田中 俊平弁護士 たなか しゅんぺい

田中 俊平弁護士

HOPE法律事務所

静岡県 静岡市 葵区伝馬町9-7 塚本ビル5階A号
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:263 件/匿名回答数:4件

示談書は、最終的には、保険会社が作成してくれますので示談書として提出する必要はないと思います。 まずは、示談の条件を交渉すべく、生じた損害、その損害を立証する資料、過失割合の提示、その過失割合が妥当...

回答日 2015年12月02日 11:11
この回答がある質問
示談交渉

別居を知らせずに家を出た場合でも請求できますよ。 調停の申し立てに弁護士がいなくともできます。 必要なものは、調停委員が教えてくれると思います。 必ず見ておいた方がいいものは、「婚姻費用算定表」で...

回答日 2015年11月27日 14:42
この回答がある質問
養育費

時効の援用をしても構わないと思います。 借入先に対する債務のうち時効が完成しているものについては、時効を援用しますと包括的に援用していいと思います。 また、これまでの取引履歴の開示を求めましょう...

回答日 2015年11月26日 10:49
この回答がある質問
債権回収

> 別居を考えています。 > 子供と2人でていくつもりです。 > > 連絡はメールなどなら返信するつもりです。 > 面会も様子をみて > してもらってもいいとは...

回答日 2015年11月26日 10:45
この回答がある質問
養育費

相談者様 仮に、争いになった場合には、どちらも立証が不可能ということになるので、ないものとして扱うのが通常だと思います。 裁判官によっては、どちらかの主張が信用性があるとして、どちらかの主張を採用...

回答日 2015年11月25日 11:11
この回答がある質問
財産分与

どのような事実を認めたかによります。 損害額の多寡を決める重要な事実で、こちらの不利な事実について認めているようであれば、その事実を認めたことで請求額を減額されることはあり得ます。 実際の裁判のこと...

回答日 2015年11月24日 21:15
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

離婚届にサインをすることになった経緯をどれだけ立証できるか、離婚届提出から元旦那さんの再婚までどの程度期間があったかなどを整理して、調停を申し立てるというのは決して無駄ではないと思います。 ただ、相...

回答日 2015年11月24日 21:13
この回答がある質問
養育費

その預金を引き出した当時、誰が預金を管理していたか。その出金はどのような目的でなされたものかといった事情から、通常どちらの当事者が預金の引き出しを行ったかという点を推論していくこととなります。

回答日 2015年11月24日 21:09
この回答がある質問
財産分与

別居に至る経緯や、どういった内容の面会交流を求められているかについては分かりませんが、先方の代理人が中間的合意を求めるのは分からないわけではないです。 あくまで、先方の代理人は、先方の利益を第一に追...

回答日 2015年11月24日 21:07
この回答がある質問
調停離婚

> 刑事裁判が終了していて、民事裁判が始まったとき、刑事裁判で述べた事実以上の新しい事実を証拠として述べる場合、新しい事実は証拠として信頼されますか? 提出する証拠次第ですが、一般的に言え...

回答日 2015年11月24日 21:02

> 返答ありがとうございます。 > 書類の作成についてお教えください。 > > 書類の「題名」は何とすれば良いのでしょうか? > 「示談書」や「和解書」といった題...

回答日 2015年10月19日 09:55
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

相談者様がどのような段階にあるのかわかりかねますが、調査官の方もそのようにおっしゃっているのであれば具体的に決めて欲しいと調停委員や調査官の方に希望を伝えた方がいいと思います。 面会交流について、間...

回答日 2015年10月15日 19:27
この回答がある質問
面会交流

>>間接強制について、調停でどういったことを私から伝えるべきなのか、教えていただければ嬉しいです。 回答が遅れてしまいましたが回答させていただきます。 間接強制をするためには、かなり...

回答日 2015年10月15日 19:25

>>金額と支払日の他に「支払がされなかった時の事」はどのように明記すれば良いですか? 支払がされなかった場合には、法的な手続きを行う必要がありますので、特にその時のことを記載する必要はないと思いま...

回答日 2015年10月15日 11:48
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

> 知らない人と交通トラブルで口論になり、殴りかかられ、相被疑事件になりその場で警察に通報しました。 > > 私は全治2週間、相手は無傷です。 > > 警察官に頼ん...

回答日 2015年10月13日 11:13
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

> はじめまして。昨年旦那の浮気が原因でうつ病になってしまい現在も通院中です。離婚をしたいのですが、浮気の証拠の写真はなく、女性とのメールは証拠としてもっています。うつ病が原因で就活にも影響が...

回答日 2015年10月13日 11:12
この回答がある質問
離婚原因

> ①養育費はいつまでさかのぼり払わないといけないことになりますか? 原則として、養育費を明確に書面等で請求した時点からになります。 調停では調停委員が過去の分を当然に支払うように勧めてくる...

回答日 2015年10月13日 11:09

> 売買契約が無効になった場合、売り主が相手に引き渡した商品の所有権は買い主から売り主に戻る、というか所有権が買い主に移転しなかったことになるんですか? 所有権が最初から移転しなかったという...

回答日 2015年10月09日 15:24
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

> 田中先生 ご回答ありがとうございました。遅滞に関して、納期設定してご予約の受付をしていたので、数名の方からキャンセルがありました。納期にキチンとした商品が届いていれば問題なかったので、その...

回答日 2015年09月07日 09:25
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

別居後、1週間程度であれば婚姻関係が破綻していると認められない可能性が十分にあります。 しかし、夫婦が、離婚に向けてある程度の準備をしているなど、婚姻関係自体が弱くなっていることを考えると、相手方の...

回答日 2015年09月07日 08:53

> 1、正しい仕様の物が届くまでに結局3週間以上遅れる事に関する賠償金 基本的には難しいと思います。 どのような損害を、遅延したために生じた損害とみるかにより、損害場使用請求の可能性は変わり...

回答日 2015年09月07日 08:50
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

求めていいと思いますよ。 弁護士には、委任状の開示を求められても応じる義務はありませんが、調停の委任状は、謄写の対象だったと記憶しているので、委任状の開示を受けられなくとも裁判所で、調停の委任状を確...

回答日 2015年09月04日 14:39
この回答がある質問
調停離婚

離婚調停中だったのですね。そうであれば、相手方代理人に、委任状の写しを送付してもらうように要求するか、裁判所に委任状の写し(謄写)を取得できないか聞いてみてください。

回答日 2015年09月04日 13:59
この回答がある質問
調停離婚

敷金返還債務は、可分債務として考えられているのが一般的ですので、分割して相続されるのが通常だと思います。

回答日 2015年09月04日 13:57

当初の養育費を定めたときより収入が減少していることを、確定申告書などを用いて証明すれば、減額の可能性は大きいといえます。 養育費を定める場合に、将来の収入減額を織り込んだ形で額を定めていると、減額が...

回答日 2015年09月04日 13:49

荷物の問題は、離婚訴訟に付随する問題ですので、相手方弁護士に相手方に話しをして、伝言を頼んでもいいと思います。 また、訴訟の場において、弁護士に協力を求めれば、裁判官の目もあり協力してくれることが多...

回答日 2015年09月04日 13:46
この回答がある質問
調停離婚

まず、枠がそこまで沢山ないことと、明確な目標がないと、そのかなり限定された分野に最初の仕事が限定されてしまう不利益からすると受験を控えてしまう可能性が有ります。 一般的な公務員試験の話しでしたら、私...

回答日 2015年06月30日 11:21
この回答がある質問
民事・その他

養育費婚姻費用等には基本的にすべての費用が含まれます。婚姻費用等以外は相手方から基本的に追加して金銭の請求をできないとお考えください。 足りない分は出てきますが、これは法律の限界とお考えください。 ...

回答日 2015年06月30日 11:20
この回答がある質問
養育費

司法試験合格後に、公務員試験を受けてというケースはすくないと思います。 法科大学院修了者であれば一定数いますが、司法試験合格者ほど専門性の髙い職務を行えないのでは無いかと思います。 専門的な仕事と...

回答日 2015年06月29日 14:42
この回答がある質問
民事・その他

先回りして回答してしまったようですが、準備をしたうえで提供するのは、口頭の提供というもになります。しかし、基本的には現実に提供する必要があると思います。

回答日 2015年06月28日 18:03
この回答がある質問
民事・その他

1 - 30 件を表示/全 263 件

田中 俊平弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5450-4095
メールで問い合わせ
お気に入りに追加

受付時間

受付時間
  • 平日08:00 - 22:00
定休日
土,日,祝

対応地域

事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談