カードは家族の信用に基づき利用を認められるものですが、...

回答日 2022年01月16日 14:33

1 - 30 件を表示/全 26,553 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

好川 久治弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5861-8889
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日08:30 - 20:00
  • 土曜10:10 - 18:00
定休日
日,祝
備考
【電話相談】3〜5分の簡単なヒアリングを想定しております。
※弁護士の状況によっては対応できない場合もございます。
【オンライン面談】
詳細はお問い合わせ下さい。
【24時間メール予約受付中】
【電話受付 平日 9:00〜19:00】
※時間外対応相談可
※お電話がつながらない場合はメールでお問い合わせください。
(弁護士の状況に応じて、平日の営業時間内に折り返しいたします。)
設備
完全個室で相談