みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名59 件/匿名:0件

1 病気についての医学的見地からの証明ということであれば、まず、医師の診断書が必要でしょう。それがまれな病気だったり、診断が難しい病気である場合には、その診断が正しいことを証明するための他の医師(そ...

回答日 2019年10月06日 08:51

1 スピーカーの事故や火災の原因に関し、あなたに、故意または過失の行為(改造、破損等がその典型でしょう。)があれば、責任を負う可能性はありますが、汗が若干入った程度では、あまり心配しなくてよいと思わ...

回答日 2019年10月06日 08:39
この回答がある質問
暮らし・趣味

1 具体的な事情がよくわかりませんが、見積書にあなたが押印すること自体に、法的な問題があるとは考えられません。 2 会社側の説明によると、上場に向けた監査法人監査で指摘されることを懸念しているよう...

回答日 2019年10月06日 07:17

1 背任とは、一般に、自分の任務との関係で権限を濫用して行われるものをいいます。ご質問にある社員らは、訴訟を行う任務を帯びているわけではないでしょうから、訴訟を勝手に進めたことは背任には当たらないと...

回答日 2019年10月05日 11:44
この回答がある質問
内部告発・公益通報

 あなたの場合、8日前の営業時間内に電話連絡したことを病院(クリニック)側も認めているようですし、7日前の日に改めて、キャンセルの旨を伝えていますので、8日前にキャンセルしたもの(したと同視できるも...

回答日 2019年10月05日 11:16
この回答がある質問
契約の解除・取消

1 出勤停止処分にするには、出勤義務があること(そしてその義務に反したこと)が前提となります。有給休暇取得中の労働者に対して、出勤を命じるには、まず、使用者が、有給休暇に対する時季変更権を行使して、...

回答日 2019年10月05日 10:59
この回答がある質問
退職 有給休暇

 退職の場合、資格喪失した月(あなたの場合9月分)の保険料は払う必要がないはずです。 会社が9月分の保険料を差し引くと言っているのは、間違いである可能性があります。直接、健康保険組合に問い合わせす...

回答日 2019年09月24日 07:55
この回答がある質問
社会保険

1 彼女がどのような契約を先方としたのかがよくわかりませんが、彼女が、あなたの代理人として、あなたが20万円払う、彼女が30万円を払うという契約をしたのでない限り、あなたが支払い義務を負うことはあり...

回答日 2019年09月23日 14:01
この回答がある質問
契約

1 異動の具体的な内容がよくわかりませんが、一般に、人事異動(配転)は、業務上の必要性がないか、または、それがあったとしても不当な動機目的があるとか、労働者に著しい不利益を与える等の特段の事情がある...

回答日 2019年09月23日 13:06

1 純粋に台風の影響で不就労となった場合には、会社は、賃金を支払う義務はないと解されます。労基法では、使用者の責めに帰すべき休業の場合、賃金の60%を保障するという休業手当が法定されていますが(労基...

回答日 2019年09月23日 11:35

1 財産開示の申立が認められる要件のひとつは、知れている財産に対する強制執行を実施しても、申立人が当該金銭債権の完全な弁済を得られないことを疎明したとき(民事執行法197条1項2号)とされています。...

回答日 2019年09月23日 11:05
この回答がある質問
財産開示手続

1 退職後は、職業選択の自由が保障されていますので、競業禁止の特約がない限り、競業避止義務を負うことはありません。競業禁止の特約がある場合であっても、それが、労働者の職業選択の自由を不当に制限するよ...

回答日 2019年09月22日 12:35

1 労働契約内容の変更は、使用者と労働者との合意により行うことが原則となっています。あなたの場合、契約更新後の労働時間を変更するには、使用者がそれに合意することが必要です。ただ、アンケートをとって、...

回答日 2019年09月22日 07:45
この回答がある質問
時給

1 他人の口座に誤って振り込まれたとしても、一般に、会社は、その誤振込を受けた人から振込金を返還してもらうことができます。あなたは、会社にそうした手続きをとってもらったうえで、改めて、会社から給料を...

回答日 2019年09月16日 13:24
この回答がある質問
給料

1 途中で異動があったとしても、契約期間や賃金の定めなどの労働条件の基本的な部分が契約書の内容から変更されていないのであれば、異動前の契約書は有効と考えられます。 2 そうすると、やはり、あなたの...

回答日 2019年09月16日 12:43
この回答がある質問
退職 期間

1 賃金からの損害賠償金などの相殺(天引き)は、法律で禁止されています(労基法24条)。ただ、労働者が、本当の自由意思で合意した場合は、相殺も許されるというのが裁判例の立場です。したがって、あなたの...

回答日 2019年09月16日 12:20
この回答がある質問
労災

1 この契約は、インターネットの利用料金が安くなるということが、重要事項に関する不実告知か断定的判断の提供にあたるため、消費者契約法により、取り消されたものと理解出来ます(消費者契約法4条)。 2...

回答日 2019年09月16日 12:05
この回答がある質問
暮らし・趣味

1 休憩時間は、労働からの解放を全うさせるために、労働者に自由に利用させなければならないことになっています(労基法34条3項)。あなたの会社の状況は、明らかにこれに反していますので、労基署に申告した...

回答日 2019年09月16日 11:17
この回答がある質問
労働基準監督署

1 大げさなことにしたくない、というのは、民事裁判などを起こしたくないという意味でしょうから、人に恐怖感を覚えさせるような害悪の告知(恐喝の要件としての脅迫)にはあたらないと考えられます。 2 相...

回答日 2019年09月13日 09:03
この回答がある質問
消費者被害

1 この場合、まず、研究室の配属に関する学則の規定がどうなっているかが問題になります。今回の大学院側の配属の決め方が、学則に反しているのであれば、当然、学生はその規則を根拠に大学院側に反論、抗議する...

回答日 2019年09月09日 08:22

1 再委託先(B社)と契約する前に、A社と契約すること自体は、問題ないと考えられます。 2 ただし、その場合、B社が再委託を受けてくれるかどうか、納期はいつ頃になるか、再委託の場合の金額がどうなる...

回答日 2019年09月09日 08:02

1 確かに、臨時に支払われる賃金は、最低賃金以上であることを要求される賃金に算入されませんが(最低賃金法4条3項1号、同法施行規則1条1項)、ここでいう臨時に支払われる賃金とは、結婚手当のようなもの...

回答日 2019年09月08日 08:19
この回答がある質問
労働

1 このようなシフト変更は、労働契約の変更となりますので、あなたが合意しない限り、一方的な措置としては、できません(労働契約法3条1項、8条)。 2 もし、この条件について折り合いがつかず、退職す...

回答日 2019年09月07日 08:25
この回答がある質問
自己都合

1 公務員は、任命権者の許可を受けなければ、民間の営利企業の役員になったり、自営を行うことはできないとされています(国家公務員法104条、地方公務員法38条)。 2 相続したものであって、自ら太陽...

回答日 2019年09月07日 07:21

1 現在付与されている年休37日のうち22日を使った状態で、11月21日を迎えた場合、ご指摘のとおり、残15日分は、繰り越しが認められます。これは、この15日分は、昨年11月21日に付与されたもので...

回答日 2019年09月07日 06:46

1 あなたの会社の就業規則(休職規定)がどういうものかわかりませんので、一般的な回答になりますが、休職規定では、一般に、復職について、「復職可能との医師の診断、及び、会社側が(産業医などの診断を基に...

回答日 2019年09月03日 09:08

1 36協定がないのに、労基法所定の労働時間(週40時間、一日8時間、週休制基準)を超えて労働させることは、違法行為であり、罰則の対象となります(6か月以下の懲役または30万円以下の罰金、労基法11...

回答日 2019年09月03日 08:40

1 ご質問の件は、市の体育協会またはバスケット協会の内部規律の問題にあたると考えられます。規約などの自律的法規範を有する団体等の内部規律の問題については、できるだけその自治を尊重し、司法審査は行わな...

回答日 2019年09月03日 08:11
この回答がある質問
パワハラ

1 そのパートの人は、職場の先輩にあたると思いますので、その人からのいじめ、いやがらせは、パワハラにあたると考えられます。パワハラを行ったパート本人、それを黙認した店長、さらにパワハラ防止等の措置を...

回答日 2019年09月02日 06:55

1 前回も書きましたが、退職届を差し替える(書き換える)義務はありません。ただ、実際上、社長の圧力で、どうしても差し替えざるを得ない状況であれば、「精神的苦痛と書いた退職届を出したこと」、「強い圧力...

回答日 2019年09月02日 06:38

1 - 30 件を表示/全 59 件

今村 幸次郎弁護士へ問い合わせ
電話番号 050-5368-5239
メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 19:00
定休日
土,日,祝
備考
事務所の営業時間は9:00-19:00です。土日、祝祭日は要予約。
対応地域
経歴・資格
事業会社勤務経験
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談