甲本 晃啓弁護士 こうもと あきひろ

甲本 晃啓弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
企業法務・顧問弁護士
全国 2
インターネット問題
全国 1
離婚・男女問題
全国 23
遺産相続
全国 12
不動産・建築
全国 5
債権回収
全国 22
詐欺被害・消費者被害
全国 4
犯罪・刑事事件
全国 9
総合
全国 5
東京都 3

弁護士法人甲本総合法律事務所

東京都中央区日本橋兜町20-6日本橋兜町ファースト8階
現在営業中 09:00 - 18:00
電話番号 050-5265-6663
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名4,561 件/匿名:109件

守秘義務を負っているわけではないですし、個人情報保護法の適用対象でもないと思います。 ですので、あなたにおそらく責任はないと思います。 しかし、紛争になる可能性はあります。理由がある・ないに関わ...

回答日 2019年08月12日 13:58

込み入った事情がありそうですが、情報自体を渡すことは問題ないように思われます。 顧客情報ではなく、過去の名誉毀損事件に関する情報提供の目的でしょうし、そもそも提供先があなたの友人の会社であれば、情...

回答日 2019年08月12日 12:16

> ①裁判所に提出済みの上申書を相手に見られたくないが、そのようなことは可能か。上申書を非公開?にするための新たな上申書が必要? → 上申書を取り下げ、直接裁判官に電話などの事実上伝えるとい...

回答日 2019年08月11日 11:26

特定人の犯罪に関する事実は社会的評価を低下させるものですから、原則として名誉棄損に該当します。書き込んだ者が誰か、犯罪を犯したと言及された人が誰かはほぼ関係ないと思います。 その上で、表現の自...

回答日 2019年08月11日 11:10
この回答がある質問
インターネット

イラストは児童ポルノには当たりませんので、全く心配はいりません。

回答日 2019年08月11日 10:59
この回答がある質問
児童ポルノ・わいせつ物頒布等

特定のオンラインゲームを利用できる権利または法的地位ですので、当然に財産的価値は認められます。 ゲームアカウントを騙し取られた形になった場合、詐欺罪(刑法246条2項の利益詐欺罪)および不正アクセ...

回答日 2019年08月08日 12:07
この回答がある質問
インターネット

一瞬なりすましアカウントを作っただけで、実質的なやりとりをしていないのであって、今後同様のことをしなければ、特に刑事事件化することはないと思います。 AやBにとっては相当に気持ち悪いことですか...

回答日 2019年08月08日 11:52
この回答がある質問
インターネット

まず、法的判断を述べます。 ・ 障害の程度に応じて教育指導は合理的配慮(※)を行う必要があります。 ・ 義足を外して手を付かせて走らせるのは、合理的配慮を欠いているうえ、貴方の人格を傷つける行為...

回答日 2019年08月08日 02:18

公正証書原本不実記載(刑法157条1項)で刑事告訴ができる事例だと思います。 > 公務員に対し虚偽の申立てをして、登記簿、戸籍簿その他の権利若しくは義務に関する公正証書の原本に不実の記載...

回答日 2019年08月08日 02:12

契約上、店舗の閉鎖によってリースの中途解約ができるのかは、契約内容によります。通常は、契約書をすべて拝見し、契約にいたるまでにどんな説明があったのかを聴き取りつつ判断するものですので、断片的な条項(...

回答日 2019年08月08日 01:36
この回答がある質問
リース・賃貸借契約

1.アカウントを購入した私が加害者になってしまうことはあるのでしょうか? → 販売者との関係では法的責任を追及されることはありませんが、ゲーム運営会社との関係ではRMTによるアカウントは利用規約(...

回答日 2019年08月07日 11:23
この回答がある質問
インターネット

直接連絡とるのは構いません。控え(コピー)を手元に残し、簡易書留、配達記録、レターパックなどで郵送すればよいかと思います。

回答日 2019年08月06日 18:56

法律上は、契約は口頭で締結が完了しており、契約書はあくまでも契約内容を確認する意味合いちすぎません。契約書の取り交わし義務も口頭での契約には含まれていますが、その履行を求めることはできますが、賃...

回答日 2019年08月06日 16:50

適法に販売をしたいということですので、2点補足をさせていただき、意見を述べます。 1 著作権の成否は坂野弁護士のおっしゃるとおり、個別判断になります。 ただ、どの程度の長さになれば、著作物性...

回答日 2019年08月06日 10:04

廃棄物処理法違反にあたります。 事業者による大量の産廃の不法投棄まで想定しているため、5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金が最高刑となる犯罪です。 実際の話としては、1回限りで日常的...

回答日 2019年08月05日 23:39

わかりにくいです。 大家さんがクーラを購入して設置した、その後、賃借人がこれを譲り受けて管理しているということであれば、所有者である賃借人が損害賠償責任を負います(民法717条)。

回答日 2019年08月05日 23:29
この回答がある質問
近隣トラブル

サイトごとではなく、書き込み一件ごとに時効が進行します。 しかし、ネット投稿では時効はほとんど影響はなありません。時効が完成するまえに、特定が困難ち鳴ってしまうからです。 例えば、5、6...

回答日 2019年08月05日 23:26

まず、あなたは賢明なので理解できると思いますが、「話の通じない馬鹿は相手にしないほうが良い」と言われています。 「あなたは会話というものができないようですね。これ以上は時間の無駄なのでブロック...

回答日 2019年08月05日 23:07

1 スポーツの結果や記録などは著作権で保護されていますか? → データ自体は著作権の保護対象ではありません。 2 新聞や主催者のホームページに記載されている結果や記録を転載(引用?)する場合...

回答日 2019年08月05日 02:50
この回答がある質問
著作権

> 著作者人格権侵害のみの告訴の取り消しは可能でしょうか? → 告訴不可分の原則がありますので、無理です。告訴は特定の「行為」についてなされます。たとえば、無断転載をしつつ、著作分の一部が切...

回答日 2019年08月04日 20:23
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

相手方の言っていることがコロコロ変わりますね。 本当に壊れたのでないならば、商品代金の支払いを免れるための詐欺の可能性があります。 あなたは法律上は商品の返還または代金支払を求めることができ...

回答日 2019年08月04日 12:42
この回答がある質問
製品の欠陥

原告側から書面が出たあとの期日で、裁判官より被告へ「(一応)反論はされますよね?」と確認されると思いますので、反論本人訴訟でしたら、その際に「真実性の抗弁まで必要ですか?」と直接尋ねられたら良いと思...

回答日 2019年08月04日 12:19
この回答がある質問
訴状

>③の被告準備書面⑴では法的なことを主張しませんでしたが、被告は今後、〔公共の利害に関する事実、公益を図る目的、真実性・相当性〕や表現の自由など主張することになるのでしょうか? 現段階で...

回答日 2019年08月04日 10:21
この回答がある質問
訴状

この種のご質問では、一番重要なことは、どのような手段で連絡されたかです。 その点はいかがですか。 電話で事務員に伝えた、メールを送ったが返信がない、というレベルであれば、まずは、FAXか手紙...

回答日 2019年08月03日 19:02

やるべき事をやったのですから、相手から連絡がなければ、このまま何もしなくて良いです。 家賃は5年で時効にかかります。もし、真実として滞納があれば、2014年12月頃から2015年5月頃の家賃とのこ...

回答日 2019年08月03日 18:50
この回答がある質問
不動産契約

どこまで抽象的でも事実の摘示といえるのかという問題です。 例えば、「罪を犯した」「前科者である」は、犯罪は明示されていない(抽象的)が、一般には社会的評価を低下させる事実が摘示されたと評価され...

回答日 2019年08月03日 16:05
この回答がある質問
インターネット

一般従事者は、以前は、可能でしたが、省令改正(平成26年6月12日施行)により販売・授与・情報提供はできません(薬剤師や登録販売者の指導のものであっても)。できるのは、医薬品の代金精算等、専門的知見...

回答日 2019年08月03日 15:46
この回答がある質問
消費者契約

特に問題はないと思います。 そもそも、個人の住所等は民事的なプライバシー侵害にはあたるとしても、それを処罰する条文はないため、犯罪にはあたりません。故意に拡散するおつもりで投稿されたのでなければ、...

回答日 2019年08月03日 15:30

名誉棄損は特定の個人の社会的評価を低下させる事実(真実か虚偽かを問わない)を摘示することで成立します。事実の摘示がない場合を「論評」と言って、その場合も、個人の人格攻撃にいたるような場合には名誉棄損...

回答日 2019年08月03日 10:54
この回答がある質問
インターネット

そのまま署名して大丈夫な印象も受けますが、的確な判断が必要ということであれば、覚書の内容を弁護士に直接見てもらう必要があります。文言の仔細な表現で法的義務の内容および範囲が変わるため、ネット相談では...

回答日 2019年08月03日 10:14
この回答がある質問
マンション

1 - 30 件を表示/全 4,561 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50
現在営業中 09:00 - 18:00
弁護士法人甲本総合法律事務所へ面談予約
電話番号 050-5265-6663

※弁護士法人甲本総合法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで面談予約
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
定休日・営業時間外も、問い合わせフォーム「メールで面談予約」からのお問い合わせには目を通しております。面談予約も可能です。
対応地域
経歴・資格
事業会社勤務経験
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談