現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
山本 信一弁護士

( やまもと しんいち ) 山本 信一

山本信一法律事務所

現在営業中 08:00 - 21:00

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:1,101 件/匿名回答数:0件

その追加した文言が、公正証書作成時に記載されていて、その文言を含めて公証役場で証書が作成されたというのであれば有効で、離婚時にそのような意思表示がなされたという事実は尊重されます。 ただ、お子さん...

回答日 2021年04月19日 18:02

告訴状としての形式(内容も含め)が整っていれば受理になるはずです。

回答日 2021年04月15日 16:34
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

土地の権利関係は登記簿の記載が中心になります。地目についても、それが「誤記」でない限り、すなわち登記申請時に「山林」として登記されたものである限り、遺言及び相続関係においては「地目 山林」と記載する...

回答日 2021年04月14日 10:37
この回答がある質問
相続登記・名義変更

首謀者の特定ができないということだけであれば、それが告訴することの障害になるということはありません。複数人による犯罪で、その複数人が現場で行為に及んでいた場合であろうと共謀しただけであろうと、その全...

回答日 2021年04月14日 10:32
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

1 三年前の合意の後に、その合意内容を変更する合意をしていない限り、取り決めは有効です。 2 元夫の性格がやや特異と見受けられるので、いままでと異なる方法を講ずると、それを根拠に新たな要求...

回答日 2021年04月12日 19:44
この回答がある質問
親権

解除の可否は、その「契約」の内容と契約からの経過期間によります。 その契約書を持って、お近くの消費者センターか区役所の相談窓口に行き、相談に乗ってもらうのが早いと思います。

回答日 2021年04月10日 05:01
この回答がある質問
訪問販売・訪問買取

面会交流は子の福祉のためのものです。当時五歳で三年を経過しているとなると、お子さんの意思も明確に表示できると思いますので、まずは、お子さんが父親との面会を求めるかどうかを確認することが第一です。 ...

回答日 2021年04月10日 04:15
この回答がある質問
親権

お問い合わせの状況からすれば、前歴にはなっていないはずです。 前歴は、逮捕であれ任意であれ、被疑者として立件された後に何らかの処分があったときの記録のことですが、ご不審におもっている「職務質問」な...

回答日 2021年04月10日 04:07
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

その500万円がどのようなお金なのかについて明確にしておく必要があります。相手は、これが慰謝料だと思っている可能性もあります。 また、離婚に伴う金銭の支払合意については、相手が不履行した場合に強制...

回答日 2021年03月31日 13:52
この回答がある質問
不倫慰謝料

「扶養的財産分与として、離婚成立から〇〇までの間、各月金〇万円ずつを、毎月各月〇日までに支払う。」と公正証書に記載され、債務者において、これについても執行認諾条項を承諾すれば、養育費と同じように、債...

回答日 2021年03月31日 13:45

離婚後の一定期間における生活支援資金的な金銭を「扶養的財産分与」として記載できる場合があります。 その場合、養育費の支払方法と同様に、各月ごとの支払額と支払い期限、そして存続期間などを決めておく必...

回答日 2021年03月31日 13:36

釈放が、①逮捕から48時間以内であったのか、②検察官か送致後勾留尋問までの間であったのか、③勾留質問の後だあったのかによって理由は異なります。 ①ならば、逮捕前の時点では逃亡のおそれ及び罪証隠滅の...

回答日 2021年03月23日 21:24
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

債権の時効消滅というのは、債務者側がそれ(時効)を主張して初めて問題になるものなので、叔父さんなる人に、その貸してあるお金の返済を請求することはなんらかまいません。相手が払ってくれれば、それを受け取...

回答日 2021年03月23日 13:03
この回答がある質問
公正証書遺言

遺言作成に関与された弁護士がなくなっているとなると、その落ち度を立証して責任追及することは難しいと思います。

回答日 2021年03月22日 10:05
この回答がある質問
公正証書遺言

遺言無効確認の訴えを提起して点その公正証書遺言の効力(有効性)を争うことはできます。 ただし、訴えを提起する側において叔母に遺言能力がなかったことを立証しなければならないため、その証拠が揃うかどう...

回答日 2021年03月20日 22:44
この回答がある質問
公正証書遺言

差押通知なるものが来ていても、それが初めてであれば、その期限を過ぎたから直ちに強制手続きに移るということではない場合があります。まずは、区役所の収税課へ出向いて行って、今後の支払方法について相談する...

回答日 2021年03月17日 14:28

委任状を他人が本人の承諾なく作成すれば、私文書偽造罪が成立しますが、ご主人の所在が不明であっても、ご本人がその手続きをした可能性がありますし、あるいは誰かに委任して転居手続きをした可能性もあるので、...

回答日 2021年03月17日 10:38
この回答がある質問
戸籍と姓

付きまとわれている、若しくは不安感を煽られているということであれば、地元の警察に相談して注意・警告してもらい、あるいは接近禁止などの然るべき措置をとってもらうということも考えられると思います。 お...

回答日 2021年03月17日 10:31

離婚において、子の戸籍が父親(戸籍筆頭者)の戸籍に残ることは法の定めるところであり、また父親にも再婚する自由はあるので、それは妨げないのですが、再婚すれば自らの戸籍に載り、養子縁組すればそれも載るの...

回答日 2021年03月11日 18:42

彼の車の運転行為(無免許)に至る経過・働きかけが彼主導で行われたとれば、娘さんには無免許運転の幇助が成立すると思われます。 逆に娘さんが主導的で、彼に運転をさせたという事実関係であると、教唆若しく...

回答日 2021年03月11日 18:01

相手方子供の年齢によりますが、文字が理解できる年齢であれば、子供宛のやさしい(簡易な)文面の手紙を書いても良いと思いますが、文字が理解できないならば、その保護者宛の謝罪文にしたほうが良いですね。その...

回答日 2021年03月09日 17:40
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

事実関係を記憶に従って供述し、それが裏付けられてくれば、一般的には「反省している」という評価をしてもらえることになります。 反省文というよりも、相手方(被害者)に対する謝罪の意思表明はしておいた方...

回答日 2021年03月08日 17:48
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

警察から連絡がきたということは、被害者が届け出て、何らかの方法で、誰が財布を持って行ったかを特定されているのだと思われます。 警察としては、財布拾得時の状況や在中物、その後の処置について取り調べを...

回答日 2021年03月08日 17:38

① 第3条について     分割弁済期間を例えば8年にしようとする場合、債務総額を12か月×8年の96か月で除し、その額を各月分の支払額として記載することになります。開始年月と終了(完済)年月をそ...

回答日 2021年02月22日 16:58

どのような罪で執行猶予となり、どのような罪で逮捕されたのかが分からないと、確たるところは答えられません。 執行猶予中に逮捕されたとしても、不起訴になる可能性があります。不起訴にならないとしても、罰...

回答日 2021年02月18日 21:01
この回答がある質問
執行猶予

逮捕されることはありません。 過去の過ちについて、それを悔いて心配されれているようですが、どれも過去のことで、それについて今の時点で罪に問われるということはないはずです。 普通は、ここまで深刻に...

回答日 2021年02月18日 20:55
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

警察での取調べにおいて間違ったことを言ってしまった、間違った内容の供述調書を作成してしまったことが分かった場合、遠慮することなくはっきりと言ってかまわないし、言うべきです。 面倒なことにと思われや...

回答日 2021年02月16日 19:55
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

詐欺罪で起訴になるのか不起訴になるかの判断は、詐欺の態様・手口、被害金額、行為の回数、前科・前歴の有無、共犯者ある場合には相互の関係、役割の軽重、被害回復の見込み、被害者の被害感情の程度、その他いろ...

回答日 2021年02月16日 10:31

前科・前歴なく、4000円の事案であれば、その被害金品を被害者に返還するとともにお詫びをし、かつ、お詫び金として幾らかをしはらうこととして、警察からの呼出しの前に警察に出向いて、この前は不安もあって...

回答日 2021年02月16日 10:19
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

被害届を取り下げるということは、「被害がなかったことにしてもらう」又は「被疑者に対する処罰を求めないことにする」という意思の表明になります。 詐欺の被害の賠償請求と相手方からの弁償の方法が何年もか...

回答日 2021年02月15日 20:35
この回答がある質問
詐欺

1 - 30 件を表示/全 1,100 件

現在営業中 08:00 - 21:00

山本 信一弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5366-4820
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日08:30 - 22:00
  • 土日祝08:00 - 21:00
定休日
なし
備考
事務所の執務時間は9:00~17:30です。
事務所はご予約ない限り土・日・祝日は閉まっています。
交通アクセス
駐車場近く
設備
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。