お気に入りに追加
山口 裕哉弁護士

( やまぐち ゆうや ) 山口 裕哉

弁護士法人KTG本部浦和法律事務所

現在営業中 09:30 - 21:00

交通事故

分野を変更する
【初回30分無料】示談交渉/後遺障害等級認定/損害賠償請求など。交通事故に関わるお悩みはお気軽にご相談ください。
弁護士法人KTG本部浦和法律事務所
弁護士法人KTG本部浦和法律事務所
弁護士法人KTG本部浦和法律事務所

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり
  • カード払いあり

交通事故案件を主に取り扱ってきた経験を活かし、示談交渉/後遺障害等級認定/損害賠償請求など交通事故のあらゆる問題について、スムーズで有利な解決を目指し尽力します。

取扱内容

よくあるご相談例

  • 保険会社が提示する過失割合や損害額が妥当であるか否かを知りたい。
  • 慰謝料の増額を求めたい。
  • 後遺症が残ってしまった。

重点取扱案件

示談交渉、後遺障害等級認定、損害賠償請求、交通事故裁判

対応方針

これまで交通事故案件を主に取り扱ってきたため、事案ごとのポイントは把握しております。依頼者の疑問を解消し、不安な点を残さないように努めています。

サポート体制

▶︎ 出張相談も可能
スケジュールの兼ね合いで、事務所までお越しいただくことが難しいなどご事情がございましたら、出張での相談も承っています。お気軽にご相談ください。

▶︎休日・夜間相談可
ご面談は可能な限り、休日夜間も柔軟にお受けしています。日時調整させていただくので、まずはお気軽にお問い合わせください。

法律相談について

相談の流れ

まずはお電話またはメールフォームにてご相談日時のご予約をお願いいたします。予約の電話では、ご希望の日時や相談内容、相談方法などを簡単にお聞きした上で、ご案内させていただきます。

相談費用について

▶︎初回相談無料
初回相談を30分無料にしていますので、まずはご心配なさらずお気軽にご相談ください。

▶︎法テラス利用可
収入などの条件があえば、法テラスの民事法律扶助制度(相談を無料にしたり、依頼費用を分割にできる制度)もご利用いただけます。費用面については、安心してご利用ください。

▶︎弁護士費用特約
自動車保険に付帯されている弁護士費用特約を利用される場合は、原則として弁護士費用をご負担いただく必要はありません。

▼オンライン相談可能

当事務所では、zoom、LINE、skype、facetimeを使用したご相談にも対応しております。

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談30分無料
✳︎それ以降は30分5,500円(税込)
着手金 22万~(税込)
報酬金 回収金額の19.8%
備考 弁護士費用特約に加入されている方は、ご依頼者様の負担なくご依頼をお受けすることが可能です。加入されていない方でも、料金は状況に応じて柔軟に対応することが可能です。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(3件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

後遺障害等級認定に対する異議申し立て

  • 後遺障害等級認定
依頼主 20代 男性

相談前

交通事故に遭われ,通院を継続後,医師から症状固定(これ以上良くも悪くもならない状態のこと)と言われたため,後遺障害等級認定(症状が残存している場合に,後遺症として等級認定をしてもらう手続のこと。これが認められると後遺症慰謝料等の請求をすることが可能となる。)を行ったが,後遺障害等級に非該当との結果が出た。

相談後

医療記録の精査や担当医との面談を行い,その結果を踏まえ,後遺障害等級認定に対する異議申し立てを行った。その結果,非該当との判断が覆り,後遺障害として等級認定がされた。そのため,相手方保険会社に対し,後遺症慰謝料等の請求をすることが可能となった。

山口 裕哉弁護士からのコメント

山口 裕哉弁護士

一度なされた後遺障害等級の認定を覆すことは容易ではありません。医療記録の精査や医師との面談等を踏まえた説得的な異議申立書を作成することが肝要です。後遺障害等級認定の結果に納得がいかない,認定された等級が妥当なのか分からない等,お困りごとがございましたら,ぜひお気軽にご相談にいらしてください。

交通事故の解決事例 2

過失割合に関する争い

  • 過失割合
依頼主 20代

相談前

高速道路上の事故で,当方が無過失を主張したところ,先方が過失相殺をすべき事案であるとの主張をしてきた。

相談後

当方にとって,避けることができない事故であったこと,過失を基礎づける事情がないことを主張・立証するため,刑事記録の取り寄せ等を行い,事故の具体的状況を詳細に裁判官に説明したところ,当方が無過失との主張が認められた。

山口 裕哉弁護士からのコメント

山口 裕哉弁護士

ドライブレコーダー等の証拠が乏しいため,事故状況の立証が難しい場合であっても,刑事記録の取り寄せ等を行い,それを踏まえた主張・立証をすることにより,当方側に有利な認定を得られることが少なくありません。相手方保険会社や先方から提示された過失割合に納得がいかないといった場合には,お気軽にご相談ください。

交通事故の解決事例 3

相手方保険会社から提示された過失割合

  • 過失割合
依頼主 20代

相談前

依頼者様は,相手方保険会社から提示された過失割合に納得がいかないとのことで相談に来られました。

相談後

丹念に判例調査を行い,類似事例での過失割合では,当方側が無過失であると認定されている旨を相手方保険会社にお伝えしたところ,当方の主張が認められ,当方無過失での示談が成立しました。

山口 裕哉弁護士からのコメント

山口 裕哉弁護士

今回のケースのように,判例調査の結果等により,相手方保険会社の主張する過失割合を否定し,当方に有利な過失割合で示談することができるケースが多々あります。相手方保険会社や先方から提示された過失割合に納得がいかないといった場合には,お気軽にご相談ください。

不動産・建築

分野を変更する
【初回30分無料】建物明渡し、賃料支払い請求の豊富な対応実績があります。不動産トラブルでお困りの時はお気軽にご相談ください。
弁護士法人KTG本部浦和法律事務所
弁護士法人KTG本部浦和法律事務所
弁護士法人KTG本部浦和法律事務所

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり
  • カード払いあり

賃料滞納をはじめとする不動産トラブルは、放っておけば放っておくほど、損害が拡大するものです。建物明渡しを数多くこなしてきた経験から迅速な対応が可能です。ぜひお気軽にご相談ください。

取扱内容

よくあるご相談例

  • 賃料の滞納を解消したい。
  • 賃料の滞納が続いており、建物明渡しの請求をしたい。

重点取扱案件

建物明渡し、賃料支払い請求など

対応方針

数多くの建物明渡し案件を取り扱ってきており、迅速かつ的確な対応が可能です。依頼者の疑問を解消し、不安な点を残さないように努めています。

サポート体制

▶︎ 出張相談も可能
スケジュールの兼ね合いで、事務所までお越しいただくことが難しいなどご事情がございましたら、出張での相談も承っています。お気軽にご相談ください。

▶︎休日・夜間相談可
ご面談は可能な限り、休日夜間も柔軟にお受けしています。日時調整させていただくので、まずはお気軽にお問い合わせください。

法律相談について

相談の流れ

まずはお電話またはメールフォームにてご相談日時のご予約をお願いいたします。予約の電話では、ご希望の日時や相談内容、相談方法などを簡単にお聞きした上で、ご案内させていただきます。

相談費用について

▶︎初回相談無料
初回相談を30分無料にしていますので、まずはご心配なさらずお気軽にご相談ください。

▶︎法テラス利用可
収入などの条件があえば、法テラスの民事法律扶助制度(相談を無料にしたり、依頼費用を分割にできる制度)もご利用いただけます。費用面については、安心してご利用ください。

オンライン相談可能

当事務所では、zoom、LINE、skype、facetimeを使用したご相談にも対応しております。

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談30分無料
✳︎それ以降は30分5,500円(税込)
着手金 11万円~
報酬金 22万円~
備考 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(1件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

賃料未払いの借主と交渉して,賃料を支払ってもらった事案

  • 賃料・家賃交渉

相談前

相談者様は,建物の貸主で,借主の賃料未払いに困っていました。相談者様は,何度か内容証明郵便で賃料の支払いを求めたものの,借主がこれに応じることはありませんでした。

相談後

相談を受けた後,すぐに受任し,借主に内容証明郵便を送りました。そうしたところ,借主から連絡があり,交渉の末,分割ではあるものの,未払賃料を支払っていただくとの合意をすることができました。

山口 裕哉弁護士からのコメント

山口 裕哉弁護士

貸主からの交渉に応じない方でも,弁護士から内容証明郵便が送られてきたことをきっかけとして,交渉に応じていただける方も相当数いらっしゃいます。未払賃料を支払ってもらいたいが,借主が交渉に応じてくれない等でお困りの方はぜひ一度ご相談にいらしてください。

労働問題

分野を変更する
【初回30分無料】配置転換、解雇、残業代請求、内定取り消しなど。労働トラブルでお困りの時はお気軽にご相談ください。
弁護士法人KTG本部浦和法律事務所
弁護士法人KTG本部浦和法律事務所
弁護士法人KTG本部浦和法律事務所

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり
  • カード払いあり

労働は生活の基盤であり、不合理な労働条件の変更や解雇、残業代未払い等には、毅然とした態度で立ち向かわなければなりません。

まずはお気軽にご相談にいらしてください。

取扱内容

よくあるご相談例

  • 突然解雇された。
  • 未払いの残業代を請求したい。
  • 内定取り消しを受けて困っている。

重点取扱案件

配置転換、解雇、残業代請求、内定取り消し

対応方針

労働問題のご相談を多く取り扱っており、事案ごとのポイントは把握しております。依頼者の疑問を解消し、不安な点を残さないように努めています。

サポート体制

▶︎ 出張相談も可能
スケジュールの兼ね合いで、事務所までお越しいただくことが難しいなどご事情がございましたら、出張での相談も承っています。お気軽にご相談ください。

▶︎休日・夜間相談可
ご面談は可能な限り、休日夜間も柔軟にお受けしています。日時調整させていただくので、まずはお気軽にお問い合わせください。

法律相談について

相談の流れ

まずはお電話またはメールフォームにてご相談日時のご予約をお願いいたします。予約の電話では、ご希望の日時や相談内容、相談方法などを簡単にお聞きした上で、ご案内させていただきます。

相談費用について

▶︎初回相談無料
初回相談を30分無料にしていますので、まずはご心配なさらずお気軽にご相談ください。

▶︎法テラス利用可
収入などの条件があえば、法テラスの民事法律扶助制度(相談を無料にしたり、依頼費用を分割にできる制度)もご利用いただけます。費用面については、安心してご利用ください。

オンライン相談可能

当事務所では、zoom、LINE、skype、facetimeを使用したご相談にも対応しております。

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談30分無料
✳︎それ以降は30分5,500円(税込)
着手金 11万円~
報酬金 22万円~
備考 着手金ゼロ、分割払いなど各種プランをご用意しています。料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(4件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

退職をした会社に残業代を請求した事例

  • 給料・残業代請求
依頼主 30代 女性

相談前

ご依頼者様は、約3年間に渡り、長時間の残業をされておりましたが、一定額の手当以外に、適切な残業代が支払われていないこと、お勤めされていた会社では、タイムカードのような出退勤の時間が正確にわかる資料、システムがなかったことから、ご相談いただきました。

相談後

ご依頼者様は、早期解決を望まれていたことから、交渉から開始したものの、会社は、出退勤の時間が正確にわかる資料がないということおで、残業代の支払いを拒絶していました。しかし、会社から支給されていた交通系ICカードの履歴や、PCのログデータ、ラインの記録等、出退勤時間を推認できる資料を集め、証拠を提示しつつ粘り強く交渉した結果、会社が100万円の残業代を支払うということで合意に至りました。

山口 裕哉弁護士からのコメント

山口 裕哉弁護士

残業代を請求する場合、労働時間がわかる資料が決定的に重要になりますが、ご依頼者様のケースのように、正確に出退勤時間がわからないケースもございます。しかし、このような場合であっても、労働時間を推認させる資料を集めることによって、残業代が認められることもございます。なお、残業代は2年間の時効があるため、請求できる時から2年が経過してしまうと、それ以降は請求ができなくなってしまうので注意が必要です。

労働問題の解決事例 2

退職の際に会社から損害賠償請求をされた事例

  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
依頼主 30代 男性

相談前

ご依頼者様は、社用車を運転中に交通事故を起こしてしまい、廃車となってしまったことから、退職時に会社から損害賠償を請求され、到底お支払いできる金額ではなく、会社から民事調停を提起されたことからご相談いただきました。

相談後

ご依頼者様は、お仕事の性質上、社用車の運転が不可欠であり、事故当日も社用車を運転し、通常起こりうる態様での交通事故を起こしてしまい、社用車は廃車となってしまいました。これに対して、会社は、ご依頼者様が退職をされる際に、損害賠償として、数百万円を請求してきました。会社が従業員に対して、業務上発生した損害を請求する場合、判例理論として会社の請求の制限が認められており、類似判例等を調査し、過去の事例と比べて明らかに過大な請求であることを裁判所に対し説得的に説明し、粘り強く交渉した結果、一回の期日で、当初の請求額の約5分の1以下の額で和解が成立しました。

山口 裕哉弁護士からのコメント

山口 裕哉弁護士

中小企業で特に多いのですが、従業員が何等かの損害を会社に与えてしまい、その損害の賠償を従業員が受けるということが多々あります。しかも、会社の代表者は、従業員に損害賠償を請求する際に制限があることを知らない場合が多いです。会社から損害賠償を請求され、少しでも疑問を持たれた場合には、まずは一度弁護士にご相談いただければと思います。

労働問題の解決事例 3

不当解雇を争った労働審判の事例

  • パワハラ・セクハラ
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
依頼主 30代 男性

相談前

ご依頼者様は、お勤め先の上司等から、パワハラを受けており、それにより就業が困難になった結果、解雇されるということになり、ご相談いただきました。

相談後

労働審判の争点としては、違法なパワハラがあったのか、違法なパワハラにより就業が困難になったのか、その違法なパワハラにより就業が困難になり、それを理由として解雇されたのか、という3点でした。相手方は、パワハラの存在自体を争っており、当方は、パワハラの証拠をかき集め、提出し、粘り強く交渉した結果、金銭的な解決で終了しました。

山口 裕哉弁護士からのコメント

山口 裕哉弁護士

パワハラの立証は非常に困難であり、また、労働者がパワハラの証拠を集めることは非常に困難なケースが多いです。少しでもおかしいと思った場合には、記録に残すことが肝要となります。実際にパワハラをされた、されている方は、まずは弁護士にご相談いただければと思います。

労働問題の解決事例 4

採用内定の取り消しを争った事案

  • 不当解雇

相談前

依頼者様は,面接を受けた会社から採用内定通知を受けていたにも関わらず,その後一方的に会社から採用内定を取り消したいと通知をされ,困っておられました。

相談後

会社と協議を重ね,本件内定通知取り消しの違法性を強く主張したところ,会社が依頼者様に解決金を支払うとの形で,合意をすることができた。

山口 裕哉弁護士からのコメント

山口 裕哉弁護士

昨今の情勢もあり,採用内定通知を受けていたにも関わらず,会社側の都合により,一方的に採用内定を取り消されてしまうという事案が増えてきております。採用内定取り消しの有効性や,どのような解決方法を選択していくかについては,専門的な知見が必要となりますので,このような場合にはぜひ一度ご相談にいらしていただければと存じます。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人KTG本部浦和法律事務所
所在地
〒330-0056
埼玉県 さいたま市浦和区東仲町11-1 ステラ浦和4階
最寄り駅
JR浦和駅より徒歩1分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:30 - 21:00
  • 土日11:00 - 20:00
定休日
対応地域

全国

設備
  • 完全個室で相談
対応言語
  • 英語
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 税務訴訟
  • 国際・外国人問題
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 行政事件
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5280-0478

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:30 - 21:00

山口 裕哉弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5280-0478
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 21:00
  • 土日11:00 - 20:00
定休日
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
対応言語
英語