徳田 剛之弁護士 とくだ たけゆき

徳田 剛之弁護士

あまね宇都宮法律事務所

栃木県宇都宮市駅前通り1-1-9駅前通り第一ビル5階
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名129 件/匿名:3件

文面から察するに,先方の意見は,結婚自体は特段異論はないが,結婚式だけは延期してほしいというものになるでしょうか。 お祖父様が亡くなって間もない時期に慶事を祝う気になれないから延期してほしいという...

回答日 2018年12月22日 12:10

各地裁のやり方にもよるのですが,「裁判所から連絡があり、同時廃止の方向で処理する方向。」ということであれば,おそらく特別な事情でもない限りは同時廃止なのでしょう。 審尋とは,債務者審尋(破産開始前...

回答日 2018年11月15日 21:11

そうですね。 扶養者がいないなら,今月の給与からおよそ2万5000円くらいずつ引かれることになると思います。

回答日 2018年10月07日 22:37

債権回収業者の言う「期限の利益喪失日」は,結構いい加減なことが多い(単純に譲渡日を書くなど)です。 約定の期限の利益喪失事由はどうなっていますか。 おおむね,1~2回の滞納です。 最後に支...

回答日 2018年07月30日 01:41
この回答がある質問
時効

認知無効の訴えは,生物学上の父子関係がないことが証明されれば,認められます。 よく読まなかったのが悪い(錯誤?)とはいえ,自分で認知届に署名捺印しており(なので文書偽造にはあたりません),届け出時...

回答日 2018年07月09日 02:29
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

当該契約書によって契約したという事実は主張されており,提出された証拠をどう評価するか(契約書の各条項をどう読むか)は裁判所の自由なので,弁論主義違反ではないと思います。 もっとも,その判決で示され...

回答日 2018年07月09日 02:12

飲酒後,エンジンをかけて寝ていただけでは,酒気帯び運転等にはなりませんが,駐車場内の移動については,「駐車場」が月極や自宅など限られた人しか立ち入らない駐車場なのか,店舗の駐車場など誰でも入れる駐車...

回答日 2018年07月09日 02:03
この回答がある質問
飲酒運転

まず,連帯保証人になるということは保証契約を債権者と保証人との間で締結していないといけませんので,仮に借用書に保証人として記載されていたとしても,保証人になったことはないとしてその無効を主張すること...

回答日 2018年07月08日 15:52

1.それでご満足なさるのであればよろしいのではないでしょうか。 (優しめと言う印象です) 2.少額訴訟とは,証拠上明らかな請求を1回の審理で結審させる制度です。 本件は,少額訴訟で行うメリ...

回答日 2018年07月03日 17:32

法的処置とは,子の引渡しの仮処分,審判が考えられると思います。家庭裁判所で行う手続きです。 法テラス利用でも受任してもらえる見込みがあるなら,その弁護士から「受任見込み」の旨連絡してもらうか,自身...

回答日 2018年07月02日 02:21
この回答がある質問
親権

相続人としては,相続放棄しているので支払わないという結論でよろしいと思います。 家庭裁判所に問い合わせれば,相続放棄をしたことの証明は出してもらえます。 もっとも,物上保証人つまり抵当権負担の責...

回答日 2018年01月01日 09:04

原告からの反論書面がまだ届いていないのであれば,出頭しなくても続行期日が入れられるはずですので,そこまで心配しなくても大丈夫と思います。 簡易裁判所の訴訟手続は,被告の出頭なしでも進められるのです...

回答日 2017年12月13日 01:15
この回答がある質問
時効の援用

4人の兄弟はそれぞれ扶養義務者でありますから,それぞれの経済状況に応じて,適宜介護を分担するべき義務があります。 実働はともかく,費用も出さない兄弟に対しては,扶養請求の調停を起こしてはいかがでしょ...

回答日 2017年11月20日 10:47

民事再生手続について,どなたか他の弁護士に依頼はしていませんでしょうか。 新たな弁護士にどれだけ再生手続の申立について引継ぎができたかどうかということにもなるでしょうが,申立前で先方都合による解除と...

回答日 2017年11月05日 21:19

今後,法律事務所から債権者に弁済代行することはできませんので,ご自身で返済していくことになります。 あえて連絡してもいい(その方が安心でもありましょう)ですが,和解書に記載されている口座にそのまま...

回答日 2017年10月15日 01:41

非免責債権に当たると思います。 生命又は身体を害した場合→故意又は重過失 その他の不法行為→悪意 悪意の方がより強い害意がある場合に限定されますが,当該事案では悪意に当たると思います。 相手からは...

回答日 2017年09月05日 17:28
この回答がある質問
自己破産

破産・任意整理による見通しは,ざっと以下の通りです。 妻の返済→ゼロに 夫の返済→カード1.5万,管理費は2~3万ずつ上乗せ,保育料は1万上乗せ これに加えて生活費と住宅ローンを支払っていく余裕...

回答日 2017年05月22日 14:15
この回答がある質問
自己破産

> ストーカーとして警告を受けた際の精神的被害や担当業務から外れたことによる会社への損害 これらを「訴えたい」すなわち請求し,回復させたいと言うことであれば,刑事事件ではなく,民事事件です。 ...

回答日 2017年05月22日 12:48
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

まず,氏の変更許可の審判を家庭裁判所に申立てる方法が考えられます。 もっとも,変更が認められるには,「やむを得ない理由」が必要です。 単純に,奥様の名字より旧姓がいいから,と言うような理由では許可さ...

回答日 2017年05月22日 12:37
この回答がある質問
戸籍と姓

1. ・三男の出生から死亡までの一連の戸籍 ・両親の死亡の記載のある戸籍 ・長男~三男と両親との繋がりを示す戸籍(出生など) ・放棄する人の現在の戸籍 以上があれば足りますが,重複するものは一つで足...

回答日 2017年05月22日 00:18
この回答がある質問
相続放棄手続き

警察での取り調べ,その後検察での取り調べを経て,刑事裁判をやることになると思います。 前科等なければ,有罪となれば執行猶予付きの懲役刑になると思います。 任意保険による物損の賠償対応はできていますで...

回答日 2017年05月14日 15:43

平成22年からですと,そもそも利息制限法内の取引で過払いは発生しないようにも思います。 借入当初の利息は何パーセントでしたでしょうか。 なお,完済してから過払い請求するよりは,引き直した金額...

回答日 2017年05月13日 15:09

被告から何らかの形で訴えてきたときに,その委任事項がないとあらたに訴訟委任状を取らないといけないので,定型的に入れているだけです。 実際に反訴を提起してくる可能性があるのか,反訴の請求が立ちうるのか...

回答日 2017年05月06日 19:56
この回答がある質問
詐欺

① 遺族年金や死亡一時金等,被保険者の死亡により発生する受給権は,配偶者等法律で決められた受給権者の固有の権利で相続財産ではないため,遺言に記載しても無意味です。 もっとも,別居するなどして,生計を...

回答日 2017年05月06日 14:23

年金受給者が亡くなったときに未払の年金があった場合,法律の規定に従って,生計を同一にしていた親族等が,その人の名義で支払を請求できます。 したがって,遺産相続の対象にはなりません。 配偶者が生計を同...

回答日 2017年05月01日 08:56

明け渡しに応じてもらえない相手に出て行ってもらうためには,建物明渡し請求の訴えによるべきことになりますが,これが認められるかというと,微妙なところです。 元妻にも,婚姻期間中のローン支払分があるので...

回答日 2017年05月01日 03:02

双方合意すれば,示談の中にそのような誓約条項を入れることはできなくはないですが,そのような状況では先方がそのような条項を飲むはずもなく,難しいでしょう。 損害の負担について話が付かないのであれば,...

回答日 2016年07月10日 18:49

親権者であり同居生活するあなたと氏が異なることで,社会生活上不都合が生じることが十分考えられる,程度でいいと思います。 親権者父の戸籍へ入籍するための氏の変更ですから,それほど細かい理由は必要ないは...

回答日 2016年03月20日 16:37

こういったインターネット相談でなく,ご自身が現実の専門家(弁護士など)へ相談するなど動くべきです。 怖い怖いだけでは何もできないと思います。 払う義務はないので,裁判でもしてくださいと言えばそれでい...

回答日 2015年11月17日 10:38

原則,扶養義務がある者(夫,前妻,前妻の夫)の収入証明の提示は求められることになります。 任意での提出がなければ,審判にて裁判所の職権で取り寄せをすることもあります。

回答日 2015年11月17日 10:30
この回答がある質問
養育費

1 - 30 件を表示/全 129 件

あまね宇都宮法律事務所へ問い合わせ
電話番号 050-5257-1476

※あまね宇都宮法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 19:00
  • 土曜09:00 - 18:00
定休日
日,祝
備考
※土曜日は隔週で営業いたします。詳しくは当事務所ホームページをご参照下さい。
※時間外でも可能な限り対応しますので,お問い合せフォームまたはお電話でお問い合せ下さい。
※お住まいの地域やご収入によって,無料相談(法テラス利用)をご利用いただくことができます。
※電話でのご相談は承っておりませんのであしからずご了承ください。
対応地域
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談