現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

大型連休期間は休業の法律事務所が多くなります。 ご検討中の方はお早めにお問い合わせください。

お気に入りに追加
瀬戸 仲男弁護士

( せと なかお ) 瀬戸 仲男

アルティ法律事務所

現在営業中 09:00 - 24:00

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名37 件/匿名:8件

御社の所在地はどこでしょうか? 所在地の弁護士会に法律相談センターがあるはずですので、相談に行ってみましょう。 あるいは、この弁護士ドットコムなどのWEBサイトで、弁護士情報(プロフィールな...

回答日 2012年05月18日 10:28
この回答がある質問
顧問弁護士

>調停で行った方がいいのか裁判で行った方がいいのか   ↓  上記の弁護士さんと同意見です。お金目当てに不当な訴訟を起こすような相手に対し、調停を起こしても話し合いにならないと思われます。強く、...

回答日 2012年04月15日 17:16
この回答がある質問
インターネット

相談者の方の案件は、簡易裁判所の事件ですね。 簡易裁判所の場合、「司法委員」という役職の人が裁判官の側にいて、原告と被告から話を聞いて、和解をまとめてくれます。 相談者の方も、初めから「負け...

回答日 2012年04月15日 17:05

一般論としては、上記の弁護士さんのおっしゃるとおりでしょうね。 ところで、相談内容は、大学時の友人の行為の違法性にかかわる微妙な内容です。このサイトのような半公開(他の登録者が閲覧可能)のサイ...

回答日 2012年03月31日 17:36
この回答がある質問
不動産・建築

既に納品済みの案件(請負代金発生済みの案件)に関しては、上記の弁護士さんの意見を参考に対処なされるとよろしいでしょう。 今後の対処方針について、老婆心ながら、助言します。 1)今回の相手...

回答日 2012年03月28日 18:18

相談者のおっしゃる「弁償」とは、損害賠償のことですね。 損害賠償請求するためには、相手方の故意または過失が必要です。 この事案で、相手方の故意は考えにくいですので、過失が問題になりそうですが、ど...

回答日 2012年03月20日 18:48
この回答がある質問
土地の境界線

ご両親の連絡先を答えなければならないような法的義務がないことは、上記の弁護士さんがお答えになったとおりです。 連絡先を教える義務が無いとしても、債権者が来ることが煩わしいですね。 債権者が、...

回答日 2012年02月11日 19:04
この回答がある質問
認知・親子関係

>このような場合、弊社は支払の義務を まぬがれることはできないものでしょうか?  ↓ この質問は、B社のC社に対する支払い義務の問題ということでいいですね? 法律上は、B社・C社間の問題は、...

回答日 2012年01月09日 17:36

上記の高橋和聖先生のご指摘通り、「答弁書」が内容空疎なものになることはあり得ます。 ただ、その理由が問題ですね。 単に「依頼されてから間が無く、十分な準備ができない。」ということ(不可抗力の...

回答日 2011年12月13日 15:11
この回答がある質問
調停

総務部さんのおっしゃる通り、ケースバイケースですし、被告代理人の弁護士の性格にもよりますので、一概には言えません。 仮に、被告代理人が専門用語等を使って、総務部さんがそれを理解しにくいときは、...

回答日 2011年12月09日 13:00
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

パックマンさんの質問、疑問(不安?)に回答します。 パックマンさんがこの投稿をしたということは、「どうしたらいいんだろぅ~?」と悩んだということですね。 そのような疑問・不安が生じた際に、何でも...

回答日 2011年11月10日 13:37
この回答がある質問
インターネット

弁護士の瀬戸です。 上記の回答に補足します。 御社の債権の性質が不明ですが、おそらく「商行為によって生じた債権」であろうと思われます。 そうであれば、商法516条が適用になり、「債権者の現...

回答日 2011年11月02日 14:12
この回答がある質問
企業法務

上記の先生方がご指摘の通り、損害賠償額の予定を定めておく方法が有効です。これは「額」に関する紛争防止策ですね。 違う視点として、「情報の管理」に関して、次のような規定を設けておく方法はいかがで...

回答日 2011年11月02日 12:57

商慣習あるいは社会慣習における判断ではなく、法律上の規則に基づく回答をいたしますので、ご了解ください。 まず、弁済の場所について、民法484条により「持参債務の原則」が規定されています。したが...

回答日 2011年11月02日 11:41
この回答がある質問
企業法務

相談者の方は「模倣」と仰っていますが、100パーセント真似をするのでしょうか。自分の会社に合わせてアレンジするのが良いと思います。 一言一句引き写すのではなくて、様々な表現を比べて、御社に合った表...

回答日 2011年10月31日 17:07
この回答がある質問
設立

1)法人(会社など)の場合は、登記簿の記載を変更しなければなりませんので、登記に必要な書類を用意しなければなりませんが、投稿者の方の場合は、自営業ということなので、登記の必要はありませんね。  取...

回答日 2013年03月29日 15:49
この回答がある質問
贈与税

公正証書の作成は、「公証人」という人が行います。 公証人がいるところは「公証役場」というところです。 なお、あなたの言っている公正証書は債務弁済の公正証書のようですので、相手方(債務者)にも...

回答日 2011年06月04日 18:42
この回答がある質問
契約・借用書

債務額が50万円ということですと、簡易裁判所ですね。 簡易裁判所では、「司法委員」という役職の人がいて、原告と被告との双方の話を聞いて、調整してくれます。 あなたの場合も、少しずつでも返済するこ...

回答日 2011年05月17日 12:37
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

添付するのは、「証拠」そのものではなくて、証拠の写し(コピー)です。 申し立ての時に、写しを提出することもありますし。あとから、裁判所に行った時に提出することもあります。

回答日 2011年05月11日 18:10
この回答がある質問
調停

相手方(元の彼女)が、郵送を拒絶する理由はどのようなことでしょうか?。 その理由が、「私は送らないわよ。あなたが自分で取りにくればいいじゃない。」ということであれば、特に問題は生じないと思われ...

回答日 2011年04月11日 12:06
この回答がある質問
同棲

相手方の家族が「名義変更およびその後の売却」を知ることがあるか、というご質問ですね。 これは、その家族が相手方の資産をどの程度把握しているか、という問題です。 代物弁済を行う不動産の存在を家族が...

回答日 2011年04月10日 22:47

1.慰謝料の額について、 慰謝料の額は、諸事情を踏まえて裁判官が決めますので、定価があるわけではありませんが、多くの場合、100〜200万円(±50万円)くらいだと思われます。 ただ、あなた...

回答日 2011年04月10日 16:13
この回答がある質問
不倫慰謝料

債務者が、「金銭ではなく物(本件では不動産)で返済したい。」ということのようですが、これは可能です。 このような方法を「代物弁済」といいます。 本件の不動産の所有者が、その債務者(父の友人)...

回答日 2011年04月10日 15:47

叔母様が意識が無い状態ですと、叔母様自身は銀行への支払い(弁済)ができませんね。 あなたが叔母様に代わって支払っても構いません。 弁済は第三者でもできますから。 キチンとした手続きを行...

回答日 2011年04月09日 22:38
この回答がある質問
家族の借金

裁判というのは、めったに経験することではないので、心配になるのはやむをえませんが、味方になる弁護士さんがついておられるとのことですから、その弁護士さんを信頼して乗り切りましょう。 裁判の雰囲気...

回答日 2011年04月09日 16:41
この回答がある質問
不倫慰謝料

相手方が、それなりの社会的地位にある(看板をしょっている)ようですので、裁判前の交渉で示談できるかもしれませんね。 探偵社がどこまで資産調査をできるのかは、まさに探偵社の実力・能力の問題ですの...

回答日 2011年04月09日 13:51
この回答がある質問
不倫慰謝料

私も清水先生と同意見です。 仮に、探偵費用を使うとしたら、不倫相手の人の資産調査をしてもらった方がいいのではないでしょうか?。

回答日 2011年04月09日 11:17
この回答がある質問
不倫慰謝料

可能です。 刑事事件と、民事事件は別の手続きですから、証拠さえ揃えれば、刑事事件が終了する前に、民事事件で訴えることは可能です。 但し、刑事事件で有罪が確定した後の方が、民事事件の主張、立証...

回答日 2011年04月09日 11:10
この回答がある質問
暴行

保証人になることはお勧めできません。保証人になったら、一家全員が破綻するおそれがありますので、避けたほうがよいと思います。 婿さんの件と、暴行・傷害を受けている件について、警察に行った方がいい...

回答日 2011年04月09日 10:32
この回答がある質問
暴行

原則として、相手方の住所地を管轄する裁判所です。 東京の裁判所になりますね。 但し、賠償義務を履行する土地(義務履行地)が管轄になることもあります。 大阪にしばらく居住するということならば...

回答日 2011年04月09日 09:43
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

1 - 30 件を表示/全 37 件

現在営業中 09:00 - 24:00

瀬戸 仲男弁護士へ問い合わせ

電話番号 03-5521-1589
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 24:00
  • 土日祝09:00 - 24:00
定休日
なし
備考
【電話受付】
原則は平日の10時から18時まで
※事前のご予約で夜間または土曜日の法律相談は可能です。
※弁護士の都合により、夜間帯にお電話ができない場合には営業日時間内に折り返し電話します。
メールフォームでのお問い合わせは24時間受け付けております。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談