現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
小松 利之弁護士

( こまつ としゆき ) 小松 利之

小松法律事務所

離婚・男女問題

分野を変更する
経済的にも弱い立場を強いられる女性を、対等以上の立場で交渉を進められるよう全力でサポートします。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可

【お問い合わせはどのような内容が多いか?】
・離婚請求を受けた当事者からのご相談
・財産分与の妥当性についてのご相談
・相手方の不貞行為に関するご相談
・熟年離婚

経済的にも弱い立場を強いられる女性を、
対等以上の立場で交渉を進められるよう全力でサポートします。
お悩みを抱え込まず、まずはご相談ください。

【当事務所の特徴】
・今までに100件以上の相談を承っており、今後の見通しなどスピーディな判断が可能です。

【重点取扱案件】
慰謝料請求、財産分与、養育費請求、親権問題など

【費用について】
・相談時に見積りを作成し、総額費用を明確に示しています。
・十分な時間と質を確保するため、相談料は1時間1万円(税別)としています。
・着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準に、ご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。

【思い】
まずは一人で悩まないでください。
ご相談頂ければ責任を持って解決までお手伝いします。
離婚問題は感情的になることが多いため、お気持ちに配慮した
事件処理を心がけております。

話をすることで楽になります。
まずはご相談をお待ちしております。
------------------------
【お問い合わせについて】
お電話に出れない場合は、折り返しさせていただきます。

【著書】
・『離婚事件処理の実務(新日本法規出版)』
・『交通事故実務マニュアル(ぎょうせい)』
・『倒産実務マニュアル(ぎょうせい)』
(※いずれも共著)

離婚・男女問題

解決事例をみる

この分野の法律相談

旦那が不倫を止めません。 長年継続している女と単発の女が複数います。 結婚当初の三年前に寂しさから私が一度だけ夫以外と体の関係を持ってしまったことがありました。その時は再構築の道をえらび私は精一杯尽くしてきたつもりで半年前に子供も産まれました。 ですが、妊娠前、妊娠中、現在も夫の不倫が次々...

再構築を図ってきましたが、夫婦関係は 破綻しているとみなされるのでしょうか? →不貞後にお子様を設けている場合、一般的には不貞を許したと判断されると思われます。  別居もなく、破綻と認められるのは難しいと思われます。  なお、性生活の拒否は夫側に不利かと思われます。 また、夫を不倫に走らす原因を作ったことになり、慰謝料等は請求できないのでしょうか? →...

小松 利之弁護士

調停離婚しました。 離婚調書には、妻である私が夫に200万の財産分与を渡す、 夫は、養育費を渡すという決まりになっています。 私が夫へ財産分与を支払わない場合、夫も養育費を払っていないのに、 私への強制執行はできるのでしょうか。

> 調停離婚しました。 > > 離婚調書には、妻である私が夫に200万の財産分与を渡す、 > 夫は、養育費を渡すという決まりになっています。 > > 私が夫へ財産分与を支払わない場合、夫も養育費を払っていないのに、 > 私への強制執行はできるのでしょうか。 > できます。別の債権だからです。 ちなみに養育費との相殺はできません。 >

小松 利之弁護士

当方、離婚希望の者です。 子供(成人間近)が二人おり、妻は離婚に応じてくれません。 婚姻費用の分担請求をしようと思うのですが、調停を行わずにいきなり審判を申請することはできるのですか? 理由は、不調になることが100%わかっていながら調停を行うのが、時間も無駄にするし非効率的だと思うからです。 ...

いきなり審判の申し出をすることはできますが、ほぼ、調停に付されます。

小松 利之弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)

着手金/報酬金 弁護士報酬基準によります。
備考欄 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(2件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

交渉による離婚⑴ 離婚原因が明確でない事例

  • 離婚請求
依頼主 40代 男性

相談前

婚姻期間4年。経済観念の違いが大きく、35年ローンで90平米のマンションを購入することになるなど、将来のライフプランの違いに不安を覚えた夫からの離婚請求。



相談後

離婚原因とまで言えないため、相手方の妻と交渉し、経済的独立ができるまでの3年間は住んでいるマンションに居住できること、離婚後の扶養的財産分与を約束するなどして離婚を成立させた。



小松 利之弁護士からのコメント

小松 利之弁護士

依頼者には多少の支出はあったものの、比較的円満な解決事例の一つである。離婚原因がないがどうしても離婚したいケースで、当時者同士の話し合いが困難な状況の場合、依頼者より裁量をいただいて交渉するのが調停等を経由するより早く、経済的なロスやストレスは最低限になったのではないかと思われる。



離婚・男女問題の解決事例 2

アメリカに出向中の夫と日本にいる妻(ともに日本人)の熟年離婚

  • 離婚請求
依頼主 50代 男性

相談前

アメリカ在住の夫からの離婚請求。出向によるとはいえ、別居期間も比較的長く、定年を前に離婚をしたいという相談を受け、交渉開始。



相談後

相手方(妻)の代理人とほぼ一年かけて財産状況を確認し、最終的にまとまった状態で調停離婚。



小松 利之弁護士からのコメント

小松 利之弁護士

相手方はうつの傾向があり、稼働状態も思わしくない状態での離婚交渉で、離婚前の清算を誠実に行ったことで、離婚後の扶養的な財産分与の負担話で解決。



離婚・男女問題

特徴をみる

交通事故

分野を変更する
示談交渉/後遺障害等級認定/損害賠償請求など裁判所基準にて有利な解決を目指し尽力します!

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 休日相談可

【このようなご相談お任せください!】
・怪我で仕事ができず生活に困っている。
・過失割合や保険会社の提示額が妥当か知りたい。
・後遺症が残ってしまい、事故前の給料をもらえなくなった。
・治療の打ち切りと示談を迫られているが、示談金に納得がいかない。

示談交渉/後遺障害等級認定/損害賠償請求など交通事故のあらゆる問題について、
裁判所基準にて有利な解決を目指し尽力します。

【強み】
・後遺症案件も複数受任経験があり、事案ごとのポイントは把握しております。
・和解した案件は全件、裁判所基準の和解で事件処理をします。

【当事務所の特徴】
・事案により、病院への出張相談や医師との診察に立ち会います。
・相談時に見積りを作成し、総額費用を明確に示しています。
・納得いただけるまでとことん話し合うことを心がけています。

【重点取扱案件】
示談交渉、後遺障害等級認定、損害賠償請求、自賠責保険金の請求、交通事故裁判

【費用について】
・自動車保険に付帯されている弁護士費用特約を利用される場合は、原則として弁護士費用をご負担いただく必要はありません。

【思い】
「気持ちを配慮して誰しもが納得のいく解決」

この思いを持って徹底的にお話をお伺いします。
そして迅速にそして丁寧に解決まで導きます。
まずはご相談からお待ちしております。

------------------------
【お問い合わせについて】
お電話に出れない場合は、折り返しさせていただきます。

【著書】
・『離婚事件処理の実務(新日本法規出版)』
・『交通事故実務マニュアル(ぎょうせい)』
・『倒産実務マニュアル(ぎょうせい)』
(※いずれも共著)

この分野の法律相談

今日の夕暮れに、十字路で一時停止をして走り出したところ、無灯火の自転車が飛び出してきました。 接触はしていないと思いますが、自転車を乗っていた人がこちらを見ていたので、Uターンできるところまで車を走らせ自転車が走って行ったであろうルートを追いかけました。 結果、相手の方を見つけられませんでし...

接触をしていないのであれば、あえて届ける必要もないでしょう。 先方の無灯火は違反で危険ですが。

小松 利之弁護士

マンションにすんでるんですが、私が駐車場に入った時に、駐車場のシャッターを閉めた時に入居者の方が下りてきたシャッターに挟まれて頭に怪我をしたと言ってきました。 下りてくる時に凄い音がするし、当たったらすぐ止まるようになっているんですが、気付かず当たり怪我の後鍼治療にも通って、領収書もとっ...

> マンションにすんでるんですが、私が駐車場に入った時に、駐車場のシャッターを閉めた時に入居者の方が下りてきたシャッターに挟まれて頭に怪我をしたと言ってきました。 > > 下りてくる時に凄い音がするし、当たったらすぐ止まるようになっているんですが、気付かず当たり怪我の後鍼治療にも通って、領収書もとってあるからと払えと言わんばかりです。 > > 三ヶ月も...

小松 利之弁護士

半年ほど前にほど前に事故に遭い、診断としては膝の骨挫傷とされました。 半年のうち、11回医者、40回ほど整骨院にいきました。整骨院にいくことについては、相手の保険会社の了解は得ております。 この場合、通院慰謝料は、51回となるのでしょうか?それとも、医者にいった回数しかカウントされないので...

通院慰謝料は基本的に通院期間によって算定されます。 ので、3カ月ならば3カ月分の通院慰謝料となります。

小松 利之弁護士

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
着手金/報酬金 弁護士報酬基準によります。
備考欄 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(3件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

後遺症12級で交通事故後も昇給している事案で、労働能力の喪失が認められた事案

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 男性

相談前

相談前には相談者が自分で保険会社と交通事故紛争処理センターで交渉していたが、うまくいかず、途中から同席し、まず、物損について和解。後遺症(主に首と方の痛み)については被害者請求で後遺症認定をしたが、1度目は「該当なし」との判断がでた。



相談後

そのため、MRIをとって二度目の後遺症診断を求めたところ、12級と判断されたが、先方保険会社はそれを無視して極めて低額の和解案を提出。先方保険会社は紛争処理センターの判断に拘束されない(加盟していない)ため、訴訟にて和解。自賠責請求と合わせて1000万円以上の支払いを受けた。



小松 利之弁護士からのコメント

小松 利之弁護士

後遺症が認められるためには「他覚的所見」があるかどうかがポイントになる。事故直後は痛みがなくても、早期にCTなりMRIを取っておくことが重要で、それらを取っておいたため、後遺症が認められたケースが複数あります。



交通事故の解決事例 2

収入に変動がなくても逸失利益が認められたケース

依頼主 30代 男性

相談前

相談者がバイクに乗って青信号を渡っていたところ、先方タクシーが赤信号で進行し、相談者と衝突して右足に重傷を負わせた案件(過失相殺は100:0)。後遺症は併合10級。



相談後

人身事故に関して、訴訟を提起し、既払い金(800万円ほど)を除く2700万円で和解。なお、交渉時の先方和解案は1300万円。



小松 利之弁護士からのコメント

小松 利之弁護士

相談者の勤務先が深夜勤務で主に力仕事であり、相談者があらゆる努力をして勤務先での労働を維持していた事実を、雇用主や相談者の日記、陳述書によって証明した。そのため、毎年、若干の賃金のベースアップがあったが、逸失利益はほぼ、労働能力喪失期間を労働可能年数まで認められた。



交通事故の解決事例 3

事故直後にCTスキャンをとったことで14級の後遺症が認定された事案

  • 後遺障害等級認定
依頼主 30代 女性

相談前

加害車両に後部から衝突を受けたが、当時は興奮していたのか、痛みを感じなかった。そのため、物損処理として考えていた。



相談後

事故直後に相談を受けたため、本人が痛みなしと言っているにもかかわらず、強く病院での診察とCTをとることを勧め、結果、頸部の損傷が認められ、後遺症認定となった。



小松 利之弁護士からのコメント

小松 利之弁護士

いわゆる鞭打ち症については、他覚的所見に乏しいため、保険会社の対応も厳しく、まだ痛みがあっても治療費が打ち切られるなどの対応を受けるが、早期に対応をすれば相応の損害が認められる。



交通事故

特徴をみる

借金・債務整理

分野を変更する
19年一貫して借金問題を扱っており、事案ごとのポイントを把握しております。

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

【このようなご相談お任せください!】
・借りては返すという自転車操業状態でどうしたら良いかわからない。
・連帯保証した友人が倒産し、保証債務を負わされた。
・消費者金融数社から借り入れを続けているが、利息が高く借金が減らない状態。
・過払金の回収ができるか知りたい。

経験を生かしたスピーディな対応と納得の料金体系で安心してご依頼いただけるよう努めております。
まずは、お気軽にご相談ください。

【当事務所の特徴】
・15年一貫して借金問題を扱っており、事案ごとのポイントは把握しております。
・相談時に見積りを作成し、総額費用を明確に示しています。

【重点取扱案件】
過払い金請求、法人・個人破産申立、債務整理、個人再生など

【費用について】
・着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準に、ご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。
・報酬を支払う金銭的余裕がない方は、民事法律扶助制度を利用できます。

【思い】
一人で悩むことはやめてください。
ご相談頂ければ責任を持って解決までお手伝いします。
心のモヤモヤをすっきりさせます。

------------------------
【お問い合わせについて】
お電話に出れない場合は、折り返しさせていただきます。

【著書】
・『離婚事件処理の実務(新日本法規出版)』
・『交通事故実務マニュアル(ぎょうせい)』
・『倒産実務マニュアル(ぎょうせい)』
(※いずれも共著)

借金・債務整理

解決事例をみる

この分野の法律相談

いつもお世話になっております。以下の点で対処法等をお教えいただければと存じます。 義理の父親の件でございますが、自身で会社をお越し、事業を展開しておりましたが、なかなか収益が立たず、残念でございますが、数年前に自己破産をしました。自己破産手続きを行い、現在は終了しております。終了後、2年ほ...

> いつもお世話になっております。以下の点で対処法等をお教えいただければと存じます。 > > 義理の父親の件でございますが、自身で会社をお越し、事業を展開しておりましたが、なかなか収益が立たず、残念でございますが、数年前に自己破産をしました。自己破産手続きを行い、現在は終了しております。終了後、2年ほどたっております。 > > その後、自身で仕事を続けて...

小松 利之弁護士

労金からの借入があります。個人再生した場合、会社、組合にばれますか?支払いは毎月口座に入金しています。会社にばれり等のリスクを教えてください。よろしくお願いします

労金からの借り入れを会社のだれに知られずに個人再生することは難しいかもしれません。 もっとも、解雇事由にはならないと思われますし、労金だけ不介入ということもできないので、粛々と進められることをお勧めします。

小松 利之弁護士

個人再生の申立の申述書にて、保険について、「自分名義だが、親族が保険料を支払い、受取も親族で、解約した場合も親族が受け取るので、自分の財産ではない」旨を記載し、裁判所から「実質的に親族の財産であることの説明について、具体的に立証するものを出すこと。出せない場合は解約返戻金を清算価値保証に加算...

> 個人再生の申立の申述書にて、保険について、「自分名義だが、親族が保険料を支払い、受取も親族で、解約した場合も親族が受け取るので、自分の財産ではない」旨を記載し、裁判所から「実質的に親族の財産であることの説明について、具体的に立証するものを出すこと。出せない場合は解約返戻金を清算価値保証に加算すること」と補正がかかりました。 > > 弁護士の先生にすでに...

小松 利之弁護士

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、初回相談料は0円になります。
着手金/報酬金 弁護士報酬基準によります。
備考欄 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(1件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

準破産申立(法人) 代表取締役が行方不明などになった場合の取締役による破産申立

  • 自己破産

相談前

依頼者は海外進出コンサル会社の取締役。代表取締役が音信不通となったため、取締役の名義で法人の破産申立をした。



相談後

被用者は少数であったが、立替払制度を利用して仮払いをした。



小松 利之弁護士からのコメント

小松 利之弁護士

珍しい破産申立手続。



借金・債務整理

特徴をみる

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
 ■リーガルチェック、顧問業務、契約書作成など■
中小企業経営者様の良きパートナーとして、リスクマネジメントをサポートします。

企業法務・顧問弁護士の詳細分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 知的財産・特許
  • 倒産・事業再生
  • 渉外法務

業種別

  • エンタテインメント
  • 人材・教育
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可

企業経営者の方々。このようなお悩みはないでしょうか。

「社長の私が全部契約書など見ていて,今までトラブルになったこともないが,
本当にこのままで良いのだろうか。実はリスクが眠っているということはないだろうか。」

「売掛が残ってしまう件がいくつかあった。裁判しても回収できないと弁護士に言われたが,
事前にすべきだったことがある気がしてならない。」

「経営も事業も悩みが多いが,悩みを共有してくれる人間は社内にはいないので,いつも孤独だ。
孤独な状況で重大な意思決定をしなければならないのは負担が大きい。」

顧問弁護士として,経営者の方には,このような不安から安心して
利益を上げることに集中して頂きたいと思っています。

【具体的な事例】
・早急に契約書を締結する必要があるが、顧問弁護士と連絡がつかない。
・パワハラ、セクハラに基づく損害賠償請求訴訟の対応
・取引開始(契約締結)段階で,想定されるトラブルがわからない。
契約書に何を定めるべきかがわからない。
・自社の業務遂行に関して,取引先より難癖をつけられて,約定の代金が支払われない。

これらの問題に税理士等の他業種とともに法律問題の解決に臨んでおります。
まずは、ご相談ください。

【当事務所の特徴】
・相談時に見積りを作成し、総額費用を明確に示しています。
・来所頂くのではなく、弁護士が伺うようにしております。

【重点取扱案件】
労働問題、会社設立、コンプライアンス、新規事業

【費用について】
・十分な時間と質を確保するため、相談料は1時間1万円としています。
・お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、初回相談は無料です。
・定額の顧問性だけでなく、契約書作成など単発の案件も可能です。
・ご要望に合わせ、弁護士が何を、どこまで対応するかを明らかにして顧問料を設定しております。

------------------------
【お問い合わせについて】
お電話に出れない場合は、折り返しさせていただきます。

【著書】
・『離婚事件処理の実務(新日本法規出版)』
・『交通事故実務マニュアル(ぎょうせい)』
・『倒産実務マニュアル(ぎょうせい)』
(※いずれも共著)

この分野の法律相談

彼女の親が飲食店で自営業をやっていて 業務用エアコンとあともうひとつ(何かは書面ではわからないもの)リース契約していたのですが、当人は何も気にせず不況もあり 店そのものを取り壊してしまい 今物件がない状態です (保証人でもない)彼女が親に確認したところ 契約書もどこにもなくどんな契約だったの...

リース契約はとてもしっかりしているので、物件が返却できないとリース残金と解約金全額負担となります。

小松 利之弁護士

当社は、便宜上(集客力等)、他社が運営するネット通販サイトに、当社の商号を使用させております。この場合、消費者にとっては、当社も当該サイトの運営者であると誤認されるリスクが高いのですが、本来の運営者が当該サイトで何かしらの法令違反、債務不履行等を行った場合、当社も何かしら責任を負うことになりま...

善意無過失の相手方に対して、名板貸しとしての責任を負う可能性があります。   もっとも、同種営業をしている場合に原則として責任を負うことになりますが、営業主体を誤認するような特段の事情があれば、責任を負うとされています。 他者が運営するネット通販サイトと当社の業務と誤認されるかどうかは質問からは分かりかねますが、ご注意ください。

小松 利之弁護士

初めまして。相談になります。 私は風俗で仕事をしています。 お客様のパートナー(彼女か奥様かわかりません。)からメールやSNSのメール機能で連絡が来ています。 長くお世話になっているお客様でした。 そしていつも来店されるたびにプレゼントや出張のお土産などを持ってきてくれるようになました。 遠方...

住民票を動かさなければ、転送先の住所は知られません。   先方からのメッセージは不愉快でしょうが、無視するに限ります。

小松 利之弁護士

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)

着手金/報酬金 弁護士報酬基準によります。
備考欄 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
親族間相続だけでなく地主さんや事業経営者の案件も取り扱っております。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 休日相談可

【このようなご相談お任せください!】
・相続後に被相続人の通帳からお金が引き出されてしまった。
・生前贈与を主張され、話が進まない。
・遺言にすべての遺産を兄に相続させるとしています。どうすればいいのか。
・父が急に亡くなり遺言が見当たらない。
・被相続人に負債があり財産放棄するにはどうすればいいのか。

これらの事例は誰しもが起こり得ることです。
経験を生かしたスピーディな対応と納得の料金体系で
安心してご依頼いただけるよう努めております。
まずはお気軽にご相談ください。

【当事務所の特徴】
・遺産分割にあたり、揉め事がある場合は調停を申し立てるなどして早期解決を図ります。
・司法書士や不動産鑑定士などの他士業と連携し、ワンストップで対応が可能です。
・まずは状況の整理をいたします。カウンセリングをして解決の糸口を見つけます。

【重点取扱案件】
遺産分割協議・遺言書作成・遺言執行・遺留分減殺請求・事業承継など

【思い】
「気持ちを配慮して誰しもが納得のいく解決」

この思いを持って徹底的にお話をお伺いします。
そして迅速にそして丁寧に解決まで導きます。
まずはご相談からお待ちしております。

------------------------
【お問い合わせについて】
お電話に出れない場合は、折り返しさせていただきます。
【著書】
・『離婚事件処理の実務(新日本法規出版)』
・『交通事故実務マニュアル(ぎょうせい)』
・『倒産実務マニュアル(ぎょうせい)』
(※いずれも共著)

この分野の法律相談

父は昨年他界し、千葉県に住んでました。(母は10年前に他界) 相続人は子供3人です。相続人A,B,Cとします。 相続人Aは8年前から沖縄に住んでいて、過去に千葉へ帰省したとき、父から交通費として15万円をもらったことがあります。 相続人Cから、その15万円を、遺産相続分から相殺するべきだ、と...

単なる生活費の援助の延長線上にあるものと評価されますので、特別受益には当たらないでしょう。

小松 利之弁護士

3人兄弟の次女と結婚して子が1人、次女が死亡して長女と再婚しました。その長女も死亡。長男は健在。 被相続人の孫はこの1人のみで、残るは配偶者と長男。この場合、孫は長女と次女の相続分を(二人分)もらえるのでしょうか? 配偶者=50%、長男=50%*1/3=16.7%、孫=長女分(50%*1/3)+次女分(50%*1/3)=33...

次女の子供は代襲相続するので、相続人は配偶者、次女の子供、長男となるのではないでしょうか。

小松 利之弁護士

弁護士先生お願いします。 以前、お店を開業していました。 開業するときに依頼をしていたコーディネータが いました。しばらくして、私が都合により閉業しましたが、その時に、大きなベッド (購入価格150万円)があり、置き場所に困って いたので、コーディネータに相談し、コーディネ ータが不動屋さんに...

ベッドを占有している人に対して返還請求をするしかないのですが、 お店の譲り受けに際して、先方が善意無過失でそのまま残置物を譲渡していれば、即時取得され、ベッドの所有権がお店の譲り受け人に移転しているかもしれません。 その場合は返還を受けられません。

小松 利之弁護士

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)

着手金/報酬金 弁護士報酬基準によります。
備考欄 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(2件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

遺言執行についての解決事例

  • 遺言

相談前

公正証書遺言によって遺言執行人に選任され、まずは相続人に通知。遺言内容は、相続人でなく、生前に世話になっていた人へ不動産以外の財産を遺贈するという内容。



相談後

各金融機関、証券会社に問い合わせ、遺言内容の執行。合計3000万円以上を受贈者に渡す。相続人からは遺留分の請求はなし。



小松 利之弁護士からのコメント

小松 利之弁護士

遺言執行の場合、各金融機関によって手続きが異なるなど、手間がかかるため、できれば弁護士単独でなく、サポートする事務がいれば好ましい。また、遺産分割は揉めて当たり前のものである。身近な人々に遺言作成を進めておくことが望ましい。



遺産相続の解決事例 2

即時抗告(相続財産の特別受益に関して)

  • 遺産分割
依頼主 30代

相談前

相続人の一人が、被相続人が動けなくなった時期に被相続人の財産を自己の預金口座に移していた案件。審判では特別受益について判断がなかったことから、即時抗告をした。



相談後

即時抗告の結果、300万円の持戻しを高裁がみとめた。



小松 利之弁護士からのコメント

小松 利之弁護士

相続はお金が絡むため、ほぼ必然的にもめますが、特別受益、特別寄与分がない限り、法定相続分にしたがって分けるしかない。そのため、できるだけ早期解決をしたほうが相続人にもメリットが大きい。今回は、やむなくもめてしまった事例である。即時抗告は2週間と期間が短いため、急いで証拠を精査して、証拠を補充する必要がある(証拠がないと間もなく却下される可能性が高い)。



遺産相続

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
小松法律事務所
所在地
〒350-2201
埼玉県 鶴ヶ島市富士見2-12-7
最寄り駅
若葉駅
対応地域

関東

  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城

電話で問い合わせ
050-5827-3287

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

小松 利之弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5827-3287
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 月曜10:30 - 17:00
  • 水曜10:30 - 17:00
  • 木曜10:30 - 17:00
  • 金曜10:30 - 17:00
  • 日曜10:00 - 16:00
定休日
火,土,祝
備考
地域密着での対応を心掛けております。
川越、鶴ヶ島近辺の方、お気軽にお問い合わせください。