野澤 裕昭弁護士 のざわ ひろあき

野澤 裕昭弁護士

旬報法律事務所

東京都千代田区有楽町1-6-8松井ビル6階
現在営業中 09:00 - 22:00
電話番号 050-5861-8839
分野を変更する

労働問題

【JR有楽町駅から徒歩1分】労働事件(労働者側)で65年の実績ある事務所。28名の所属弁護士全員が日本労働弁護団員の労働事件のスペシャリスト集団です。
旬報法律事務所
旬報法律事務所
旬報法律事務所

労働問題の取扱分野

原因

  • パワハラ・セクハラ 解決事例あり
  • 給料・残業代請求 解決事例あり
  • 労働条件・人事異動 解決事例あり
  • 不当解雇 解決事例あり
  • 労災認定 解決事例あり

労働問題の特徴

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

旬報法律事務所は、長年の実績はもとより、年間数百件の労働裁判の解決経験から多数の情報とノウハウを持っています。解雇、雇い止め、パワハラ、セクハラ、労災、未払い賃金、残業代請求など幅広く対応します。労働審判、仮処分、労働訴訟など多用な手段で労働者の権利を守ってきました。私を含め全員が日本労働弁護団に所属する労働問題のスペシャリスト集団です。近年、ブラック企業など労働者を食い物にする法令を無視した企業が増加していますが、こうした社会問題にも積極的に関わっています。最近、労働専門をうたう事務所は数多くありますが、65年の豊富な実績と経験、裁判例の集積があり、28名の所属弁護士を擁する事務所はほとんどありません。ですから複数体制で弁護活動が可能です。他事務所で無理とされた事件も勝利的和解で解決しています。是非、お気軽にご相談下さい。

野澤弁護士への感謝の声

4

30代 男性

依頼 書類認証済 労働問題 2019年6月に解決

野澤先生本当に有難うございます。
普通解雇ということで、将来の不安が沢山ある中で、常々励まして頂いたり、途中途中で私の大変な我儘にも寄り添って頂き、最終的には十分納得できる形での決着になりました。
非常に感謝しております。
また、裁判の進捗がある度に、次の展開についての的確な見通しを伝えて頂いたので、大きな不安を感じることなく過ごすことができました。
加えて、納得できる形での解決に至った大きな理由に、調停前や証人尋問前にはお忙しいにも関わらず、サポートに十分時間をとって頂けた点にあるかと思います。

相談した出来事
普通解雇されたため、解雇撤回と原職復帰を目指し地位保全の仮処分や裁判を行い、最終的には示談決着となりました。
解決方法
裁判・審判
  • 不当解雇

50代 女性

依頼 労働問題 2018年1月に解決

野澤先生、ありがとうございました。人生の岐路に立たされ暗く落ち込んでいた私を励まし引導していただき心から感謝しています。 労働審判、地裁、高裁にわたりその都度 メリットとデメリットについて詳しく説明してくださいました。ビジネスライクではなく親身に寄り添い私の気持ちを察してくださいましたことに深くお礼を申し上げたいです。こちらの質問、疑問に関してはいつも適切にお返事をくださり、また調停前など私が不安なときはリハーサルをしてくくださり、細やかなサポートをしていただけて安心することができました。
本当にありがとうございました。

相談した出来事
解雇無効を目指し労働審判、地裁、高裁と戦い最終的に示談になりました。 労働審判、地裁と勝訴し、高裁中に和解しました。
全部で3年1か月でした。
解決方法
裁判・審判
  • 不当解雇

40代 男性

依頼 労働問題 2017年1月に解決

長期間にわたりましたが(労働問題では、それくらいかかるのは普通らしいですが、)、最終的に裁判所からの提案で調停となりました。
当方の主張金額の全額以上を、相手方に調停で認めさせることができました。
私が、「調停なので勝った負けたもないのでしょうが…」と言ったとき、「この上ない勝ち方だよ」と力強く仰ったのが印象に残っています。長い期間の労苦も報われたような気がしました。
費用も良心的だったと思います。感謝しています。

相談した出来事
残業代等の未払いについて訴えた。調停となり、当方の主張を全面的に認めた調停が成立した。
解決方法
調停・裁判外紛争解決手続(ADR)

この分野の法律相談

賃金未払い問題です。 約半年賃金未払いのまま会社を退職し、 そのまま会社在職時に担当していた取り引き先に行き下請けとして仕事をさせてもらえる事になりました。 賃金未払いを労働基準監督署に行き改善をお願いしています。 そのあと前に勤めていた会社社長から電話でその取り引き先にいくならその会社を訴...

労働者には職業選択の自由があります。例外的に競業禁止義務が課される場合がありますが、それが認められるには競業しないという特別の合意があることが要件となります。仮に、そのような特別の合意がある場合でも貴方が責任を問われるだけで就職先の会社が損害を与えたわけではないので元の会社が訴える理由はないと思います。なお、半年も給料未払いにしておいて他に転職したことを責め...

野澤 裕昭弁護士

私は現在一年近く精神的に辛く会社に全く行けておらず給料や貯金も無い状態で私としては今の会社に通うことは大変難しく、すぐにでも会社を辞めて転職しようと考えています。 ただ長期間休む際診断書を提出し休職届を出さないといけないということを今年の七月頃に知らされ、その休んでいたあいだに控除等で積み...

労働者には退職の自由があります。期限の定めのない労働契約の場合、退職の意思を表示すれば2週間後には契約は自動的に終了します。民法 。仮に会社に本当に借金があるとしてもそれとは無関係に退職できます。退職の意思は書面ですることもできます。その場合は内容証明郵便で行なうことをお勧めします。内容証明郵便で行なうと退職の意思を表示したこと、その意思がいつ会社に届いたか...

野澤 裕昭弁護士

上司より、今後の私の給与を下げる見込みと言われました。 理由が曖昧で納得できないだけでなく、不当に降格させると宣告されているように感じます。 対処法をご教示下さい。 給与を下げるのは職級水準の仕事をしていないとのこと。しかし、やっているのは業務命令で行なっている仕事。業務改善も行い、コ...

不当な退職勧奨だと思われます。弁護士がむずかしければ個人加盟の労組に入って団体交渉する方法が考えられます。弁護士費用がない場合は法テラス(日本法律支援センター)の利用も考えられます。

野澤 裕昭弁護士

労働問題の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 30分毎に5,400円(税込)です。
着手金 (1)訴訟事件、労働審判事件
経済的利益が300万円以下の場合8%、300万円~3000万円以下の場合5%+9万円、3000万円~3億円以下の場合3%+69万円
(解雇事件の場合)
・解雇事件の着手金は、経済的利益の額が算定困難なため、原則として以下のように算定します。
①賃金1か月分の80%(ただし、最低額は15万円)
②賃金が月50万円を超える場合には、40万円+αの範囲で担当弁護士と協議の上、決定

【具体例】
・解雇事件
賃金月30万円の者が解雇無効を主張し、その結果、180万円の解決金の支払いを受けることにより解決した場合

(着手金)
30万円×80%+消費税5%=25万2000円
(報酬金)
180万円×16%+消費税5%=30万2400円

(2)調停・交渉事件
(1)の算定基準に準じます。
ただし、事案によっては(1)の算定基準の3分の2まで減額の協議に応じさせていただきます。
成功報酬 (1)訴訟事件、労働審判事件
得た経済的利益が300万円以下の場合16%、300万~3,000万円以下の場合10%+18万円、3,000万円~3億円以下の場合は6%+138万円(税別)なお、事件の内容により、30%の範囲内で増減することがあります。
(2)調停・交渉事件
(1)の算定基準に準じます。
ただし、事案によっては(1)の算定基準の3分の2まで減額の協議に応じさせていただきます。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続

【JR有楽町駅から徒歩1分】【土日祝祭日、夜間は要予約】遺産相続の分野では近年新しい判例が集積しています。最新の判例理論に基づき迅速な解決を目指します。
旬報法律事務所
旬報法律事務所
旬報法律事務所

遺産相続の取扱分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割 解決事例あり
  • 遺留分減殺請求 解決事例あり
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

遺産相続の特徴

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

長年地方自治体が主催する市民向けの無料法律相談を担当してきました。相談の8割は相続、遺産分割問題でした。もっと早く相続の専門家に相談していれば争いを避けられたと思える事件が多くありました。また、相続問題は被相続人との関係や相続人間の関係が争いの背景にあります。生前贈与、療養介護の実績、寄与分など相続人間の公平を図る必要が求められます。被相続人の遺志を尊重しながら相続人間の公平を期すという難しい問題に向き合うことになります。法的知識だけでなく、家族の歴史を踏まえた感情対立をほぐしていくことが大事であると考えています。多数の法律相談の経験と解決実績に基づき、貴方の相続、遺産分割問題の解決を図ります。税理士と提携して税金問題も併せてご相談に応じております。日祝祭日の御相談は事前にご予約下さい。メールによるご相談も可能です。お気軽にご相談下さい。

野澤弁護士への感謝の声

4

30代 男性

依頼 書類認証済 労働問題 2019年6月に解決

野澤先生本当に有難うございます。
普通解雇ということで、将来の不安が沢山ある中で、常々励まして頂いたり、途中途中で私の大変な我儘にも寄り添って頂き、最終的には十分納得できる形での決着になりました。
非常に感謝しております。
また、裁判の進捗がある度に、次の展開についての的確な見通しを伝えて頂いたので、大きな不安を感じることなく過ごすことができました。
加えて、納得できる形での解決に至った大きな理由に、調停前や証人尋問前にはお忙しいにも関わらず、サポートに十分時間をとって頂けた点にあるかと思います。

相談した出来事
普通解雇されたため、解雇撤回と原職復帰を目指し地位保全の仮処分や裁判を行い、最終的には示談決着となりました。
解決方法
裁判・審判
  • 不当解雇

50代 女性

依頼 労働問題 2018年1月に解決

野澤先生、ありがとうございました。人生の岐路に立たされ暗く落ち込んでいた私を励まし引導していただき心から感謝しています。 労働審判、地裁、高裁にわたりその都度 メリットとデメリットについて詳しく説明してくださいました。ビジネスライクではなく親身に寄り添い私の気持ちを察してくださいましたことに深くお礼を申し上げたいです。こちらの質問、疑問に関してはいつも適切にお返事をくださり、また調停前など私が不安なときはリハーサルをしてくくださり、細やかなサポートをしていただけて安心することができました。
本当にありがとうございました。

相談した出来事
解雇無効を目指し労働審判、地裁、高裁と戦い最終的に示談になりました。 労働審判、地裁と勝訴し、高裁中に和解しました。
全部で3年1か月でした。
解決方法
裁判・審判
  • 不当解雇

40代 男性

依頼 労働問題 2017年1月に解決

長期間にわたりましたが(労働問題では、それくらいかかるのは普通らしいですが、)、最終的に裁判所からの提案で調停となりました。
当方の主張金額の全額以上を、相手方に調停で認めさせることができました。
私が、「調停なので勝った負けたもないのでしょうが…」と言ったとき、「この上ない勝ち方だよ」と力強く仰ったのが印象に残っています。長い期間の労苦も報われたような気がしました。
費用も良心的だったと思います。感謝しています。

相談した出来事
残業代等の未払いについて訴えた。調停となり、当方の主張を全面的に認めた調停が成立した。
解決方法
調停・裁判外紛争解決手続(ADR)

この分野の法律相談

遺留分について 被相続人が、父。 相続人は、配偶者である母。そして、子供が三人おり、そのうち一人は相続前に死亡しており、その代襲相続人が二人です。 つまり、相続人は、配偶者ひとり、子供が二人、亡くなった子供の代襲相続人が二人の、合計五人となります。 配偶者と子供が相続人の場合、配偶者...

子の遺留分は6分の1の2分の1で12分の1。代襲相続人は子の遺留分を承継するので二人であれば12分1の2分の1で24分の1となります。

野澤 裕昭弁護士

Aの相続人は、子Bの子C、及び子Dの子E(つまりC、EはAの孫)の二人のみです。 (子BはAの死後、子DはAが亡くなる前にすでに死亡しています) A名義のままの土地が残っています。 子Bには特別受益があり、孫CがBには相続分がない旨の証明書を作成しています。 ところが、AからEへの相続登記をする前に、孫Eは...

特別受益制度は、共同相続人のうち一部の者が被相続人から遺贈や婚姻、養子縁組、もしくは生計の資本となる贈与を受けていた場合に共同相続人間の公平を期すために設けられたものです。あくまで共同相続人間の公平のためであり、特別受益者を相続から廃除するものではありません。したがって、他に相続人がいなくなった場合は、相続人であることは間違い無いので遺産を相続できることにな...

野澤 裕昭弁護士

Bが単独所有権を「有していたという本件土地」の売却代金全部についての不当利得返還請求権という表現は、Bが本件土地の単独所有権を有していたことを前提としない不当利得返還請求権を指す。 上記は正しいでしょうか?

何ら所有権を有していないことを前提にする主張というのが正確でしょう。単独所有権者であることを否定しても共同所有者であることがあるからです。

野澤 裕昭弁護士

遺産相続の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 30分毎に5,400円(税込)です。
着手金 【着手金と報酬金について】
着手金は事件に着手する段階で戴きます。報酬金は事件が終了した段階で解決内容に応じて戴きます(成功報酬)。着手金は事件終了の結果が不確定な部分もあるので、報酬金の2分の1としています。なお、事情により下記基準内でご相談に応じます。

(1)調停事件
請求する経済的利益の額を基準として、300万円以下の場合8%、300万円~3000万円以下の場合5%+9万円、3000万円~3億円以下の場合3%+69万円。(税抜き)
(2) 示談交渉はこの3分の2。
(3)着手金は上記のとおりですが最低額は15万円となります。
成功報酬 (1)調停で解決した場合
獲得した経済的利益の額が300万円以下の場合16%、300万円を超え3000万円以下の場合10%+18万円、3000万円~3億円の場合6%+138万円。なお、事件の内容により、30%の範囲内で増減することがあります。
(2)示談で解決した場合
調停の報酬額の3分の2
(3)審判で解決した場合
調停の報酬額と同じ。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題

【JR有楽町駅から徒歩1分】【土日祝祭日、夜間は要約】離婚は人生の一つの区切りであり再出発でもあります。実績と経験を活かし貴方の権利を守り再出発を応援します。
旬報法律事務所
旬報法律事務所
旬報法律事務所

離婚・男女問題の取扱分野

原因

  • 不倫・浮気 解決事例あり
  • 別居 解決事例あり
  • 性格の不一致
  • DV・暴力 解決事例あり
  • セックスレス
  • モラハラ 解決事例あり
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費 解決事例あり
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与 解決事例あり
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用 解決事例あり
  • 慰謝料 解決事例あり
  • 離婚請求 解決事例あり
  • 離婚回避
  • 面会交流

離婚・男女問題の特徴

  • 女性スタッフ在籍
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

家族はかけがえの無い存在。幸せな家庭は人生を豊かにしてくれます。しかし、残念ながらそれが壊れることもあります。離婚、不倫、お子さんの養育、監護に悩む方が大勢います。しかし、どうしても修復ができない場合は、お互いに家族関係を清算し新たな人生に向かうことも大切です。離婚原因の見極め、婚姻費用、養育費、財産分与、慰謝料、離婚後の生活扶助、面会交流、新しい家事手続法への対応など解決するべき問題が多く、正しい知識が求められます。家族や子供を大切にする新法に対応しながら、長年蓄積した経験と知識を生かして、あなたの再スタートをサポートします。

野澤弁護士への感謝の声

4

30代 男性

依頼 書類認証済 労働問題 2019年6月に解決

野澤先生本当に有難うございます。
普通解雇ということで、将来の不安が沢山ある中で、常々励まして頂いたり、途中途中で私の大変な我儘にも寄り添って頂き、最終的には十分納得できる形での決着になりました。
非常に感謝しております。
また、裁判の進捗がある度に、次の展開についての的確な見通しを伝えて頂いたので、大きな不安を感じることなく過ごすことができました。
加えて、納得できる形での解決に至った大きな理由に、調停前や証人尋問前にはお忙しいにも関わらず、サポートに十分時間をとって頂けた点にあるかと思います。

相談した出来事
普通解雇されたため、解雇撤回と原職復帰を目指し地位保全の仮処分や裁判を行い、最終的には示談決着となりました。
解決方法
裁判・審判
  • 不当解雇

50代 女性

依頼 労働問題 2018年1月に解決

野澤先生、ありがとうございました。人生の岐路に立たされ暗く落ち込んでいた私を励まし引導していただき心から感謝しています。 労働審判、地裁、高裁にわたりその都度 メリットとデメリットについて詳しく説明してくださいました。ビジネスライクではなく親身に寄り添い私の気持ちを察してくださいましたことに深くお礼を申し上げたいです。こちらの質問、疑問に関してはいつも適切にお返事をくださり、また調停前など私が不安なときはリハーサルをしてくくださり、細やかなサポートをしていただけて安心することができました。
本当にありがとうございました。

相談した出来事
解雇無効を目指し労働審判、地裁、高裁と戦い最終的に示談になりました。 労働審判、地裁と勝訴し、高裁中に和解しました。
全部で3年1か月でした。
解決方法
裁判・審判
  • 不当解雇

40代 男性

依頼 労働問題 2017年1月に解決

長期間にわたりましたが(労働問題では、それくらいかかるのは普通らしいですが、)、最終的に裁判所からの提案で調停となりました。
当方の主張金額の全額以上を、相手方に調停で認めさせることができました。
私が、「調停なので勝った負けたもないのでしょうが…」と言ったとき、「この上ない勝ち方だよ」と力強く仰ったのが印象に残っています。長い期間の労苦も報われたような気がしました。
費用も良心的だったと思います。感謝しています。

相談した出来事
残業代等の未払いについて訴えた。調停となり、当方の主張を全面的に認めた調停が成立した。
解決方法
調停・裁判外紛争解決手続(ADR)

この分野の法律相談

離婚調停中です。 財産分与のことですが、物件が2つあります。 1個は、結婚当初、妻が住宅ローンを2000万組みました。妻100パーセントの名義ですが、3年後、ローンを私が(婚姻前に得たお金で)残高1500万円を払い完済しました。 その物件はそのまま妻名義で親戚に貸してます。 その後、私達は新居に引っ越し...

婚姻前に得ていたお金、相続で得たお金は貴方の特有財産として認められます。特有財産分は形式的な登記名義にかかわらず実質的な共有持分割に反映されます。

野澤 裕昭弁護士

夫の不倫相手に謝罪要求や慰謝料の合意をさせたく 合意書を作成しました。 不倫相手に直接会ってその合意書の取り交わしをしたいのですが、 相手の住所のみ知っているため 自宅前で帰りを待ち直接会う形にしようと考えています。 会うことが難しい場合は この合意書を内容証明郵便で送りたいのですが ま...

合意書(案)にすればいいのではないでしょうか。合意書を作成する過程で案を提示し煮詰めめていくのはよくやることです。なお、内容証明には文書を同封できませんので内容証明文の中で合意書案文を書き込む方法か、内容証明とは別に合意書案を郵送する方法を選択することになります。

野澤 裕昭弁護士

助けて下さい。本当に困っています。 不倫を繰り返して居心地が悪くなった旦那が家を出て行き、半年以上経っています。生活費はずっと頂いていますが、11月頃から口座を変えられ、貰える生活費が半分以下になりかなり困窮しています。 何度訴えてもこれ以上渡すのは無理と言われたり返事が返ってこないので、家...

ご主人に収入があり、貴女が無職で収入がないのであれば婚姻費用は必ずもらえます。問題はご主人が収入を隠した場合、婚姻費用の支払いをすぐしない場合です。前者に関しては、ご主人の給与明細、源泉徴収票、給与振込口座の履歴など収入がわかる資料を探すこと、これらがない場合は役所でご主人の課税証明書を取ることが考えられます。後者に関しては、審判前の保全処分の申し立てをする...

野澤 裕昭弁護士

離婚・男女問題の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 30分毎に5,400円(税込)です。
着手金 [着手金と報酬金について]
着手金は事件に着手する段階で戴きます。報酬金は事件終了時に解決内容に応じて戴きます。着手金は事件解決の見通しが不確定な部分があるので、報酬金の2分の1としています。なお、事案によって金額の取り決めについてはご相談に応じます。

1 離婚調停事件 20万円から50万円の範囲内。
2 離婚とともに財産分与、慰謝料の請求を併せて行うときは、上記とは別に請求する額を基準として300万円以下が8%、300万円を超え3000万円以下が5%+9万円の3分の2。
示談交渉は15~30万円。示談交渉から調停に移行する場合は調停事件の着手金を対象に不足分を追加。
離婚調停から引き続き離婚訴訟を受任するときは別途15~30万円の範囲内で着手金をいただきます。
成功報酬 1 離婚調停事件 離婚成立の場 20万円から50万円の範囲内。
2 財産分与、慰謝料等の請求を併せてした場合は上記とは別に獲得した利益の額が300万円以下が16%、300万円を超え3000万円以下が10%+18万円と計算しその3分の2。
3 訴訟事件となった場合 離婚成立のみ30万円から60万円の範囲内。財産分与、慰謝料等の請求は上記とは別に獲得した利益を基準に300万円以下が16%、300万円を超え3000万円以下が10%+18万円。
4 上記の金額は事案の内容に応じて30%の範囲内で増減あり。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題

特徴をみる 解決事例をみる

所属事務所情報

所属事務所
旬報法律事務所
所在地
〒100-0006
東京都千代田区有楽町1-6-8松井ビル6階
最寄り駅
JR「有楽町」駅 徒歩1分
丸ノ内線/日比谷線「銀座」駅 徒歩2分
千代田線/都営三田線「日比谷」駅 徒歩2分
有楽町線/「有楽町」駅 徒歩2分
交通アクセス
  • 駐車場近く
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL
所属弁護士数
28 人
所員数
38 人

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 不動産・建築
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5861-8839

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 22:00
  • 土日祝09:00 - 22:00
定休日
なし
備考
メールでの連絡は24時間承ります
対応地域
所属事務所情報
所属事務所
旬報法律事務所
所在地
東京都千代田区有楽町1-6-8松井ビル6階
最寄駅
JR「有楽町」駅 徒歩1分
丸ノ内線/日比谷線「銀座」駅 徒歩2分
千代田線/都営三田線「日比谷」駅 徒歩2分
有楽町線/「有楽町」駅 徒歩2分
現在営業中 09:00 - 22:00
野澤 裕昭弁護士へ問い合わせ
電話番号 050-5861-8839
メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 22:00
  • 土日祝09:00 - 22:00
定休日
なし
備考
メールでの連絡は24時間承ります
対応地域
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談