増田 崇弁護士 ますだ たかし

増田 崇弁護士

増田崇法律事務所

東京都千代田区富士見1-2-32ルーテルセンタービル203
現在営業中 10:00 - 21:00
電話番号 050-5286-5406
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:25 件/匿名回答数:22件

商売にはリスクはつきものです。故意に等しいような重大な落ち度があるというようなことでなければ、従業員が発生した損害を負う必要はありませんので、個人的に責任を負わなければならないという結論にはまずなり...

回答日 2019年04月12日 15:48

転籍は要するに会社を退職して別の会社に再就職するということですから、転籍に同意するかはあなたの自由です。部署ごとの転籍だからと言って、同意する義務があるわけではないですし、拒否したからというだけでは...

回答日 2019年04月09日 16:44

離職理由について、最終的に決めるのは会社ではなく、ハローワークです。異議があれば、異議申し立てを行ってください。会社が抵抗したとしても、勝手に退職扱いしたのであれば、解雇と同じく、会社都合となるでし...

回答日 2019年01月29日 16:45
この回答がある質問
離職票

フルタイムで継続的に働いているのにパート扱いだからと言って、社会保険に加入させないのは違法です。 社会保険事務所に相談に行ってください。社会保険事務所が過去分に遡って加入するように指導してくれます...

回答日 2019年01月23日 13:45
この回答がある質問
健康保険

その後、うつ病を発症したとのことですが、現在も療養中ということでしょうか? 労災の休業補償は2年ですが、2年以上昔でも、直近2年分は請求できます。また、会社に対する損害賠償も、病気が快復した若...

回答日 2018年12月29日 14:43

返納せずに退職すれば、退職金が支払われますし、返納に同意してしまえば退職金は支払われません。 退職金の金額や今後の再就職の見込み次第ですが、退職は慎重に判断されることをお勧めします。 また、私だ...

回答日 2018年12月21日 16:07
この回答がある質問
退職届・退職願

退職金の返納をしてしまえば、当然ながら退職金は貰えません。 仮に、退職金の返納を拒否して退職した場合ですが、退職金は給料の後払い的な意味がありますので、仮に懲戒免職相当だったとしても、当然に退職金...

回答日 2018年12月21日 13:15
この回答がある質問
退職届・退職願

現在は病気になったのは自己責任という前提で処理されているのですが、病気になったのが仕事のせいだと言えれば、労災となり、会社は解雇や休職期間満了中の解雇はできませんし、その間の給料を支払えと言えます。...

回答日 2018年10月31日 14:50

係長が何を言ったのかよくわからない状況で、名誉棄損で訴えることは不可能です(係長はありのまま話したが、課長が勝手に誤解したという可能性もあります。)。 しかし、そもそも仮にあなたが過去の人...

回答日 2018年10月18日 16:56

会社には転勤を命じる権利があります。基本的に会社の裁量と言うことで違法と言うことにはならないのですが、転勤は私生活上への影響が大きいため、このような頻繁な転勤は、相応の正当な理由がなければ認められな...

回答日 2018年10月17日 13:11

ご相談の場合請求できるのは病気で受けた精神的苦痛に対する慰謝料と、給料がもらえなかったという損害に対する補償の2つです。 退職していない場合は、働いていないけれども、その原因は仕事のせいだから...

回答日 2018年10月17日 13:03

回収したいのは、あなたが下請けとして働いた請負代金(売掛金)ではなく、雇用契約に基づき従業員として働いた給料という前提で回答します。 既に、労基署に相談したということですと、後は裁判手続きをす...

回答日 2018年08月28日 12:09

数人でも集まりそうなのであれば、支援してくれる組合も多いので、「地域名+ユニオン」等で検索して、相談してみてください。 合う合わないがあると思うので、できれば複数相談されてみてはいかがでしょう...

回答日 2018年07月19日 12:48

有期雇用契約の場合、使用者からはもちろん、労働者からの解約も原則として認められませんが、やむを得ない事情がなければ認められません。 おっしゃっている、体調不良の程度によりますが、争いようはあり...

回答日 2018年07月11日 08:49
この回答がある質問
給料

給与はともかく、ボーナスは労基署は相手にしてくれません。 労働組合の結成を考えてください。

回答日 2018年07月10日 02:55

退職するかは労災の休業補償が出るかとは無関係です。 しかし、会社を辞めるということは、会社との交渉の際に切り札になる(会社が退職して欲しいと思っている場合には、退職に合意する代わりにしかるべき補償...

回答日 2018年02月06日 18:50
この回答がある質問
労災

出退勤について労働者本人に裁量があるのが、裁量労働制の大前提です。 定時が定められており、それに違反すると有給を消化されてしまうということは、 労働者に出退勤の裁量がないことの明白な証拠です。 従...

回答日 2017年11月16日 11:23
この回答がある質問
裁量労働制

民法上はおっしゃる通り14日ですが、就業規則や雇用契約書の定めがある場合は1か月程度伸ばすことは有効とされていますので、そのような規則があれば会社の言い分が通る可能性が全くないわけではありません。 ...

回答日 2017年06月15日 13:45
この回答がある質問
退職 期間

人事配置は基本的には会社の裁量とされているため、異動が違法とされることはそれほどありません。 また、異動を拒否すれば、最悪解雇という可能性もありますので、リスクが大きすぎお勧めできません。 後々争う...

回答日 2017年06月13日 09:10
この回答がある質問
転勤

会社の業務に必要な費用は基本的に会社が負担するものですので、仮に契約書に返還する旨の規定があったとしても、返還する必要は原則ありません。

回答日 2017年06月05日 15:38
この回答がある質問
退職

損害賠償するのも一つの手段ではありますが、裁判に勝ってもお金が取れるだけで根本的な解決にはなりませんし、金額的にもそれほど大きくならないことがほとんどです。 まずは労働組合に加入して(職場になけれ...

回答日 2017年06月05日 15:33
この回答がある質問
ハラスメント

やむを得ない理由による退職の場合は期間制限はありません。 なお、会社からクレームが来る可能性が高いと思われますが、その際には、行政機関に求人票の虚偽記載を申告するぞと反論すれば、静かになる可能...

回答日 2017年04月13日 09:51
この回答がある質問
退職届・退職願

建物の賃貸借契約は、仮に大家が更新しないといっても、やむを得ない事情がなければ、自動的に更新されてしまいます。 そして、無職であることはやむを得ない事由にはなりませんので、全く心配する必要はありま...

回答日 2017年04月07日 20:26
この回答がある質問
契約の更新

雇用期間の定めがある場合は原則として、やむを得ない事由がなければ、使用者からの解雇も、労働者からの退職もできません。 ご相談者の場合は、求人票と条件が違ったというのの中身にもよりますが、やむを得な...

回答日 2017年04月07日 20:23
この回答がある質問
退職届・退職願

まず、郵送でいいかですが、 退職届は郵送で提出で問題ありません。 いつ提出したか分かるように内容証明郵便や、書留で送ってください。 なお、退職の日付は基本的には退職の意思を表明した時点から...

回答日 2017年04月07日 20:12
この回答がある質問
退職届・退職願

1 - 25 件を表示/全 25 件

現在営業中 10:00 - 21:00
増田 崇弁護士へ問い合わせ
電話番号 050-5286-5406

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日10:00 - 21:00
  • 土曜10:00 - 21:00
定休日
日,祝