中田 敦久弁護士 なかた あつひさ

中田 敦久弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
借金・債務整理
全国 14
滋賀県 2

弁護士法人関西はやぶさ法律事務所

滋賀県 大津市 梅林1-15-30 林ビル本店2階
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:785 件/匿名回答数:0件

1 それは、単に保険金が出ると思って請求したけれども、保険金給付の要件にあてはまらなかっただけではないでしょうか?別に疑われていないと思います。 2 保険金をだまし取ってやろうとしてわざと壊れたP...

回答日 2020年04月03日 21:21
この回答がある質問
詐欺

1 まず重要なのは、あなたが同居人と一つの家計で、一世帯としてやりくりしているかという点です。同居人が家賃、光熱費を負担していても、基本的に家計が別々であれば、ひとつの家計収支表にまとめるのは実態に...

回答日 2020年04月02日 22:56
この回答がある質問
自己破産

再生開始決定が出た後なら、もはや新たに訴えを提起する債権者はいないでしょう。

回答日 2020年03月25日 20:52
この回答がある質問
個人再生

1 再生開始決定後は、債権者から強制執行手続きは出来ません。ですから、訴えられても何も怖くないですし、債権者も無駄な訴えを起こさなくなります。すでに訴えられているものも強制執行出来なくなったという意...

回答日 2020年03月24日 23:05
この回答がある質問
個人再生

1 そもそもあなたが、「貸した」と言っている時点で、貸金になり、詐取された詐欺になる可能性は低くなります。 2 問題は、結局女性があなたに何と言って、お金を借りたか、によってニュアンスは違ってきま...

回答日 2020年03月23日 22:37
この回答がある質問
詐欺

1 基本的に、個人再生申し立て前1年分のすべての銀行口座の出入金の明細が必要です。つまり、申し立て前1年内に存した口座の明細は、解約した口座も含めて出さなければならないと思います。 2 ネット銀行...

回答日 2020年03月23日 22:24

1 裁判所は、自らの標準算定表を絶対視していますので、あくまでも標準算定表に基づく婚姻費用になると思われます。 2 その婚姻費用にしても、今日明日中に支払われるということもないでしょうから、親族に...

回答日 2020年03月21日 23:45
この回答がある質問
離婚・男女問題

1 個人再生の通常の再生計画は、原則として再生開始決定時の負債元利金・遅延損害金を5分の1又は100万円かどちら多い額に減額し、個人再生開始決定後の利息・遅延損害金は、すべて免除を受けるものとして、...

回答日 2020年03月20日 21:53
この回答がある質問
個人再生

1 不倫は不貞行為のことで、これは配偶者以外の異性と肉体関係を結ぶことを意味します。記載されている状況証拠は、かなり怪しいものでありますが、主人が女性と肉体関係を結んだ証拠としては弱いものと思います...

回答日 2020年03月19日 23:23
この回答がある質問
不倫慰謝料

1 FX取引による借金増大というだけで、免責不許可事由にあたりうるので、管財事件になる可能性があります。また20万円以上の財産があると、管財事件になると思います。 2 しかし、管財事件になった場合...

回答日 2020年03月18日 22:45

1 母親が、あなたのカード使用を追認したならば、違法なカード使用とも言えなくなっていると思います。 2 母親が、任意整理をしてくれるならばそれでよく、わざわざ息子が使いましたなどとカード会社に報告...

回答日 2020年03月17日 21:28
この回答がある質問
任意整理

1 そんな理由で即日解雇など出来ません。 2 解雇は不当解雇で無効です。 3 労働基準監督署及び弁護士に相談して、不当解雇に対する法的措置を取るようにしてください。

回答日 2020年03月14日 23:03

1 事件の詳細を知りませんので、明確なことは言えませんが、私の経験でいうと、裁判所が考えている法律構成と全然違う法律構成の主張をしている一方当事者に対して、これはこれこれこういう法律構成にすべきでは...

回答日 2020年03月14日 22:55
この回答がある質問
準備書面

1 銀行口座と照らし合わせて、金額が合わなければ、他にも口座ない?という話になると思います。 2 一応正直に言っておいた方がよろしいでしょう。 管財人は業務ですから、その口座の取引明細も確認する...

回答日 2020年03月13日 22:29
この回答がある質問
借金

1 管財事件になっているなら、管財人はあなたの財産関係については調査可能です。ですから、あなたが取引履歴を取れないなら、管財人が証券会社に調査をかけて確認するでしょう。 2 あなたの報告と数十万円...

回答日 2020年03月12日 22:21
この回答がある質問
借金

1 婚約破棄があり、慰謝料が発生、公正証書作成の事実に変わりはありませんので、慰謝料の取り決めもそのまま有効だと思います。 2 復縁したというのは、新たな婚約が成立したと考えられるのではないでしょ...

回答日 2020年03月12日 22:03

1 裁判所は、電話代の支払いに関しては通信料金と機種代金を区別していないですから、日常生活に不可欠なものとして甘くみてくれていると思えます。しかし何か月も滞納しているものを妻本人が支払ってしまうと、...

回答日 2020年03月11日 20:18

1 よほど急激な借り入れや使用により悪質と判断されない限り、通常は、ネット系銀行系列のクレジットカード会社が反対してくることはないと思われます。破産でもされると、全然返済されないことになりますので。...

回答日 2020年03月10日 21:34

1 夫がその借金を時効援用したからといって、妻名義の家が差し押さえられることはありません。 2 時効の成否は、CICの書面で判断するのではなく、最後の弁済や差押えから何年たっているかによって判断し...

回答日 2020年03月09日 20:56

 結局ご記載のような事情があって、あなたがご主人に愛想をつかしたのであれば、あなたの精神病も相まって耐えられない、婚姻を継続しがたい重大な事由ありとして、離婚は可能なのではないかと思います。

回答日 2020年03月06日 21:23
この回答がある質問
離婚原因

1 ご主人が、あなたの会社の役員や会社債務の連帯保証人でもない限り、あなたの会社経営に影響はないでしょう。 2 離婚してから自己破産すべき理由も記載されている事情からは特に見当たりません。むしろ、...

回答日 2020年03月05日 22:17
この回答がある質問
自己破産

1 請求原因に記載すべき事項は、最初の訴状に書いた事実とほぼ同様かと思います。主張・立証すべき事項は、判決があった事実ではなく、判決に書かれている請求原因事実を再度認定してもらう必要があるからです。...

回答日 2020年03月02日 17:56

認可決定後、確定までの間に異議を出してくる債権者はほぼいないものと思われます。反対なら書面決議の期間中に反対意見を述べているはずだからです。

回答日 2020年03月02日 17:39
この回答がある質問
個人再生

1 毎月一定金額ずつ返済するという書面合意は、破産管財人にも有効に主張できます。 2 しかし、破産管財人は、裁判所よりおおむね1年内での破産管財手続の終了を望まれています。 3 ですから、1年以...

回答日 2020年02月29日 23:49
この回答がある質問
金銭消費貸借契約

1 控訴に合理的理由があれば、何度か書面のやり取りがあるでしょう。また同時に和解の試みも行われるでしょう。それでも和解が成立しなければ判決です。どの程度原審が覆るかは、相談文からは何とも言えません。...

回答日 2020年02月28日 22:53
この回答がある質問
控訴

1 加害者の場合は、弁護士費用特約の適用場面ではないでしょう。 2 あなたの保険会社が自社の利益を守るというスタンスで、あなたに保険会社側の弁護士を紹介してくれるでしょう。その弁護士費用も保険会社...

回答日 2020年02月28日 22:41
この回答がある質問
交通事故裁判

1 あなたが有責配偶者であることが争いないのであれば、あなたからの離婚請求が、裁判上認められることは、10年程度はないと考えてよいと思います。もちろん、有責配偶者からの離婚請求要件は詳細にあるのです...

回答日 2020年02月25日 20:56
この回答がある質問
不倫慰謝料

1 任意整理の場合、通常完済通知という丁寧なものは送られてこないのが普通だと思います。通常は借用書、契約書等の原本に終了等のハンコを押したものを弁護士あてに送りつけてくるのが普通だと思います。 2...

回答日 2020年02月21日 23:38

1 返還する必要がないものと思います。 2 会社は、ハワイ旅行券をあなたに渡さなくてはならない義務があったところ、現金を渡すことで、その義務を履行したわけです。この時点で、会社とあなたのやりとりは...

回答日 2020年02月20日 22:35

1「上記の日付(13時まで)に明け渡しが完了しない場合には(15時以降)不本意ながら本物件の開錠.立ち入り.残置物撤去の手続きをとる」とのことですが、家主側が裁判所の判決等なしに、かつ強制執行手続き...

回答日 2020年02月19日 17:48
この回答がある質問
契約の解除

1 - 30 件を表示/全 785 件

弁護士法人関西はやぶさ法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5287-1837

※弁護士法人関西はやぶさ法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 19:00
定休日
土,日,祝
備考
土曜日・祝日応相談
事前に予約していただければ、夜間も対応致します。             
まずは弁護士がお電話で、ご相談の概要をお伺いさせて頂きます。(電話相談も可能)

また、WEBからのお問い合わせは24時間受付しております。

対応地域

事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談