弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野

戸舘 圭之弁護士 とだて よしゆき

戸舘 圭之弁護士

戸舘圭之法律事務所

東京都千代田区麹町2-12-13LYNX麹町7階
現在営業中 00:00 - 24:00
電話番号 050-5289-5078
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:778 件/匿名回答数:0件

大変お困りのことと存じます。 ご記載の内容ですと、確かに、このような制度では退職の自由を不当に制限していると評価できる可能性があり、そのようにいうことができれば返還は不要と考えることも可能です...

回答日 2018年12月13日 01:40

簡易裁判所でしたら出席する必要はありませんし、 既に答弁書を出しているのであれば、 念のため、裁判所に電話を入れて 欠席する旨伝えて判決を出してもらうようお願いして下さい。

回答日 2018年12月04日 14:16
この回答がある質問
答弁書

消滅時効援用により債務は消滅したとの判決をもらいたい場合は、 取り下げの同意書は提出せずに、裁判所に対して、 取り下げには同意しません。弁論を終結の上、判決を下さい、と求めて下さい。

回答日 2018年12月04日 00:49
この回答がある質問
答弁書

いつ退職するかは労働者しか決めることができません。 退職日まで有給休暇を取得する場合は、 使用者側が時季変更権を行使することができません。 (変更できる他の日が存在しないので。) ですの...

回答日 2018年12月04日 00:46
この回答がある質問
労働

返却すべき法律上、契約上の根拠がない限り、返す必要はないと思います。 心配でしたら弁護士に相談の上、対応してもらうとよいと思います。

回答日 2018年12月03日 19:31
この回答がある質問
賞与

> 警察から逮捕状があるから明日出頭するようにと連絡を受けました。 本当に警察からそのような連絡があったのであれば、 すぐにお近くの弁護士に相談されたほうがよろしいかと思います。 ...

回答日 2018年11月29日 00:27
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

> ・相手先は遠方であり、この場合弁護士に依頼する際、相手先に近い方が良いのか、私に近い方が良いのか 判断に困っております。ここで良い、というのは金銭的な問題で先生の経費などが高額になるのは避...

回答日 2018年11月25日 21:47
この回答がある質問
遺留分減殺請求

判決を前にいろいろ心配なのはわかりますが明日になればわかります。 可能性の話をすれば、どちらの可能性もあります。 いまここで、なにかしらの回答を得たところで、 結局、どうなるかは裁...

回答日 2018年11月21日 10:55
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

受理かどうかはそれだけではわかりません。 告訴状を送付した先(警察か検察)に直接電話すれば教えてくれます。

回答日 2018年11月20日 19:10
この回答がある質問
脅迫・強要

> 回答ありがとうございます。労働審判の前に内容証明書を送り、弁護士同士で交渉する事は、一般的ですか? わりと一般的です。 労働審判を申し立てずに交渉で解決できるのであればお互いにメリ...

回答日 2018年11月20日 19:10
この回答がある質問
不当解雇

こればかりは、いずれについても「可能性がある」とはいえますが、それ以上のことは、交渉でどのような話になるかは予想がつきませんので、なんとも言えません。

回答日 2018年11月20日 16:34
この回答がある質問
不当解雇

裁判してるか否かにかかわらず時効援用は可能です。

回答日 2018年11月20日 09:15
この回答がある質問
通常訴訟

万が一、一部納付や延納が認められなくても、不払いがあったからといってすぐに労役場留置になるわけではありませんので、その間にこつこつとお金を貯めておくことをおすすめします。

回答日 2018年11月19日 18:44

最終返済日以降、債務を承認するなどの時効中断事由がなければ時効援用可能と思われます。 答弁書に「消滅時効を援用する。」と書いて提出してください。

回答日 2018年11月16日 23:55
この回答がある質問
時効の援用

可能性はいろいろありえます(ないとはいえません。)。 精神的にくるしい状況をなんとかするためにも、弁護士に相談するなりした上で対応を検討することをおすすめします。

回答日 2018年11月14日 01:36

民事訴訟法上、上告審では上告棄却判決を出す場合は、口頭弁論を経ないで判決を出すことができる旨の規定がありほとんどの上告棄却判決はこの規定に基づき口頭弁論を経ないで判決が出されています。 ですの...

回答日 2018年11月14日 01:33

状況がよくわからない部分もありますが、退職をする意思がないのでしたら、すぐに「退職する意思はありません。引き続き働きたいです。」ということを伝える必要があります。 そうしないと、あなたが退職に同意...

回答日 2018年11月08日 02:12
この回答がある質問
退職届・退職願

> もうじき、1回目の審判日が来るのですが、急いで間に合わせる方が良いのか、 > 2回目までに(1週間前ぎりぎりぐらいに?)提出する方が良いのか、教えて下さい。 第1回までに反論...

回答日 2018年11月08日 01:39

反対尋問はできます。 主尋問を裁判官がきくのは本人訴訟なので本人に質問する人がいないからです。 反対尋問は相手方当事者に聞くので代理人がいなくても可能です。 反対尋問は、主尋問のおわった後に引...

回答日 2018年11月08日 01:35
この回答がある質問
民事訴訟(簡易裁判所)

退職をするのに直接出向いて話をする必要はありません。 退職(辞職)は、労働者側が一方的に辞めると伝えることで有効に辞めることができます。 会社の許可は不要です。 奥様に退職届を書い...

回答日 2018年11月06日 22:44
この回答がある質問
退職届・退職願

> 流産する前に撮ったエコー写真と、病院の領収書を私の名前だけ消して封筒に入れて玄関に置いてきました この行為だけを法的に評価すれば犯罪には当たらないと思われます。 ただ、それ以外...

回答日 2018年11月06日 22:22
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

ご事情からしますと、すぐに弁護士に相談の上、対応されたほうがよいかと思います。 オーナーとの交渉も含めて、代理人を立てたほうがよいケースと思われます。

回答日 2018年11月05日 23:21
この回答がある質問
横領

弁護士に相談の上、対応してもらったほうがよいと思います。 起訴される可能性はありますし、勾留される可能性がまったくないとはいえません。

回答日 2018年11月05日 23:18
この回答がある質問
窃盗・万引き

このような状況でしたら、一度、お近くの弁護士に相談されることをお勧めします。 相談時に費用についても説明があると思います。

回答日 2018年11月05日 22:54
この回答がある質問
離婚・男女問題

不安に感じていらっしゃるのはよくわかりますが、このような形で質問されて「可能性が高い」「可能性が低い」などといった回答を得ても、不安は解消されないと思われます。 この種のご相談は、直接、弁護士...

回答日 2018年11月05日 22:52

可能です。

回答日 2018年11月05日 01:23

とくに心配する必要はないと思います。 (もし、警察が逮捕したり、学校が退学処分をおこなってくれば、それは違法な逮捕、違法な退学処分ですので、法的に救済可能です。) もし警察から連絡がきた...

回答日 2018年11月05日 01:07
この回答がある質問
冤罪・無実

ただちに何かの法律に違反しているという類いの行為ではないと思われます。 もっとも、教育に携わる者として、教育上、適切な行為かどうかは議論がありうると思います。

回答日 2018年11月05日 01:02
この回答がある質問
掲示板・SNS

いわゆるアカデミックハラスメントの問題も含めて学校側の対応に問題がある可能性がありますので弁護士に直接面談相談をされたほうがよろしいケースかと思われます。 事実関係やお子様の状況、学校側の対応...

回答日 2018年11月05日 00:31
この回答がある質問
ハラスメント

公正証書を作成しても明け渡しの強制執行をするためには裁判を提起して判決をとらなければいけません。

回答日 2018年11月04日 23:54
この回答がある質問
立ち退き・明け渡し

1 - 30 件を表示/全 778 件

現在営業中 00:00 - 24:00
戸舘圭之法律事務所へ問い合わせ
電話番号 050-5289-5078

※戸舘圭之法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
所用のため電話対応が出来ない場合は留守番電話にお名前、ご連絡先を入れていただければ折り返しお電話させていただきます。刑事事件のご依頼で緊急の場合には、休日・時間外でも受付、対応いたします(その場合はお電話、メールでご一報下さい)。
お電話、メールでの法律相談は原則として受け付けておりませんのでご了承下さい。
対応地域
経歴・資格
冤罪弁護経験
再審弁護経験
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談
託児所・キッズルーム
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。