弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野

新井 優樹弁護士 あらい ゆうき

新井 優樹弁護士

モノリス法律事務所

東京都千代田区大手町2-6-1朝日生命大手町ビル21階
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名49 件/匿名:0件

法律相談を一度受けた後に、また別の弁護士の法律相談を受ける場合はセカンドオピニオンになるのでしょうか? →「セカンドオピニオン」になるかどうかは定義づけをどのようにするか次第かと思います。依頼する...

回答日 2018年10月15日 16:33

今回のような場合、こちらが受け入れなくても離婚されてしまうのでしょうか。 →お互いが離婚に合意しない以上、一方の意思で勝手に離婚することは裁判外ではできません。裁判外での話し合いで解決できず、旦那...

回答日 2018年10月14日 20:37
この回答がある質問
離婚原因

2回目は出席された方が良いです。 前回の答弁書で主張し損ねてしまったことは「準備書面」と題する書面に記載をして主張を追加するようにしてください。

回答日 2018年10月14日 16:03
この回答がある質問
裁判離婚

①弁護士先生は警告書作成の際には、必ず差出人の依頼と確認があって作成するのでしょうか。 →差出人=依頼者だと思いますので、依頼者から依頼があり、相手方に送る文書の内容を依頼者に確認した上で文書を作...

回答日 2018年10月13日 22:47
この回答がある質問
不倫

ホテルに入っていく写真などがあげられると思いますが、上記の場合、行為はしていないと認められるのですか? ⇒ホテル(ラブホテルだという前提です。)に入っていく写真、出てきた時の写真の時刻等にもよるか...

回答日 2018年10月12日 20:15
この回答がある質問
不倫

過去の浮気相手との関係性が切れていることの証明を何かで完全に証明することは難しいかと思います。例えば、携帯の履歴に過去の浮気相手とのやりとりがないとしても、他の携帯を持っているのではないか、PCで連...

回答日 2018年10月12日 20:08

調停、裁判にかけるとしたら最低何回相手宅への出入りが必要でしょうか? →最低何回という画一的な基準は特にありません。

回答日 2018年10月05日 15:07
この回答がある質問
不倫慰謝料

自際にそのような行為があったのであれば慰謝料請求をすることは可能かと思います。 もっとも、会社の営業先かと思いますので、会社に一度ご相談されてはいかがでしょうか。 会社として対応をしてくれな...

回答日 2018年10月04日 18:04

カレンダー、手帳に外泊の日を記しています。 証拠になりますか? →記載内容にもよりますが証拠にはなり得ます。もっとも、あくまで相談者様ご作成のメモですので、証拠としての価値はそれほど高くはないか...

回答日 2018年10月04日 15:39
この回答がある質問
不倫慰謝料

離婚されるかどうかはお気持ち次第のところです。もっとも、精神的な負荷が重くおつらい状況でしたらそういったことを考えられても仕方のない部分かと思います。婚姻期間も18年ほどおありとのことですので、離婚...

回答日 2018年10月03日 23:48
この回答がある質問
不倫慰謝料

具体的に何回であればいくらという画一的な基準は導き出すことは難しいです。 もちろん証拠が多いに越したことはありませんので証拠を確保されること自体はされて良いかと思います。 ただ調査費用もそれなり...

回答日 2018年10月03日 23:26
この回答がある質問
不倫慰謝料

窓口とは社内に設置されているものでしょうか。どのような窓口にせよ、会社側が何らかの事実の存在を書面に記した場合には、それはモラハラ行為または職場いじめの事実の存在を基礎づける1つの証拠にはなり得ます...

回答日 2018年09月28日 17:47
この回答がある質問
職場いじめ

古着買い取り店にオリジナルかコピーかわからない衣類を査定に出した場合、返却さられるだけでしょうか? →お店次第かと思います。買取の査定をする段階でオリジナルかコピーの判断をし、その上で買い取るか否...

回答日 2018年09月28日 16:26
この回答がある質問
暮らし・趣味

証拠の収集もある程度進んでおられるのであれば、弁護士に依頼せずに相手方に慰謝料請求を行われても良いかと思います。 この場合、不倫相手への慰謝料を弁護士料に充当するというのは可能でしょうか。 ...

回答日 2018年09月27日 11:51
この回答がある質問
不倫慰謝料

①②共に、今回の運動指導に関する契約に際し、振込手数料をどちらの負担として合意していたのか次第となります。 現金受け取りを希望していたところ行政側の都合で振込送金の形になったのであれば、その旨...

回答日 2018年09月27日 11:29
この回答がある質問
労働

不貞行為は相当な回数あると思われますが、その全ての証拠がないとダメですか? ⇒必ずしもすべての証拠が必要なわけではありません。もっとも、不貞行為の回数が多いことや期間が長いことは慰謝料の増額事由と...

回答日 2018年09月25日 23:06

何か本人が確認すべき重要な事項が記載されていることは確かかと思いますが、心当たりがないのであればそこまで不安に感じる必要はないかと思います。必ずしも訴えることを前提とした通知ではないこともあるかと思...

回答日 2018年09月24日 19:48

社内にコンプライアン委員会が設置されているのであれば、一度ご相談(通報)なさっても良いかと思います。コンプライアンス委員会が機能している会社であれば、相談者(通報者)の情報が通報対象者に対して知られ...

回答日 2018年09月24日 12:33

無難に対応しておけば良いと思います。 訴訟の準備中である旨を伝えるとその場の雰囲気が悪くなったり証拠の隠滅等を図られるおそれがあるかと思います。

回答日 2018年09月21日 10:58
この回答がある質問
人事訴訟

1 講師との契約書には元塾生や現塾生と個別に家庭教師等の個別指導に関する契約を締結してはならない旨の条項は含まれておりませんでしょうか。含まれていなければ、退塾後は基本的に自由かと思います。もっとも...

回答日 2018年09月20日 17:01
この回答がある質問
パート・アルバイト

契約書の文言次第ではありますが、同業他社との競業禁止に合意したのであれば、同業他社との代理店契約は難しいかと思います。現在契約している代理店に交渉して契約内容の変更を打診してみてはいかがでしょうか。

回答日 2018年09月19日 21:35
この回答がある質問
業務委託契約

内容証明の作成の際に関連する一切の書類や証拠をお持ちになると弁護士は対応しやすいかと思いますが、準備することが難しい(時間のかかる)証拠については用意できなくとも構わないかと思います。 まずは...

回答日 2018年09月18日 10:31
この回答がある質問
連帯保証人

具体的にどのようなディレクション業務をなさったのかにもよりますが、何かしら対価性のある業務は行っているかと思いますので0円ということは考えにくいかと思います。 契約書の他の条項(料金の支払い等...

回答日 2018年09月18日 10:08
この回答がある質問
労働

おそらく委託業務の実態と契約書の内容にズレが生じてしまっているかと思われます。 契約書の文言を読むと請負契約を締結しているかのように読めます。 業務はアートディレクションとのことですので実態は準...

回答日 2018年09月18日 09:57
この回答がある質問
労働

相手の方に一括弁済が厳しい理由を説明し、分割払いで合意をしてもらうよう求めた方が良いかと思います。 その際には、分割で月●円で何回払いになるのかも併せて提案すれば、いつまでにお金を返してもらえ...

回答日 2018年09月17日 18:28
この回答がある質問
契約・借用書

契約書が存在しないようですが、相手方と口頭で合意し、仕事は完成し納品も完了しているようですので請求は可能かと思います。 Webサイトを閉じる前に、相手方に対し内容証明郵便にて料金の支払いを請求...

回答日 2018年09月16日 18:30

クライアントとの間契約書は作成していらっしゃない状態とお見受けしますので、見積書の備考欄に記載が合意された要件ないし仕様であるとし、当該記載のとおりのものを納品したことを理由に支払いを強く請求される...

回答日 2018年09月16日 14:50
この回答がある質問
他社との取引や契約

契約書に報告義務を盛り込んでいるのであれば、該当条文の番号や文言を明記した上で、加盟店に報告義務を履行するように勧告したり、実際に損害が発生しているものがあれば損害賠償請求をなさっても良いかと思いま...

回答日 2018年09月15日 17:09
この回答がある質問
契約書

取り交わされた合意書に、今後手段の如何を問わず連絡を取らない旨の条項が含まれているかご確認頂くと良いかと思います。そのような条項が含まれていれば、何か連絡をする正当な理由が無ければ違反になると思われ...

回答日 2018年09月14日 16:31
この回答がある質問
不倫慰謝料

相手方とやり取りをしたメールを証拠として提出する等して、実際に相手方と合意した内容と「契約書・NDA・仕様書兼発注書」なる書面に記載されている内容が異なること(仕事が完成していないこと)を主張してい...

回答日 2018年09月13日 12:19
この回答がある質問
悪徳商法

1 - 30 件を表示/全 49 件

新井 優樹弁護士へ問い合わせ
電話番号 050-5347-5270

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 23:00
  • 土日祝09:00 - 23:00
定休日
なし
備考
打合せ中・外出中等の事情によりお電話に出れなかった場合には改めて折り返しのお電話をさせて頂きます。メールにてご連絡頂ければ原則2営業日以内にこちらからご連絡致します。
対応地域
事務所の対応体制
完全個室で相談
英語