現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
雪谷 真里奈弁護士

( ゆきたに まりな ) 雪谷 真里奈

琵琶湖大橋法律事務所

現在営業中 00:00 - 24:00

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名25 件/匿名:0件

「宅地」「建物」の「取引」を「業」として行う場合には,宅建業の免許が必要です。 「取引」に当たるのは,以下の場合です。 自ら当事者として「売買」「交換」 他人間の契約を代理して「売買」「交...

回答日 2019年02月01日 10:47
この回答がある質問
不動産契約

郵便局の窓口で免許証のコピーを提出しているとのことですので,郵便局が適切に管理等する必要がありますし,郵便局で適切に管理されている限りでは,基本的に悪用されたりはしないと思います。

回答日 2019年02月01日 10:16
この回答がある質問
消費者被害

実際に車を蹴っていれば,間接暴行に当たりうるとは思います。 しかし,暴行罪における「暴行」には,間接暴行は含まれませんので,間接暴行では暴行罪は成立しません。 また,車を蹴られたところを直接見て...

回答日 2019年01月25日 18:47

不貞は共同不法行為ですので、上記の回答の通りになります。

回答日 2019年01月21日 13:04
この回答がある質問
離婚・男女問題

共同不法行為についての不真正連帯債務者間の求償権でしょうか。 それでしたら,時効期間は10年間です。 また,弁護士費用は求償する金額・請求する方法にもよりますし,依頼される弁護士によっても異...

回答日 2019年01月20日 20:39
この回答がある質問
離婚・男女問題

あなた自身が契約したわけではないので,代金を支払う必要はありません。もっとも,自分自身が契約したわけではないことを証明できないといけません。 契約相手の手元には,あなたが契約したように見える証拠(...

回答日 2019年01月19日 17:56
この回答がある質問
窃盗・万引き

インターネット上のやりとりなど,免許証の原本の確認をしなくても契約ができる場合もありますから,免許証のコピーを使って勝手に契約を結ばれて,代金等を請求される可能性はゼロとは言えないとは思います。

回答日 2019年01月19日 17:36
この回答がある質問
窃盗・万引き

貸したお金を返してほしいということでしたら,まずは,内容証明郵便を送って,貸したお金を返してください,という請求をします。それで,支払いがなかった場合には,裁判等の手続きを考えます。 また,1...

回答日 2019年01月19日 10:53
この回答がある質問
詐欺

裁判所から郵送とのことですが,金融業者等が支払督促等の法的手続きを取っている可能性があります。 放置せず,まずは裁判所からの郵便物を受け取ってください。 そのうえで,お近くの弁護士に今後の対応や...

回答日 2019年01月15日 14:32
この回答がある質問
借金

相談者様が婚約者Bの戸籍に入りB姓を名乗る場合、筆頭者の戸籍から相談者様が除籍になり、子どもだけの単独戸籍になります。 ただ、子どもの姓を、相談者様の新たな姓に変える場合には、子どもも同じ戸籍に入...

回答日 2018年09月20日 18:42

調停成立前でも、暫定的な措置として、少額ながらも婚姻費用を支払ってもらえる場合もあります。ですので、暫定的な措置として生活費を支払ってくれないか提案してみるのも一つの手かと思います。 ただ、これも...

回答日 2018年09月05日 18:23
この回答がある質問
離婚・男女問題

お困りのことと存じます。 今回のような場合に大家さんが立ち退きを求めるには、借地借家法上、立ち退きを求める正当な事由が必要となります。 そこで、立ち退きを求める正当な理由がないということを主...

回答日 2018年06月19日 12:30
この回答がある質問
契約書

陳述書は、確かに証拠として扱われますが、書いてあることが全部正しいと、書いてある通りの事実が認定されるわけではありません。 陳述書は、その後に行われる尋問の準備としての性格が強く、裁判官や当事者が...

回答日 2018年04月25日 18:05
この回答がある質問
裁判離婚

弁護人・検察官が発言するときは「意見を述べる」「異議を述べる」「冒頭陳述」「論告」「弁論」等の単語を使っています。 被告人が話したときは「供述」、証人(証拠の出廷者)が話したときは「証言」という語...

回答日 2018年04月21日 12:58

犯人隠避罪では、法律上被害者の存在が観念できません。 なので、ご相談者様には告訴権はありません。 刑事告発になります。

回答日 2018年04月02日 22:43

警備業法3条7号によると、「心身の障害により警備業務を適正に行うことができない者として国家公安委員会規則で定めるもの」は、警備業の欠格事由となります。 この「国家公安委員会規則で定める者」とは、警...

回答日 2018年03月29日 17:13

起訴猶予も不起訴処分の1つです。 不起訴処分の場合は、前科にはならず、欠格事由にある「○○以上の刑に処せられた者」には当たりません。 そのため、医者や弁護士の欠格事由には当たらず、その職業に就く...

回答日 2018年03月25日 01:07
この回答がある質問
前科・不起訴

 非弁行為とは,弁護士法 72 条が禁止する弁護士でない者が報酬目的で行う法律事務の取扱い行為又は訴訟事件や債務整理事件等の周旋行為を指します。  契約書の説明や電話対応は法律事務そのものでは...

回答日 2018年03月24日 13:24
この回答がある質問
民事・その他

貸出自体を終わらせたいとのことですので、賃料未払いを理由に賃貸借契約を解除し、明け渡しを求めることが考えられます。 ご自分で対応するなら、内容証明郵便を利用して、○○までに賃料を支払わないなら...

回答日 2018年03月24日 00:37
この回答がある質問
消費者被害

日本語の表現として、「以降」の場合、当日は含まれます。 そのため、「1日以降」であれば、1日は含まれると考えられます。

回答日 2018年03月20日 17:08

> 1.このまま妻の親が死亡した場合に、どのようになることが考えられるのでしょうか。   質問者様への貸付債権が、妻の親の配偶者(ご存命の場合)、妻、妻の兄弟に相続されることになります。遺言...

回答日 2018年03月20日 11:00
この回答がある質問
相続 借金

民法416条1項は任意規定なので、契約当事者間の合意によって、損害賠償の範囲を制限する規定を置くことも可能です。 ただ、公序良俗違反(民法90条)としてその規定が無効となる場合はあり得ます。公...

回答日 2018年03月20日 10:48

除斥期間も消滅時効と似たような制度で、権利行使ができる期間を制限するものです。 除斥期間と消滅時効の違う点は、除斥期間は、時効のような中断がないということです。つまりは、基本的に期間の延長ができま...

回答日 2018年03月20日 10:29
この回答がある質問
懲戒処分

裁判官が訴えの変更が必要と言っているのなら、それに従うしかないのではないでしょうか。本人訴訟というのも考慮して、裁判官が、あなたの主張が通るようにアドバイスしてくれている結果ですので。 もし、...

回答日 2018年03月17日 13:29
この回答がある質問
面会交流

民事には業務妨害罪というものはありません。ただ、他の質問を考慮すると、業務妨害を理由とする、不法行為に基づく損害賠償請求の時効を聞かれているのだと思いますので、それについてお答えします。 不法...

回答日 2018年03月17日 12:14
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

1 - 25 件を表示/全 25 件

現在営業中 00:00 - 24:00

雪谷 真里奈弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5346-7304
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
火曜日〜土曜日(10:00~18:00)は事務所対応をしております。
それ以外のお時間はコールセンターでの受付対応となります。
※定休日にいただいたお問い合わせへの返信は翌営業日となります。
※台風等の自然災害発生時,湖西線の運休時には臨時休業となる場合がございます。予めご了承ください。
交通アクセス
駐車場あり
設備
完全個室で相談