お気に入りに追加
持田 秀樹弁護士

( もちだ ひでき ) 持田 秀樹

持田法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

パーソナルトレーニング契約を解約した場合に、代金を一切返金をしない旨の約束は、消費者契約法に違反し無効である可能性が大です。 費用対効果の問題はありますが、弁護士などに相談の上、内容証明郵便で...

回答日 2019年07月11日 08:35

ご質問の趣旨を誤解していたかもしれません。 郵送先は「東京地方裁判所民事訟廷事務室事件係」です。 訴状や証拠説明書に記載する宛名は、担当部係が決まる前は「東京地方裁判所 民事部 御中」又は「東京...

回答日 2019年07月10日 12:55

ご返事が遅くなりご免なさい。 > 1、生活保護のかたに相談するときに正直に、わたしは貯蓄や借金返したいからできれば母と別に暮らして生活保護は母だけでも平気かなど、正直に伝えても大丈夫です...

回答日 2019年06月29日 16:05
この回答がある質問
信用情報

> 何も波風立てずに辞めるにはもう期限を待つしかないですか?? うーん、これは、難しいご質問です。 例えば、ご自身の病気や、ご家族の介護を理由に退職する場合も「やむを得ない事由」が...

回答日 2019年06月25日 21:50
この回答がある質問
契約社員

専門的な機関というと、弁護士に依頼して合意書を作成するとか、公証役場で公正証書にするということでしょうか。 そのようにしてきちんとした書類を作成すれば、より確実と言うことはいえるでしょうが、当...

回答日 2019年06月25日 07:13

貴方とそのご友人の元夫が、不貞の関係に至る前に、貴方がそのご友人に相談をし、そのご友人が、「すでに夫婦関係は破綻している」と述べていたのであれば、慰謝料の支払い義務はありません。 メールにその...

回答日 2019年06月24日 22:19
この回答がある質問
不倫慰謝料

被害者が被害届を出すというのであれば、警察に被害届を出すということでしょう。暴行又は傷害での被害届でしょうから、刑事事件として会社の責任が問われることはありません。 しかし、被害者が、民事上の...

回答日 2019年06月23日 17:53
この回答がある質問
労働

慰謝料は、原則として非課税ですが、婚姻期間に比して慰謝料が高額に過ぎると判断されるような場合は、課税されることもあります。 養育費については、通常必要な費用で、必要な都度、直接生活費等に充てる...

回答日 2019年06月23日 17:44
この回答がある質問
養育費

最高裁の発表によると、平成30年の医療関係訴訟の平均審理期間は23.5か月(速報値)だそうです。

回答日 2019年06月23日 17:18
この回答がある質問
医療

> 1.費用について最初におおよそでも説明する義務などはないのでしょうか?     あります。   弁護士会の規則で、受任する際には、弁護士費用について説明することと原則として弁護士費用...

回答日 2019年06月23日 17:08
この回答がある質問
消費者被害

業務命令で自宅待機しているわけですから、自宅待機期間中に従業員の意思によらずに有休を消化するのは、違法です。 なお、有給休暇としない場合、自宅待機期間中に給料が支払われるかどうかは別問題です。...

回答日 2019年06月23日 16:58
この回答がある質問
自宅待機命令

理屈としてはその通りです。 「理屈としては」というのは、会社側で「退職後に懲戒事由が見つかったが、在職時に遡って懲戒できる」と誤解している場合は、事実上、給料や退職金を減給されたり不支給になる...

回答日 2019年06月22日 16:33

> 1 アプリでこの相談を投稿している履歴や家庭環境により体調を崩している診断書は証拠になりますか? 離婚原因となった暴言などを第三者に相談し、その記録が残っているのであれば、一...

回答日 2019年06月22日 14:24
この回答がある質問
離婚・男女問題

破産管財人が選任されている場合、破産者の不動産は、破産管財人が当該不動産を放棄するか、破産管財人と売買契約と締結するなどしなければ、登記の移転はできません。 破産管財人が不動産を放棄するのは、...

回答日 2019年06月22日 14:16
この回答がある質問
自己破産

> ・男性は女性(母親)死亡後でも子の認知はできるのか。  子の出生後は、認知届出は、父親が単独でできます。ただし、子が成年に達した後は、子の承諾が必要です。 > ・子は...

回答日 2019年06月22日 14:03

差押が適法に行われた場合は、給料の差押を取り下げてもらうには、別途債務の全額を支払うか、債権者と協議して、分割払いの約束をするととも差押を取り下げる約束をする他ないでしょう。 一方、債務が存在...

回答日 2019年06月22日 13:38
この回答がある質問
差し押さえ

① 期日内に再生計画案を提出していれば、認可されたという事情があれば、弁護士としての委任契約上の義務を怠って、そのために再生手続が廃止され、依頼者に損害を与えているわけですから、お書きになっている...

回答日 2019年06月19日 13:28
この回答がある質問
個人再生

試用期間中入社後14日以内の解雇の場合は、解雇予告手当は支払われませんが、ご相談のケースでは、14日を経過していますので、試用期間中であるかどうかを問わず、解雇予告手当は請求できます。 会社か...

回答日 2019年06月17日 20:55

会社設立のための定款認証の際、会社の実質的支配者の暴力団員等該当性について申告書の提出が求められており、実質的支配者が暴力団員である場合は、定款が認証されないことになっています。しかし、虚偽の申告が...

回答日 2019年06月17日 19:16

すみません、2つめの質問を見落としてました。 > 今後倒産などした場合は > A社が相手なら問題なく請求できるのでしょうか? B社が倒産した場合、残業代をA社に請求するのは...

回答日 2019年06月17日 18:24
この回答がある質問
労働裁判

婚姻費用は、権利者(婚姻費用をもらう側)が請求した時点に遡って支払義務が生じますが、その時点以後に義務者(婚姻費用を支払う側)が支払った分は、特段の事情のない限り、支払済みとして控除されます。 ...

回答日 2019年06月17日 17:01

連れ子さんと養子縁組をした時期によって変わります。 連れ子さんの子が、ご相談者と連れ子さんが養子縁組をする前に生まれたのであれば、代襲相続ができません。 これに対して、養子縁組後に生まれ...

回答日 2019年06月16日 12:04

1 保険金の額や会社も損害賠償義務を負う可能性があるかによって変わってくると思いますが、労災給付は、休業補償が給料(給付基礎日額)の8割で、慰謝料は給付がありませんので、例えば、労災の給付でまかなえ...

回答日 2019年06月16日 08:22
この回答がある質問
労災

それまで社会保険に加入していた方が、退職、離婚などの理由で国民健康保険、国民年金に加入する際には「社会保険資格喪失証明書」を求められます。 会社に、資格喪失証明書の交付を求めてください。

回答日 2019年06月16日 07:27
この回答がある質問
インターネット

① 契約時、脅迫等がなく、相手本人が支払いを約束した旨の録音があれば、無効になる可能性はまずないでしょう。 ② 判決になれば、減額される可能性は少ないと思います。しかし、判決書は、いうなれば「空証...

回答日 2019年06月14日 00:19
この回答がある質問
離婚・男女問題

自宅に設置して使用中のエアコンは、現実問題として換価(売却)できないと思いますし、売却できてもせいぜい数千円程度ではないでしょうか。 破産手続において、エアコンの売却を求められることは、まずな...

回答日 2019年06月13日 22:32

長期にわたり組合費を滞納し、消滅時効が完成して、滞納した組合費を請求できなくなったような場合は、「自己若しくは第三者の利益を図り、その任務に背いた」として、理屈の上では、背任罪が成立すると思います。...

回答日 2019年06月13日 22:16

そのような労働法規違反が繰り返されている場合は、「やむを得ない事由」(民法628条)があるものとして、即時解除が可能と考えます。 しかし、会社側で通常は労働法規を遵守しているのに、突発的な出来...

回答日 2019年06月13日 22:11
この回答がある質問
36協定

健康保険法上、「被扶養者」は、被保険者と一定の身分関係があり、「主としてその被保険者により生計を維持するもの」とされています。 「主としてその被保険者により生計を維持する」かどうかは、生計費を誰が...

回答日 2019年06月13日 22:00

採用直後の出勤率が50%というのは、異常に低いといわざるを得ませんが、解雇可能かどうかは、体調不良の原因や職種などにもよりますので、一概に決めることはできません。 まずは、産業医など医師の診察...

回答日 2019年06月13日 21:33
この回答がある質問
欠勤

1 - 30 件を表示/全 166 件

持田 秀樹弁護士へ問い合わせ

電話番号 03-6432-4861
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
※お電話での受付時間は平日9時30分〜18時です。
電話受付時間外はメールでの受付となります。
メールでお問合せの場合は2営業日までにご返信をいたします。