現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
岡田 正樹弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

交通事故2

全国21

埼玉県1

( おかだ まさき ) 岡田 正樹

むさしの森法律事務所

現在営業中 09:00 - 21:00

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:1,877 件/匿名回答数:0件

1 まず言葉の定義からすると、 副作用とは、医薬品あるいは医療的処置の、副次的あるいは望ましくない作用のこと。 医薬品の使用、あるいは医療的処置に伴って生じた、治療者や患者が望んでいない作用全般の...

回答日 2021年04月27日 10:30

1 内視鏡による大腸ポリープ切除術による医療事故は、少なからず生じます。原因としては、切除による出血死です。特に、動脈硬化性疾患から抗血栓薬、抗凝固薬を服薬している場合には、脳梗塞、心筋梗塞、心房細...

回答日 2021年04月26日 17:16
この回答がある質問
医療

1 高次脳機能障害は,労災の基準に準拠して意思疎通能力・問題解決能力・作業負荷に対する持続力及び持久力・社会行動能力の4分野における6段階評価の総合で判断されます。 失語症によって、意思疎通能力を...

回答日 2021年04月21日 19:38
この回答がある質問
後遺障害等級

1 「元々ヘルニアっぽいのがある」と言われました。ということだけでは、確定診断ではありませんが、(腰椎椎間板)ヘルニアであるとしてお答えします。 2 ヘルニアと言う言葉は、二つの意味があります。 ...

回答日 2021年04月20日 10:49

搭乗者傷害保険の保険金は、請求しても自動車保険契約時の等級が下がらないものです。つまり、タクシー会社には損失は全くありません。その保険屋さんの言うとおりですので、お言葉に甘えたら良いと思います。

回答日 2021年04月20日 10:26

弁護士が代理人として被害者請求をして、且つ、自賠責保険金の振込口座として弁護士の預かり口口座をした場合は、そこに振り込まれます。

回答日 2021年04月20日 10:23
この回答がある質問
後遺障害認定

私も芦塚先生のご意見に同意します。 oct検査をすべきであったかどうか診断ミスの争点だと思います。 既に指摘したとおりかとおもいますが、当該病院でoct検査機器が既に12月時点で備えられていたの...

回答日 2021年04月20日 09:37
この回答がある質問
医療

1 そうですか、物損については、損害賠償の範囲に争いがあると言うことですね。失礼しました。ミラーについて修理か交換かに限定したものと理解してしまいました。そうであれば、主張はできても反訴としてこちら...

回答日 2021年04月20日 09:25
この回答がある質問
交通事故裁判

矯正視力として0.6であるとは、当初の内容からは、私として把握できていなかったためです。つまり、裸眼視力として0.6であると解釈してしまったのが第Ⅰ点です。 次に、12月時点での手術での回復水準と...

回答日 2021年04月19日 16:43
この回答がある質問
医療

そうですか。それならば、後遺障害に該当するかと思います。 情報開示請求をしてでも、きちんと資料を収集されて今後の対応を検討してください。 いずれにしても納得のいくまで追求ください。

回答日 2021年04月19日 15:23
この回答がある質問
医療

> 先生方で少し意見が異なるのですが、後遺障害としては認められないと考えるべきでしょうか →視力低下については、矯正視力として0.6以下であるか不明だからです。文脈からは、12月時点と翌年3...

回答日 2021年04月19日 14:01
この回答がある質問
医療

1 御質問の趣旨は、自損事故であった場合にも医療費控除の対象になるかどうかということかと思います。 2 自損行為事故により健康保険を使用する場合、その自損行為事故が健康保険法の給付制限(第116条...

回答日 2021年04月19日 06:12
この回答がある質問
交通事故

個人情報開示請求で医療記録のデータをもらうことが権利として認められています。 電子データに移行しているはずですから、USBを持参して行けば可能です。 仮に移行していないとなるとコピーを実費負担で...

回答日 2021年04月18日 21:08
この回答がある質問
医療

心痛お察し申し上げます。 断定はかかる媒体では避けるべきかもしれませんが、記載されておられる内容からは、故意とまではいわずとも、無責任な積極的な医療過誤事案ですね。 訴える方策を考えるべきだと思...

回答日 2021年04月18日 18:36
この回答がある質問
医療

> 【質問1】 1 網膜剥離と白内障との鑑別の問題です。両者は症状が似ているために鑑別が重要です。 既に、2019年12月時点で白内障ではなくあるいは併発して網膜剥離を発症していた可能性は...

回答日 2021年04月18日 18:32
この回答がある質問
医療

1 驚きました。循環器科の専門医でありながら心臓弁膜症を見落とすとは。ということは、お母様は心臓の病気ではないかと40年間通院していたのですか。 心臓弁膜症の見落としは、診断ミスあるいは検査を怠っ...

回答日 2021年04月18日 17:56
この回答がある質問
医療

> 【質問3】について、訂正します。訂正後のものは以下の通りです。 →物損に関しては一部債務不存在確認として1万円を超える範囲が審判の対象となっており敗訴の場合にその給付請求権の不存在に...

回答日 2021年04月18日 13:42
この回答がある質問
交通事故裁判

1 まず40年間もかかりつけ医であったということですが、その医師の専門は何だったのでしょうか。心臓弁膜症も胆石症も確定的診断と治療については専門性を要することから、その医師には少なくとも専門医を紹介...

回答日 2021年04月18日 13:35
この回答がある質問
医療

> 【質問1】 →物損については、客観的には損傷そのものは確定しており、その因果関係の範囲及び金銭評価の問題が残されていることから確認の利益は認められると考えます。 →人損については、治療...

回答日 2021年04月18日 12:10
この回答がある質問
交通事故裁判

そうですね。おそらく、お一人で抱え込むと問題の所在と方向性が循環論法のようになってしまって、不信感と不安感が強くなるのだと思います。また、それは症状の感じ方とも連動してしまうかもしれません。症状とし...

回答日 2021年04月17日 21:17
この回答がある質問
症状固定

> なんとなくは知っており、これを理由にインフォームドコンセントは不要だったなどと言われ始めるのではないかと不安です。 →英語では意味が何となく分かったような感じになってしまいますが、同意あ...

回答日 2021年04月17日 20:52
この回答がある質問
症状固定

回答する弁護士の相談では、直前の相談が表示されます。なお、直前の相談については私自身が回答をしております。 従前からの御質問の趣旨及びやり取りからチャットを繰り返している気持ちになっており、私自身...

回答日 2021年04月17日 20:01
この回答がある質問
症状固定

1 現時点での解決手段としての訴訟はやらない方が良いという意味です。 2 御相談者の医療過誤問題について症状固定後の解決方法としては、相手方の対応もあり、具体的な提案に対して検討した上で、示談で解...

回答日 2021年04月17日 19:30
この回答がある質問
症状固定

1 私は、訴訟はおすすめしません。最初の回答通りです。しかし、裁判所を利用するとしたならば調停で相手の意向や争点を探るというのは有益だと思います。 2 弁護士に依頼をした場合には、資料の整理を丁寧...

回答日 2021年04月17日 17:48
この回答がある質問
症状固定

1 訴訟提起は可能ですが、治療中であることから、損害額が確定しておらず訴えの利益を欠くものとして却下されるか、訴えの取り下げを勧告されます。 2 すなわち、症状固定以前であることから、後遺障害の有...

回答日 2021年04月17日 15:49
この回答がある質問
症状固定

1 介護に関する費用としては、将来の介護費用が問題となりますが、まずは介護場所として施設か自宅かによります。その前提として介護を要する程度つまり認定等級との相関関係が問題ですが、それらはクリアしてい...

回答日 2021年04月17日 15:39

> 【質問1】 →> 長い間のギブス固定により、手首関節の硬直により 可動域制限が生じているということになると、長いこと動かしていなかった廃用性によるもので器質的損傷によるものではない...

回答日 2021年04月17日 11:45
この回答がある質問
休業損害

1 かなりの大けがですが、治療について健康保険使用をした場合に自己負担分以外の7割分に関しては第三者行為届けを出します。そうなると、被害者である受傷者が加害者に対する損害賠償請求権を代位(代わりに行...

回答日 2021年04月17日 10:10
この回答がある質問
交通事故

根本的治療というと確かに手術ですが、舌神経障害のビタミン剤あるいはステロイド剤の処方も改善例があるので、それを継続することも対症療法ではなく根本的治療といえます。 そして、症状固定とは、これ以上の...

回答日 2021年04月15日 18:55

> 【質問1】 > 医療過誤でカルテの開示請求に応じる必要はあるのか? →現在の交渉段階によりますが、既に症状固定したものとして後遺障害を含めた賠償義務を証明するためには必要です。 ...

回答日 2021年04月15日 17:12

1 - 30 件を表示/全 1,874 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50
現在営業中 09:00 - 21:00

むさしの森法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5347-5180

※むさしの森法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 21:00
  • 土日祝09:00 - 21:00
定休日
なし
備考
事務所の営業時間は,平日9時~19時です。営業時間外の電話受付については、翌営業日に,弁護士からご連絡いたします。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。