お気に入りに追加
青山 知史弁護士

( あおやま ともふみ ) 青山 知史

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名305 件/匿名:0件

利用者の駐輪場所は,本来店側でコントロールできるものではありませんので,駐輪による責任が生じるのも,原則としては駐輪をする利用者であり,店舗側ではありません。 そのため,店側において,停車させ...

回答日 2020年05月24日 10:38
この回答がある質問
不祥事・クレーム対応

まず,契約の成立自体は,書面の取り交わしがなくとも,合意に至っていれば成立しますので,ご記載のコンサルタント契約について,合意に至っていたとすれば,契約自体は成立しているものと思慮いたします。 ...

回答日 2020年05月22日 23:49

ご自身の言葉で単純に情報に触れる程度であれば,そもそも著作権の対象となるものではないため,必ずしも引用等は必要ありません。 記載そのものを流用する場合には,長さによっては著作権が生じているもの...

回答日 2020年05月22日 22:43

そもそも逮捕がなされるのは証拠隠滅や逃亡の危険が大きいケースであり,そうした危険がないケースであれば,必ずしも逮捕等はなされません。 罰金等の比較的に軽い犯罪の場合,常習性が低いケースや悪質性が低...

回答日 2020年05月21日 04:32
この回答がある質問
企業法務

慰謝料に関しては,遅れのみをもって当然に請求できる訳ではありませんが,例えば遅れによって,失業保険等の受給期間に制限が生じた等,実損が生じた場合であれば,その分の請求をすることは考えられます。

回答日 2020年05月20日 09:49
この回答がある質問
退職 損害賠償

追加のご質問についても考え方は同様であり,真に誤りから生じたものであれば,故意等を争える場合は考えられるほか,そもそも責任問題になる可能性自体は低いかと思われます。

回答日 2020年05月20日 09:04

原則として,退職金は当然に請求できるものではなく,契約書や就業規則等で定めがある場合に初めて,請求が可能となるものです。 そのため,今回の請求の可否についても,実際の規程上の記載内容によりますが,...

回答日 2020年05月20日 02:44

ご記載のように,演奏権(著作権法22条)と編曲権(著作権法27条)はそれぞれ別の権利になりますので,演奏権の範囲でしか許諾がない場合,編曲をすることまでは認められていませんので,著作者より,同一性保...

回答日 2020年05月20日 00:53

海外にいる当事者との間での訴訟の場合,裁判管轄(どこで裁判をすることができるか)が問題となります。 正確には,紛争や請求の類型,適用される法律によっても異なりますが,トラブルがアメリカで生じ,かつ...

回答日 2020年05月19日 22:50

【1について】 工事の請負契約については書面での取り交わしが必要となります(建設業法19条)。 ネット上での方法の場合,経済産業省が有効と示した電磁的方法を満たす必要があります。 郵送で書面を...

回答日 2020年05月19日 10:29

著作権侵害としての責任が生じるには,故意だけでなく,侵害にあたる行為をすることが必要となります。 上述の仮定の場合,そもそも侵害行為をされていませんので,著作権侵害の責任が生じる可能性は低いかと思...

回答日 2020年05月19日 02:41
この回答がある質問
著作権

内容が正しいか否かにかかわらず,書かれた対象の社会的評価を損なうような事実を公然と摘示した場合には,名誉毀損となりえます。 ご質問の状況においても,社名を明らかにした上で,具体的な問題点をインター...

回答日 2020年05月15日 03:01
この回答がある質問
業務委託

まず前提として,著作物の複製等については,私的利用として許容される場合等の法律上の例外を除き,著作権に抵触することになります。 問題集に関しても,自身での利用の範囲を超えて複製等を行う場合には,上...

回答日 2020年05月10日 04:34
この回答がある質問
著作権

まず,どちらの方が著作権を持つかについてですが,著作権は,実用新案や特許と異なり,先に発表した者だけが権利を取得するという構成にはなっていません。 そのため,ご質問のように,それぞれの方が独自に俳...

回答日 2020年05月10日 04:14

名誉毀損とは,相手方の社会的評価を貶めるような事実の摘示をした場合に生じるものです。 今回についても,SNSのように,規定の評価のボタンを単純に押していたにすぎず,それ以上に何かコメント等を投げか...

回答日 2020年05月09日 03:22

確かに,使用者には,雇用契約に基づく信義則上の義務として,労働者のプライバシーを侵害しないように配慮する義務があると判例上もされております。そのため,安易に労働者の監視や私事への干渉を行うと,上述し...

回答日 2020年05月09日 03:12

具体的な状況にもよりますが,誰かの利益を図る目的も加害目的も推認できない場合には,図利加害目的の有無を争える場合はあるかと思われます。 もっとも,前述した判例のとおり,正当な理由なく複製を実施...

回答日 2020年05月08日 11:36
この回答がある質問
企業法務

ご記載の条件を拝見しますと,時間や場所による拘束もあり,指揮命令下にもあるとのことですので,争いとなった際には,労働者とみなされる可能性が高いかと思われます。 フリーランス制というものがいかな...

回答日 2020年05月08日 10:37

正確には就業規則中の含む規定や懲戒事由等の定めにもよりますが,休憩時間中の行動については,会社の指揮監督下からの解放が必要となりますので,その間の服装等についてまでは,厳密な規律はし難く,着替えをし...

回答日 2020年05月08日 03:33
この回答がある質問
制服

契約書の定めにもよるものの,原則としては,解約時に残期間分の利用料等の支払いが求められる条項が入っているケースが多いかと思慮いたします。 もっとも,ご相談を拝見すると,契約時において,残期間分...

回答日 2020年05月07日 13:58
この回答がある質問
リース・賃貸借契約

【1について】 おそらく,最近メディア等でも話題になっている特定の漫画を想定してのことと思いますが,これだけ人気が出ている作品であれば,作者はもちろん,出版社や映像制作会社等において,タイトルやキ...

回答日 2020年05月07日 11:40

懲戒処分の対象になるかは,就業規則中の定め次第ではありますが,一般論として,ご自身の懲戒処分に伴う聞き取りや弁解の場面において,同僚の方から任意にご提供を受けたメール等を示すだけであれば,特に懲戒事...

回答日 2020年05月07日 01:18

著作権法30条の要件を満たした場合には,原則として私的利用のための複製は適法となります。 もっとも,著作権法30条にも例外があり,例えば,違法にアップロードされた映像や音声と知った上での複製は...

回答日 2020年05月07日 00:24

運送業の許可が必要となるのは,一般的に,有償で貨物運送を行う事業をするう場合です(貨物自動車運送事業法2条1号から4号)。 正確な状況にもよりますが,ご記載を見る限り,所属されている団体はそも...

回答日 2020年05月06日 04:12

まず,数式それ自体は,単体では直ちに著作権の対象とはならない可能性もあります。もっとも,問題集となっているものについては,数式と問題文が合わさって独自性を示すものとなっていれば,著作権の対象となり得...

回答日 2020年05月06日 03:48

作成段階で誤りがあり,それを見逃したまま提出をしていたとすれば,作成者であるご相談社様においても,業務遂行上の過失等があったとして,注意を受けること自体はやむを得ないかと思慮いたします。 もっ...

回答日 2020年05月05日 23:42
この回答がある質問
労働

まず,当該芸名が商標登録されている場合,似た名称を同じ様に用いた場合には,商標権の侵害として,損害賠償請求等を受ける可能性が考えられます。 また,著名な芸名を用いることで,主体を当該芸能人と誤...

回答日 2020年05月05日 04:51
この回答がある質問
商標権・商号

追加のご質問,拝見しました。 相手方との合意ができれば,退職時期を前田押すことは可能です。の地に合意の有無等を争われないようにするためにも,メール等の形に残るものでやりとりをされた方が安全かと...

回答日 2020年05月04日 11:59

それだけの期間が経過しているのであれば,削除等の請求ができる可能性はあるかと思われます。 費用に関しては,個々の弁護士によっても異なりますので,個別に見積もり等を確認される必要があるかと思われます...

回答日 2020年05月04日 10:23
この回答がある質問
労働

クレームや苦情の内容にもよるものと思慮いたします。 今回のクレームについては,ゴミの処分を求めるものですが,これはガソリンスタンドの主たる業務ではなく,いわば任意のサービスとして平時に行われている...

回答日 2020年05月04日 09:50
この回答がある質問
労働

1 - 30 件を表示/全 305 件

青山 知史弁護士へ面談予約

電話番号 050-5349-1484
メールで面談予約

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
定休日
土,日,祝
備考
事務所営業時間は平日9:30-18:00
※メールでの面談予約は,24時間受付。
※お電話での面談予約は,営業時間中での受付となります。
※夜間や土日・祝日でのご相談,出張相談についても,状況に応じて対処できる場合があります。また、ご遠方の方からのご相談の場合、有料にはなりますが、メールや電話でのご相談もお受けできる場合があります。ご要望があれば、お問い合わせください。

対応地域

経歴・資格
冤罪弁護経験
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談