弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

民事・その他

2018年11月28日

育児を支援してもらえる制度と利用するための手続き

育児について様々な不安を抱えている人もいるでしょう。 自治体によっては、育児を支援するための以下のようなサービスを実施しています。

  • 育児に関する相談に応じてくれる制度
  • 急用・急病時などに子供を預かってくれる制度

この記事では、自治体による主な育児支援のサービスについて解説します。

目次

  1. 育児をサポートしてくれる自治体のサービス
  2. 乳児家庭全戸訪問事業(こんにちは赤ちゃん事業)
  3. 養育支援訪問事業
  4. ファミリー・サポート・センター
  5. 一時預かり事業、ショートステイ、トワイライトステイ
  6. 病児・病後児保育
  7. 育児・産後支援ヘルパー

育児をサポートしてくれる自治体のサービス

次のような悩みを抱えた方をサポートしてくれる制度として、一般的に自治体には以下のようなものが用意されています。

対象者 制度の名前
生後4か月以内の子どもがいる 乳児家庭全戸訪問事業
(こんにちは赤ちゃん事業)
育児に強いストレスを感じている 養育支援訪問事業
子どもの預かりや送迎などを依頼したい ファミリー・サポート・センター
夜間や急用、急病時などに
子どもを預けたい
一時預かり事業、ショートステイ、
トワイライトステイ
子どもが病気にかかり、保育所などに預けられない 病児・病後児保育
家事を手伝って欲しい 育児・産後支援ヘルパー

自治体によっては制度の名称が異なっていたり、制度自体を実施していなかったりする場合があります。居住する自治体に上記のような制度がない場合でも、何らかの支援制度を行なっているケースがあるので、各自治体の担当窓口に相談することをおすすめします。

それぞれのサポートについて詳しく見ていきましょう。

乳児家庭全戸訪問事業(こんにちは赤ちゃん事業)

助産師や保健師などが自宅を訪問し、育児や産後の体調などに関する相談や、援助を行う事業です。 生後4か月(120日)以内の子どもがいる全ての家庭が、無料で利用することができます。 申し込みの方法は、出生届を提出する際に合わせて申し込む場合や、母子手帳に添付されているハガキを郵送して申し込むなどの方法があります。自治体によって異なるので、確認しましょう。

養育支援訪問事業

乳児家庭全戸訪問事業と同様に、助産師や保健師が自宅を訪問し、様々な相談や支援を行う事業です。 育児に対するストレスにより、強い不安感や孤独感があり、育児か困難な状態にある人などが対象で、支援を受けたい人が各自治体に申し込むことで利用できます。 厚生労働省によると、主に以下のような支援を行ってくれます。

  • 出産後の育児支援や簡単な家事などの援助
  • 未熟児や多胎児などに対する育児支援・栄養指導
  • 養育者の身体的・精神的不調状態に対する相談・指導
  • 若年の養育者に対する育児相談・指導
  • 子どもが児童養護施設などを退所し、アフターケアが必要な家庭などに対する養育相談・支援

具体的な支援の内容や、利用方法は各自治体に問い合わせましょう。

ファミリー・サポート・センター

保育施設や学童クラブ、小学校などへの送り迎えや、病気や急用時の預かりなど、育児の援助を依頼できる制度です。 ファミリー・サポート・センターに利用登録することで、各地域で育児を援助してくれる人(提供会員・協力会員など)に、援助を依頼できます。 提供会員・協力会員は、近隣に住む人がつとめます。会員は、センターが実施する、保育などに関する研修を受講しています。

制度を利用するための手続きの流れ

制度は、主に以下のような流れで利用することができます。

  1. 各自治体のファミリー・サポート・センターに利用登録する
  2. センターに制度の利用を申し込む
  3. センターから提供会員・協力会員を紹介される
  4. 提供会員・協力会員と依頼したい内容について打ち合わせをする
  5. 提供会員・協力会員に援助を依頼する

制度を利用するための具体的な手続きは、自治体によって異なるので確認しましょう。 制度の利用には料金(謝礼金)が必要になる場合があります。自治体によって金額が異なるので確認しましょう。

一時預かり事業、ショートステイ、トワイライトステイ

仕事の都合で帰宅が遅くなる場合や、病気などの理由で育児が困難な場合、以下のような制度により、一時的に子どもを預けることができます。

制度名 制度の概要 預けられる場所
一時預かり事業 病気などで育児が難しい場合に、
一時的に預けられる
保育所
ショートステイ 病気などで育児が難しい場合に、
一時的に預けられる
(7泊程度の宿泊も可能)
児童養護施設など
トワイライトステイ 夜間(主に17時から22時)に
子どもを預けられる
児童養護施設など

利用するための手続きについては、各自治体に確認しましょう。 また、預けられる時間帯や宿泊日数、利用料金は自治体によって異なる場合があるので、確認しましょう。

病児・病後児保育

子どもが病気にかかったため、保育所などに預けられない場合、各自治体の医療機関にある保育施設などに預けることができる制度です。 基本的に、制度を利用するためには、事前登録が必要です。 また、子ども1人につき、1日あたり1500円から2000円程度の利用料金がかかることが一般的です。 具体的な利用方法や料金については、各自治体に確認しましょう。

育児・産後支援ヘルパー

産後の体調不良や、育児に不安がある家庭などを対象に、家事や育児を援助するヘルパーを派遣してもらえる制度です。 利用するための条件や利用料、手続き方法などは自治体によって異なるので、確認しましょう。

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

民事・その他に関する法律相談

  • 病院などで書かされる同意書について

    病院等で同意書を書かされる場合がありますが、法律的に効力はあるのでしょうか?

    1弁護士回答
  • 親権と監護権を分けたい

    親権と監護権を分けた場合。 親権は母親 監護権は父親 子供の苗字は母親と同じ旧姓へ。 子供の住所は父親と同じで父親の世帯、父親の健康保険に加入。 上記の件は可能でしょうか?

    1弁護士回答
  • 事故直後の通院について

    追突事故の被害者です。 軽度の追突ですが、具合が悪くなったため、 当日、病院で診て頂きました。 その後、症状はないので通院などはしていません。 しかし、相手の損害保険から調査を受け...

    1弁護士回答
  • 未成年と成人している彼氏を引き離そうとする両親に対して引き離さないことを要求したい

    20代学生です。13歳の女性と付き合っています。相手の両親に警察に連絡されそうです。 お互い愛し合っているにも関わらず、強制的に引き離されるのは不当だと相手の両親を訴えたいです。 も...

    2弁護士回答
  • 戸籍謄本の取得 違法性について

    民事訴訟中(損害賠償請求訴訟)の相手方の親族の戸籍謄本を、興味本位で、弁護士に依頼して取得した場合、どの法律に抵触しますか? 戸籍法 第何条? 相手方親族は訴訟に全く関係ありません。

    5弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

法律相談を検索する

民事・その他の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

民事・その他のニュース

  1. 司法試験19歳が合格…全体合格者数1525人、合...
  2. 外国籍取得、日本国籍喪失で「由貴」から「Yu...
  3. 【データ編】2017年司法試験合格者・法科大学...
  4. 文科省「教育現場は生徒の苦痛を軽く考えてい...
  5. 取手市の女子中学生自殺、文科省が市教委判断...
  6. 加入者増える「ペット保険」、飼い主に安心感...
  7. サマンサタバサが「サマンサタバタ」を商標登...