現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
青山 知史弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

労働問題3

企業法務・顧問弁護士1

全国10

東京都7

( あおやま ともふみ ) 青山 知史

青山第一法律事務所

現在営業中 09:00 - 20:00

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:961 件/匿名回答数:0件

【質問1について】 合意書において、未払い給与や有給休暇中の給与に関して支払いが明記されていない場合、この合意書に署名などをしてしまうと、各請求ができなくなる恐れがあるかと思慮いたします。 ...

回答日 2021年04月03日 02:58

会社法上、株式会社の取締役については、禁錮以上の刑を受けた場合に資格を失うという規定があります(会社法334条1項3、4号)。 これに対して、合同会社の社員については、こうした規定がありませんので...

回答日 2021年04月03日 02:15
この回答がある質問
組織・機関

【質問1について】 特に契約期間の取り決めがなかったのであれば、退職については、やめたいと伝えてから2週間で効力が生じますので(民法627条1項)、特に覚書を取り交わす必要はありません。 む...

回答日 2021年04月03日 02:01

【1について】 ご記載の内容ですと、あくまで第三者の意見をそのまま取り入れているにすぎず、記載された内容や状態が認められるかを客観的に確認したとはいいがたいかと思われます。 信憑性を保証しな...

回答日 2021年04月02日 19:27

議決権の個数を複数にすることはできませんが、種類株式ごとに単元を変更することは可能です。 そのため、例えば、株式をA株式とB株式の2種類用意し、A株式は1株で1単元1議決権とする一方、B株式は...

回答日 2021年04月02日 18:53
この回答がある質問
資金調達

追加のご質問、拝見しました。 勉強法を公開し、その内容をもって収益を得ているとすれば、サービスの提供者として景表法の適用の可能性も出てくるかと思われます。 こうした点を考えると、特に記載する文章...

回答日 2021年04月02日 18:20

いつもご参考にしていただいているとのこと、ありがとうございます。 ご相談者様のお役に立っているようであれば何よりです。 追加のご質問についてですが、まず1については、刻々やパンフレットなど、...

回答日 2021年04月02日 18:15

【質問1について】 指示された作業を実際に行っており、また、時効などを迎えるほど以前の出来事でもありませんので、時間がたっているとしても、報奨金をご請求することは可能と思慮いたします。 なお...

回答日 2021年04月02日 17:26

追加のご質問,拝見いたしました。 過去の裁判例上では、親会社が子会社に対して議決権を行使する場合、業務執行の一種ではあるものの、取締役会決議が必要とされる「その他重要な業務執行」に当たるものと...

回答日 2021年04月02日 16:19
この回答がある質問
株主総会

ご参考になったようであれば幸いです。 追加のご質問についてですが、裁判例上、ガス管や水道管を通すことについても、囲繞地通行権と同様の考え方が及び、袋地などの場合には、必要最小限の範囲で、こうした管...

回答日 2021年04月02日 16:01

【1について】 景表法の対象自体は、商品やサービスを供給する発注者側となりますので、広告業者などの受注者側には直ちに適用されるわけではありません。 ただ、発注者による広告として、記事に対する景表...

回答日 2021年04月02日 15:49

会社法では,決議の内容によって,重要な事項であれば株主総会の決議が必要,そこまでの重要事項ではなく,経営判断などを優先させたほうが良い場合には取締役会決議でよい等を定めています。そのため,決議をする...

回答日 2021年04月02日 15:18
この回答がある質問
株主総会

お困りの状況、拝見いたしました。 ご自宅自体をお母さまが単独で相続されたのであれば、叔父様は特に権利は有しておらず、無償での居住を許諾された、使用貸借に近い状態かと思われます。 こうした場合...

回答日 2021年04月01日 13:42

理屈上としては、無許可の画像が掲載されていれば、その間、権利侵害はされ続けたことになりますので、苦情が来るまで心外状態を放置していると、苦情が来た時点で賠償などを併せて求められるリスクはあるかと思わ...

回答日 2021年03月31日 12:27

追加のご質問、拝見いたしました。 そもそもPIP自体、降格や退職を条件とした契約変更を求めるようなものですので、必ずしも承諾をする義務はなく、要望に応じないとの判断もあるかと思慮いたします。 ...

回答日 2021年03月31日 12:22
この回答がある質問
退職 期間

ご参考になったようであれば幸いです。 追加のご質問について、以下でご回答いたします。 ①具体例について ・子供が遊ぶ図、料理人など  映り込みだと肖像権などへの抵触があり得ますが、モデル...

回答日 2021年03月31日 02:19

お困りの状況、拝見いたしました。 労働者の地位か、それとも役員に当たるかなどによっても変わりますので、以下では場合分けしてご説明いたします。 まず、労働者の場合、法律上の要件を満たさなければ...

回答日 2021年03月30日 20:05
この回答がある質問
退職 損害賠償

【質問1】 そこまでは必要ないかと思われます。 確かに、無断で人の容ぼうなどを映していれば、肖像権に抵触する可能性は形式的に考えられます。 しかし、裁判例上でも、こうした容ぼうの映り込みが...

回答日 2021年03月30日 19:28

「古物」に該当しうるものを販売するのであれば、購入を想定しておらずとも、古物営業法上の「売買」には当たりますので、古物商許可は必要と思慮いたします。

回答日 2021年03月30日 08:58
この回答がある質問
他社との取引や契約

有給休暇は、在籍している期間に応じ、法律に基づいて発生するものですので(労働基準法39条)、会社の規定や経営者の判断によって発生が左右されるものではありません。 そのため、退職日が決まっている...

回答日 2021年03月30日 01:17

追加のご質問、拝見いたしました。 法人格がなく、仕入れが発生しないとのことであれば、3については古物とならない可能性があるかと思慮いたします。 なお、4については、換金自体はできないポイント...

回答日 2021年03月30日 00:01
この回答がある質問
他社との取引や契約

追加のご質問、拝見いたしました。 ご記載のように、市場で新品を仕入れてレンタルするのであれば、「古物」には当たらないものと思慮いたします。 プレゼントの対象物に関しては、使用の有無にかか...

回答日 2021年03月29日 22:27
この回答がある質問
他社との取引や契約

お辛い状況、拝見いたしました。 心身への不調が出ていない場合、請求できる額に限度は出てきますが、会社や行為をしている人物に対し、慰謝料請求をする余地はあるかと思われます。 ご請求に関しては、代理...

回答日 2021年03月29日 21:41
この回答がある質問
サービス残業

自分の占有下にある他者の所有物を了解なく処分していますので、形式的には、横領罪に当たる可能性が考えられます。 もっとも、おそらく大半は価値のないものであったと思われますので、そうであれば、よほ...

回答日 2021年03月29日 20:45
この回答がある質問
ハラスメント

ご質問、拝見いたしました。 段階的にご説明いたします。 ・「古物」に当たるかどうか 文字通りの中古品だけでなく、使われていない新品であっても、一度市場に出たものを仕入れたものは、古物に...

回答日 2021年03月29日 20:37
この回答がある質問
他社との取引や契約

基本的には、就業規則での記載内容によって変わってまいります。 就業規則において、刑事事件で有罪が確定した場合を懲戒処分などの対象としているものはあり、会社によっては、これを解雇や懲戒解雇の対象とし...

回答日 2021年03月29日 19:10
この回答がある質問
解雇

お困りの状況、拝見いたしました。 基本的には、出版契約において書籍の所有権が貴社と相手方のどちらになっているかで、判断が変わってくるかと思われます。 同人誌の印刷や自費出版のように、印刷を発...

回答日 2021年03月29日 18:56

資金移動業顧客からの対象となる「為替取引」とは、離れた場所にいる相手に対して、現金輸送以外の仕組みを利用して資金を移動する依頼を受けることを指します。 そのため、いわゆる収納代行と呼ばれるもの...

回答日 2021年03月29日 13:03
この回答がある質問
他社との取引や契約

【質問1】 相手方の売掛先に請求を行うことは、訴訟で勝訴判決を経た上で、差押えを行う場合などを除き、原則としてはできません。 こうした行動をとると、相手方の信用を毀損したなどとして、逆に相手方か...

回答日 2021年03月28日 19:23

ご事情、拝見いたしました。 確かに、募集広告や現在のやり取り自体は、のちのペット飼育を前提とするものと示す材料にはなるかと思いますが、あくまで契約上でペット飼育禁止と明記をされてしまうと、後に大家...

回答日 2021年03月28日 13:19

1 - 30 件を表示/全 960 件

現在営業中 09:00 - 20:00

青山第一法律事務所へ面談予約

電話番号 050-5349-1484

※青山第一法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで面談予約

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
定休日
土,日,祝
備考
事務所営業時間は平日9:00-20:00
※メールでの面談予約は,24時間受付。
※お電話での面談予約は,営業時間中での受付となります。
※夜間や土日・祝日でのご相談,出張相談についても,状況に応じて対処できる場合があります。また、ご遠方の方からのご相談の場合、有料にはなりますが、メールや電話でのご相談もお受けできる場合があります。ご要望があれば、お問い合わせください。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。
対応言語
英語