現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
松尾 裕介弁護士

( まつお ゆうすけ ) 松尾 裕介

AZ MORE国際法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:756 件/匿名回答数:0件

市や警察にご相談されたらよろしいかと存じます。

回答日 2021年04月25日 11:54
この回答がある質問
脅迫・強要

【質問1】 子どもが日本の大学へ外国人留学生として入学した後、在学中でも帰化可能でしょうか。 帰化の要件に合致すれば、在学中でも可能です。 なお、日本の国籍を留保する意思を表示しなかっ...

回答日 2021年04月24日 11:22
この回答がある質問
国際・外国人問題

生命、身体、自由、名誉または財産に対し害を加える旨の告知があるなど、相手方の言動によっては、脅迫罪(刑法222条)や恐喝罪(刑法249条)が成立するおそれがあります。  まずは、係留所の桟橋につい...

回答日 2021年04月24日 10:47
この回答がある質問
脅迫・強要

会社のガソリンカードの私的利用については、業務上横領罪(刑法253条)として刑事責任を負うおそれがあり、相手方より被害届を提出された場合には、水に流すと言われたとしても、刑事責任を追及されるおそれが...

回答日 2021年04月24日 10:18
この回答がある質問
横領

減額理由をきちんと書面でもらうことは証拠として重要になります。なお、具体的な対応について、事前に労働基準監督署や本サイトを利用するなどして労働問題に詳しい弁護士に資料を持ち寄りご相談された方がよろし...

回答日 2021年04月24日 09:24
この回答がある質問
給料

非居住者が確定申告をする場合には、一時的に日本に来るか納税管理人を選任するケースが多いかと存じます。 なお、国内源泉所得について、実際に確定申告の必要が生じるか否かは税理士や税務に詳しい弁護士に直...

回答日 2021年04月23日 10:55

【質問1】 事前の通告無しの給料減額は違法ではないのでしょうか。 合理的な理由もなく会社からの一方的な給料減額は労働基準法、労働契約法に違反する可能性があります。 【質問2】 ...

回答日 2021年04月22日 23:51
この回答がある質問
給料

電気用品安全法の規制を受け、少なくともPSE認証を取得する必要があるものと思われます。詳細については、本サイトを利用して弁護士を探すなどして、直接資料を持ち寄り弁護士にご相談されることをお勧めいたし...

回答日 2021年04月22日 23:06
この回答がある質問
企業法務

売買代金の変更について双方合意していますので、その後の売主からの追加の支払要求に応じる必要はなく、売主がアカウントを使用できないように連携を変更した行為は、当初の売買契約の合意に反し、債務不履行(民...

回答日 2021年04月22日 22:48

製品の品質に関するトラブルなどの契約不適合責任については、民法や商法で各々規定がありますが、特約で排除することも可能であり、5年間の無償保証について法的義務があるわけではございません。どの程度の保証...

回答日 2021年04月22日 12:54
この回答がある質問
建築

使用できないゲームアカウントが使用できるものと偽られて販売されたのであれば、売主に刑法上の詐欺罪(刑法246条)が成立するおそれがあり、また、売主が無断で他人のアカウントにアクセスをしていたとすれば...

回答日 2021年04月22日 12:46
この回答がある質問
ゲーム

【質問1】 この場合はクーリング・オフ制度で返金は可能なのでしょうか? 連鎖販売取引については、特定商取引に関する法律に基づき法的に厳しく規制されていますので、法令違反がある場合には、法...

回答日 2021年04月21日 11:22
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

詐欺の対応につきましては、まずは、警察か弁護士に直接ご相談されることをお勧めいたします。

回答日 2021年04月21日 11:19
この回答がある質問
詐欺

個人情報取扱事業者は、個人データの取扱いを委託する場合には、委託された個人データの安全管理が図られるよう必要かつ適切な監督を行う義務を負いますので(個人情報保護法22条)、契約書において、個人情報の...

回答日 2021年04月16日 11:33

詳細は不明ですので商品代金の返金が可能か解約違約金と思われる金員の支払いが妥当かは何とも言い難いですが、まずは、お支払いをされる前に、一度消費者センターや本サイトで弁護士を探すなどして資料を持ち寄り...

回答日 2021年04月15日 12:31
この回答がある質問
副業詐欺

エステサロンの経営となると、特定商取引に関する法律に基づき「特定継続的役務提供」に該当する場合には、中途解約の場合の損害賠償の予定や違約金の定めについて規制があり、同法の規制を超える損害賠償の請求は...

回答日 2021年04月15日 12:02

現状外国企業の社員ではないですので、市場調査に関する業務委託契約を締結し、国際送金で報酬を受領するといった形で特段問題ないものと考えられます。

回答日 2021年04月13日 14:52
この回答がある質問
国際・外国人問題

合理的な理由にはならないと思われます。

回答日 2021年04月13日 14:43
この回答がある質問
役職手当

降格について何ら合理的な理由がない場合には、人事権の濫用と判断される可能性があると考えられます。

回答日 2021年04月13日 12:39
この回答がある質問
役職手当

営業妨害の定義は明確ではありませんが、暴行脅迫を伴わず単に数回クレームをお店に伝える程度であれば、偽計業務妨害罪(刑法233条後段)又は威力業務妨害罪(刑法234条)といった刑事責任を負うことはない...

回答日 2021年04月09日 19:09
この回答がある質問
業務妨害

持続化給付金の申請サポートを第三者に依頼し、サポート料を支払うことは特段問題ないと考えられます。サポート料が高額の場合の当不当の問題はありかもしれませんが。

回答日 2021年04月09日 09:41
この回答がある質問
詐欺

経営者に強要されたとしても、違法行為が免責されるわけではありません。逮捕されるかは身柄拘束の問題ですので何とも言い難いですが、道路運送法違反や無免許運転として刑事責任を問われるおそれがあると考えられ...

回答日 2021年04月09日 09:33
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

詳細は確認が必要ですが、持続化給付金の給付要件は、申請時点において「今後も事業を継続する意思があること」であり、給付金受領後早期廃業したとしても、直ちに事業継続の意思がなかったとは言い難く、詐欺罪は...

回答日 2021年04月09日 09:24
この回答がある質問
詐欺

クレーム対応は容易ではございませんが、過度な要求については、応じられないと丁寧に説明するほかないかと存じます。相手の過度な要求が続く場合には、弁護士にご相談されることをお勧めいたします。  また、...

回答日 2021年04月09日 08:40

詳細は確認が必要ですが、会社の実際の損害がどの程度が不明ですが、横領未遂ということでしたら、数千万円の損害賠償金は、一般の損害額より高額であるものと思われ、示談交渉により減額の余地があると思われます...

回答日 2021年04月03日 12:44

【質問1】 この場合騙されたお金は帰ってくる見込みはあるのでしょうか? 回収できるかどうかは相手の対応、資産の状況や勤務状況などにもよりますので、何とも言い難いです。 【質問2】 ...

回答日 2021年04月03日 12:03
この回答がある質問
詐欺

広告内容と実体と異なる場合には、特定商取引に関する法律、消費者契約法などの法律に基づき、法的には契約解除や返金が認められる可能性があると考えられます。  先方が解約に応じない場合には、消費者センタ...

回答日 2021年04月03日 11:49
この回答がある質問
返品・返金

現状販売であったとしても、契約不適合責任が免責されるとは考え難く、相手方は修補、代金減額、場合により契約解除などが認められる可能性があると考えられます。

回答日 2021年04月02日 12:48

プラットフォーム運営者として思わぬ法的責任を負うリスクがありますので(特に法令違反行為があるケースなど)、実施前には、慎重に検討されることをお勧めいたします。

回答日 2021年03月31日 11:54

弁護士費用は自由化されており各弁護士によって異なります。 弁護士が介入するとなると費用対効果の関係で難しいかもしれません。

回答日 2021年03月26日 12:22

1 - 30 件を表示/全 756 件

松尾 裕介弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5346-2722
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
定休日
土,日,祝
備考
事務所の営業時間は 9:00 - 21:00です。
交通アクセス
駐車場あり
設備
完全個室で相談
対応言語
英語
中国語