現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
本間 雄一朗弁護士

( ほんま ゆういちろう ) 本間 雄一朗

ベリーベスト法律事務所大宮オフィス

現在営業中 09:30 - 18:00

交通事故

分野を変更する
治療中はもちろん、後遺障害等級認定の申請から最終解決までトータルサポート!
交通事故だけでも多数の相談実績がありますので、 重傷軽傷問わず、事故に遭ったらお早目にご相談下さい!
ベリーベスト法律事務所大宮オフィス
ベリーベスト法律事務所大宮オフィス
ベリーベスト法律事務所大宮オフィス

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり
  • カード払いあり

被害者が泣き寝入りをしないよう、適正な損害賠償金の獲得をするのみならず、蓄積された圧倒的なノウハウを基に、後遺障害等級認定の申請や異議申立ても全面的にバックアップします!

ベリーベストには、被害者を救済するため、交通事故案件を専門的に扱う弁護士らで結成されたチームが存在します。
そして、チームに所属する弁護士は、チーム内でノウハウを共有し、被害者にとってベストな解決方法を提案していきます。

適正な後遺障害等級認定を獲得するためには、事前の戦略的な準備が不可欠です。
そして、ベリーベストには、その事前の戦略的な準備を助ける「メディカルコーディネーター」が存在します。
メディカルコーディネーターは、一人ひとりの傷病・症状に合わせて、過不足のない後遺障害診断書を作成するため尽力し、必要に応じて病院同行等も行い、適正な後遺障害等級認定の獲得をサポートします。

また、ベリーベストでは、月間だけでも多くのお問い合わせをいただいており、それに伴い多数の解決実績があるため、むち打ち案件や死亡案件はもちろん、脊髄損傷や高次脳機能障害、骨折等による可動域制限による上位等級認定事案等、重傷軽傷問わず様々な事案に対応できます。

相談は無料で、平日だけでなく、土日もお問い合わせいただけますので、 事故に遭ったら早目にご相談下さい。

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
弁護士費用特約が付いていない方 ■初回相談料 0円
■着手金 0円
■報酬金 回収金額の11%+22万円(税込)
弁護士費用特約が付いている方 ■相談料
相談時間1時間まで 11,000円(税込)
相談時間1時間以上 超過15分までごとに2,750円(税込)
※弁護士費用特約を利用される場合には、弁護士費用特約から1時間1万1千円(税込)の相談料と、規程により算定した着手金・報酬金等を頂戴いたしますが、限度額の範囲内であればご自身の負担はございませんのでご安心ください。

■着手金
回収額:料金
125万円以下:11万円(税込)
125万円~300万円以下:回収見込み額の8.8%(税込)
300万円~3000万円以下:回収見込み額の5.5%+99,000円(税込)
3000万円~3億円以下:回収見込み額の3.3%+759,000円(税込)
3億円以上:回収見込み額の2.2%+4,059,000円(税込)

■報酬金
回収額:料金
300万円以下:回収額の17.6%(税込)
300万円~3000万円以下:回収額の11%+198,000円(税込)
3000万円~3億円以下:回収額の6.6%+1,518,000円(税込)
3億円以上:回収額の4.4%+8,118,000円(税込)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(3件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

【二輪車事故】【賠償額約1067万⇒約2031万に増額】裁判例や裁判官の論文等を用い「丁寧に交渉」。後遺症について44年分の賠償を認めさせた事例(併合11級)

依頼主 20代 男性

相談前

【事件の概要】
Aさんは、バイクに乗車し赤信号で停車をしていたところ、後方から走ってきた車から追突されてしまいました。

■傷病名(1ケ所):右脛骨骨幹部開放骨折

相談後

【解決ストーリー】
Aさんが認定された後遺障害は、12級8号(左腓骨からの骨移植術施行に伴って発生した長管骨変形)、12級相当(右下肢に醜状を残すもの)及び14級9号(右下肢しびれ)の併合等級11級。

実はAさんは、相手方と事故後4年以上も、ご自身で労働能力を喪失したこと自体及び労働能力喪失期間について交渉を続けておられました。しかし、相手方弁護士は、Aさんに残った後遺障害では等級通りの逸失利益は生じておらず、賠償額は約1000万円が限界であるとの返答を譲りませんでした。
その返答に納得がいかず、少しでも金額が上がらないかと考えた末、弊所に相談をされました。

■労働能力喪失期間10年の主張を覆し44年であること認めさせました■

相手方弁護士の当初の主張は、特に、主戦場となった12級8号(左腓骨からの骨移植術施行に伴って発生した長管骨変形)に関して、「有意な労働能力喪失は認められず、任意の交渉限りの譲歩として、せいぜい労働能力喪失期間10年を認めるのが限界である」というものでした。
これに対して、当事務所からは裁判例や裁判官執筆の論文等を提示。その上で、賠償金額計算の根拠を明らかにしつつ、将来Aさんが就くであろう職業に即した労働能力への影響を、丁寧に具体的に摘示し続けました。

結果、先方の「労働能力喪失期間は10年と認めるのが限界」という主張を覆し、労働能力喪失期間が44年であることを前提とした2000万円を超える数字で和解を成立させることができました。

本間 雄一朗弁護士からのコメント

本間 雄一朗弁護士

【ベリーベスト法律事務所からのコメント】
交通事故において高い水準で交渉を行うためには、示談交渉時においても、裁判を前提とする専門的な知識や交渉力が不可欠です。本件においても、弊社の積み重ねてきた経験に基づく有効と考えられる裁判例や論文等を提示したうえでの粘り強い交渉が、依頼者様も納得いただける結果につながりました。
当事務所には交通事故を扱う弁護士が多数在籍しており、様々なケースの示談におけるノウハウや知見を共有しています。そのため、後遺障害認定後の示談交渉もお任せください。依頼者の利益が最大となるよう尽力させていただきます。

交通事故の解決事例 2

【後遺障害】【賠償額約56万⇒約527万に増額】【労働能力喪失期間3年⇒6年】状況を「徹底分析」し、治療費打ち切りも阻止。賠償額を9倍増額させた事例(併合14級獲得)

依頼主 60代 女性

相談前

【事件の概要】
交差点の横断歩道を自転車で横断中に、右折進行してきた大型貨物自動車にはねられてしまったMさん。傷害は、右肩関節捻挫 、右肩腱板不全断裂 、腰部捻挫 、左ひざ関節捻挫 、左ひざ内側半月板断裂 という複数ヶ所にまたがっていました。
命に別状はなかったものの、事故後のMさんの生活は一変、以前のように家事をこなすなどの日常生活に支障をきたすようになってしまいました。

■傷病名(5ケ所):右肩関節捻挫、右肩腱板不全断裂、腰部捻挫、左膝関節捻挫、左膝内側半月板断裂

相談後

【解決ストーリー】
Mさんには頼れる相談相手がおらず、また弁護士費用特約が付保された保険にも加入していらっしゃいませんでした。そのため、事故後どのように相手方保険会社と交渉すればよいか大変悩まれ、当事務所にご相談にいらっしゃいました。
当事務所から、弁護士費用特約に加入されていなくてもご相談は承れること、また着手金も無料であること、そしてそもそも「相手方保険会社が提示する賠償金額が低廉」であることをわかりやすくご案内し、弁護士費用を差し引いても弁護士に依頼いただいたほうが賠償額増額などのメリットが多いこともご説明したところ、Mさんはご納得され、当事務所に依頼されることをご決断されました。

■症状固定まで先方の費用負担で治療できるよう交渉■
Mさんの傷害部位は複数ヶ所にまたがっており、受傷の程度も重く、通院期間は1年以上に及んでいました。
そのため、まず最初に当事務所が着手したことは「相手方保険会社が治療費の支払いを打ち切らないように手配する」ことでした。
具体的には、治療状況や回復の程度について医療照会を行い、資料の収集に努め、それらをもとに治療期間の伸長について交渉しました。結果、Mさんは自身の納得するタイミングまで相手方保険会社の費用負担で治療を受けることができるようになり、安心して回復に専念することができました。

■適正な後遺障害等級認定がなされるように尽力■
後遺障害等級は、損害賠償額に大きな影響を及ぼします。
そのため、Mさんの後遺障害について、適正な等級申請がされるよう、カルテやMRI等の画像の取り寄せはもちろんのこと、医師の意見書などの付属書類も収集しました。そして、これら収集した資料を基に、当事務所にて後遺障害認定申請手続に専門特化した部門である<医療コーディネーター>と検討を行い、適正な交渉障害等級を認定してもらえるよう法的ポイントを抑えつつ、後遺障害等級申請手続を進めました。

結果、Mさんには後遺障害等級14級9号の認定がなされました。

■後遺障害等級に異議申し立ても実施■
実は、当事務所としては14級9号の認定には納得できず、Mさんの等級認定は11級が相当であると判断し、異議申立も行いました。
残念ながらこれについては認定が覆ることはありませんでしたが、当事務所が受傷の程度を精緻に検討し、結果に不満があれば異議申立も申し立てる活動についてMさんから感謝頂きました。

■労働能力喪失期間について、3年と主張するところを6年まで伸長■
また当事務所は、Mさんの受傷の重さ、後遺障害の程度の重さから、逸失利益の算定にあたり相手方保険会社と粘り強く交渉を重ねました。結果、労働能力喪失期間について当初3年と主張されていたところを、14級9号では珍しい6年まで伸長させることに成功、賠償額の増加につなげました。

本間 雄一朗弁護士からのコメント

本間 雄一朗弁護士

【ベリーベスト法律事務所からのコメント】
本件の解決後、Mさんから謝意を表した一筆箋を頂きました。
当事務所にとっても、ご本人の不安なお気持ちにも丁寧に寄り添い、できる限りの弁護活動が出来たことは弁護士冥利に尽きるものでした。
今回のように後遺障害等級が認定されるようなケースでは、弁護士が介入することで、賠償金が数百万円増加することはそう珍しいことではありません。しかし、この事実をご存じない方がまだまだ多く、当事務所としても残念でなりません。
もし交通事故被害でお困りの方がいらしたら、ためらわずお気軽に当事務所にご相談ください。

交通事故の解決事例 3

【胸椎圧迫骨折】【賠償額約59万⇒約2124万に増額】低額な逸失利益主張を「粘り強い交渉」で退け、賠償額を約36倍にした事例(8級相当)

依頼主 60代 男性

相談前

【事件の概要】
BさんはT字路交差点を黄色点滅信号で走行中、赤色点滅信号の左方から右折してきた車両にぶつけられました。
結果、腰椎圧迫骨折・前胸部打撲傷という大きな傷害を負い、それにより歩行が相当困難になり、仕事にも大きな影響がある状態となってしまいました。

■傷病名(2ケ所):第1腰椎圧迫骨折、第3腰椎圧迫骨折

相談後

【解決ストーリー】
Bさんは、相手方保険会社から、納得のいかない過失割合を主張されていました。
そのため、自分一人で交渉していたら治療終了後の示談交渉において不利なのではないかとの不安を抱かれ、、相談にいらっしゃいました。

■「適正な後遺障害等級」が認定されるように後遺障害申請をサポート■
Bさんは、ご相談時点で症状固定に至っていなかったことから、後遺障害申請のお手伝いから着手させていただきました。当事務所は「適正な交渉障害等級認定の取得」に関し豊富な経験を持ち、そのために必要とされる法的・医学的ポイントも熟知しています。
当事務所の適切なサポートの結果、「脊柱に中程度の変形を残すもの」として、8級相当と認定されました。

■低額な示談金提示を的確な交渉材料を用い36倍に引き上げ■
相手方保険会社との示談交渉では、仕事に対する将来的な支障に関する賠償である逸失利益が一番の争点となりました。
相手方保険会社は、Bさんが高齢であり、今後も長期間仕事をしていたとは考えられないという理解のもとに、そこから計算された低額な逸失利益を提示し続けていました。

しかし、Bさんからは、定年退職後もお仕事を続けられるご予定であることを伺っていたため、裁判例等も踏まえた粘り強い交渉を継続し、結果として十分な賠償額を得るに至りました。

本間 雄一朗弁護士からのコメント

本間 雄一朗弁護士

【ベリーベスト法律事務所からのコメント】
依頼者様のお話をしっかり伺うことから示談交渉の戦略を立てていくのが基本中の基本であり、本件においてもそれを実践しました。当事務所では、依頼者様のお気持ちに寄り添うこと、またお話を丁寧に伺うことを大切にしています。また、本件における保険会社との交渉においては、これまで積み重ねてきた多くの実績に基づく経験を活かすことができたと思っています。

当事務所では、治療終了後の示談交渉のみをご依頼いただくのではなく、治療期間中からご依頼をいただいくことで、その後の適正な後遺障害認定及び示談交渉まで一貫した法的サポートを提供することをモットーとしています。

苦しまれている依頼者様に代わり、保険会社の不適切な対応に屈することがないよう、高い専門性と豊富な実績を礎に粘り強く交渉をつづけることをお約束します。

労働問題

分野を変更する
【初回60分相談無料】【英語・中国語対応】
労働問題専門チームを含め全国の所属弁護士とベリーベストグループの社会保険労務士法人がサポート!
ベリーベスト法律事務所大宮オフィス
ベリーベスト法律事務所大宮オフィス
ベリーベスト法律事務所大宮オフィス

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • カード払いあり

職場で労働問題を抱えている方、泣き寝入りしていませんか?
会社の対応に少しでも疑問を感じたら、あきらめないで早い段階で弁護士にご相談ください。

ベリーベストでは、あらゆる労働問題のご相談に応じます。

  • 不当解雇・退職勧奨
  • 残業代請求
  • 労働災害
  • 職場内のトラブル
  • 労働条件に関わる問題
  • 労働契約に関わる問題
  • 職場の秩序
  • その他

このような会社からの不当な待遇を受けて悩んでいませんか?

  • 「退職合意書」にサインするように求められた方、会社に一方的に解雇された方
  • 辞めさせられるような理由がないのに、退職を求められている方
  • 毎日、長時間労働をしているのに、残業代をもらっていない方
  • 会社での労災保険給付申請手続きをなかなか行ってもらえない方、補償が十分か不安な方
  • 上司や同僚から、パワハラ、セクハラ、職場いじめ・嫌がらせ等を受けている方
  • 業績が悪化したわけでもないのに、会社から突然、不当に賃金を引き下げられお困りの方

ベリーベスト法律事務所の強み

  • 不当な待遇を受けないよう弁護士が会社と交渉します
  • 交渉で解決しない場合は、弁護士が労働審判や訴訟を行います
  • 労働問題に関する会社との交渉後、不当な待遇をされないよう交渉します
  • 初回相談料60分無料(解雇・退職勧奨、残業代、労災)
  • 弁護士費用分割払い可能
  • 全国に所属する弁護士がサポート
  • 全国の支店で、テレビ会議で相談可能
  • 社労士による労災保険サポートも可能
  • 外国人の方のご相談可能(英語・中国語)

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 ・初回相談料(60分まで):無料
※不当解雇・退職勧奨、残業代請求、労働災害、退職サポートに関する初回相談料は、60分無料です。
・上記以外の法律相談料(30分):5,500円(税込)
不当解雇・退職勧奨 【交渉】
着手金 原則無料
報酬金 経済的利益の27.5%(税込)
※最低報酬金22万円(税込)
※事務手数料 1万1,000円(税込)

【労働審判】
着手金 原則無料
報酬金 経済的利益の33%(税込)
※最低報酬金33万円(税込)
※事務手数料 2万2,000円(税込)※印紙代含まず

【通常訴訟】
着手金 原則無料
報酬金 経済的利益の33%(税込)
※最低報酬金44万円(税込)
※事務手数料 3万8,500円(税込)※印紙代含まず
残業代請求 【交渉】
着手金 原則無料
報酬金 回収額の27.5%
※最低報酬金22万円(税込)
※事務手数料 1万1,000円(税込)

【労働審判】
着手金 原則無料
報酬金 回収額の33%
※最低報酬金33万円(税込)
※事務手数料 2万2,000円(税込)※印紙代含まず

【通常訴訟】
着手金 原則無料
報酬金 回収額の33%
※最低報酬金44万円(税込)
※事務手数料 3万8,500円(税込)※印紙代含まず
その他 労働問題 有料相談(5,500円/30分(税込))となります。
着手金・報酬金は、事案内容により異なります。
詳しくはお問い合わせください。
備考 ※上記価格は全て税込表記です。

詳細は当事務所にお問い合わせいただくか、ホームページよりご確認ください。
https://www.vbest.jp/roudoumondai/fee/
https://www.roudousaigai.jp/fee/
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題

特徴をみる

犯罪・刑事事件

分野を変更する
【刑事専門チームが即対応】【元検事在籍】強制わいせつ/強姦/痴漢/盗撮/援助交際等の実績豊富
ベリーベスト法律事務所大宮オフィス
ベリーベスト法律事務所大宮オフィス
ベリーベスト法律事務所大宮オフィス

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 被害者
  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • カード払いあり

元検事の弁護士が率いる「刑事事件に強い専門チーム」が迅速に対応いたします

特に、痴漢・盗撮・傷害・窃盗などの刑事事件の解決には、豊富な経験と知識を有する弁護士による早急な対応が必要です。
下のような場合は、すぐにベリーベスト法律事務所にご相談ください!

  • 電車内で痴漢をしてしまい、現行犯逮捕された
  • 通勤中に盗撮したことがバレてしまい、現行犯逮捕された
  • 違法薬物を所持しているところを職務質問され、逮捕された
  • 酒に酔ってケンカをしてしまい、逮捕された

ご家族が逮捕・拘留・起訴されてしまった方へ

ご家族が逮捕されてしまった場合でも、当事務所は対応いたします。
ご本人に連絡できない期間も、弁護士であれば面会が可能です。
ご依頼いただければ、知識と経験豊富な弁護士が早急に面会を行います。

元検事の弁護士が、刑事事件に強い理由

ベリーベスト法律事務所には、10年以上検事として執務した経験のある弁護士が在籍しております。
起訴・不起訴の決定を下すのは、警察官ではなく、検事(検察官)です。
不起訴処分を獲得し、前科がつくことを避けたいという際には、検事の考え方や経験が大きな武器になります。
検事出身の弁護士は不起訴になりやすいポイントを熟知しているため、そのポイントを有利にするための弁護活動か可能です。
また、万が一起訴されてしまった場合でも、検事の立証活動を事前に予想したうえで、最適な弁護活動を行うことができます。

当然ながら、検事としてのノウハウや経験は個人にとどめるのみではなく、「刑事事件専門チーム」にて随時共有をおこなっております。
最適な解決方法をご提案できるよう、元検事の弁護士を中心に、各弁護士が日々スキルアップに努めております。

ベリーベスト法律事務所は弁護士に電話が繋がりやすい体制を整えております

当事務所では、当番制で最低3人の弁護士が待機をしております。
刑事事件においては、家族の急な逮捕や警察からの呼び出しなどで、気が動転してしまう方が多くいらっしゃいます。
そういった方にとって、「今話せる弁護士」の存在はとても大きく、安心に繋がると考え、いつでも弁護士が電話にでられる体制構築を目指しております。

全国対応が可能です

全国に拠点を置くことで、居住地ではない場所での事件にも対応が可能です。
例えば、旅行先で巻き込まれた事件や転居前の事件、また急に転居することになっても、現地の弁護士が警察や被害者との交渉を対面で行うことができます。

また、テレビ会議システムを導入しておりますので、最寄りの拠点の弁護士と現地の拠点の弁護士との3者間で打ち合わせを行う事も可能です。
遠隔での相談は言葉のニュアンスが伝わりづらいこともありますが、1名の弁護士が同席することでスムーズなコミュニケーションが実現できます。

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談無料
(被疑者・被告人となった方、もしくはそのご家族の方からのご相談)
※上記の方以外の方からのご相談は1時間1.1万円(税込)頂戴します。
初回接見費用 まずは、弁護士が被疑者・被告人と会って、事情を聞き緊急の連絡を取ります。
3.3万円(税込)
起訴前弁護 事案簡明な事件
着手金:22万円(税込)
報酬金:22万円(税込)~

認めている事件
着手金:33万円(税込)
報酬金:33万円(税込)~

認めていない事件
着手金:55万円(税込)
報酬金:55万円(税込)~

裁判員裁判対象事件※
着手金:
(認めている事件)33万円(税込)
(認めていない事件)55万円(税込)
報酬金:
(認めている事件)33万円(税込)~
(認めていない事件)55万円(税込)~
起訴後弁護 事案簡明な事件
着手金:33万円(税込)
報酬金:33万円(税込)~

認めている事件
着手金:33万円(税込)
報酬金:33万円(税込)~

認めていない事件
着手金:55万円(税込)
報酬金:55万円(税込)~

裁判員裁判対象事件※
着手金:110万円〜(税込)
報酬金:110万円〜(税込)
保釈請求 着手金:11万円(税込)/3回
報酬金:11万円(税込)
任意聴取同行サービスの費用 1時間あたり1万9,800円(税込)
備考 ※その他詳細についてはお問合せください。
※上記は全て税込です。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(2件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

家族に知られる事なく不起訴処分を獲得!

  • 痴漢
  • 加害者
依頼主 60代 女性

相談前

ご依頼者様の息子様(被疑者)が電車内で痴漢をしてしまい、電車から降りたところを現行犯逮捕されました。
逮捕された直後に、ご依頼者様が当事務所にご相談され、まずは、被疑者の身柄拘束を解くための弁護活動が始まりました。

相談後

被疑者と接見したところ、妻と子供には秘密にしておきたいとのことでした。
被疑者の身柄拘束を解くために、被疑者に謝罪文や反省文を書いてもらい、被疑者のお母様に身元引受書を作成してもらいました。
それらの資料を添付したうえで、弁護人が検事に意見書を提出し、勾留請求を回避することができました。

被疑者の身柄が解放された後、すぐに被害者の方との示談に着手しました。
当初、被害者の方は、「示談はするつもりはない。刑事処分を受けてほしい。」との意向でしたが、根気強く交渉し、被疑者の謝罪の意思を伝えた結果、なんとか示談が成立しました。
検事に、示談書及び弁護人の最終意見書を提出し、被疑者は不起訴となりました。
被疑者の奥様とお子様には秘密のまま、無事、本件は解決しました。

本間 雄一朗弁護士からのコメント

本間 雄一朗弁護士

早い段階で相談いただくことで早期決着を実現し、ご家族にも影響が出ることなく解決いたしました。
早期対応で結果が変わりますのでお早目のご相談をお勧めいたします。

犯罪・刑事事件の解決事例 2

弁護士のスピーディーな対応で早期に身柄開放を実現!

  • 盗撮
  • 加害者
依頼主 30代 男性

相談前

ご依頼者様は、飲食店内にてスマートフォンのカメラを使用し女性のスカートの中を盗撮し、現行犯逮捕されてしまいました。
ご依頼者様は逮捕直後に、当事務所の弁護士に連絡をとり、直ちに接見をしました。
ご依頼者様は、勤務先から、処分の結果に応じて何らかの社内処分をする旨言われていたため、どうにか不起訴処分で終結できないかと強く希望されていました。

相談後

ご依頼を受けた当事務所は、早期の身柄解放を実現すべく、奥様に作成していただいた身元引受書と共に、ご依頼者様を勾留すべきでないという内容の意見書を検察官に提出しました。
続けて検察官と直接面会の上、口頭でもAさんを勾留すべきでないと検察官を説得しました。

このような早期の身柄解放に向けた弁護活動の結果、検察官による勾留請求は行われず、ご依頼者様は釈放され、在宅捜査に切り替わりました。
在宅捜査へ切り替わった後、ご依頼者様に謝罪文および反省文を作成していただき、被害者の方の感情を損なわないよう、慎重に示談交渉を行いました。
その結果、ご依頼をいただいてから1ヵ月以内に示談が成立し、不起訴処分が確定しました。
不起訴となったことから、勤務先からは、ご依頼者様に対し何らの社内処分もなされず、ご依頼者様は、従来通りの職務に復帰することができました。
小さなお子様がいらっしゃったご依頼者様と奥さまには大変喜ばれました。

本間 雄一朗弁護士からのコメント

本間 雄一朗弁護士

早期の対応はもちろんですが、ご依頼者様と密にコミュニケーションを取り、ご家族も含めて一丸となることができました。結果として適切なタイミングで適切な対応が可能となり、元通りの生活を送ることができるようになり、ご依頼者様にも喜んでいただけました。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
ベリーベスト法律事務所大宮オフィス
所在地
〒330-0846
埼玉県 さいたま市大宮区大門町3-42-5 太陽生命大宮ビル9階
最寄り駅
「大宮」駅東口より徒歩8分
受付時間
  • 平日09:30 - 21:00
  • 土日祝09:30 - 18:00
定休日
なし

電話で問い合わせ
050-5877-8434

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:30 - 18:00

ベリーベスト法律事務所大宮オフィスへ問い合わせ

電話番号 050-5877-8434

※ベリーベスト法律事務所大宮オフィスでは、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 21:00
  • 土日祝09:30 - 18:00
定休日
なし