現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
山田 滋弁護士

( やまだ しげる ) 山田 滋

しんらい法律事務所

遺産相続

分野を変更する
【溜池山王駅徒歩1分、相談実績250件以上】【弁護士歴50年ベテラン】豊富な経験で、信頼・安心の「あたたかみのある法律事務所」をモットーに迅速解決します!
100件の相談を受けるよりも1人のリピーターの獲得を目指しており、十分ご納得いただいてから依頼を受けるように心がけています。
しんらい法律事務所
しんらい法律事務所
しんらい法律事務所

溜池山王駅徒歩1分。アットホームを大切にする事務所です!

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

不動産売買、遺言執行、遺留分減殺などお困りの際はぜひ弁護士山田までご相談ください。

【事務所の相続分野詳細 インタビューページ】
https://www.bengo4.com/office/lp/13/detail/3599/

【強み】
・当事務所は法人化前からあわせると45年以上の実績があり、おつきあいの長い顧客から多数の相続案件を受任しており相続案件の事件処理の蓄積が豊富です。
・3年間家庭裁判所に勤務した経験があり、相続案件は家庭裁判所勤務の経験を大いに活用できる分野です。
・税務、登記、不動産売買、不動産評価、測量についての専門家とのネットワークがあり相続はこのネットワークの活用に大変適しています。

【対応体制】
・弁護士ドットコム経由での初回のご相談については、30分まで無料で対応
・当日の予約に空きがある場合、当日の対応も可能です。
・場合によっては、後払いや分割払いの対応も可能です。

【事務所の方針】
相談から正式な依頼になる際は十分ご納得していただいてから請け負う体制にしております。
基本的には費用対効果の観点から依頼する価値があるか協議し、弁護士を依頼しなくても依頼したのと同じような成果が見込めるなら弁護士費用をかけることはおすすめしていません。
高度に専門的で当事務所で取り扱うのが適切でない場合は正直に申し上げ、ご要望があれば対応可能な弁護士に取り次ぎます。
採算がとれなそうな案件でも、自分の正当性を認めてもらう、相手にけじめをつけさせる、裁判などをすることに意義があれば受任することもありますが、
その場合は、採算がとれない可能性を十分理解してもらった上で受任するようにしています。

【取扱い内容】
・遺産のうち不動産が大きな割合を占めるため、誰も不動産を単独で取得して他の相続人に代償金を払える人がいない場合
・相続人の内、多額の生前贈与を受けた人や特別な寄与をした人がいて、遺産を単純に法定相続分で分割できない件
・遺産の中に、一族が経営する会社の株式があり、遺産分割に会社の経営問題が関わる場合
・将来の相続の際にかかる費用や労力を極力低く抑えるための相続対策

【アクセス】
溜池山王 8番出口徒歩1分

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに 5,000円(税別)
※「弁護士ドットコムを見た」とおっしゃって頂けると、初回30分の相談料は無料となります。
着手金 【内容証明作成】3万円〜
【契約書作成】3万円〜10万円程度(事案により増額可能性あり)
【訴訟の場合】20万円〜
※すべて別途消費税がかかります。

事件の難易度および煩雑度により料金は異なります。
ご契約の際に協議の上、ご提示させて頂きます。
成功報酬 事件の難易度および煩雑度により料金は異なります。
ご契約の際に協議の上、ご提示させて頂きます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(8件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

不動産売買についてのご相談

  • 遺言
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
依頼主 60代 女性

相談前

依頼者は遺留分減殺請求を受けた相続人2名(30代)と受遺者1名(60代女性)で、遺産に占める不動産の価値が大きいので、住居として使用していた土地建物を全部売却するか、切り売りしなければならない状況でした。
それでも依頼者らは土地建物を売却せずに解決したいという意向が強く、弁護士が理論構成と交渉を、依頼者らが代償金の資金調達を、という役割分担が巧く機能して、土地建物を売却せずに解決することができました。

相談後

代償金が少なくなるよう不動産の評価を工夫しました。
裁判手続に持ち込まれない、不動産鑑定や測量にかかる出費を抑え、
代償金の原資を確保することに努めた甲斐があり、
交渉の末、支払時期を先延ばししたり分割払いにしました。

山田 滋弁護士からのコメント

山田 滋弁護士

遺言者の意思が一部否定される遺留分減殺の制度や裁判手続きに入るともっと状況が厳しくなることを依頼者らに納得してもらうことに苦労しました。
相手方は依頼者らに憎しみがあるわけではなく、「法律で認められた権利を行使する。」ことができれば了解する意思でしたので、法律で認められた権利の解釈や説明を工夫したことが解決のポイントでした。
依頼者らは先代からの土地建物を守れたことを喜んでいました。係争中にお宅を訪問した際、家庭菜園の様子をみせてもらい、全部売却や一部切り売りをすればできなくなると嘆いていましたが、今まで通り家庭菜園を続けられて心のよりどころを奪われずに済んだでしょう。

遺産相続の解決事例 2

後妻と先妻の子との間の土地建物の遺産分割

  • 遺産分割
依頼主 80代以上 女性

相談前

依頼主のご主人が亡くなり、相続が発生しましたが、遺産は自宅兼貸店舗が殆どで、先妻の子供に払う代償金もないので、不動産を売却して遺産分割するしかありませんでした。ただ、不動産を売却するにもテナントの立退きの問題があり、依頼主以外の相続人も早期遺産分割にこだわらなかったので、数年間相続の協議が進展しませんでした。依頼主は遺産である不動産を換金して、早く養護施設でゆったりと過ごせることを希望され依頼がありました。

相談後

当事務所の弁護士が代理人となり、立退き交渉と不動産売却を実施しました。あわせて、他の相続人と貸店舗の賃料や経費の精算も行いました。依頼主は相続の手続きを完了できたので、養護施設でゆったりと生活できるようになりました。

山田 滋弁護士からのコメント

山田 滋弁護士

依頼主は、高齢で体の自由も制限されてきたので、遺産の自宅で一人暮らしを続けることが難しくなっていました。自宅不動産を売却して遺産分割ができたことは依頼主にとっては遺産を有効活用する上でよかったと思います。

遺産相続の解決事例 3

後妻の子が父親を誘導して不公平な遺言書を作成した事例

  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
依頼主 60代 女性

相談前

後妻の子の1人が生前に父親を誘導して、前妻の子3人には一人あたり50万円ずつのみ取得させる遺言書を作成。
しかも、父親は87歳を過ぎてから後妻の子の妻、姪、甥の夫の3名と相次いで養子縁組をしました。前妻の遺留分の割合を減らす目的であることが強く疑われました。
前妻の子3人は特に父親と折り合いが悪かったわけではないので遺言書の偏った配分に納得がいかず当事務所を訪れました。

相談後

後妻の子の誘導による遺言書の内容は、前妻の子の遺留分を侵害する内容でしたので、当事務所は相手方に対し、「遺留分滅殺請求の通知」をしました。
調停が不調になり、訴訟は最高裁までもちこまれましたが、最終的な依頼者3名の合計取得額は遺言書より1300万円増えた結果となりました。

山田 滋弁護士からのコメント

山田 滋弁護士

遺留分を請求する側は遺産や生前贈与の全貌がわからないことが多く、専門家の必要性が大きい事例といえるでしょう。

遺産相続の解決事例 4

相続人の1人が調停に1度も出席せず、遺産分割に協力しなかった事例

  • 遺産分割
依頼主 50代 男性

相談前

子供4人が相続人で、遺産は老朽化した自宅とその敷地とわずかな預金のみ。
遺産分割については、土地建物を売却して金銭で分けるしか解決法がありませんでした。
調停での解決を目指しましたが、相続人1人は一切出席も応答もしなかったので調停が成立せず、土地建物を鑑定して裁判所に審判を出してもらいました。

相談後

審判では裁判官が妥当な遺産分割方法を決定します。本件では不動産を売却し、残った手取額を相続分の割合で分けよという内容の審判がでました。
売却代金から仲介手数料、譲渡所得税等の諸費用を引いた金額を法定相続分で分配しましたが、応答のない相続人は代金の受領にも協力しなかったので供託しました。

山田 滋弁護士からのコメント

山田 滋弁護士

相続人同士が疎遠のため、遺産分割協議をするのが困難な場合が結構あります。
法律事務所では疎遠な相続人に連絡をとり協力を求めつつ、必要があれば裁判所の手続を利用します。

遺産相続の解決事例 5

相続を機に相互不信となった前妻の子と後妻が、遺産分割と離縁をした事例

  • 遺産分割
依頼主 60代 女性

相談前

相続人が、前妻の子と後妻の遺産分割の事案でした。
両名は養親子関係もありましたが、 遺産分割をきっかけに関係が悪化。当事務所は前妻の子の側で関与しました。
遺産は多数の農地、預金、株式、貴金属、什器備品等、多額かつ多岐にわたりました。

相談後

裁判所の調停で前妻の子の取得分を法定相続分よりやや多くする代わりに、養子縁組を解消することで解決しました。
前妻の子は養母からの相続は期待しなかったので、相続権を失うことに抵抗はありませんでした。
解決まで3年かかったので、遺産管理用の口座を作り、その口座で賃料等の収入や税金等の支出を管理しました。

遺産の評価、相続税の申告、遺産から生じる賃料の管理など様々な手続きを要しました。

山田 滋弁護士からのコメント

山田 滋弁護士

遺産分割と離縁がセットで協議されることもあります。
遺産分割が長引くと遺産からの収益やコストの管理にも気を配らなければなりません。

遺産相続の解決事例 6

遺留分減殺請求で土地の切り売りを回避した事例

  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
依頼主 30代 男性

相談前

長男である相談者の母親は、本家の土地建物をご相談者に相続させるという遺言を遺したところ、他家に嫁いだご相談者の妹が遺言に不備があると主張したり、遺言が有効だとしても自身の遺留分を侵害するとして、ご相談者に7700万円の支払を求めてきました。

遺言者である母親は本家の土地建物を長男に維持してもらいたい意思でしたが、長男には代償金を払う資力はなく、遺留分の請求に応じるには土地の一部切り売りが避けられない状況で、当事務所にご相談に来られました。

相談後

相手方にはご相談者が代償金ではなく現物分割による解決を選択する権利があることを主張しつつ、もし代償金による解決なら、切り売りして解決する場合に要する、分筆費用や税金などの経費を代償金の金額から控除するよう主張しました。
これにより、代償金について、相手が請求していた金額より約2700万円を減額させ、かつ1年間の支払猶予を勝ち取ることができました。結果、本家の土地建物を維持することができました。

山田 滋弁護士からのコメント

山田 滋弁護士

遺産の土地は、都心のやや広めの土地で評価が高いため切り売りは避けられない情勢でしたが、数点と減額要素と資金調達のための期間を認めてもらえたため、遺言者の意思や長男の意向どおり、土地の切り売りを回避して本家の土地建物を維持することができました。本件は調停や訴訟の手続前に解決しましたが、依頼者様が調停や裁判になることによるリスクを理解して賢明な決断をされたと思います。

遺産相続の解決事例 7

相続人多数の遺産分割

  • 遺産分割
依頼主 70代 女性

相談前

依頼者は被相続人の妹2人で、被相続人の生前、東京都内の持ち家で一人暮らしをしていた被相続人の生活支援や介護を精力的に行いました。被相続人が死亡して相続手続きのために相続人を調べたところ、依頼者2名以外に、被相続人とは疎遠になっていた甥姪達15人の相続人がいることが判明し、相続手続きに困って依頼がありました。また、依頼者は、被相続人と疎遠にしていた相続人より被相続人のそばに寄り添って生活支援等の貢献をしたことを評価してもらいたい気持ちを持っていました。

相談後

遺産分割は、持ち家を売却して代金を分配する方法が最適でしたが、相続人が多数で一同に協議できないため、家庭裁判所に遺産分割と寄与分の調停を申立てました。多数者で協議し、かつ他の相続人に依頼者達の寄与分を納得してもらうことは困難を伴いましたが、1年程度で依頼者らの寄与分を反映した遺産分割調停が成立し、更に、当事務所が主導して不動産を売却し、代金を相続人に分配して終了しました。

山田 滋弁護士からのコメント

山田 滋弁護士

まず、本件の依頼者は比較的高齢の方で同年代の私には話がしやすかったようでした。子供がいない高齢者の方に相続が発生すると、兄弟や甥姪が相続人となり、疎遠で、しかも多数の相続人と遺産分割協議をしなければならない事態がよく起きます。このような事態は遺言書を作成することによって予防できます。本件でも、被相続人は世話を受けた人に遺産を渡したかったように思われ、それならば生前に遺言書を作成しておけばよかったのにと感じる事案でした。

遺産相続の解決事例 8

高齢者の財産確保の事例

  • 遺言
  • 遺産分割
依頼主 80代以上 女性

相談前

東京都内の市役所職員から、「80歳代の独身女性Aが保有する5000万円以上の預金を、Aのヘルパーをしている50代の女性Bが保護者と名乗り、勝手に預金通帳を預かり、お金を引き出している。又、Bの実妹に財産を遺贈する遺言書があるらしいので相談に乗って貰いたい」との連絡を受けました。当職は直ぐにAさんと会って話をきいてみると、Aさんは自分の将来の生活費のために必要な財産をどんどんBに吸い取られているような状況であることが判明しました。

相談後

私は、Aさんの姪と連絡をとり、Aさんの同意を得て介護施設に入所させてBと引き離し、更に私が財産管理人となりAさんの財産を管理するようにしました。身元引受人になる姪に相続させる内容の公正証書遺言書も新たに作成しました。財産管理はAさんが亡くなるまで約10年間続きましたが、適切な財産管理ができたため亡くなるまで生活費に困窮せずに済みました。遺産は書き換えた遺言書に従い高齢者の身元引受人になった姪が取得しました。

山田 滋弁護士からのコメント

山田 滋弁護士

独り身の高齢者には、一見親切そうでも、高齢者の財産目当てで近づいてくる人がいます。このような人とつきあうことによって自分の将来の生活が脅かされる状況であっても高齢者本人だけではそのような危機を自覚できないこともあります。そういう場合は、早期に、周囲の方が覚知し、福祉や法律の専門家の援助を受けることが大切です。本件では、自治体、親族、弁護士が連携して高齢者の財産の枯渇を防止できてよかったと思います。


遺産相続

特徴をみる

不動産・建築

分野を変更する
【駅徒歩1分、不動産の相談実績100件以上】【初回相談30分無料】
不動産会社の顧問実績から、不動産問題につきましては、多くのノウハウと実績があります。不動産オーナー様からの相談実績も豊富です。
しんらい法律事務所
しんらい法律事務所
しんらい法律事務所

溜池山王駅徒歩1分。アットホームを大切にする事務所です!

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

不動産売買、建築瑕疵、借地権譲渡や承諾料問題、土地や建物の明け渡しなど、お困りの際はぜひ弁護士山田までご相談ください。
当事務所はどちらかというと依頼者の数を絞った上で、深い信頼関係で仕事をして、次の依頼、あるいは別の方の案件の紹介をいただく方に重点を置いています。
100件の相談を受けるよりも1人のリピーターの獲得を目指しています。
長年事務所を続けてこられたのは、リピーターを獲得してきたからと思っています。

【強み】
・事務所は45年の実績があり、若手から高齢者まで幅の広い顧客層に対応した蓄積を活かすことができます。
・不動産会社の顧問実績もあり、不動産建築関連の解決実績も豊富にあります。

【対応体制】
・弁護士ドットコム経由での初回のご相談については、30分まで無料で対応
・当日の予約に空きがある場合、当日の対応も可能です。
・場合によっては、後払いや分割払いの対応も可能です。

【事務所の方針】
相談から正式な依頼になる際は十分ご納得していただいてから請け負う体制にしております。
基本的には費用対効果の観点から依頼する価値があるか協議し、
弁護士を依頼しなくても依頼したのと同じような成果が見込めるなら弁護士費用をかけることはおすすめしていません。
採算がとれなそうな案件でも、自分の正当性を認めてもらう、相手にけじめをつけさせる、裁判などをすることに意義があれば受任することもありますが、
その場合は、採算がとれない可能性を十分理解してもらった上で受任するようにしています。

【取扱い内容】
・不動産売買(遺産分割をするための不動産売却・担保付の不動産を任意売却する・不動産売買契約の条件を交渉する・売買契約に伴う紛争の処理)
・建築瑕疵による損害賠償を請求された、又は請求する
・借地権の譲渡許可や承諾料の問題
・土地や建物の明け渡しの問題・明け渡しの強制執行の案件

アクセス
溜池山王 8番出口徒歩1分

不動産・建築

解決事例をみる

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに 5,000円(税別)
※「弁護士ドットコムを見た」とおっしゃって頂けると、初回30分の相談料は無料となります。
着手金 【内容証明作成】3万円〜
【契約書作成】3万円〜10万円程度(事案により増額可能性あり)
【訴訟の場合】20万円〜
※すべて別途消費税がかかります。

事件の難易度および煩雑度により料金は異なります。
ご契約の際に協議の上、ご提示させて頂きます。
成功報酬 事件の難易度および煩雑度により料金は異なります。
ご契約の際に協議の上、ご提示させて頂きます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(1件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

建物の明け渡しについて

  • 建物明け渡し・立ち退き
依頼主 70代 女性

相談前

建物明け渡しで、70代の女性が所有する土地建物に元嫁と孫が住んでいて明け渡しを求めた件があります。
元嫁と孫の居住は、夫が居住していた名残で住み続けており使用貸借なのですが、孫が未成年ということもあり、使用貸借の終了時期が問題になりました。
訴訟を提起した後、立退料付の明け渡しで和解しました。
依頼者は養護施設に入る費用を捻出するために早期に土地建物を売却する必要がありました。
明け渡しと併行して残置物の処理や売却の交渉もする必要がありましたが、停滞することなく進みました。

相談後

明け渡し請求の当事者が祖母と孫の関係にあり、祖母には孫を扶養する義務があるので、一旦孫の住居を奪う形になる明け渡しは、親族間でない明け渡し事件よりも条件が厳しくなる覚悟が必要でした。
しかし、祖母の方も養護施設に入る費用を捻出するために土地建物を売却する必要性が高く、孫からも祖母を扶養する義務があることも主張し、祖母が養護施設に入るための金策を妨害しないというという形での扶養義務があることを納得してもらい早期に円満解決できました。

山田 滋弁護士からのコメント

山田 滋弁護士

上記に述べたとおり、祖母と孫との間の相互の扶養義務の解釈に解決のポイントがあったと思います。
立退料については、即金では払えなかったため、土地建物の売買契約を先に行いその手付金を支払いにあてざるをえませんでしたが、懇意にしている不動産業者の尽力により、売買契約や決済の時期を立ち退きにあわせて柔軟に調整してもらうことにより円滑に処理できました。

不動産・建築

特徴をみる

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
【駅徒歩1分、相談実績300件以上】豊富な経験で、信頼・安心の「あたたかみのある法律事務所」をモットーに迅速解決していきます!
100件の相談を受けるよりも1人のリピーターの獲得を目指しており、十分ご納得いただいてから依頼を受けるように心がけています。
しんらい法律事務所
しんらい法律事務所
しんらい法律事務所

溜池山王駅徒歩1分。アットホームを大切にする事務所です!

企業法務・顧問弁護士の詳細分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 知的財産・特許
  • 倒産・事業再生
  • 渉外法務

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

債権回収、損害賠償の請求または支払い、保険金の支払い、倒産や再建など、お困りの際はぜひ弁護士山田までご相談ください。
企業法務は、継続的に法的案件が生じること、企業ごとに内部事情が異なることといった事情から顧問契約をおすすめしております。
顧問契約により、企業の内部事情がわかる弁護士に早期に相談することができ、問題の拡大を予防できます。
また、少額の訴訟をする必要がある時に、単発では採算上弁護士を依頼しにくい場合でも、顧問契約があれば顧問会社基準の弁護士費用になるので依頼しやすくなります。

【強み】
・事務所は45年の実績があり、若手から高齢者まで幅の広い顧客層に対応した蓄積を活かすことができます。
・顧問先は20社以上あり、企業側と市民側の案件のバランスをほどよく保ち両方で培ったスキルと経験値を相互に活かせるようにしております。
・社外監査役の経験有り(東証一部上場会社)

【対応体制】
・弁護士ドットコム経由での初回のご相談については、30分まで無料で対応
・当日の予約に空きがある場合、当日の対応も可能です。
・場合によっては、後払いや分割払いの対応も可能です。

【事務所の方針】
相談から正式な依頼になる際は十分ご納得していただいてから請け負う体制にしております。
基本的には費用対効果の観点から依頼する価値があるか協議し、弁護士を依頼しなくても依頼したのと同じような成果が見込めるなら弁護士費用をかけることはおすすめしていません。
高度に専門的で当事務所で取り扱うのが適切でない場合は正直に申し上げ、ご要望があれば対応可能な弁護士に取り次ぎます。
採算がとれなそうな案件でも、自分の正当性を認めてもらう、相手にけじめをつけさせる、裁判などをすることに意義があれば受任することもありますが、
その場合は、採算がとれない可能性を十分理解してもらった上で受任するようにしています。

【取扱い内容】
・売掛金回収、貸し倒れの場合の法務上の対応
・事故対応、損害賠償の請求又は支払い
・倒産処理又は企業再建
・企業統治(中小企業の意思決定手続き、定款の制定変更、規程の制定、役員の交代)

【アクセス】
溜池山王 8番出口徒歩1分

企業法務・顧問弁護士

解決事例をみる

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに 5,000円(税別)
※「弁護士ドットコムを見た」とおっしゃって頂けると、初回30分の相談料は無料となります。
着手金 【内容証明作成】3万円〜
【契約書作成】3万円〜10万円程度(事案により増額可能性あり)
【訴訟の場合】20万円〜
※すべて別途消費税がかかります。

事件の難易度および煩雑度により料金は異なります。
ご契約の際に協議の上、ご提示させて頂きます。
成功報酬 事件の難易度および煩雑度により料金は異なります。
ご契約の際に協議の上、ご提示させて頂きます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる 解決事例をみる

企業法務・顧問弁護士の解決事例(1件)

分野を変更する

企業法務・顧問弁護士の解決事例 1

株式の買い取りと定款変更のご相談

依頼主 40代 男性

相談前

中企業の二代目社長が親族に散らばった株式を買い取ると共に、定款を見直して企業統治の体制を刷新した。

相談後

非上場会社の株式の評価、株式買い取り、株主総会の開催、定款変更といった手順の構成を検討し、慎重に対処した結果、株式の買い取りと定款変更が実現できました。

山田 滋弁護士からのコメント

山田 滋弁護士

株式の買取りについては、最初から費用をかけて鑑定したことにより疑念を持たれず円滑に買い取れました。
株主総会と定款変更の手続きは会社法や定款に従って忠実に行ったので、煩雑ではありました。
また税務についても配慮が必要でした。
依頼者は実務に即した定款に変更し、将来の相続による株主の分散も防止できる体制が構築できたことを喜んでおられました。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
しんらい法律事務所
所在地
〒107-0052
東京都 港区赤坂2-2-21 永田町法曹ビル501
最寄り駅
東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王駅」8番出口すぐ
交通アクセス
駐車場近く
対応地域

関東

  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 相続
  • 不動産・建築
  • 企業法務
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 税務訴訟
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 行政事件
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5827-3307

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

しんらい法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5827-3307

※しんらい法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
土日祝はご面談のみお受けしております。
※要予約
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談