お気に入りに追加
齋藤 健博弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

離婚・男女問題16

労働問題9

債権回収1

企業法務・顧問弁護士8

詐欺被害・消費者被害1

犯罪・刑事事件3

不動産・建築7

借金・債務整理1

全国3

東京都2

現在営業中 06:00 - 24:00

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:31,663 件/匿名回答数:0件

差押える順番は、市の担当者次第なのでしょうか。何かしらルールがあるのでしょうか? 連帯納付義務がある場合には、差押える順番にルールはないと思います。 市の裁量に委ねられることになると思います...

回答日 2020年10月18日 23:24
この回答がある質問
相続

厳密には、未成年であれば閲覧させないサービスを未成年と偽ったことで提供させたといえる可能性があり、この場合詐欺罪が成立する可能性はあります。 ただ、今後一切利用されなければ、刑事事件化される可...

回答日 2020年10月18日 12:18
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

> ①以下の行為が不法投棄等の犯罪に当たるのか? 廃棄物の処理及び清掃に関する法律違反に該当する可能性があります。 理屈上は犯罪が成立する可能性があります。 ②今後逮捕されたりと...

回答日 2020年10月17日 22:25
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

> となっている時点で、誰かの土地であるかもしれない事を考えなかった自分にも落ち度があるため、以後このようなことが無いよう気を付けてまいります そうですね、おっしゃるとおりでよろしいかと...

回答日 2020年10月17日 22:20

単なる私道であれば、住居や建造物に侵入したとはいえないため、犯罪は成立しないと思います。 また、写真についても、外から見える範囲での外観を撮影されただけでは犯罪は成立しません。 今後気を...

回答日 2020年10月17日 21:41

浪費は家計に間接的に関わってきますので、やはり正当な理由があると、貴殿は反論できると思いますよ。

回答日 2020年10月17日 11:32
この回答がある質問
借金

1.労災の後遺障害認定で入ったお金は夫婦の共有財産ではなく旦那の財産になりますか? こちらについては、夫婦が共同で築き上げた財産ということが難しく、ご主人の財産とならざるを得ないと思われます。...

回答日 2020年10月17日 11:16
この回答がある質問
借金

はい、本名を伝える義務はメール相談の時点ではないと思います。 直接顔を合わせて面談する際も、匿名でもできないことはないですが、ウソの名前は書かないようにしてください。 ただ、利益相反を確認す...

回答日 2020年10月17日 10:35
この回答がある質問
インターネット

無料メールで返信がない時もあるので気にしてなかったのですが大丈夫(だった)でしょうか? 送ること自体については、何度送られたとしても、法的には問題はないと思います。 初回無料メールの時に...

回答日 2020年10月17日 10:10
この回答がある質問
インターネット

飲み込んだ刺身以外については、食べられずに残したというのであれば、返金を求めることができる可能性はあると思います。 ただ、それ以上につきましては、店長の裁量になると思いますので、何かを要求するとい...

回答日 2020年10月16日 22:12
この回答がある質問
消費者被害

> 民事で訴訟をしてしまったら、後から刑事事件にはできないのでしょうか? 本来は切り分けて考えるべきと思いますが、現実的にはいったん民事で訴訟をすると、警察は刑事事件扱いすることを嫌がり...

回答日 2020年10月16日 21:47

名誉毀損・侮辱罪で刑事事件にまで発展するのは、 余程のことがない限りあまりないのでしょうか? おっしゃるとおりだと思います。 犯罪として軽微なため、そもそも警察が立件したがりませんし、 「...

回答日 2020年10月16日 21:17
この回答がある質問
インターネット

・この場合、返済義務があるのでしょうか? 貸したというなら、貸したことの立証責任は相手方にあります。 立証されるまでは拒否をされてもよろしいかと存じます。 ・LINEを無視していてもい...

回答日 2020年10月16日 21:08
この回答がある質問
債権回収

恐らくですが、その金額ですと少額訴訟の可能性は低いと思います。 訴訟費用や弁護士費用を考えると、先方は費用倒れになる可能性がありますので。

回答日 2020年10月16日 21:05
この回答がある質問
悪徳商法

確かに詐欺については故意の立証が難しいです。 ただ、同様の手口の被害が出ていれば、警察も話を聞いてくれる可能性もあると思いますので、1度相談だけでもされてみてはいかがでしょうか。 一応、代金を払...

回答日 2020年10月16日 21:02

金額次第では、少額訴訟や支払督促を提起される可能性はあると思います。 表記に問題があるとお考えでしたら、まずは、消費生活センターにご相談されてみてはいかがでしょうか。 似たような相談があるな...

回答日 2020年10月16日 20:50
この回答がある質問
悪徳商法

現在の法律では、マイナンバーについて、警察との連携は規定されておりませんので、マイナンバーで犯歴情報がわかることもありません。 ご参考までに。

回答日 2020年10月16日 18:49
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

まだだと思います。 修正後に裁判所から被告に訴状が送達されることになると思われます。 ご参考までに。

回答日 2020年10月15日 22:14
この回答がある質問
訴状

平成26年からお借り入れされていると思いますが、過払い金が発生するのは、一般には平成19年以前からキャッシングの利用をされている必要があります。 そのため、残念ながら、本件につきましては、過払...

回答日 2020年10月15日 18:17
この回答がある質問
過払い金

しょうがないでしょうか? その状況ですと、恐喝というのはちょっと難しい印象があります。 警察に刑事事件化してもらうのは、残念ながら難しいと思われます。

回答日 2020年10月15日 17:20
この回答がある質問
借金

貴殿が使用していたとしたら、貴殿に対する窃盗、また、勝手に敷地に入ったとしたら、住居侵入罪が成立する可能性があると思います。

回答日 2020年10月15日 16:29
この回答がある質問
借金

会社の債務を役員が会社ともに負担する場合に使われますが、連帯債務ではなく併存的債務引受にする理由はなんですか? 連帯債務との違いは何ですか? 以前は、併存的債務引受は明文がありませんでしたの...

回答日 2020年10月15日 09:12
この回答がある質問
労働

いえいえ、乗り越えられない壁ではないと思いますので、気持ちを強くもって、頑張ってください。

回答日 2020年10月14日 12:48
この回答がある質問
契約・借用書

> もう私にできることは、弁護士に相談して対応してもらうことしかないですよね? そうですね、相手方が常識を逸脱するような発言をしておりますので、弁護士に相談をして、内容証明郵便で反論をし...

回答日 2020年10月14日 12:24
この回答がある質問
契約・借用書

親族の同行が必須なのか、警察に確認されてもいいと思いますが、できれば、同行していただいた方が安心とは思います。 頑張ってください。

回答日 2020年10月14日 08:37
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

住居侵入罪で被害届は出せますか?発見してから3週間程経過しています。 証拠的には申し分ないのでしょうが、被害届を現実に受理してもらえるかと言うと難しい可能性が十分にあると思われます。 警...

回答日 2020年10月13日 21:24
この回答がある質問
近隣トラブル

いえ、任意の事情聴取の段階でも、求められるケースはあります。 正直、逮捕を考えるような案件とは思えませんが、防犯カメラに映っていた状況や、金額等に照らして、『念のため』、ご親族の同行を求められたと...

回答日 2020年10月13日 14:59
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

いえいえ。 まずはアクションを起こしてみてください。 そうすれば、貴殿の本気度も相手方に伝わると思いますので。 その後に、相手方が何か行ってきたら、細かい詰めの作業をしていかれればいいと思...

回答日 2020年10月13日 13:19
この回答がある質問
強制退去

> そこで警察の方から親族も連れてくるように言われたのですが、被害届が出されているとそれは必要なのでしょうか。 法的には根拠はないと思いますが、身元引受人的な趣旨で同行を求められたのかも...

回答日 2020年10月13日 13:07
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

これは各自治体によります。 可燃ゴミについても、一律に持ち去り禁止→刑罰を定めている自治体もあれば、資源ゴミだけ持ち去り禁止→刑罰を定めているところもあります。 いずれにしても、刑罰は条例で...

回答日 2020年10月13日 11:46
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

1 - 30 件を表示/全 31,641 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50
現在営業中 06:00 - 24:00

齋藤 健博弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5286-2059
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日06:00 - 24:00
  • 土日祝06:00 - 24:00
定休日
なし
備考
弁護士直通携帯【070-2627-6876】LINE ID【bengoshisaito】浮気、離婚、不貞問題、芸能問題、刑事弁護・各種示談】迅速対応。すぐに連絡が通じる話がしやすい弁護士です。

対応地域

経歴・資格
事業会社勤務経験
事務所の対応体制
完全個室で相談
英語