弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野

山本 衛弁護士 やまもと まもる

山本 衛弁護士

東京ディフェンダー法律事務所

東京都中央区日本橋小網町1-4淳和ビル5階
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:92 件/匿名回答数:0件

今後は一切の対応をしないべきです。 それでもしつこいようであれば,「弁護士に相談した結果,対応しないよういわれたので以後対応しません」という対応をしてみてください。 万が一書面などが来るようであ...

回答日 2014年12月15日 16:40
この回答がある質問
アダルトサイト

特に書面の形式はありません。裁判所宛の文章で,手紙を送る人と相手が特定され,手紙だけでも解除を求めて欲しいという内容の書面を出せば,理解されるでしょう。 裁判所宛の文章には弁護士がよく利用する書式...

回答日 2014年12月15日 16:27
この回答がある質問
窃盗・万引き

相場感はないではないです(罪名にもよりますが,30万円を下ることはないでしょう)が,示談は「和解」ですから,ご本人と,ご家族が,納得のいく額を呈示してみて下さい。 相手が払えるかにも関わってきます...

回答日 2014年12月15日 16:18
この回答がある質問
痴漢

出頭はすることをおすすめします。 取調べにどのように対応するべきかは,公開の掲示板ではなく,具体的な事情,詳しい事情を直接弁護士へご相談されたほうが的確な助言を受けられるのではないかと思います。

回答日 2014年12月15日 16:09

「教えたくない」といえば,教えなくても構いません。 弁護士を選任することによって,弁護士を代理人として損害賠償等の措置を行うことは可能です(相手が応じれば,ですが)。 その場合には,こちらの...

回答日 2014年12月15日 16:01
この回答がある質問
窃盗・万引き

窃盗罪は,物を盗んで,自分のものとして使おう,売ろう,利用しよう,という意思を持って行う犯罪であるからこそ,処罰されます。 ですので,物を壊す目的で物を盗んでも,窃盗罪にはならないのです。その場で...

回答日 2014年12月15日 15:56

窃盗という意見もないではないかもしれませんが,処分が目的であれば,基本的には器物損壊罪が成立する可能性が高いと思われます。 詐欺罪についても,私は詐欺罪は成立しないという意見ですが,別論もあるかも...

回答日 2014年12月11日 11:31

質問へのご回答としては,基本的に上の先生がお答えになったことを支持します。 ところで,場合によっては,このサイトにこういう内容の質問をしたという事実自体が証拠になり得ますよ。 公開されたイン...

回答日 2014年12月11日 11:24

望ましい対応だとは思いませんが,そういうことをいう弁護士も一定数いらっしゃるのかもしれません。 ただ,接見禁止の一部解除申立は,実は,弁護人を通じなくとも可能です。ご本人が申し立てることはもちろん...

回答日 2014年12月11日 11:17
この回答がある質問
窃盗・万引き

このような場ですと,厳密に事実関係を把握できませんから,暫定的な回答になってしまいますが,罰金の可能性が最も高いといって良いのではないでしょうか。

回答日 2014年12月11日 11:05
この回答がある質問
盗撮・のぞき

>携帯電話を解析する為に提出する時、今回だけでなく、過去に盗撮した動画が30件程、残ってることも正直に伝えたんですが、余罪で刑が重くなるんでしょうか? もちろん,そのような事実が明らかになれ...

回答日 2014年12月10日 15:25
この回答がある質問
盗撮・のぞき

今回の件が立件され,検察庁で事実関係を認める前提で,その他事実関係にもよりますが,前歴があっても,盗撮の前歴ではなく盗撮が1件であれば,30万円前後の罰金処分が見込まれると思います。

回答日 2014年12月10日 11:34
この回答がある質問
盗撮・のぞき

「使ってない口座のカードを渡した」のか「新たに口座を作ってカードを渡したのか」は決定的に違うので,はっきりと区別する必要があります。 後者は詐欺です。過去に担当した案件で,後者のようなケースで起訴...

回答日 2014年12月09日 17:31

実刑であれば1年以上2年以内という感じでしょうか。 執行猶予の可能性も,事実関係によっては,無くはないと思います。

回答日 2014年12月09日 17:19
この回答がある質問
執行猶予

ご自身の合格証書であれば,特に問題は無いように思われます。

回答日 2014年12月04日 17:28
この回答がある質問
インターネット

本来であれば放っておくべきものだったように思います。 もちろん,詐欺ですから,法的にはお金を取り返すことは可能です。 しかし,弁護士に依頼して裁判するとなると,着手金だけでも10万円以上は必要な...

回答日 2014年12月04日 17:25

電車内などでの痴漢事案でしょうか? 少し事実関係が抽象的すぎるので,あくまで大まかな意見です。 下着の中に手を入れて直接性器等を触った事案では,強制わいせつの罪に問われる可能性が高いです。 ...

回答日 2014年12月04日 17:15
この回答がある質問
執行猶予

女性が18歳以上であれば、特に犯罪が成立するということはないと思われますが、女性が18歳未満の場合には、条例により罰せられる可能性があります。

回答日 2014年11月18日 09:24
この回答がある質問
児童買春・援助交際

強盗致傷罪は、無期または6年以上の懲役が定められてはいますが、この量刑を下回ることも多い罪名です。執行猶予がつく例もあります。 また、強盗致傷罪で逮捕されたとしても、(たとえば傷害と窃盗など)別の...

回答日 2014年11月13日 11:22
この回答がある質問
窃盗・万引き

ないとは言えません。 ただし,今問題になっている事実について黙秘するわけではなく,かつ発覚していない(と思われる)余罪に関する事実であるため,リスクは低いとは思います。 少なくとも理論上は,余罪...

回答日 2014年11月06日 12:01
この回答がある質問
盗撮・のぞき

法律上は「遅滞なく」あるいは「直ちに」となっています。 検察官が、送達すべき起訴状の謄本を提出し、裁判所が刑事施設の長に送達することになっています。 地域などにもよるかもしれませんので確実なこと...

回答日 2014年11月05日 19:34
この回答がある質問
起訴・刑事裁判

ごく簡単にいえば、相手がけがをすれば傷害、していなければ暴行です(厳密にいうと例外がありますが省略します)。 傷害がどのような処分になるかは、怪我の重さ、暴行の悪質さ、相手との間に示談できているか...

回答日 2014年11月05日 18:51
この回答がある質問
暴行

被疑事実を争っているかどうかによっても異なってくると思いますが、一般的には、処分保留で釈放と同時に再逮捕するケースと、起訴して再逮捕するケースがあります。不起訴にして再逮捕というのは、そんなに多くは...

回答日 2014年11月05日 18:47
この回答がある質問
起訴・刑事裁判

かなり差し迫ったご相談ですね。具体的な事実関係を詳しく準備し、直接の弁護士の法律相談を利用されたほうがいいように思われます。 一般的にいえば、ご指摘の事例であれば、黙秘権を行使すべき事案もあるよう...

回答日 2014年11月05日 17:55
この回答がある質問
盗撮・のぞき

具体的事案によるので何とも言えませんが、1件で、未遂であれば、執行猶予の余地が十分にある事件だと思います。 初犯で組織とのかかわりもないとのことであれば、可能性は高まると思います。 組織にも関与...

回答日 2014年11月05日 17:37

被害届が取り下げられたと言うことであれば,軽微な事案ですし,それ以上の捜査はなされないのが通常であろうかと思われます。

回答日 2014年11月03日 09:43
この回答がある質問
窃盗・万引き

結果如何に関わらず,弁護士を代理人として交渉することは可能です。 ただ,一般に,見込みのない事件を弁護士が受けることは倫理上難しいので,そういう意味で断られたのかも知れません。 示談交渉は相手と...

回答日 2014年10月28日 16:42
この回答がある質問
横領

単純な売春,および買春は,違法ではありますが,犯罪ではありません。 したがって,ご指摘のケースは,犯罪ではありません。 ただし,相手が18歳未満の場合は,犯罪となります。

回答日 2014年10月28日 16:33
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

自白事件であれば,初犯で特に示談等のない場合,略式起訴(正式な裁判を開かず,罰金を納めさせることで手続を終了させる処分)されて,30万円前後程度の罰金を納めることとなるのが通常です。

回答日 2014年10月28日 11:13

前提としてですが,「痴漢にて逮捕」されたとのことですが,痴漢を行ったことは間違いない(あるいは,認めている)のでしょうか。 それによって全く対応が異なってきますから,その点を明らかにしたうえ,具体...

回答日 2014年10月23日 12:12

1 - 30 件を表示/全 92 件

山本 衛弁護士へ問い合わせ
電話番号 050-5350-1837

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
時間外土日も可(要予約)
対応地域
経歴・資格
冤罪弁護経験
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談