お気に入りに追加
萩原 猛弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

埼玉県2

( はぎわら たけし ) 萩原 猛

ロード法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

> 、「罪が軽くなればよい」というつもりは一切ありませんが、 > 実刑を回避するに当たり、私が今出来ることがあれば教えてください。  それは、罪が軽くなればよい、ということでしょ...

回答日 2019年09月05日 18:57
この回答がある質問
住居侵入罪

 少年時代からわいせつ事件を犯しており、前回の執行猶予中の犯罪で、しかも今回も、住居侵入だけとはいえ、場合によると、わいせつ行為を実行しようとの意図がたまたま実行の着手までいかず、住居侵入だけに留ま...

回答日 2019年09月05日 18:20
この回答がある質問
住居侵入罪

> ①猶予中の再犯ということから、懲役刑の実刑(猶予がつかない)ことはあるのでしょうか? > (可能性で言えば、ゼロではないんでしょうが、ほぼないのか結構可能性としてあるのか・・・) ...

回答日 2019年09月05日 15:48
この回答がある質問
住居侵入罪

 横領というのは、自分が占有する他人の物を領得する犯罪です。ご質問のケース①は、横領ではなく、詐欺でしょう。詐欺とは、相手を騙す行為(欺罔行為)によって相手を騙し、騙された相手が、財物又は財産上の利...

回答日 2019年09月05日 15:39
この回答がある質問
横領

 犯罪ではありませんから、罪には問えません。「不愉快な思いをした」というなら、民事上不法行為に基づく慰謝料請求権を取得するでしょう。しかし、その損害額は、高くてもせいぜい数万円でしょう。請求するのは...

回答日 2019年09月05日 12:50

 請求するのは自由ですが、相手が拒否した場合、不貞を証明する証拠が保全されていなければ、それまでですね。

回答日 2019年09月05日 12:43
この回答がある質問
不倫慰謝料

罰金でしょう。

回答日 2019年09月04日 22:46
この回答がある質問
盗撮・のぞき

 示談ないし被害弁償すれば、起訴猶予で不起訴処分となる可能性が高いと思います。

回答日 2019年09月04日 22:44

 既に、罰金刑を言い渡され、その判決(略式命令)が確定しているなら、同一の事実で再度罪に問われることはありません。憲法39条が「同一の犯罪について、重ねて刑事上の責任を問はれない。」と規定しているの...

回答日 2019年09月04日 20:10

> 私の気持ち的にも不倫相手に事実確認がしたいのですが > その際に相手が認めなくても請求は可能と捉えてよろしいでしょうか?  先に回答したように夫の自白内容次第です。詳細・具体...

回答日 2019年09月04日 17:09
この回答がある質問
不倫慰謝料

 自白の内容次第です。不貞とは、要するに、配偶者以外との性行為です。いつ・どこで・誰と・どのように・何をしたのか、という観点から、具体的に自白している内容が保全されているなら、自白のみで、不貞当事者...

回答日 2019年09月04日 08:59
この回答がある質問
不倫慰謝料

違法です。前者は、強制わいせつ罪になる可能性があると思います。

回答日 2019年09月03日 20:04
この回答がある質問
盗撮・のぞき

 器物損壊罪は親告罪です。親告罪とは、被害者が刑事告訴をしなければ、起訴できない、その結果、警察も立件しない罪です。単なる被害届ではなく、刑事告訴が必要です。被害届と告訴の違いは、前者は犯罪被害者に...

回答日 2019年09月03日 16:03
この回答がある質問
器物損壊

 普通は教えないでしょう。しかし、警察のことは警察以外誰にも分りません。警察とはそういう組織です。

回答日 2019年09月03日 13:17

> ごく僅かの燃えかす程度の物で逮捕、起訴はされるのでしょうか? 逮捕・起訴は絶対ない、とは言えません。

回答日 2019年09月03日 09:34

 貴方が確認したければ、すれば良いでしょう。お店がどう対応するかは、こちらに尋ねられても分かりません。お店の考えですることですから。

回答日 2019年09月03日 09:32
この回答がある質問
窃盗・万引き

 ご質問には「分りません」としか回答できません。ここに書かれた情報程度で、事件を担当しているわけでもないネット相談の弁護に判決の予測を求められても無理です。仮に予測を回答する弁護士がいても、信頼性は...

回答日 2019年09月02日 19:20

1、分かりません。 2、貴方がおっしゃる「対応」とは、何を期待されているのでしょうか?

回答日 2019年09月01日 07:36
この回答がある質問
痴漢

 売春防止法上の売春とは、対価の支払又はその約束をした、不特定の相手方との性交です。このような売春は違法です。特定の相手方との性交であれば、売春防止法上の売春ではありませんから、違法ではありません。...

回答日 2019年08月31日 16:40

 警察に相談されたらどうでしょう。警察が「やる気」になってくれるかどうかですね。一般的には、男女関係がらみの事案については、金額が多額になれば(何百万も、何千万円も騙し取られたといった場合等)別です...

回答日 2019年08月31日 15:41
この回答がある質問
詐欺

「結婚詐欺」という「犯罪」はありません。あるのは「詐欺罪」です。「詐欺罪」は、財産犯であって、お金を騙し取る手段として、「結婚」という言葉を使ったのなら「詐欺罪」になる余地があります。始めから結婚...

回答日 2019年08月31日 13:00
この回答がある質問
詐欺

 どんな嘘ですか?嘘の内容によります。

回答日 2019年08月30日 15:36
この回答がある質問
詐欺

 略式でも有罪判決が確定すれば、検察庁で、確定記録の閲覧・謄写を請求できます。謄写を請求するには利害関係を証明する必要がありますが、被害者であれば認められるでしょう。

回答日 2019年08月30日 14:57
この回答がある質問
傷害

 交通事故の場合は、不起訴記録のうちの実況見分調書や写真のコピーは、弁護士照会手続によって入手できますが、交通事故以外では無理ではないかと思います。検察庁におたずね下さい。

回答日 2019年08月30日 14:02
この回答がある質問
傷害

  国選弁護や刑事被疑者援助制度を利用できるのは、勾留された被疑者だけです。在宅の被疑者はこれらの制度を利用できません。もし起訴されれば、刑事裁判を受けなければなりませんが、この段階になれば、資力が...

回答日 2019年08月30日 01:28

 多分、起訴猶予で不起訴処分になるでしょう。20万円は過大請求でしょう。

回答日 2019年08月30日 01:20

 未成年でも、18歳以上であれば、上記55条の「適用除外規定」は適用されません。「青少年」とは「未成年」という意味ではなく、「18歳未満」という意味だからです。  18歳以上でも、先に述べたよ...

回答日 2019年08月29日 16:39
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

どちらの言い分が信用できるかの問題ですから、個別ケースの事実認定の問題です。ケースバイケースというしかありません。

回答日 2019年08月29日 14:43

 捜査段階の身柄拘束期間は、逮捕から起算して最大23日間です。捜査が終了して、その罪で起訴されれば、裁判が終了するまで、保釈が認められない限り、身柄拘束が続くのが通常です。しかし、その起訴された罪は...

回答日 2019年08月29日 10:44
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

 条例違反で処罰される盗撮の対象となるのは、着衣で覆われている身体や下着ですから、貴方の行為は盗撮には該当しないと思われます。しかし、「卑猥な言動」とされる余地はあるでしょう。また、「被害届」は、本...

回答日 2019年08月29日 10:39

1,471 - 1,500 件を表示/全 12,486 件

ロード法律事務所へ問い合わせ

電話番号 048-711-6881

※ロード法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 20:00
  • 土曜10:00 - 20:00
定休日
日,祝