現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
春山 和紀弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

インターネット問題16

埼玉県7

( はるやま あいき ) 春山 和紀

さくら総合法律事務所

現在営業中 09:00 - 21:00

みんなの法律相談回答一覧

その書き込みは、名誉毀損にあたる可能性が高いです。 ですので、発信者情報開示という裁判手続を使って相手を特定した上で、慰謝料を請求できる可能性があります。 まずはお近くの弁護士に相談してみて...

回答日 2022年01月02日 09:04

いわゆるアダルトサイト詐欺なので、電話をしないで無視をしたほうが良いです。 電話をした場合、電話番号が出回り、詐欺電話等が何度もかかってくる可能性があります。 また、電話をしなくても、裁判等にな...

回答日 2022年01月01日 17:26
この回答がある質問
ワンクリック詐欺

肖像権を侵害するものとして、慰謝料を請求できる可能性は高いです。 もっとも、肖像権侵害は犯罪にはあたりませんので、例えば、誹謗中傷とともに写真を載せているようなケースでなければ、警察が捜査をし...

回答日 2022年01月01日 17:19
この回答がある質問
起訴・刑事裁判

本やインターネットに乗っているクイズ等については,著作権がある可能性が高いです。仮にクイズ等を広告に載せた場合,著作権侵害で,損害賠償を請求されるリスクがなどがあります。 法的に違反することな...

回答日 2021年12月21日 14:19

【質問1について】 一定期間継続して,家庭教師を行うことは,特定継続的役務提供にあたり,特定商取引法の規制がかかります。 そうすると特定商取引法によって,契約締結に際して,クーリングオフや中途解...

回答日 2021年11月10日 13:06

不貞の責任の重さに応じて請求できることになります。 不倫相手の嘘によって、不倫をしても大丈夫だと信じさせられていたとのことですので、50%以上請求できる可能性が高いです。

回答日 2021年11月10日 06:59
この回答がある質問
不倫慰謝料

具体的な事情により大きく変動しますが、100万から200万円程度です。 不貞相手にも、慰謝料を支払い義務があるので、相談者様が、慰謝料を支払えば、その一部を不貞相手に請求出来ます。

回答日 2021年11月09日 21:05
この回答がある質問
不倫慰謝料

相手方弁護士からの請求の内容などの具体的な事情が分からないので、たとえばになりますが、相手方弁護士が抽象的にしか不貞の事情を指摘するに過ぎないのであれば、不貞をしたか否かを答えずに、まずは具体的にど...

回答日 2021年11月09日 20:29
この回答がある質問
不倫慰謝料

基本的には,B社のアプリを開発することは問題ありません。 ただし,例えば,契約書に作成したアプリの著作権をA社に譲渡する旨の条項がある場合は,B社のアプリを開発することは,著作権侵害になりえま...

回答日 2021年11月09日 14:12

個人の感想であっても,結局のところ,名誉感情を侵害している以上,開示が認められる可能性は高いです。 ですので,徹底的に戦うよりは,訴訟や刑事告訴をされる前に,示談するほうがよいでしょう。

回答日 2021年11月09日 11:27
この回答がある質問
インターネット

ブサメン,車が汚いという書き込みは,原告の名誉感情を侵害するものです。 ですので,今後は,発信者情報が開示される可能性が高いです。 お近くの弁護士に,相談されることをお勧めします。

回答日 2021年11月09日 11:13
この回答がある質問
インターネット

【質問1】について 特別支配株主の株式等売渡請求という方法と株式併合という方法があります。 90%以上の株式を取得しているのであれば,特別支配株主の株式等売渡請求を用いることで,株主総会を開くこ...

回答日 2021年11月09日 10:31
この回答がある質問
企業法務

それでも大丈夫です。

回答日 2021年11月09日 08:23

訴訟で土地の返還についても請求すれば、時効は中断されるので、ご不安であれば、土地の返還も請求するべきです。

回答日 2021年11月09日 07:52

訴えの追加的併合ではなく訴えの追加的変更でした。誤字、失礼しました。 訴えの追加的変更をするには、準備書面で主張するだけでなく、訴えの変更申立書を作成して提出する必要があります。 ですので、...

回答日 2021年11月09日 07:38

証拠がなかった場合 ①否定した後の対応はどう予想できますか? →証拠がないのであれば、訴訟はせずに示談をしてくるでしょう。 ②認めた場合は、減額交渉になると思います。しかし、減額は納得いかない...

回答日 2021年11月09日 07:31
この回答がある質問
不倫慰謝料

土地についての判決はしないです。 土地についても判決を求めるのであれば、訴えの追加的併合(民事訴訟法143条)の手続を取る必要があります。

回答日 2021年11月09日 07:12

【質問1】について 同意しなければ、運営会社が任意で開示する可能性は低いです。 しかし、写真家が撮影した写真であるので、著作権を侵害している可能性が高いので、裁判によって開示が命じられる可能性が...

回答日 2021年11月08日 23:27
この回答がある質問
インターネット

【質問1】について 弁護士が請求する場合、全く証拠がなく請求することは、あまりありません。 また否定すること自体は、犯罪等には、当たりませんが、弁護士としては、虚偽の主張をしても良い、とはアドバ...

回答日 2021年11月08日 23:11
この回答がある質問
不倫慰謝料

【質問1】について 退職金、年金以外では、保険や有価証券、貴金属、車などが考えられます。 金銭的な価値のあるものであれば、財産分与の対象になり得ます。 【質問2】について オーバーローンの持...

回答日 2021年11月08日 23:05
この回答がある質問
不倫慰謝料

自白と誓約書は,一般的に証拠としての価値が高いので,相手に慰謝料を請求できる可能性は高いでしょう。 ですので,泣き寝入りをする必要はないと思われます。 費用面がご不安であるなら,法テラスとい...

回答日 2021年11月08日 20:51
この回答がある質問
不倫慰謝料

【質問1】について  必ずしも,勤務する会社名等が記載されているからといって,個人に対する名誉棄損が,会社に対する名誉棄損になるとは限りません。  しかし,会社のお金を横領しているという記載は,...

回答日 2021年11月08日 20:47

慰謝料は,誹謗中傷により,社会的評価が低下し,それによって生じた精神的な損害を回復させるために認められるものです。 相手の態度が悪かったり,偽物だと疑われたことは,社会的評価とは基本的に関係な...

回答日 2021年11月08日 18:40
この回答がある質問
インターネット

慰謝料は,誹謗中傷により,社会的評価が低下し,それによって生じた精神的な損害を回復させるために認められるものです。 ですので,投稿以外の事情にも社会的評価を低下させる事情があれば,判断材料にな...

回答日 2021年11月08日 18:34
この回答がある質問
インターネット

ねこを譲渡することは,贈与契約にあたります。 ねこを元の飼い主から,引き渡された後は,贈与契約を撤回することはできないので,返還義務はありません。 しつこく返還を要求されるようであれば,一度...

回答日 2021年11月08日 16:48
この回答がある質問
出向

はい,登記があっても,対抗することはできません。

回答日 2021年11月08日 13:28

キーワードだけを一つ二つまとめるくらいであれば問題になりませんが、その本を読まなくてもその本に記載されている主要な内容が、分かる形でキーワードを抜き出すなどして要約すると、翻案権侵害で著作権法違反に...

回答日 2021年11月08日 08:36
この回答がある質問
インターネット

通常は、契約内容はどこにも記載されていないです。 契約は、その内容も含めて当事者の合意だけで成立するので、通常は契約書は不要だからです。

回答日 2021年11月08日 08:30
この回答がある質問
インターネット

【質問1.2】について 要約をすることは、1.2行程度の短い要約出ない限り、翻訳権(著作権法27条)違反にあたります。 ご自身の医療に対する考えを、補完するためなど、正当な場合に限り、引用である...

回答日 2021年11月06日 08:17

相手の配信の内容によっては、相談者様に対する名誉毀損やプライバシー侵害にあたります。 名誉毀損等にあたるのであれば、そのことをDMで指摘してやめてもらうのが良いと思われます。 まずは、弁...

回答日 2021年11月06日 08:03
この回答がある質問
インターネット

1 - 30 件を表示/全 72 件

現在営業中 09:00 - 21:00

春山 和紀弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5831-0698
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 21:00
  • 土日祝09:00 - 21:00
定休日
なし
備考
土日祝・夜間面談をご希望の方も、ご相談ください。
平日の18時以降・土日祝日に電話にてお問合せ頂いた場合,折り返しのご連絡は「非通知」でのご連絡になりますので,ご容赦ください。
下記のメールアドレスに直接お問い合わせいただくことも可能です。
mail:a_haruyama@star.ocn.ne.jp
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談