鈴木 晶弁護士 すずき あきら

鈴木 晶弁護士

クレヨン法律事務所

東京都中央区東日本橋2-28-4日本橋CETビル2階
現在営業中 10:30 - 22:00
電話番号 050-5366-2155
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名11 件/匿名:0件

診断書やカルテを見ることがいえないので、なんともいえないのですが、一般論としては、以下の通りとなります。 まず、画像等、客観的な資料で可動域制限がわかるものが何もなければ、12級は基本的には困...

回答日 2019年08月08日 01:13
この回答がある質問
後遺障害認定

お見舞い申し上げます。 リハビリを週2回やってきて、サボったといわれるのは心外でしょう。 後遺障害ですが、非該当となると判断するのは早計だと思います。 後遺障害診断は、ある程度客観的な判断...

回答日 2019年08月04日 22:53
この回答がある質問
後遺障害認定

相手方にも弁護士がついており、こちら側にも弁護士がついている場合、話し合いがまとまらなければ裁判ということも十分考えられます。 ADR手続きもお互いの合意がなければ基本的にはまとまらないものなので...

回答日 2019年08月03日 17:08
この回答がある質問
医療

事案がわからないので、一般論としてお伝えいたします。 調停やADRは、当事者だけではなく、第三者を交えての話し合いとなるので、当事者のみで行うよりも、比較的解決への期待値は高まります。 ただ、調...

回答日 2019年08月03日 16:00
この回答がある質問
医療

とんでもございません。 大切なお子様に生じてしまった事故はとても残念ですが、諦めずに少しでもお子様の被害を回復できるよう保険会社に請求すべきです。 一点、気になる点として、お子様の腕の湾曲につい...

回答日 2019年08月03日 15:44
この回答がある質問
自賠責

もともと、被害者への謝罪に付き添ったり、段取りを組んだりするのは刑事弁護人が行ってきたことです。保険会社は、自分の会社が保険金を支払いという建前上、サービスの一環として示談交渉を行っているにすぎませ...

回答日 2019年08月03日 07:04

発電機の故障が事故によるものであるということを(相手方保険会社があれば)保険会社に説明できれば可能性はあります。

回答日 2019年08月02日 22:54
この回答がある質問
交通事故

一括対応の打ち切りは様々な事情をもとに判断されます。 例えば、事故による車の損壊状況や、通院頻度、治療の頻度、主治医の意見などなど 中でも重要視されるのは、主治医の意見です。(しかし、自費で...

回答日 2019年08月02日 22:51
この回答がある質問
症状固定

1について  支払わなければいけない金額は、「事故によって生じた損害」です。  大きな項目としては以下の通りです。  相手の怪我の程度によりますが、慰謝料を請求される可能性があります。  ま...

回答日 2019年08月02日 22:29

自分で交渉して納得できないのであれば、訴訟をすることも一つの手でしょう。 訴訟をした場合は、慰謝料を増額できる可能性が高い事案であるといえます。 弁護士に依頼すれば、訴訟をせずに増額が期待できる...

回答日 2019年08月02日 22:04
この回答がある質問
自賠責

横領事件となる可能性があります。 その従業員が持ち逃げしたということが分かる資料があると動いてもらえやすくなるでしょう。 例えば、店に監視カメラがあって、従業員がとったことが分かる動画が写ってい...

回答日 2019年08月02日 21:51
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

1 - 11 件を表示/全 11 件

現在営業中 10:30 - 22:00
鈴木 晶弁護士へ問い合わせ
電話番号 050-5366-2155
メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日10:30 - 22:00
  • 土日祝13:00 - 17:00
定休日
なし
備考
当日や土日祝・夜間のご相談にも応じています。お気軽にご要望の面談日をご相談ください。
対応地域