現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

大型連休期間は休業の法律事務所が多くなります。 ご検討中の方はお早めにお問い合わせください。

お気に入りに追加
瀬戸 仲男弁護士

( せと なかお ) 瀬戸 仲男

アルティ法律事務所

現在営業中 09:00 - 24:00

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:93 件/匿名回答数:15件

元社長自身が借主であれば、請求可能です。 元社長が借主ではない場合(たとえば、会社が借主である場合)、元社長が保証人であれば請求可能です。 その他の場合は、詳しい事情をお聞きしなければ、...

回答日 2012年09月03日 14:56
この回答がある質問
借金

事実関係が明確ではありません。次の点を確認して再度投稿してみてはいかがでしょうか。 1)「会社自体を売却」ということですが、どのような法形式を採るのでしょうか。法人格を保ちつつ、経営者が交代す...

回答日 2012年08月17日 16:23

下請法についてのご相談ですが、具体的な内容が記載されておりませんね。 具体的にどのようなことでお困りなのか、記載して、再度、投稿してみましょう。

回答日 2012年06月12日 16:58
この回答がある質問
業務委託契約

一般論としては、契約書に記載されている内容が正しいことになりますので、契約書の記載と異なる取り扱いは不要です。 但し、投稿の内容が若干不明確ですが、「前に契約していた部署」が、相手方との間で、...

回答日 2012年05月28日 17:28
この回答がある質問
契約書

御社の所在地はどこでしょうか? 所在地の弁護士会に法律相談センターがあるはずですので、相談に行ってみましょう。 あるいは、この弁護士ドットコムなどのWEBサイトで、弁護士情報(プロフィールな...

回答日 2012年05月18日 10:28
この回答がある質問
顧問弁護士

>調停で行った方がいいのか裁判で行った方がいいのか   ↓  上記の弁護士さんと同意見です。お金目当てに不当な訴訟を起こすような相手に対し、調停を起こしても話し合いにならないと思われます。強く、...

回答日 2012年04月15日 17:16
この回答がある質問
インターネット

相談者の方の案件は、簡易裁判所の事件ですね。 簡易裁判所の場合、「司法委員」という役職の人が裁判官の側にいて、原告と被告から話を聞いて、和解をまとめてくれます。 相談者の方も、初めから「負け...

回答日 2012年04月15日 17:05

一般論としては、上記の弁護士さんのおっしゃるとおりでしょうね。 ところで、相談内容は、大学時の友人の行為の違法性にかかわる微妙な内容です。このサイトのような半公開(他の登録者が閲覧可能)のサイ...

回答日 2012年03月31日 17:36
この回答がある質問
不動産・建築

印紙貼付の要否以外の点で、若干助言します。 原本と写しを作成する場合、その写しの方に、原本保持者の割印(各ページ、各葉ごとに)を押印してもらいましょう。 これは、原本保持者から「その写しは不...

回答日 2012年03月31日 17:30
この回答がある質問
契約書

既に納品済みの案件(請負代金発生済みの案件)に関しては、上記の弁護士さんの意見を参考に対処なされるとよろしいでしょう。 今後の対処方針について、老婆心ながら、助言します。 1)今回の相手...

回答日 2012年03月28日 18:18

書き忘れましたので、追加します。 相談の内容では、台風などの場合のことを心配されているようです。 損害賠償請求のためには、相手方の不当な行為と損害との間の「因果関係」が必要です。 この因果関係...

回答日 2012年03月20日 18:54
この回答がある質問
土地の境界線

相談者のおっしゃる「弁償」とは、損害賠償のことですね。 損害賠償請求するためには、相手方の故意または過失が必要です。 この事案で、相手方の故意は考えにくいですので、過失が問題になりそうですが、ど...

回答日 2012年03月20日 18:48
この回答がある質問
土地の境界線

元の契約書と同じ印鑑でなければならないということはありません。 但し、契約書は契約内容を明確にし、後日の紛争の予防に資するものですし、印鑑も、契約者の同一性、契約締結意思の存在を明確にするもの...

回答日 2012年03月12日 17:34
この回答がある質問
契約書

ご両親の連絡先を答えなければならないような法的義務がないことは、上記の弁護士さんがお答えになったとおりです。 連絡先を教える義務が無いとしても、債権者が来ることが煩わしいですね。 債権者が、...

回答日 2012年02月11日 19:04
この回答がある質問
認知・親子関係

パステルさんが成否を検討している「法定地上権」は、どの土地についての法定地上権を指しているのでしょうか? パステルさんが競落した土地に法定地上権が成立しないのは、上記の弁護士さんの指摘どおりだ...

回答日 2012年01月29日 14:47
この回答がある質問
不動産賃貸

問題になっている「看板」の材質、設置方法、設置場所などが不明です。 どのような状態で看板が設置されていたのか、看板がとんだ原因が単に風(台風)だけなのか、設置方法等に問題はなかったのか、具体的に記...

回答日 2012年01月20日 16:55

ご質問では「親事業者」の資本金額について言及されておられますので、ご質問にある「親事業者」が下請法に定義されている「親事業者」に該当するものとの前提でのご質問であると理解した上で回答します。 ...

回答日 2012年01月18日 11:04

ご相談の内容は「顧問弁護士」の料金ということのようですね。 竹内先生がご指摘いただいている内容を参考にされつつ、弁護士ドットコムの「見積もり依頼」のコーナーで、「顧問弁護士」募集の見積もり依頼...

回答日 2012年01月09日 17:50
この回答がある質問
インターネット

>このような場合、弊社は支払の義務を まぬがれることはできないものでしょうか?  ↓ この質問は、B社のC社に対する支払い義務の問題ということでいいですね? 法律上は、B社・C社間の問題は、...

回答日 2012年01月09日 17:36

上記の近藤先生の回答のとおりですが、若干補足します。 質問① 未成年者の親は「親権者」という「法定代理人」です。 この法定代理権に基づいて、親は子供を代理して行動できます。 例外もありま...

回答日 2012年01月09日 17:15
この回答がある質問
インターネット

>有効期間前の平成23年11月15日から平成24年1月31日までの間は、法律上どういった状況にあるのでしょうか?  ↓ 契約書を見なければ正確にはわかりませんが、考えられる解釈を述べます。 1...

回答日 2011年12月17日 20:35
この回答がある質問
民事・その他

上記の高橋和聖先生のご指摘通り、「答弁書」が内容空疎なものになることはあり得ます。 ただ、その理由が問題ですね。 単に「依頼されてから間が無く、十分な準備ができない。」ということ(不可抗力の...

回答日 2011年12月13日 15:11
この回答がある質問
調停

総務部さんのおっしゃる通り、ケースバイケースですし、被告代理人の弁護士の性格にもよりますので、一概には言えません。 仮に、被告代理人が専門用語等を使って、総務部さんがそれを理解しにくいときは、...

回答日 2011年12月09日 13:00
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

御社が「銅の配管」を販売した後の「腐食」のご質問ですね。 御社と顧客との間の契約書の内容はどのようになっているのでしょうか? 品質保証や、アフターサービス等の取り決めはありませんか? 顧客...

回答日 2011年12月07日 11:18
この回答がある質問
不祥事・クレーム対応

すみません。前の回答に変換ミスがありました。 最後の行の「ご検討」は、「ご健闘」の間違いです。 以上、訂正です。

回答日 2011年11月10日 14:46
この回答がある質問
インターネット

パックマンさんの質問、疑問(不安?)に回答します。 パックマンさんがこの投稿をしたということは、「どうしたらいいんだろぅ~?」と悩んだということですね。 そのような疑問・不安が生じた際に、何でも...

回答日 2011年11月10日 13:37
この回答がある質問
インターネット

一般論として、会社法339条1項により、株主総会の普通決議によって取締役は解任されます。そして、その解任に「正当な理由」があるか否かにより、当該取締役からの損害賠償請求の可否が分かれます(会社法33...

回答日 2011年11月08日 11:26
この回答がある質問
取締役

弁護士の瀬戸です。 上記の回答に補足します。 御社の債権の性質が不明ですが、おそらく「商行為によって生じた債権」であろうと思われます。 そうであれば、商法516条が適用になり、「債権者の現...

回答日 2011年11月02日 14:12
この回答がある質問
企業法務

上記の先生方がご指摘の通り、損害賠償額の予定を定めておく方法が有効です。これは「額」に関する紛争防止策ですね。 違う視点として、「情報の管理」に関して、次のような規定を設けておく方法はいかがで...

回答日 2011年11月02日 12:57

商慣習あるいは社会慣習における判断ではなく、法律上の規則に基づく回答をいたしますので、ご了解ください。 まず、弁済の場所について、民法484条により「持参債務の原則」が規定されています。したが...

回答日 2011年11月02日 11:41
この回答がある質問
企業法務

1 - 30 件を表示/全 93 件

現在営業中 09:00 - 24:00

瀬戸 仲男弁護士へ問い合わせ

電話番号 03-5521-1589
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 24:00
  • 土日祝09:00 - 24:00
定休日
なし
備考
【電話受付】
原則は平日の10時から18時まで
※事前のご予約で夜間または土曜日の法律相談は可能です。
※弁護士の都合により、夜間帯にお電話ができない場合には営業日時間内に折り返し電話します。
メールフォームでのお問い合わせは24時間受け付けております。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談