お気に入りに追加
佐久間 篤夫弁護士

( さくま あつお ) 佐久間 篤夫

佐久間総合法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

弁護士の佐久間篤夫です。 >【質問1】 > >母が後見人制度申立をしようと考えた時に、たとえそれが叔父にバレてしまい、反対されたと>しても、申立すること自体は可能で...

回答日 2022年02月06日 13:01

弁護士の佐久間篤夫です。 >【質問1】 > >今回返送された内容証明郵便はこちらで保管しておくべきでしょうか? >返送された内容証明郵便を開封せず、更に封筒に入れ...

回答日 2022年02月06日 12:50
この回答がある質問
内容証明郵便

民法が定める相続人は、亡くなった人に配偶者がいれば配偶者と、第1に子どもがいれば子ども、子どもが先になくなっていればその子(孫)、第2に子どもや子どもが亡くなっている場合の孫がいないときは両親、第3...

回答日 2021年10月06日 19:41
この回答がある質問
相続

家庭裁判所での面会交流に関する手続は、未成年の子どもに会いたいが会えない別居親が申し立てるもので、親が子どもに会いたくないときに、子どもを親に会わせるために使う手続ではないと思います。お子さんを残し...

回答日 2021年10月04日 12:57

【質問1】 この状況下で法的に返済を迫ることは現実的でしょうか? 弁護士に相談した際、返済まで持ち込める可能性はありますでしょうか? ー>借用書を証拠として使って法的手続を始めることは考えられ...

回答日 2021年10月04日 12:50

1日8時間をみなし労働時間としていても、深夜労働や休日労働をした場合は、追加の賃金支払い義務が生じる場合があります。以下に公的機関の解説があります。 専門業務型裁量労働制の適正な導入のために ...

回答日 2021年10月03日 14:13
この回答がある質問
裁量労働制

>①当該規定を原案のまま締結すると、買主は、海外の関係法令すべてを調査把握し遵守する義務を負うのでしょうか。 ご質問は「買主」の義務でしょうか。引用された契約文言は「売主は国内外の関係法...

回答日 2021年10月01日 15:28
この回答がある質問
企業法務

相続分の譲渡は遺産の一部を受け取る権利の譲渡であり、遺産を受け取る権利はなくなりますが、相続放棄とは異なり、被相続人の債務の相続を免れる効果はないので、たとえ遺産分割協議書に名前がなくても、被相続人...

回答日 2021年10月01日 15:09
この回答がある質問
相続分

>【質問1】 > >このとき、日本国内での利用に限定した場合は、海外でそのサイトや投稿が表示されることは、>許諾の範囲外になるのでしょうか? 利用許諾に日本国内での...

回答日 2021年10月01日 15:01
この回答がある質問
インターネット

一般論として、著作権譲渡の契約合意がなければ、職務著作に該当しない限り、創作したサイトコンテンツの著作権(発注者が創作したコンテンツを除く)は受注者側に帰属すると考えられます。 【質問1】 ...

回答日 2021年09月28日 13:02
この回答がある質問
ライセンス契約

生配信の目的がよくわかりませんが、許諾を得ずに行うと著作権法違反となる可能性があると思います。 講師の講義音声について、口述権(法第24条)の侵害、講義音声をインターネット上で配信する行為が公衆送...

回答日 2021年09月28日 12:57
この回答がある質問
インターネット

初めまして、弁護士の佐久間篤夫と申します。 養育費の額を算定表で決める場合は、専業主婦の方のように全く収入が無くても身体状況から仕事をすることができるようであれば、年収125万円程度は収入があるも...

回答日 2021年09月28日 12:18

追記された内容を踏まえて考えると、Aが個人事業主として借りた100万円の使途ですが、これは法人成りする際の出資金として使えるものなのかどうかが気になります。ここに問題がなければ、Aが個人事業主として...

回答日 2021年05月05日 13:18

>【質問1】 >この場合、意匠権と実用新案権の侵害に該当するのでしょうか? 意匠権や実用新案権といったいわゆる産業財産権は国ごとに登録が必要で、仮に先方が中国国内にこうした権利を...

回答日 2021年04月17日 17:52

国税庁のウェブサイトに解説があります。 No.6902 「総額表示」の義務付け https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shohi/6...

回答日 2021年03月13日 15:04

不正競争防止法は「営業秘密」を持ち出された場合に適用できます。秘密保持契約はあっても実際に持ち出された情報を「秘密として」管理していなければ、法律上、「営業秘密」と認められず、不正競争防止法違反の責...

回答日 2021年03月13日 14:55
この回答がある質問
企業法務

・ソフトのロゴを表紙に表示 ソフトウェアのロゴマークは商標登録されている可能性があり、無断でロゴマークを利用すると商標権侵害になる可能性があります。 ・製作者のプロモーション動画のキャプチャ...

回答日 2020年11月29日 23:17

自分が相続人となったことを知った時から3か月以内であれば、財産も負債も一切相続はしないという相続放棄をすることができますが、家庭裁判所にその旨の申立をしなければなりません。ご相談の件ですと、お父様が...

回答日 2014年07月18日 21:51

日本への帰国が一時帰国で、子供たちの生活の本拠がいまだオーストラリアであるという状況であれば、子供たちをオーストラリアへ連れ帰らないことは「留置」として、ハーグ条約に基づき、夫から子供たちをオースト...

回答日 2014年04月27日 13:41

他者のホームページに掲載されている洋服の写真は、一般的にはその写真を撮影した人の著作物であり、そのような写真を無断で複製して自分のホームページに掲載することは、著作権法が定める複製権(著作権法21条...

回答日 2014年04月13日 19:58

法律上の解釈としては、養育費を払うかどうかと面会交流を認められるかどうかは別の問題です。実際には、子供を引き取った母親が、養育費を払わなければ子供には会わせないという話はよくありますが、養育費を払う...

回答日 2014年04月12日 21:00
この回答がある質問
養育費

最初の調停期日を決める時は、裁判所の書記官が申立人の都合だけ聞いて期日を決め、相手方に呼び出し状を送るのが一般的ではないかと思います。ただ、これだと相手方がその日に都合が悪い時は欠席となり、調停期日...

回答日 2014年04月06日 18:06
この回答がある質問
調停離婚

子供の親権者である父親と母親が同意しているのであれば、子供の祖母であるあなたが現実に子供の監護をすることや養育費を父親から受け取ることも問題はないと思います。ただ、子供の母親に親権が残っている場合に...

回答日 2014年04月06日 17:59
この回答がある質問
養育費

あなたは勤務先の従業員の地位を利用して、自分の経営する会社を経由した迂回取引により、私的な利益を上げようとしていたようですが、通常はこうした行為は就業規則違反となります。就業規則を確認してください。...

回答日 2014年02月07日 11:58

類似群コードは特許庁での審査課程で付されるものなので、考え方としては、指定商品の中に「ステッカー」あるいはその上位概念である「文房具類」がないことを確認すれば、一応は登録商標権が存在しないので、商標...

回答日 2014年02月07日 11:36

離婚調停の手続の中で、事実上子供たちとの面会交流の話をすることもありますが、相手が面会交流の話し合いに応じる姿勢を見せない場合は、手続としては面会交流に関する合意を求めて別の手続を始める必要がありま...

回答日 2014年02月07日 11:19
この回答がある質問
調停離婚

あなたは未払い給料の支払い要求をどこにしましたか。あなたの給与の支払義務は派遣元にありますから、派遣元に請求して払ってもらうように交渉しましたか。いきなり裁判というのは、日本ではあまりやらない方法で...

回答日 2014年02月07日 11:00
この回答がある質問
派遣

相手に対して謝罪をしたくなければ、謝罪文を書く法律上の義務はありません。念書についても同じです。意思に反して無理やり何かをさせるのは、脅迫や暴行を加える方法による場合は強要罪となることもあります(最...

回答日 2014年02月05日 13:09
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

従業員が自らの意思で退職を申し出ることには、特別な理由は必要ありませんが、使用者が従業員との雇用契約を一方的に解除する解雇には、就業規則が定める解雇理由(労働基準法89条3号)が認められ、客観的に合...

回答日 2014年02月04日 20:24
この回答がある質問
退職届・退職願

ご質問内容には、交際中の中国人女性と正式に結婚できる要件の話とビザを取得できるかどうかの話がまざっているようですが、日本人と中国人が結婚する場合に結婚が認められる要件を満たすかどうかは、日本法と中国...

回答日 2014年02月04日 19:41
この回答がある質問
国際結婚

1 - 30 件を表示/全 44 件

佐久間 篤夫弁護士へ問い合わせ

電話番号 03-6272-6916
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 17:00
定休日
土,日,祝
備考
ご来所の前に、ご予約をお願いいたします。スケジュール上問題なければ、当日ご来所いただくことも可能です。

電話受付時間は平日午前10時から午後5時までですが、お電話またはお問い合わせフォームで事前にご連絡ご予約いただくことで、午後5時以降の夜間や週末でのご相談にも応じています。

対応言語
英語