弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野

清水 陽平弁護士 しみず ようへい

清水 陽平弁護士

法律事務所アルシエン

東京都千代田区霞が関3-6-15霞ヶ関MHタワーズ2階
分野を変更する

仕事の流儀は、 “即レス”

父と同じ法律家の道へ

私の父は司法書士として働いていました。登記をする仕事だということは知っていましたが、登記とは何かとか、あまり知らず、法律と関係ある仕事をしているということくらいしか知りませんでした。

高校生の時、将来の進路について父と話す機会がありました。会社員ではない父を見て育ったからか、会社に勤めるというイメージがなかったため、父と同じ司法書士の道に興味があると伝えると、「法律の仕事をするなら、どうせなら司法書士よりもやれることが多い弁護士になったらどうか」と言われたんです。弁護士という仕事を初めて意識しました。

当時は、“どうしても弁護士になりたい”という思いまではなかったものの、弁護士という仕事は一生ものだと思いましたし、自分の責任で仕事ができるということから、大学進学前から司法試験受験を決意していました。

とはいっても、勉強は2年生からと決めていたので、実際に勉強を始めたのは2年生になってからです。覚える必要があることの多さに挫けそうになりつつも、2005年に合格し、2007年に弁護士登録しました。

2018年現在、弁護士登録から10年以上経ちましたが、日々いろいろなことに挑戦することができますし、ある分野を作っていくという刺激的なことができていることもあり、仕事に飽きるということがありません。また、常に考えながら模索するのは大変なこともありますが、誰かの悩みを解消して「ありがとう」と感謝していただける喜びは、他の何にも代えることはできません。

インターネット分野で弁護士の需要があると確信した

弁護士登録から1年後、私は都内のコンサルティング会社に入社。弁護士としてではなく会社員としてコンサルタントの仕事をしました。コンサルといっても、いわゆる経営コンサルではなく、今で言う“PRコンサル”に近い仕事です。

たとえば、ある企業が他の企業を買収しようとする場合に「敵対的」買収と言われてしまうと、心理的な反発が先に立って、当事者間で議論ができなくなってしまいます。そのため、そのように言われないようにするためにどういう点をメディアに強く押し出すべきなのか、といった観点からコミュニケーションをマネジメントするのが仕事です。企業不祥事が起きた際の対応なども依頼されていたので、危機管理広報を担う面もありました。

そんなある日、会社の風評に悪影響を及ぼすインターネット記事を削除できないか、という相談をいただいたんです。どうしたものかと上司に相談すると、「ネットのことはよく分からない。法律を使って、何かいい対処法はないかな」と逆質問されてしまい、思いもよらぬ形で対応策を自分で考えることになりました。

インターネット上の書き込み削除は今でこそ一般的とも言えますが、当時はそういった案件があるということ自体がほとんど知られておらず、文献もありませんでした。どうしたら削除できるのか調査したところ、“出版物の差し止め”と同じような方法を用いれば解決できるかもしれないという結論にいたり、結果的に無事に削除することに成功しました。

この会社での仕事がきっかけでインターネット問題に興味を持ち、同時にインターネット問題での弁護士の需要を感じました。

インターネット問題で悩んでいる方は非常に多いことを知り、また、もともと3年で独立しようと考えていたこともあり、2010年に会社を退職し、独立開業いたしました。

一瞬で人生を変えてしまうインターネット問題

2018年現在、私の弁護士業務の7割以上はインターネット問題です。個人・法人問わず、インターネット問題の相談の数も種類も増えています。

個人相談では、やはり男女間や友人間のトラブルから派生する問題は多いですね。例えば、元交際相手が被害者になりすましてアカウントを作成し、被害者の知らないところで交際当時の画像や動画がアップロードされているといったケース。事件によっては、リベンジポルノのような画像が投稿されることもあります。「知人に見られたらどうしよう」と削除依頼のご相談は多いです。

書込みは、匿名であるのが普通で、匿名性に隠れて「ちょっと嫌がらせをしてやろう」と軽い気持ちで書き込んでいることも少なくありません。しかし、書かれた側は、誰がそれを書いているのか分からず、「親しくしてくれているあの人が書いているのでは…?」と疑心暗鬼になっていきます。そうすると、社会で活動すること自体が難しくなってしまうこともあり、一人の人生を壊してしまうことに繋がります。

法人からのご相談では、企業への中傷や転職サイトへのネガティブな書き込みを削除して欲しいというようなご依頼を頻繁にいただきます。ちょっとした風評被害でも、会社の求人に深刻な影響があるケースも非常に多く、迅速な対応が必要です。

ところで、現在私が問題視しているのが、“インターネット問題での慰謝料の安さ”です。インターネット問題によって、大切な人との関係が壊れてしまったり会社の運営に影響したりして、精神的に追い詰められることが多々ある中、被ったダメージに比べて、慰謝料が安すぎるという実態があります。

お金で解決できることばかりではありませんが、被害に対して正当な慰謝料を取るというのは被害者にとって、とても大事なことです。

そこで私は、インターネット問題を多数取り扱う弁護士を集めて、定期的に研究会を開催しています。専門家同士が集まって知恵を絞り、ノウハウを共有することで、初めて気づくことも多々あります。

インターネット問題は年々増えていくと考えられますので、被害にあった方が正当な慰謝料を獲得できる社会を作るべく、これからも力を尽くしていきたいと思います。

Altに設定する説明文

警察ではなく、弁護士に相談するメリット

インターネットを使ってのストーカー被害も年々増えています。ストーカー事案では警察に相談される方も多いと思いますが、警察に相談するのと弁護士に相談するのでは大きな違いがあります。

一つ目は、初動の速さ。

警察は組織で弁護士は個人なので、弁護士の方がフットワーク軽く動けることがあります。警察にはインターネット犯罪以外にも1日にたくさんの犯罪被害の報告が寄せられるため、その全てを一気に対応するのは難しく優先順位をつけて動かざるを得ません。 「SNS上で心配なことがある」とか「ストーカーされていないか心配」と感じたら、弁護士に相談してみるのもいいかもしれません。弁護士が証拠を提出したり事実関係を整理したりして警察に届け出れば、スムーズに解決できることもあるかと思います。

もう一つは、知識量の違い。

もちろん警察にも、インターネット犯罪やサイバー捜査を専門に扱うチームがありますが、相談内容によっては、インターネット問題を多く解決してきた弁護士の方が知識を蓄積している場合もあります。私もインターネット問題に関しては裁判を多数経験してきていますし、事件内容を聞けば、次にどのようなアクションをとればいいのか、だいたい見当がつきます。

ただし、警察は弁護士には与えられていない捜査権限を持っていますので、明らかに捜査が必要な場合には、直接警察に相談してみてください。 また、「捜査してほしいけど、どうしたらいいのか分からない」ということであれば、弁護士に相談してくだされば、警察へのアプローチ方法を一緒に考えることもできますので、一人で悩まずにお早めにいらっしゃってください。

返信は迅速に

私がインターネット問題を解決する上で一番大事にしているモットーは、個人・法人問わず、依頼者みなさまになるべく早くお返事を出すこと。

私のパソコンには毎日100件以上のメールが届きますが、私はそれら全てになるべく“即レス”するようにしています。裁判や打ち合わせがないときなどは、5分〜10分で返信することも多いです。

インターネット問題の怖いところの一つは、あっという間に拡散してしまうところにあります。特にSNSなどは頻繁にチェックする方も多いため、拡散が早い。

相談を受けている私に仕事が溜まるということは、それだけ被害に遭った方を待たせているということですよね。だから“即レス”は必須。 “即レス”が信頼に直結すると言っても過言ではないのです。

私に相談していただければ、ご連絡をいただいてから何日も放置することはあり得ません。事件の進捗や解決方法をできるだけタイムリーにご返信いたしますので、なにか心配なことがある方は一度ご相談ください。早ければ早い方がいい。あとから後悔しないためにも、できるだけ早いアクションをおすすめいたします。

Altに設定する説明文

取扱分野

  • インターネット問題 料金表あり/解決事例あり
    誹謗中傷・風評被害
    • 削除請求
    • 発信者開示請求
    • 損害賠償請求
    • 刑事告訴
  • 依頼内容
    • M&A・事業承継
    • 人事・労務
    • 倒産・事業再生
    業種別
    • エンタテインメント
    • 医療・ヘルスケア
    • IT・通信
    • 金融
    • 人材・教育
    • 環境・エネルギー
    • 運送・貿易
    • 飲食・FC関連
    • 製造・販売
    • 不動産・建設
  • 借金・債務整理 料金表あり
    依頼内容
    • 自己破産
    • 過払い金請求
    • ヤミ金対応
    • 任意整理
    • 個人再生
  • 債権回収 料金表あり
  • 離婚・男女問題 料金表あり
    原因
    • 不倫・浮気
    • 別居
    • 性格の不一致
    • DV・暴力
    • セックスレス
    • モラハラ
    • 生活費を入れない
    • 借金・浪費
    • 飲酒・アルコール中毒
    • 親族関係
    請求内容
    • 財産分与
    • 養育費
    • 親権
    • 婚姻費用
    • 慰謝料
    • 離婚請求
    • 離婚回避
    • 面会交流
  • 労働問題
    原因
    • パワハラ・セクハラ
    • 給料・残業代請求
    • 労働条件・人事異動
    • 不当解雇
    • 労災認定
  • 不動産・建築
    賃貸トラブル
    • 賃料・家賃交渉
    • 建物明け渡し・立ち退き
    • 借地権
    売買トラブル
    • 欠陥住宅
    • 任意売却
  • 交通事故
    事件内容
    • 死亡事故
    • 物損事故
    • 人身事故
    争点
    • 後遺障害等級認定
    • 過失割合
    • 慰謝料・損害賠償
  • 遺産相続
    請求内容
    • 遺言
    • 相続放棄
    • 相続人調査
    • 遺産分割
    • 遺留分減殺請求
    • 相続登記・名義変更
    • 成年後見
    • 財産目録・調査
  • 詐欺被害・消費者被害
    原因
    • 金融・投資詐欺
    • 訪問販売
    • ワンクリック詐欺・架空請求
    • 競馬・情報商材詐欺
    • ぼったくり被害
    • 霊感商法
    • 出会い系詐欺
  • 犯罪・刑事事件
    事件内容
    • 児童買春・児童ポルノ
    • 詐欺
    • 痴漢
    • 盗撮
    • 強姦・わいせつ
    • 暴行・傷害
    • 窃盗・万引き
    • 強盗
    • 横領
    • 交通犯罪
    • 覚せい剤・大麻・麻薬

インターネット問題

【ネット中傷対策】
2ちゃんねる、Twitter、Google、ヤフー知恵袋等のQ&Aサイト、ブログ等のネット中傷の削除・開示を行います。

インターネット問題の取扱分野

誹謗中傷・風評被害

  • 削除請求 解決事例あり
  • 発信者開示請求 解決事例あり
  • 損害賠償請求 解決事例あり
  • 刑事告訴

インターネット問題の特徴

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

※お問合せの際は、以下にアクセスいただき、必要事項をご入力の上、被害を受けている背景事情などの説明を添えてお問い合わせいただけますようお願いいたします。
http://www.alcien.jp/fuuhyou01.php#otoiawase
※お問合せの際は本文に「弁護士ドットコムを見た」とご記載ください。

ネット中傷対策の具体的内容は、誹謗中傷の【削除】と、書き込んだ人物の【特定】です。
当事務所はインターネット上でのネット中傷対策について、パイオニアとして数多くの案件を取り扱っているため、誹謗中傷が書き込まれているサイトの特性に応じて、効果的な対処方法を選択するとともに、適切な対応を取って参ります。Google検索結果の削除も多数取り扱っています。
また、弁護士向け研修で講師も務めています。

適切な対応を取ることができないと、書込みがコピーされてしまい二次被害を拡大させてしまうこともあります。ネットのネット中傷に遭ってしまったときは、削除や特定といった対策について経験豊富な当事務所にお任せください。

<Googleの削除に対応>

<Twitterをはじめとした海外サイトにも対応>

<最短で即日書込み削除可能>
削除までの時間は、通常1週間程度ですが、最短で数時間です。

<スピーディーな対応>
ネット中傷は「すぐに削除したい!」という要望が強いです。そのため、なるべく迅速な対応を心がけています。


<こんなお悩みはございませんか!?>
・名前や住所、電話番号などが晒されてしまった
・同僚から妬まれて、不倫していると書かれてしまった
・ブログが炎上し、そこから2ちゃんねるに批判が飛び火した
・何年も前に起こした事件のニュースがコピーされてしまって残っている
・ネットストーカーされて困っている


<よくあるご質問>
Q.どのような書き込みでも削除したり、書込みをした人を特定できるのですか。
A.いいえ。名誉を毀損している、プライバシーを侵害している、著作権を侵害しているなどの場合に削除や書込みした人を特定できます。
一般的に以下のようなケースは難しいと考えられます。
1) 投稿された内容が誰のことをさしているのかを第三者からは判別できないケース
2) メール、LINE、アプリ、ブログ等によるダイレクトメッセージなどで誹謗中傷されたケース

Q.サイトを丸ごと削除できるのですか。
A.可能な場合もありますが、原則的には誹謗中傷されている個別の書込みや個別の記事が削除対象になります。

Q.名誉を毀損している書込みであれば、書込みをした者を必ず特定できるのですか。
A.できない場合もあります。特定するためにはアクセスログを追跡する必要がありますが、ログは3か月程度しか保管されていません。そのため、ログが保管がされている間でなければ特定ができません。また、その他の事情により特定できないこともあります。


なお、お電話でのお問い合わせですと、対象となるURLが分からないため、対応可能性の検討ができません。
そのため、お電話でのお問い合わせいただいても、弊所ホームページからフォーム入力をいただく形でご案内しております。
お手数をお掛け致しますが、以下にアクセスいただき、必要事項をご入力の上、被害を受けている背景事情などの説明を添えてお問い合わせください。
http://www.alcien.jp/fuuhyou01.php#otoiawase
※お問合せの際は本文に「弁護士ドットコムを見た」とご記載の上、お問合せのご協力をお願いします。

インターネット問題

解決事例をみる 料金表をみる

この分野の法律相談

ネット上での個人情報の扱いについてご相談です。 先日、絶縁した旧友より、鍵がかかっていない私個人のtwitterに全体に見える状態のリプライでメッセージが送られてきました。 その際、その方と私のオンライゲームでのチャットとLINEのキャプチャが添付されておりました。 向こうの名前は全て黒塗りされ、分...

個人的なやり取りについてはプライバシーの保護が及ぶと考えられますし,それを個人が特定できる形で公開することはプライバシー侵害となる可能性は十分あると思います。

清水 陽平弁護士

2ちゃんねるで投稿された内容をそのままコピーして転載しているサイトが複数あります。 2ちゃんねるでは過去ログ化されて閲覧できないようになっているのですが、コピーサイトで誹謗中傷が閲覧できるようになっています。 コピーサイト側では、2ちゃんねるの過去ログが消せない限り消さないと主張していま...

コピーサイト運営者に対して、損害賠償請求をするためには,まずそもそも運営者がどこの誰なのかと言うことを特定することが必要です。住所と名前をきちんと知ることが必要です。 そのため,そもそもそれを知るための作業に相当な費用がかかる可能性があります。 特定できたとして,賠償請求をすればある程度認められると思いますが,賠償額自体はそれほど高くはならず,内容次第で...

清水 陽平弁護士

職場の事を2ちゃんねるで書き込みをしてしまいました。会社に対する不満と誹謗中傷です。 書き込みしてしまいましたが削除要請すると自分だとばれてしまいます。なんとかばれずに削除が出来る方法はないですか?会社も調べているみたいです。

2ちゃんねるについては,残念ながら,投稿者が自ら削除する方法はありません。削除するためには,権利が侵害された側からの依頼が必要です。

清水 陽平弁護士

インターネット問題の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 メールでの初回相談については基本的には費用はいただいておりません。
来所でのご相談の場合は、5,000円/30分(税別)です。
着手金 裁判を用いない手続きの場合
30,000円/1URL~(税別)

裁判を用いる手続きの場合
200,000円~
成功報酬 裁判を用いない手続きの場合
50,000円/1URL~(税別)

裁判を用いる手続きの場合は成功報酬を設定していないことが通常です。
日当等 東京地方裁判所以外の裁判所に出頭が必要な場合には日当と交通費がかかります。
ただし、概ねの事件は東京地方裁判所で対応可能であるため、日当等がかかることはそれほど多くありません。
日当がかかる場合には、別途その旨お伝えしております。
補足説明 対象URLの数によって費用は変動しますので、まずは対象を明確にしていただいた上で、お問い合わせいただければと思います。
なお、お電話でお問い合わせいただいた場合でも、原則的には弊所ウェブフォームから入力いただくご案内をいたしますのでご了承ください。ご入力いただいた後は、数時間以内程度には返信するよう心がけております。

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

インターネット問題

特徴をみる 解決事例をみる

企業法務・顧問弁護士

顧問弁護士は従業員1~2名の月の給与と同程度の費用で、法務部を設置するのと同じ効果があります。スピード感をもって対応いたします。

企業法務・顧問弁護士の取扱分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 倒産・事業再生

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

企業法務・顧問弁護士の特徴

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

※お問合せの際は「弁護士ドットコムを見た」旨をご連絡ください。

<案件への対応姿勢>
●何より重視しているのが返答の早さです。もちろん、早いだけで不正確な内容は論外ですが、10年に亘って弁護士をしており多くの事案を扱っているとともに、30社以上の顧問から日々様々な相談を受けているため、有用なアドバイスが可能と思います。
●弁護士になってから企業に勤務していた経験があり、「社内の論理」に応じた柔軟な対応を検討します。
●共同パートナーの弁護士がそれぞれの強み・得意分野を持っており、事案に応じて最適な弁護士が担当することができます。
●顧問先については夜間・休日でも相談対応いたします。


<費用面について>
・顧問料は月額制であり、作業量に応じて月額顧問料の設定をいたします。なお、基本的に作業時間についての上限は設けてはいません。
・相談(対面、電話、メール等)、簡易な文書作成、契約書チェック等は顧問料の範囲となります。
・顧問料の範囲を超える業務については、あらかじめ明示しております。


<重点取扱案件>
・インターネット回り(誹謗中傷、炎上その他)の案件
・労働問題、コンプライアンス
・債権回収
・消費者問題(企業側)


<こんなお悩みはございませんか!?>
・炎上してしまったときにどのような対応をすればよいか分からない。
・インターネット上であらぬ批判を受けたり、風評を立てられているため、何とかしたい。
・○○という事業を開始したいが、法的に問題ないのか確認したい。
・不祥事を起こした従業員を懲戒したいが、懲戒をして良いのか、またどのような手続きを取るべきか。
・ある物品を販売したが瑕疵があるとクレームを付けられているが、責任を負う必要があるのかなど、まずはご相談ください。


裁判や会議で電話に出ることができな場合少なくありません。そのため、お電話でのお問い合わせいただいても、お話しできないことがあります。そのため、弊所ホームページからフォーム入力をいただく形でご案内しております。
お手数をお掛け致しますが、以下にアクセスいただき、必要事項をご入力の上、ご相談の内容等の説明を添えてお問い合わせください。
http://www.alcien.jp/fuuhyou01.php#otoiawase
※お問合せの際は、本文に「弁護士ドットコムを見た」旨ご記載いただければ幸いです。

-----------------------
■アクセス(最寄り駅)
地下鉄銀座線虎ノ門駅
地下鉄丸ノ内線駅
地下鉄溜池山王駅

企業法務・顧問弁護士

料金表をみる

この分野の法律相談

ウェブ魚拓等のウェブアーカイブに保存されたデータを削除するには、どのような手続きが必要なのでしょうか?

自分でとったものであればご自身で削除できる場合もあると思います。 できない場合には,サービスを提供している主体に削除を依頼することで対応してもらえることも多いと思いますが,基本的には,権利侵害があるということを説明していくことが必要なのではないかと思います。

清水 陽平弁護士
株主認定判断基準 2011年07月24日

会社の株主承認ですが、株式を増加する場合、株主総会の承認の下、株主として認められると思いますが、お金だけ先に支払い、株式申込書も申請されていない場合(会社は上場していない会社であり、株券は発行されない。)株式総会に議決権のある株主として出席する事は可能でしょうか?

それは株主とは認めれれないため、他の株主が了解しない限り、出席は認められないと思います。

清水 陽平弁護士
飲食店での暴言 2011年07月02日

居酒屋を営んでおります。お客様(近所の市役所職員と思しき方)がお会計時にご利用代金に不服があったようで、他に多くのお客様がいらっしゃるにも関わらず「お前の店はぼったくりだ。」、「市役所の人間はこれから来ないようにしてやる。」などの暴言を大声でわめき散らして行かれました。私どもでは商品明細記載の...

そのようなことを大声でわめき散らすことは,威力業務妨害罪に該当する余地があります。実際に警察がこれを扱ってくれるかといえば,難しいという印象はありますが,相談をしてみてはいかがでしょうか。

清水 陽平弁護士

企業法務・顧問弁護士の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 5,000円/30分(税別)
*ご依頼いただいた場合には相談料はかかりません。
備考欄 顧問料5万円/月~(税別)
ただし、相談量が少ない場合には3万円/月(税別)にする場合もあります。

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

借金・債務整理

【24時間面談予約可】【電話相談可】破産をするにしても、できるだけ多くの財産を残す、生活の再建をしやすい環境を整えることを心掛けています。

借金・債務整理の取扱分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

借金・債務整理の特徴

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可
  • 分割払いあり

※お問合せの際は「弁護士ドットコムを見た」旨お教えください。


<案件への対応姿勢>
●破産管財人として6年間活動しており、その経験を活かしたアドバイスをいたします。
破産をするにしても、手続きの進め方によって残せる財産の在り方も大きく異なり、そのためには多くのノウハウ・アイディアが必要になりますが、弊所には破産・事業再生を得意とする弁護士が在籍しており、適切なアドバイスが可能です。
●当日・休日相談はメールのみ対応させていただきます。
●できる限り迅速な返信を心掛けています。


<費用面について>
・安心して十分な相談をいただくために、初回相談料は無料としています。
・弁護士が入らない形の方が上手く解決できる事案も多く、その場合には方法をアドバイスして終了する場合もあります。その場合も当然費用は無料です。
・面談時に総額費用を明確に示しています。


<重点取扱案件>
・任意整理(過払金請求)
・法人、個人破産申立て


<こんなお悩みはございませんか!?>
・借金の返済が難しくなってきたが、破産はしたくない。どうしたらいいか。
・会社の資金繰りが厳しく、もうすぐ破産せざるを得ない。方々に迷惑をかけたくないがどうしたらよいかなど、まずはご相談ください。


お問い合わせの際は、以下の点をあらかじめお教えいただければと思います。
・ご相談者の住所(都道府県)
・総債務額(借金額)
・債権者の人数、
・保証人の有無
・最終借入れをした日(およそで構いません)
・最後の返済をした日(およそで構いません)

-----------------------
■アクセス(最寄り駅)
地下鉄銀座線虎ノ門駅
地下鉄丸ノ内線駅
地下鉄溜池山王駅

借金・債務整理

料金表をみる

この分野の法律相談

怖いです(泣) 2013年01月14日

ヤミ金に借入をしてしまい、返済が苦しくなりまた借りてを繰り返し弁護士に依頼しましたが振込された金額を返せていない業者から着信があります。 嫌がらせがあった業者から連絡してもらっているのですが、業者が引かないという事で、結局元金を分割で支払う事になりました。 連休に入ってしまってまだ解決できて...

ヤミ金からの着信は着信拒否にしてしまってよいです。 すでに弁護士に依頼をしているようですので,その弁護士に任せて,電話がかかってきても取らないでください。元金の支払いも必要ありませんので,毅然と無視しましょう。

清水 陽平弁護士
過払い金返還請求 2012年06月06日

取引履歴開示請求をしたところ、2週間しても返送がありませんでしたので、電話により確認したら、今日送りますと言って、次の日に届きました。 しかし、何度か切り替え融資を受けたのですが、最後の分しか履歴の開示がありませんでした。 そこで、再度電話によって確認したところ、10年以上前の分は保管してい...

弁護士などから再度取引履歴の開示を求めていくということになるかと思います。最近まで取引をしていたのであれば,過去の履歴もあると思われます。 どうしても出さないということであれば,記憶に基づいて,いくら借りていくら返したということを推定計算して返還請求していくということになるかと思います。

清水 陽平弁護士

最後通知ならびに重要なお知らせ 私、けやき信用調査の担当の児嶋と申します。 突然のご連絡失礼致します。 この度サイト運営会社様よりお客様がご連絡が取れないとの事でご依頼があり、ご連絡致しました。 お客様がご使用中の携帯電話端末から、認証ネットワーク事業者センターを介し以前にお客様がご登録され...

詐欺への誘導であると思われますので,無視しましょう。

清水 陽平弁護士

借金・債務整理の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 初回相談無料
*ただし、弁護士ドットコムを見たとお伝えください。
着手金/報酬金 【任意整理】
20,000円/1社
*ただし完済業者に対する過払金回収については、着手金無料。
本来の債務額よりも減額した場合 減額した額×10%
回収した過払金額×20%(訴訟の場合には25%)

【個人破産(同時廃止事件)】
着手金:30万円
預り金:3万円

【個人破産(管財事件)】
着手金:50万円
預り金:3万円+管財人への予納金(20万円~)

【法人破産】
着手金:50万円~
預り金:管財手続予納金金額など(20万円~)
※代表者同時申立ての場合,個人破産(管財事件)の半額を加算する。

【個人再生】
着手金:60万円~
預り金:3万円
備考欄 案件の内容によって一定程度柔軟に対応いたします。

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理

特徴をみる

債権回収

【24時間面談予約可】【電話相談可】債権回収についての専門性と特性を活かした「ベストな支援」と「スピーディーな支援」に尽力します。

債権回収の特徴

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可
  • 分割払いあり

※お問合せの際は「弁護士ドットコムを見た」旨ご連絡ください。


<案件への対応姿勢>
●債権回収は、いかに事前に回収先を確保しておくかが結果にかかわります。
●払ってくれなくなってからでは対応が難しい例が少なくありません。そのため、いかに事前に情報取得をしておくかが重要であり、そのためのノウハウがあります。
●休日相談はメールのみ対応させていただきます。
●できる限り迅速な返信を心掛けています。
●費用倒れになる可能性がある場合は、率直にその旨お伝えしています。


<債権回収のコツ>
・債権回収は、「相手が突かれたら痛いところをいかに突くか」が勝負所です。そのための法的手続きを柔軟に選択します。


<重点取扱案件>
債権に関するご相談であれば、幅広くご対応させていただきます。



-----------------------
■アクセス(最寄り駅)
地下鉄銀座線虎ノ門駅
地下鉄丸ノ内線駅
地下鉄溜池山王駅

債権回収

料金表をみる

この分野の法律相談

妻が夫である私名義の銀行口座から無断で金銭を引出し、妻の私名義で株などを運用して多大な損失を出しました。 私としては監督不行き届きとして反省する部分もあるため、妻が現在保有している運用資産を売却または解約し、その金銭を返還することで許そうと思っています。(全部返しても引きだした額には到底達...

夫婦間で契約をしても,いつでも取り消すことができてしまうため,約束を履行してもらうには,早急に,実際に履行してもらうのが一番です。夫婦間で損害賠償請求訴訟を提起するのは現実的ではないですし。 あとは,口座をどこに作ったのか等を教えないとか,カードや通帳,印鑑は厳重に保管するなどの自衛をとるしかないと思います。

清水 陽平弁護士
給料仮差し押さえ 2011年05月05日

お金を騙しとられたんですが、騙した知人に対し、給料仮差し押さえの申請が出来ると聞きましたが、その申請は私個人でも出来るのでしょうか? また申請に必要な物や、費用、申請から執行にいたるまでの期間など教えてください!

差押え等をするには,裁判等をして「債務名義」というものを取得することが,前提として必要です。個人でもやってやれないことはないですが,専門的になってきますので,書籍などでよく調べてから行ってください。

清水 陽平弁護士

法人です。 2日半で本人希望で辞めた人に賃金を振り込む際、 金額を間違え10倍振込んでしまい、差額返還を請求しています。 電話等まったく繋がらないので、返金するよう内容証明を出しました。 その後、相手から「給料支払の遅延料と弁護士費用として預る」との手紙が来ました。 相手の弁護士いわく2日半の...

その現在事項でも支払い督促自体を出すことは可能です。しかし,登記の変更は出しているのであれば,後の手続きの時に面倒なので,新たに現在事項証明を取得した方がよいと思います。 相手方が無資力でも請求自体は可能です。しかし,回収できるかどうかというのは別問題ということになります。 預金口座は分かっているわけですから,とりあえずそれを差し押えていくということ...

清水 陽平弁護士

債権回収の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 5,000円/30分(税別)
*ご依頼いただいた場合には相談料はかかりません。
着手金 300万円以下の場合:経済的利益の8%
300万円を超え3000万円以下の場合:経済的利益の5%+9万円
3000万円を超える場合:経済的利益の3%+69万円
報酬金 300万円以下の場合:経済的利益の16%
300万円を超え3000万円以下の場合:経済的利益の10%+18万円
3000万円を超える場合:経済的利益の6%+138万円
備考欄 案件の内容によって一定程度柔軟に対応いたします。

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

債権回収

特徴をみる

離婚・男女問題

【お子様同席のご相談可能】離婚に関する問題を多く取り扱っている弁護士が丁寧に対応いたします。一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

離婚・男女問題の取扱分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

離婚・男女問題の特徴

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可
  • 分割払いあり

※お問合せの際は、「弁護士ドットコムを見た」旨ご記載ください。


<案件への対応姿勢>
●離婚事件、男女問題に関する案件を数多く取り扱っている弁護士が対応いたします。
●面会交流、子どもの権利などに関する案件にも積極的に取り組んでいます。
●できる限り迅速な返信を心掛けています。


<費用面について>
・着手金・報酬金は、ご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。
・面談時に総額費用を明確に示しています。


<重点取扱案件>
・慰謝料請求
・離婚問題(親権問題)
・面会交流に関する相談
・財産分与


<こんなお悩みはございませんか!?>
・離婚したいと配偶者に伝えたが応じてもらえない。どうすれば離婚できるか。
・不倫相手と結婚したいが、3年間別居している配偶者が応じてくれない。離婚する方法はないか。
・別居している配偶者から子どもとの面会を要求されているが、安心して面会させることができない。どうすればよいかなど、まずはご相談ください。
・離婚することについて合意できているが、ローンが残っている不動産があり財産の分け方がまとまらない。お互いが納得できる分け方はないか。



-----------------------
■アクセス(最寄り駅)
地下鉄銀座線虎ノ門駅
地下鉄丸ノ内線駅
地下鉄溜池山王駅

離婚・男女問題

料金表をみる

この分野の法律相談

この前から児童ポルノ法について、閲覧しただけでも罪になるのか?と質問をした者です。 私は強迫性障害で何度質問して答を見ても不安で仕方ないのです。 ネットをしていて画像サイトを見ていると児童ポルノにあたいするような画像やリンクを見るたび不安になります。 そこで私なりに調べてみたのてす。 児童ポ...

基本的にご理解のとおりで問題ないかと思います。 ネットをやめるということではなく,きちんとルールを学んでその通りにすれば問題ないのではないでしょうか。

清水 陽平弁護士

妻の不倫相手だった相手に慰謝料請求出来るでしょうか? 夫婦関係は上手くいっておらず(妻の方が一方的に)妻は過去に身体の関係をもち、今は相手に気持ちはないみたいです。向こうは自分にばれたとたん今は興味がないみたいな態度です。肉体関係は妻は認めていますが向こうはどう言うかわかりません。因みに物的...

相手が認めなくても請求はそれとは全く無関係に可能です。認めてくれば払うでしょうし,認めなくても,妻の協力が得られるのであれば請求が認められる余地があります。

清水 陽平弁護士

明日、裁判所へ行きます。離婚訴訟で調査官調査が必要かどうかを決断する為の聞き取りがあるとのことでした。私は母親です。どのような服装で行ったらよいか教えていただきたいと思います。

特段決まりはないです。普通の格好でよいです。

清水 陽平弁護士

離婚・男女問題の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 5,000円/30分(税別)
*ご依頼いただいた場合には相談料はかかりません。
着手金 任意交渉 20~30万円
調停・裁判 20~80万円
これに加えて、経済的部分に関する請求がある場合、当該請求額に応じた費用が別途以下の基準に基づいて発生する場合があります。
300万円以下の場合:経済的利益の8%
300万円を超え3000万円以下の場合:経済的利益の5%+9万円
3000万円を超える場合:経済的利益の3%+69万円
報酬金 任意交渉 20万円
調停・裁判 30万~
これに加えて、経済的部分に関する請求がある場合、当該請求額に応じた費用が別途以下の基準に基づいて発生する場合があります。
300万円以下の場合:経済的利益の16%
300万円を超え3000万円以下の場合:経済的利益の10%+18万円
3000万円を超える場合:経済的利益の6%+138万円
備考欄 案件の内容によって一定程度柔軟に対応いたします。

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題

特徴をみる

所属事務所情報

所属事務所
法律事務所アルシエン
所在地
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-6-15霞ヶ関MHタワーズ2階
最寄り駅
地下鉄銀座線虎ノ門駅
地下鉄丸ノ内線駅
地下鉄溜池山王駅
交通アクセス
  • 駐車場近く
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL
所属弁護士数
8 人

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • インターネット
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務

電話で問い合わせ
050-5861-8835

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

清水 陽平弁護士へ問い合わせ
電話番号 050-5861-8835

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談