藥師寺 正典弁護士 やくしじ まさのり

藥師寺 正典弁護士

弁護士法人第一法律事務所東京事務所

東京都千代田区有楽町1-7-1有楽町電気ビル南館6階
現在営業中 09:30 - 24:00
電話番号 050-5366-7993
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名15 件/匿名:0件

一般化は難しいものの、多くの会社では、 正社員(無期+フルタイム)、無期社員(無期転換権を行使した労働者(無期だが正社員と労働条件が異なる))、 有期社員(契約社員、パート、嘱託等) に分類し...

回答日 2019年10月01日 08:35

詳細なご事情を伺っていないので一般論とはなってしまうことご容赦ください。 ご相談のケースですと、業務上横領に該当する可能性がありますので、その場合は貴社に生じた損害について、行為者(従業員でしょう...

回答日 2019年09月17日 22:38

本人が完全な任意で退職届を提出してきた場合は別ですが、ご相談の件では少なくとも退職勧奨を行い、それに伴い合意退職(合意に応じなければ解雇または契約期間満了退職まで待つ)という手続をとることになるでし...

回答日 2019年09月11日 18:13
この回答がある質問
会社都合

能力不足による解雇ではなく、半年間無断欠勤したことを理由とした解雇を前提にしています。 解雇有効前提であれば、解決金の一応の相場は給与の3か月分程度でしょうから、その趣旨となります。

回答日 2019年09月04日 23:20

そのような理解で問題ありません。裁判所に正本と一緒に副本も提出した場合には、原告が予納している郵券の中から送料分を使って裁判所経由で原告側に郵送してもらえます。

回答日 2019年08月14日 22:59
この回答がある質問
答弁書

ご対応に苦慮される案件と思われます。 男性社員については、合意退職(退職金の没収等が可能な場合は、普通解雇や懲戒解雇も要検討ですが、法的有効性についてはなお検討が必要です)という対応で結構かと...

回答日 2019年08月13日 14:47
この回答がある質問
退職 損害賠償

家賃滞納による退去請求の有効性については評価的な側面が大きいため、仮に訴訟にもつれた場合であっても、相手方が必ず勝訴するとまではいえないと思われます。 このように、相手方としても一定のリスクが残っ...

回答日 2019年07月29日 23:41

1日単位の労働時間を切り捨てることは違法となります。 他方で、1か月単位の残業時間の合計については、30分未満を切り捨て、30分以上を1時間として扱うことは適法です。

回答日 2019年07月29日 20:20

個人間の金銭消費貸借契約であり、契約書があり、相手方も署名捺印しているのであれば、公序良俗違反という事情がない限りは、基本的には有効と考えてよいでしょう。

回答日 2019年07月29日 16:26
この回答がある質問
金銭消費貸借契約

ご事情お察しいたします。 まず、双方が合意することにより契約を解除することは可能です。 また、債務不履行については、成果物の大小を問わず、納期に遅れていれば成立し得ます。 とはいえ、実際に...

回答日 2019年07月26日 22:27

ご相談の件ですが、 社員教育・研修の内容が発注者のマニュアル等に従ったものであるなど、事実上発注者が業務内容を指示していると評価できる場合や、緊急であったとしても発注者が指示しなければならない必要...

回答日 2019年07月23日 15:13
この回答がある質問
企業法務

契約書や利用規約があるのであれば、無料掲載したことによりその内容に同意したと評価される可能性が高いと思われます。 配達記録については、手元に郵便物が届いていないのであれば、先方は配達したことを証明...

回答日 2019年07月22日 22:21
この回答がある質問
採用・解雇

ご相談の件について回答申し上げます。 当該従業員の行為は背任行為となりますので、それに加担したA社は背任の共犯関係となり得ます。 立証の問題は残りますが、共犯関係となれば、A社も含めて刑事告...

回答日 2019年07月19日 17:30

お客様が拒まれた場合の判断はどの会社様も悩まれると思います。 法的には、貴社が所有占有している区域内に対しては、貴社の施設管理権が及ぶと考えられます。 今回は貴社の施設管理権とお客様の自...

回答日 2018年01月07日 21:04
この回答がある質問
企業法務

色々と苦慮されているようで、お気持ちお察しいたします。 うつ状態の診断書が提出された場合は、欠勤を認めて対応することが一般的です。 ただし、日ごろの勤務状況等から、うつ状態との診断書の内容に...

回答日 2017年12月27日 20:09

1 - 15 件を表示/全 15 件

現在営業中 09:30 - 24:00
藥師寺 正典弁護士へ問い合わせ
電話番号 050-5366-7993
メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:30 - 24:00
  • 土日祝09:30 - 24:00
定休日
なし
備考
弁護士の携帯電話に直通で相談できます。
夜間、休日も対応いたします。
メールフォームは24時間対応いたします。
対応地域
事務所の対応体制
完全個室で相談