現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
冨本 和男弁護士

( とみもと かずお ) 冨本 和男

法律事務所あすか

現在営業中 07:00 - 24:00

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:1,477 件/匿名回答数:64件

前科のないなりすまし詐欺の未遂事案で懲役3年執行猶予4年とされたものがあります。 前科がなく未遂であれば、おそらく懲役3年以内、執行猶予が付いたとして執行猶予期間が5年以内といったところではと考えま...

回答日 2016年11月02日 13:00
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

最終取引日から10年以上経過しているのであれば、相手から消滅時効を援用され取り戻すことができないのではと思います。

回答日 2016年11月02日 11:29
この回答がある質問
借金

法律相談料はかかりますが(弁護士会の法律相談であれば30分5000円程度)、とりあえず手紙を作成してお近くの弁護士の先生に見ていただいたらいかがでしょうか。

回答日 2016年11月02日 11:25
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

> 1)私の様なケースは時効取得が可能ですか? →時効取得できないと考えます。取得時効が認められるためには少なくとも所有の意思で占有していることが必要です(民法162条)。あなたの場合、タダで...

回答日 2016年11月02日 10:25
この回答がある質問
不動産・建築

また請求があると思いますが、基本放置です。絶対にご自身の個人情報を伝えないでください。

回答日 2016年11月02日 10:14
この回答がある質問
インターネット

> どのような内容だと信用度が高いのでしょうか? →写真・動画等の証拠を元に説明したものであれば信用度が高くなるのではと思います。また、説明の仕方も、事件の内容を時系列に沿って具体的に5W1H...

回答日 2016年11月02日 10:00
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

「行政指導」というのは、行政機関がその任務または所掌事務の範囲内において一定の行政目的を実現するため特定の者に一定の作為または不作為を求める指導、勧告、助言その他の行為であって「処分に該当しないもの...

回答日 2016年11月02日 09:55
この回答がある質問
行政事件

> 投書というのは、手紙ですか? →はい。信用度も内容次第だと思います。 > 捕まっている警察署あてですか? →はい。担当署がわかっているのであれば、その方がスムーズだと思います。 &g...

回答日 2016年11月02日 09:39
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

> まず私は何をすればよろしいのでしょうか? →連絡して確認すべきだと思います。可能であれば債権者から開示された資料の写しをもらってください。 > プロの皆様から見た私の現状はどういった...

回答日 2016年11月02日 09:35

警察の捜査に有益な情報であれば匿名で投書されてみてはいかがでしょうか。

回答日 2016年11月02日 09:25
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

銀行へ連絡した後解約される可能性があるのではと考えます。

回答日 2016年11月02日 09:22
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

給与所得者等再生でも、「不当な目的で再生手続開始の申立てがされたとき、その他申立てが誠実にされたものでないとき」(民事再生法25条)には棄却されてしまいます。 会社債務を放置してしまうのは無責任で...

回答日 2016年11月01日 17:55
この回答がある質問
債務整理

会社の債務を放置した場合、個人再生手続で会社債権者が保証債務の分で再生計画案に「ノー」を突き付けてくるのではと思います。 やはり会社の破産を先行させて行った方がいいと考えます。

回答日 2016年11月01日 17:35
この回答がある質問
債務整理

> 婚姻を継続しがたい重大な事由として主張して、 > 慰謝料請求する事は可能なのでしょうか? →婚姻を継続しがたい重大な事由も離婚原因の一つとして民法に定められているわけですから、離婚と...

回答日 2016年11月01日 13:17
この回答がある質問
悪意の遺棄

> 反社会的勢力団体に借りたお金500万以上を自己破産で返済しなくて良くなるんですか? →裁判所に免責を許可してもらえれば返済しなくてもよくなります。 > 自己破産した場合、...

回答日 2016年11月01日 13:11
この回答がある質問
自己破産

> 住宅ローンや私の生活費が無駄と言って、色々な支払いを止めると脅したり、 > 家から追い出そうとしていますが、それでも悪意の遺棄にはならないのでしょうか? →現時点で生活費が入っている...

回答日 2016年11月01日 13:05
この回答がある質問
悪意の遺棄

> どういう物的証拠を要求すれば訴訟になった時に一部返済した事実は無いと > 証明できるでしょうか? 「事実は無い」という証明は通常できません。 時効中断を生じる事実については、時効中...

回答日 2016年11月01日 13:03
この回答がある質問
借金

該当しないと思います、 「悪意の遺棄」の「遺棄」とは、夫婦としての同居をせず健全な夫婦生活を送るにあたっての協力・扶助の義務を履行しないことを意味し、「悪意」とは、そうした「遺棄」によって遺棄された...

回答日 2016年11月01日 12:49
この回答がある質問
悪意の遺棄

送検されているのであれば、勾留を避けるために、本日にでも弁護士にご主人の弁護を依頼して、担当検察官に嘆願書を提出してもらうことが考えられます。

回答日 2016年11月01日 10:38

家庭裁判所に不在者財産管理人を選任してもらい、家庭裁判所の許可を得た上で売却することが考えられます。 不在者財産管理人の選任によって、不在者財産管理人が奥様の住所を調査し、奥様が登場することも考えら...

回答日 2016年11月01日 10:18

> 賃料は,翌月分をまいつき25日までに支払うとの契約なので, > 先払いしていたのですが,そういう事情は考慮されないでしょうか・・・。 →はい。お気の毒ですが、競落した新オーナーへの支...

回答日 2016年11月01日 10:07
この回答がある質問
立ち退き・明け渡し

> 罰金は払わなければならないのでしょうか? →法律上の根拠のない請求だと思いますので払う必要はないと考えます。 > どのようにするのがベストなのでしょうか? →お近くの弁護士に未払い...

回答日 2016年10月31日 14:37
この回答がある質問
退職

> これは,こちらから競落人に重ねて支払い,旧オーナーから私が支払った分の > 賃料を返して貰うしかないのでしょうか? →はい。そうする必要があります。 競落人は旧オーナーとあなたとの間...

回答日 2016年10月31日 13:59
この回答がある質問
立ち退き・明け渡し

> 旧貸出金を新貸出金に置き換えると考えた場合、旧貸出金から発生した遅延損害金を新貸出金に含めて置き換えることは可能でしょうか。 →貸し主と借り主の双方が合意するのであれば可能です。ただし、そ...

回答日 2016年10月31日 13:29
この回答がある質問
遅延損害金

> ※慰謝料はどの位になるのでしょうか? →罰金になった場合の金額位(20~30万円位)は提示された方がいいと考えます。 > 弁護士費用は大体どの位になるのでしょうか? →依頼される弁護...

回答日 2016年10月31日 12:29
この回答がある質問
盗撮・のぞき

> 実際に自分が住んでいなかった時の分も、支払い義務となりますか? > 例えば、離婚が成立するまでの賃貸料のみなど考慮される事はないのでしょうか? > あくまで、全額ですか? →別...

回答日 2016年10月31日 09:21

探偵に調査を依頼しただけであれば、その探偵が違法な調査さえしなければ問題ないと考えます。

回答日 2016年10月30日 14:46

> いつまで保証会社の方から連絡が続くのでしょうか? →このままだと連絡がやむことはないと思います。対応策については相手の請求内容(いつの分の家賃か、金額はいくらか等)や状況(別居したのはいつ...

回答日 2016年10月30日 13:38

すいません。高橋先生が述べられている通り、滞納家賃について日常家事連帯責任を負う場合があります。 裁判例を調査したところ、夫と同居して居住していたときの賃料請求についてですが、妻の日常家事連帯責任を...

回答日 2016年10月30日 13:29

お父さんの持ち分については、お母さん以外の相続人が遺産分割協議でどうするか決めることになります。 持ち家について、お母さんは共有持ち分がありますので、遺産分割協議等の結果お父さんの持分を取得した相続...

回答日 2016年10月28日 17:44
この回答がある質問
相続放棄

871 - 900 件を表示/全 1,476 件

現在営業中 07:00 - 24:00

冨本 和男弁護士へ面談予約

電話番号 050-5861-8990
メールで面談予約

受付時間

受付時間
  • 平日07:00 - 24:00
  • 土日祝07:00 - 24:00
定休日
なし
備考
【24時間メール予約受付中】
【電話予約】
平日10:00〜19:00
※原則上記時間に限るが、時間外対応相談可
(弁護士の状況に応じて、営業時間内に折り返しいたします。)
※事前予約いただければ、休日対応可
設備
完全個室で相談