前原 一輝弁護士 まえはら いっき

前原 一輝弁護士

麹町パートナーズ法律事務所

東京都千代田区麹町4-2-1MK麹町ビル8・9階
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:61 件/匿名回答数:0件

遺産分割調停の場でお話し合いをするので、まだ結論は決まっていません。

回答日 2019年05月17日 15:16
この回答がある質問
特別受益

賃貸借契約の保証人は、家賃だけではなく、賃貸借契約に関するその他の債務についても保証しています。また、1年分の家賃を前払いしたとしても、1年で契約が終わるとも限りません。したがって、保証の目的が無い...

回答日 2019年04月19日 14:59

1について 文書や口頭で警告することはできますが、それ以上は難しいです。 また、家や会社の敷地に入った場合は、すぐに出ていくように告げて、出ていかない場合は警察署に電話して警察官を呼べばよいと思...

回答日 2019年04月18日 15:29
この回答がある質問
契約書

重要書類というものの具体的内容をお伺いしておりませんでしたが、例えば、登記識別情報は、登記の際に必要な書類の一つですが、このようなものを渡してしまうと、勝手に登記を移転されるリスクは高まると思います...

回答日 2019年04月18日 11:25
この回答がある質問
契約書

>1.物件や名義に関する重要書類は、不動産屋に渡しても勝手に売買を始められてしまうようなことはないですか? 回答:可能性はあります。軽々に渡さない方が良いと思います。 >2.弁護士さんに、義...

回答日 2019年04月17日 11:23
この回答がある質問
契約書

1について 著作権法32条1項(「公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範...

回答日 2019年04月12日 18:46

遺産分割において、不動産の価格を路線価で計算するという決まりはありません。原則としては相続人間の話し合いで決まるので、路線価で計算すると全員が納得すればそうなりますし、それでは不公平であるとして、市...

回答日 2019年04月12日 17:58
この回答がある質問
遺産分割

ご相談内容を拝見していると、信頼関係破壊の法理の適用の場面とは異なる問題ではないかと思いました。 信頼関係破壊の法理は、例えば賃料不払等の債務不履行を原因として、貸主が賃貸借契約を解除する場合に、...

回答日 2019年04月11日 18:45

契約時に特別の定めをしていない限り、勝手に処分した場合、不法行為になってしまいます。刑事上は器物損壊罪に該当します。 処分するためには、事前に所有者から所有権放棄の書面を取り付けるのが良いと思いま...

回答日 2019年04月08日 17:08

賃貸借契約が口頭で成立することや、入金の事実がそれを裏付ける事実になることは、先の回答のとおりだと思います。 ただ、例えば、対象の物件に、事前に説明がなかった不具合等があったなど、それなりの理由が...

回答日 2019年04月03日 18:03

>「任意後見人」の申立てのに関して、期限や条件は定められているのでしょうか? これは、任意後見契約公正証書の記載内容によると思うのですが、よくあるひな型では、「甲(委任者)が精神上の障害により事理...

回答日 2019年04月02日 14:53
この回答がある質問
認知・親子関係

抵当権を設定されていない土地に対して強制競売を行うためには、ご相談者様に対して、何らかの支払を請求する訴訟を提起し、判決が認容された後で、当該土地を差押えする必要があります。競売の対象とはなり得ます...

回答日 2019年04月01日 11:55
この回答がある質問
不動産契約

まず、実際になくなったのかどうか、受領書等の書類に基づいて、よく確認する必要があると思います。そこで紛失したかどうかわからなければ、賠償に応じる必要はないと思います。 仮に、備品がなくなっていた場...

回答日 2019年03月29日 16:13
この回答がある質問
不祥事・クレーム対応

複数の者が共同して創作したものであって、各人の寄与を分離して個別的に利用することができないものを共同著作物といいますが、本件はそれに該当すると思います。よって、A,B共に共同著作者になります。著作権...

回答日 2019年03月29日 14:38

①お金(寄付)が発生している場合、今まで投稿してきた他企業のキャラクター画は削除したほうがよろしいでしょうか? お金の発生の有無に関わらず、他企業のキャラクター画を掲載することは、著作権侵害してい...

回答日 2019年03月26日 16:34
この回答がある質問
知的財産

著作権侵害(公衆送信権侵害が考えられます。)に該当し、違法であると考えます。 ゲームメーカーによっては、著作権侵害を主張しない会社もあるようですので、著作権を有する会社に問い合わせる(又はホームペ...

回答日 2019年03月25日 18:07
この回答がある質問
インターネット

申立の日の翌週の水曜日に破産開始決定が出されるので、1週間前後と考えてよいと思います。破産管財人は、申立をして早ければその日のうちに決まると思います。

回答日 2019年03月13日 20:59
この回答がある質問
自己破産

結論 著作権侵害(少なくとも、翻案権や同一性保持権の侵害)に該当する。公衆送信権侵害に該当する可能性もある。 理由 ①まず、「記事等に掲載する」とのことですので、私的使用(著作権法30条)には...

回答日 2019年03月13日 14:21
この回答がある質問
インターネット

契約書にサインした後に、他で有利な物件を見つけたという理由で契約を無効にしたり、解除したりすることはできません。したがって、原則として契約書に記載されている費用は支払う必要があります。 ただ、その...

回答日 2019年02月18日 18:00
この回答がある質問
不動産・建築

ご質問者様は、給与所得者ではなく、個人事業主の方だと推測いたします。 個人事業主の場合「現実の収入減」があった場合に休業損害が認められるとされています。 「現実の収入減」の事実について、3カ月の...

回答日 2019年02月18日 17:54
この回答がある質問
休業損害

ご質問の番号に沿って回答いたします。 1について  示談をして、一定の被害弁償をすることは、刑を軽くする方向に働きます。  弁護人は、示談をすることで控訴審で執行猶予を得たいと考えているで...

回答日 2018年10月24日 17:11

回答:Aさんの後妻の許可も必要です(ほかにAの相続人がいればその人の許可も必要。)。 理由:遺産分割協議の合意解除は可能です。合意解除は、共同相続人全員で行うものです。現在、Aさんは無くなられてい...

回答日 2018年08月22日 20:01

1 損害全額の請求書を3名に送付することは問題ありません。 2 論理的に考えれば、最初の弁済があった時点で、相談者様の債権が消滅   するので、それ以降に支払をした2名に返金すべきではないか...

回答日 2018年06月22日 18:22

対応方法としては、 1 掲示板の管理者に書き込みを削除してもらう 2 (可能であれば)IPアドレスから書き込みをした者を特定し、損害賠償請求する。 があります。 IPアドレスの保存期間は短い...

回答日 2018年05月18日 13:21
この回答がある質問
インターネット

弁済をした者は、弁済を受領した物から領収証を受け取ることが出来ます。 民法486条で領収証をもらう権利がありますといって再交渉してみてはいかがでしょうか。

回答日 2017年09月05日 11:44
この回答がある質問
示談交渉

相談者様のご様子からすると、相手方の代理人弁護士と話し合いを重ねるのは難しいかもしれませんね。繰り返しになってしまいますが、信頼のできる弁護士を探し、交渉してもらった方が、良い結果につながる可能性が...

回答日 2017年04月03日 00:35
この回答がある質問
物損事故

お母様の生前に、きょうだい間で合意書を作成しても効力はありません。 もっとも確実なのは、お母様に遺言書(一切の財産を相談者様に相続させるという内容で。)を作成してもらい、お兄様には、家庭裁判所に対...

回答日 2017年03月29日 12:44
この回答がある質問
相続財産

>貴方が一方的に起こした事故 私も事故の内容がどうなのかわからないので、それが正しいのかはわかりませんが、お相手が弁護士に対してそのような説明をしたのかもしれません。 >人身事故の記載がないこと ...

回答日 2017年03月22日 21:42
この回答がある質問
物損事故

>「どのくらい前に購入したのか・・・」について 教えてもらわなければ支払えないというスタンスで交渉すると教えてもらえるかもしれません。 損害額のことをお尋ねですが、そもそも、相談者様が壊したものな...

回答日 2017年03月22日 21:33

工務店の見積もりは修理費用かと思います。その修理の見積もりについて、蓋が古いからその分減額してほしいという主張はなかなか通らないように思います。 ただし、必ずしも賠償額=修理費用とはなりません。 ...

回答日 2017年03月22日 17:14

1 - 30 件を表示/全 61 件

前原 一輝弁護士へ問い合わせ
電話番号 050-5355-5663

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日10:00 - 21:00
  • 土日祝10:00 - 19:00
定休日
なし
備考
【24時間メール予約受付】
お名前、ご連絡先、ご依頼されたい内容につきご記入下さい。
【電話受付時間】
平日 10:00〜21:00
事務所を不在にしている場合、メールでお問い合わせいただければ折り返しいたします。
土日祝は、メールでお問い合わせいただいた方への折り返しのお電話のみ対応いたします。
対応地域
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談