野田 隼人弁護士 のだ はやと

野田 隼人弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
滋賀県 2

高島法律事務所

滋賀県 高島市 新旭町深溝1137-1

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:1,400 件/匿名回答数:362件

日本人が外国に行った場合はその国の法に従うことになります。 このことについて明文の規定を設けているかは国によりますが, 外国人について特別に規定していない限り, 自国民と同様の取扱いになり...

回答日 2020年08月03日 09:58
この回答がある質問
国際・外国人問題

1 「日本国内において罪を犯した」(刑法1条1項)の問題ですが, 被害者の所在地だけでなく加害者所在地でも良いと理解されています。 ですから,行為者が日本国内において書き込んだ疑いがあれば一応...

回答日 2020年08月03日 09:49

日本人は日本のパスポートを使って出入国しないといけないという法規制を 日本はもっていないので米国パスポートの無査証滞在期間に出国できるなら, 米国パスポートの出国でも構いません。

回答日 2020年07月28日 09:13

お子さんの年齢が22歳に満たないことを前提として回答します。 (22歳超の場合,国籍選択が問題になりますので。) 1)・2)の両方に関わるので一括して回答します。 まず,日本国のパスポ...

回答日 2020年07月24日 10:30

現実の金銭の移動がありませんので, 法的には銀行法の規制する為替取引にあたります。 基本的に1回限りであれば問題はおきませんが, 定期的に繰り返しとなると業務と評価される可能性がありますの...

回答日 2020年07月21日 11:25

登録のある資金移動業者であれば,送金記録の開示はしてくれると思います。

回答日 2020年07月18日 10:22
この回答がある質問
国際・外国人問題

州によって違いますし,酒量や態様によっても違いますので 現在の情報では回答が困難な状態です。 裁判所で刑事事件ルートから外れたということのようですが まったくの処分なしの不起訴の場合もあり...

回答日 2020年07月16日 11:31
この回答がある質問
国際・外国人問題

「業者」というのは決済業者でしょうか? そうであれば,決済業者から送金記録の開示を受けて,振込先の銀行に照会をかけることになります。

回答日 2020年07月16日 11:15
この回答がある質問
国際・外国人問題

特定の第三者に生前に依頼して承諾を得ておくこと, あなたの死亡時に当該第三者がそれを知って引き取りができるように周囲の人に知らせておくこと, (遺言書は,死後暫くしてから見ることになるので,間に...

回答日 2020年07月12日 10:02
この回答がある質問
国際・外国人問題

まず考えるべきは,韓国で離婚する必要があるかどうかです。 韓国人と再婚する場合を除いて,韓国で結婚記録が残っていることが支障になることは,ほぼありません。 その上で,韓国法で離婚をする場合で...

回答日 2020年07月12日 09:59
この回答がある質問
国際・外国人問題

弁護士の視点から見ると,1点,リスクの高いところが残っているように思います。 FX会社です。 同社には,着金していないと主張する動機がありますので, 送金代行会社のSWIFTレシートの情報を元...

回答日 2020年07月09日 18:27
この回答がある質問
国際・外国人問題

子の連れ去りは州刑法の問題ですので,基本的には州警察です。 国籍選択は親権者が法定代理人として行うことも,本人が成年に達した後にすることもできます。 タイミングは自由です。 また,日本戸籍...

回答日 2020年07月08日 08:38
この回答がある質問
国際・外国人問題

まず,国籍についてですが,日本人と米国人の間の子は, 米国人である親が子の出生前に5年以上米国に居住していたことがあれば米国籍を得ます。 ですから,現時点では法的には二重国籍です。 22歳...

回答日 2020年07月05日 08:39
この回答がある質問
国際・外国人問題

取戻しについてですが,ロシアで裁判をすれば間違いなく赤字になりますし,日本で裁判して判決を得たとしても,日本国内に執行可能な財産がなければ結局のところただの紙切れということになります。

回答日 2020年07月04日 20:14

ロシア法上,内務省が不適当と認める者について出国を許可しない規定はありますが,一定の預貯金額を必要とするという規定はもっていないように思います(島国ではないので,国境付近では日常的に行き来があります...

回答日 2020年07月04日 11:03

公務員の職を辞するには,辞職が許可される必要があります。 ですから,辞職が許可されるまでは自衛官の身分を有することになります。 そして,自衛官は一定の命令に従わないことを理由とする処罰があります...

回答日 2020年07月04日 10:50

1点補足しておきます。 外国会社が代表者登記をせずに継続活動をする場合,過料の規定はあります。 これは,罰金的にお金を払うことになるものですが,法的な扱いとしては刑罰ではないことになっています。...

回答日 2020年06月29日 10:10
この回答がある質問
国際・外国人問題

質問中の「日本法人」というのは,文脈的には「海外法人」でしょうか? その前提であれば,それ自体の罰則はありません。 (脱税と見做されたことによる処罰例はありますが。) 文字通り日本法人とし...

回答日 2020年06月29日 10:06
この回答がある質問
国際・外国人問題

業種未記載なので,その部分が不明ですが, 業法規制のない業種であれば法律上の問題はないと思います。 なお,会社法817条,933条により,日本国における代表者の登記が必要です。 また,...

回答日 2020年06月28日 18:32
この回答がある質問
国際・外国人問題

問題がある可能性があります。 SSPはどこの学校に通学するかを申告して申請していますので, 他の学校にうつる場合は取り直すことが必要です。 もちろん,学習のための校外の活動などは認められて...

回答日 2020年06月28日 18:25
この回答がある質問
国際・外国人問題

1 州法事項なのでオンタリオ州法を参照するわけですが, 同州の Change of Name Act R.S.O. 1990, CHAPTER C.7 の 3(1)(a)(ii)が これを認め...

回答日 2020年06月26日 08:52

・弁護士さんに相談する際他あった方がいい書類は何か 作成させた書類のほか, 相手とのやり取りの記録(メールやLINE,電話の発着信履歴を含む) 解体工事に関する書類や記録 などがあると便利で...

回答日 2020年06月26日 08:30
この回答がある質問
国際・外国人問題

両替をして差益を得ること自体は平成10年以後,自由化されていますので,それ自体は違法ではありません。 業として行う両替の利益についての納税については,通常の所得税と同様です。 月額100...

回答日 2020年06月21日 20:35
この回答がある質問
国際・外国人問題

民事訴訟規則が (準備書面の直送) 第八十三条 当事者は、準備書面について、第七十九条(準備書面)第一項の期間をおいて、直送をしなければならない。 と規定しており,準備書面は【送達】ではなく【...

回答日 2020年06月19日 20:17
この回答がある質問
国際・外国人問題

派遣国の法律において, 「欠席をして期日を口頭で伝えられない場合などに次回の期日を知らせる文書」 や 「準備書面」 が送達をすべきものと定められていれば送達をすることになります。 日本...

回答日 2020年06月19日 17:48
この回答がある質問
国際・外国人問題

まず考えるべきことは,そもそも中止・停止させる必要があるかどうかです。 相手国がどこか,対象財産がどこにあるかなどがミニマムの考慮事情になります。 もし対象財産が婚姻生活のあった国にある場合...

回答日 2020年06月15日 18:17
この回答がある質問
国際・外国人問題

送達条約3条により受託国の中央当局へ「送付」することとされていますが, この「送付」方法については一般的な規定がありません。 このため,二国間合意で特別の方法が定められていない限り, 裁判...

回答日 2020年06月11日 10:55
この回答がある質問
国際・外国人問題

カナダへビザ申請をする場合には素直にかく必要があります。 虚偽申請はそれ自体が犯罪ですし, 暴行の逮捕はビザを難しくする程度ですが, ビザ申請の虚偽記載はビザ申請をほとんど不可能にします。 ...

回答日 2020年06月11日 10:38
この回答がある質問
国際・外国人問題

外国人を名乗って人間関係をつくって荷物の受け取り約束をさせ, 配送業者をなのって 通関にお金がかかる,送料にお金がかかる といって多額の請求をし, 払わないと言うと, 多額の損害が発生する...

回答日 2020年06月11日 10:35
この回答がある質問
国際・外国人問題

自衛隊に公開することが違法とはされていません。

回答日 2020年06月11日 10:32
この回答がある質問
国際・外国人問題

1 - 30 件を表示/全 1,398 件

野田 隼人弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-3738-7703
メールで問い合わせ
お気に入りに追加

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
時間外の連絡は電話がつながりませんので,お問い合わせフォームからご連絡ください。
オンライン相談可能(有料)。1ヵ月程度の余裕があれば,東京,大阪,名古屋での相談も可能です(有料)。

対応地域

経歴・資格
国際離婚取扱経験
冤罪弁護経験
再審弁護経験
事業会社勤務経験
事務所の対応体制
完全個室で相談
英語