勝部 泰之弁護士 かつべ やすゆき

勝部 泰之弁護士
東京都 千代田区 鍛冶町1-10-6 株式会社リーガル・テクノロジーズ
現在営業中 10:00 - 18:00

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:482 件/匿名回答数:0件

減給につき、減給の額が、「1回につき平均賃金の半日分を超える」か「総額が賃金総額の10分の1を超える」場合は違法です(労基法 第九十一条)。 違反した使用者は三十万円以下の罰金に処せられます(労基...

回答日 2019年05月10日 18:18

>支払い能力の確認方法 法律上の制度として、執行力のある判決等がない状況で個別に相手方の財産の開示等を求める手段はないのではないでしょうか。 弁護士が依頼を受けた場合も照会制度を使った...

回答日 2019年04月26日 11:44
この回答がある質問
解雇

予告手当を設けない解雇の場合、予告手当は必ず支払うべきもので、支払わないという選択肢はありません(労基法 第二十条)。違反した場合は六箇月以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処せられます(同法 第百十...

回答日 2019年04月25日 20:43
この回答がある質問
解雇

>①会社を訴える場合、用意する必要があるもの 使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければなりません(労基法 第十五条)。 労働条件通知...

回答日 2019年04月23日 19:52
この回答がある質問
雇用形態

減給の額が、「1回につき平均賃金の半日分を超える」か「総額が賃金総額の10分の1を超える」場合は違法です(労基法 第九十一条)。 違反した使用者は三十万円以下の罰金に処せられます(労基法 第百二十...

回答日 2019年04月23日 18:46
この回答がある質問
労働条件

就職時に明示された労働条件と実際が異なる場合、労働者は即時に労働契約を解除できます(労基法 第十五条)。 しかし、労働条件の変更に応じてしまったのであればこの規定を理由に解除できない可能性が高いで...

回答日 2019年04月06日 17:29
この回答がある質問
労働

株式会社の場合、法務局に法人登記の申請をすることになり、申請が受理された日が会社設立の日になります。それから概ね1~2週間すると会社の登記が確認できるという流れです。 この申請をする前の時点では法...

回答日 2018年03月22日 18:27
この回答がある質問
登記情報請求

法務局に行って本店所在地から該当の商号があるかを確認することもできますし、インターネットの「国税庁法人番号公表サイト」で法人が存在するか確認することも可能です。 「商号」「所在地」などで検索が可能...

回答日 2018年03月22日 15:38
この回答がある質問
登記情報請求

個人情報を公開しない形で訴状の内容をインターネットに公開することは一般に違法とはなりませんが、名前や住所まで公開すると違法(プライバシー侵害)となり得ます。 >また以前の名誉毀損で刑事告...

回答日 2018年03月21日 19:30
この回答がある質問
インターネット

相手が警察に相談したところで、本件は民事の問題ですから、相手と妥当な修理額について話し合いをしていくしかないのではないでしょうか。

回答日 2018年03月19日 21:27
この回答がある質問
暮らし・趣味

難しいところです。最初の修理・メンテナンスで老朽化部分もチェックして欲しかったところではありますが、逆に言うと割れてもいないのに交換するのも過剰な対応になってしまいます。 その部品が最初のメンテナ...

回答日 2018年03月17日 19:32
この回答がある質問
暮らし・趣味

「事務所に所属しているのに所属していないと偽って」「画像を騙し取る目的で」撮影に応じたのであれば詐欺の実行行為になりうるとは思いますが、立証が難しいです。警察に行っても民事の問題ではないかと言われる...

回答日 2018年03月16日 17:37
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

>もし、受任済みだとした場合、相手様に、私が相談へ行こうとしたことが伝えられてしまいますか? (○○さんがあなたのことで相談に来ましたよ、など。) これはその弁護士の倫理感にもよります...

回答日 2018年03月09日 00:43
この回答がある質問
インターネット

関東財務局が作成した「海外に所在する無登録業者によるFX取引等の勧誘等に注意!」という書面によると、「「口座開設をサポートします」、「キャッシュバックリベートを提供します」いった内容のものを含め、ア...

回答日 2018年03月08日 22:59
この回答がある質問
金融

先に相手から事件の受任をしていると弁護士はその件の相談を受けることができません。 相手の名前等を伝えた上でその弁護士がその事件の受任をしていないことを確認してから法律相談の予約を取られるとよいと思...

回答日 2018年03月08日 22:44
この回答がある質問
インターネット

「契約書などはなし」とのことですが、69万円で認定資格の講座を受講する、という部分も含めて契約書はないということでしょうか、それとも、それ以外の条件の部分のみ契約書はないということでしょうか? ...

回答日 2018年03月07日 20:31
この回答がある質問
ビジネス・儲け話

相手が退職してからも請求できます(時効にご注意下さい)。 ただし、時効期間(民事の慰謝料請求の場合は不法行為時から3年)が経過すると請求ができなくなるのと、セクハラ自体、時間が経過すると証拠を集め...

回答日 2018年03月07日 13:11
この回答がある質問
セクハラ

まずは第一回期日までに必ず答弁書を出すようにしてください。答弁書を提出せずに第一回に欠席すると、相手の言い分をそのまま認めたことになり、敗訴してしまう可能性があります。 次に、借用書がないにもかか...

回答日 2018年03月07日 00:21
この回答がある質問
契約・借用書

客観的な立場から意見を言ってくれる方が良い場合もありますが、きちんと請求すれば通る(かもしれない)主張を控えるという傾向があるかもしれません。 理想を言えば、冷静に歩留まりを意識しつつも労働者側の...

回答日 2018年03月06日 22:09

遺族年金、死亡一時金のいずれも、一般的には相続放棄しても受け取れる性質のものです。相続は死亡時に亡くなった方が所有していた財産を引き継ぐものですが、死亡一時金は死亡によって発生するので、相続財産を構...

回答日 2018年03月06日 21:56
この回答がある質問
相続

事業者が保有する個人データをその事業者以外の者に提供する(第三者提供)場合、原則として、本人の同意が必要です。子会社も第三者に該当します。 住宅ローンの契約書などの裏(又は別紙)に取得目的や利用範...

回答日 2018年03月06日 21:00
この回答がある質問
知的財産

勤務先も開示対象です。民事執行法197条3項3号はそのことを前提にしています。 財産開示につき、出頭拒否、宣誓拒否、開示拒否、虚偽開示のいずれかがあれば過料の制裁があります。但し、裁判所が判断する...

回答日 2018年03月06日 20:29
この回答がある質問
財産開示手続

契約書に署名押印をしていなければ契約は成立していないので返金を求めることができ、署名押印をしてしまっていればクーリングオフも解除もできません。 (「定期借地権 中途解約」でネット検索してみてくださ...

回答日 2018年03月06日 20:11

先にNDAを取り交わした親会社に開示をしてよいか確認をされてみてはいかがでしょうか。 親会社のNDAを参考にしたいという要望自体は良くあることですが、許可なく開示することは問題ですので、子会社の担...

回答日 2018年03月06日 18:48
この回答がある質問
他社との取引や契約

最初から和解する目的であれば、訴え提起前の和解(民訴法275条)という方法を取ることが可能です。また、公証人役場で合意内容を公正証書にすることも可能です。いずれも、和解条項の文案があり、その条項につ...

回答日 2018年03月06日 17:34
この回答がある質問
借金

注文者が破産した場合で、民法642条1項による解除がなされた場合、未払い報酬債権は財団債権ではなく破産債権になります。 財団債権となるのは、解除をせずに工事を続行した場合の報酬債権です(破産法14...

回答日 2018年03月06日 13:04
この回答がある質問
建築

>1.これが原因で、免責決定が覆るようなことになる可能性はありますか? ありません。「破産手続開始決定後 借金」等でインターネット検索をして調べてみてください。 >2.また、...

回答日 2018年03月05日 23:53
この回答がある質問
自己破産

コンサルティング契約とありますが、契約をした事業者は投資助言代理業の登録のある会社でしょうか。 自動売買ツールの売却や投資の一般的方法の伝授などであれば登録は不要ですが、投資顧問契約を締結した上で...

回答日 2018年03月05日 23:24
この回答がある質問
FX(外国為替証拠金取引)

結婚相談所の契約は、継続的役務提供契約という類型に該当するかと思います。 概要書面(クーリングオフができることを説明する書面)を受け取ってから8日以内に書面で解除する旨の意思表示をすれば足りま...

回答日 2018年03月05日 21:53
この回答がある質問
結婚相談所・結婚式

>・弊社に返金義務は生じるのでしょうか? 契約書、仕様書次第ですし、納品物の出来というものも関係してくるとは思いますが、 少なくとも、「自社が気に入らない、使わない」から解除請求・返金...

回答日 2018年03月05日 11:59

1 - 30 件を表示/全 477 件

現在営業中 10:00 - 18:00
メールで問い合わせ
お気に入りに追加

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
お電話での法律相談は受け付けておりません。
依頼に関するお問合せ、法律相談のご予約等につきましては、できる限りメールフォームのご利用をお願いいたします。

対応地域

経歴・資格
事業会社勤務経験
事務所の対応体制
完全個室で相談
英語