弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2015年03月17日 19時14分

「国を逃げ出して、家もお金も失った」シリア人4名「難民認定」求めて日本政府を提訴

「国を逃げ出して、家もお金も失った」シリア人4名「難民認定」求めて日本政府を提訴
原告の一人であるヨセフ・ジュディさん

日本で東日本大震災が起きた2011年3月。そのころ、中東諸国の民主化運動「アラブの春」が飛び火したシリアでは、アサド政権の退陣を求める大規模な反政府デモ運動が起きていた。その後、シリアの政治情勢は混迷を極め、現在はアサド政権と反政府勢力、それに過激派組織IS(イスラム国)を交えた激しい内戦状態にある。

このように泥沼化したシリアから脱出した難民の数は、今年3月までに390万人を超えた。東京都の人口の3分の1にも匹敵する数字であり、その受け入れは国際的な課題となっている。日本も当事者国の1つだ。

そんななか、日本に逃れてきたシリア人の男性4人(22歳〜35歳)が3月17日、難民条約上の「難民」に該当するにもかかわらず、日本政府に認定されなかったとして、裁判をおこした。法務省入国管理局による「難民不認定処分」は無効だと主張し、「難民認定」の義務づけを求めて東京地裁に訴えたのだ。「アラブの春」以降、シリア人が難民認定を求めて訴訟をおこすのは初めてという。

●「難民認定」と「在留許可」の違いとは?

提訴後、原告の一人であるヨセフ・ジュディさんが東京・霞が関の司法記者クラブで、代理人の弁護士とともに記者会見を開いた。ジュディさんは「国を逃げ出して、家もお金も失いました。日本も日本人も大好きですが、今の状況は安心できない。子どもに良い将来がほしいが、現状は安定せず、私自身の未来もみえない」と語った。

提訴した4人は、シリアでの反政府デモに参加した後、2012年6〜8月に来日。法務省に難民認定を申請したものの、「デモに参加しただけで、帰国しても迫害をうける恐れは低い」として、13年に不認定とされていた。

現在は、人道上の配慮による在留許可を得ているが、1年ごとの更新が必要だ。会見に同席したシリア難民弁護団の難波満弁護士は、訴訟の目的を次のように話す。

「シリア情勢が悪化し続けるなか、原告らの不安定な生活が長期化している。難民の認定を受けて、日本で安定した生活を送ることが、訴訟の目的です。

難民認定を受ければ、十分な支援とは言い難いですが、公的な支援団体により、本人と家族が日本語教育や職業紹介、日本社会への適応プログラムなどの定住支援を得られる。

しかし、(ジュディさんが得ている)人道的な観点からの在留許可は、政府からの支援が一切受けられないため、生活に支障が出ています」

●日本での生活は「刑務所にいるよう」

ジュディさんは、シリア北部のクルド人居住地域の出身だ。シリアでは農場やパン屋を経営して裕福な暮らしだったというが、「アラブの春」が始まると、生活が一変した。ジュディさんが2012年に国を出てから家族とも離れ離れになり、ようやく妻と幼い子ども2人と再会できたのは、出国の2年後の今年1月のことだった。

しかし、ジュディさんは、今の暮らしを「刑務所にいるようだ」と話す。

「私も、奥さんも、子どもも、日本語ができない。家を出たら、(日本語ができないため)家に戻ることも難しい」

現在、一家は埼玉県内で暮らす。しかし、アラビア語しか使えない一家にとって、行政への相談はもちろん、日常生活にも言葉の壁が立ちはだかるという。特に、大きな不安となっているのが、2歳と4歳の子どもが将来、日本の幼稚園や小学校に通うことができるのか、という点だ。

「仕事は頑張っている。もっと頑張ります」と意気込むジュディさんだが、弁護団によれば、生活は非常に苦しい状況にある。言葉の問題が大きく、就労先は日雇いの仕事などに限られるからだ。

●英米ではシリア難民の認定率は90%以上

国連の難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、各国に対して、シリア人難民の受け入れを求めている。しかし、日本政府の動きは鈍いと、弁護団は批判する。

「UNHCRは、出国したシリア人のほとんどが、難民条約上の『難民』に該当する可能性が高いとしている。日本政府が(国外の)難民支援をおこなっていることは評価できるが、お金だけを出せば良いわけではない。難民支援と難民認定の両輪が必要です」

法務省入国管理局の発表によれば、2014年の難民認定の申請数は5000人に達したが、実際に認定されたのは11人。認定率は、わずか0.2%だった。シリア人の申請者に限っても、61人中3人(5%)にすぎない(シリア難民弁護団調べ)。しかし同弁護団によると、米国や英国、オーストラリア、カナダでのシリア人の難民認定率(2013年)はいずれも90%を超えている。日本における難民認定のハードルの高さが際立っているといえるだろう。

(弁護士ドットコムニュース)

この記事へのコメント

Facebook

弁護士コメント

※ご利用の際は弁護士ドットコム利用規約及びFacebook利用規約を遵守してください。
※弁護士ドットコム株式会社はコメントの内容等によっては通報等の措置を取ることができるものとします。
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して弁護士ドットコム株式会社は一切の責任を負いません。

本コメント欄は弁護士のみ書き込むことができます。
コメントを投稿するにはログインが必要です。
バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」